ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

大好きなはずの旦那にイライラしてしまう!妊娠中のイライラの原因と解消方法が知りたい!

   

夫婦にとって赤ちゃんの誕生は本当に待ち遠しいものです。しかし、妊娠中はちょっとしたことでイライラしてストレスがたまりがちです。

特に大好きなはずの旦那に対してのイライラは、自分でも何をどうしたらいいか分からなくなって不安になってしまうこともあります。また、ふとした瞬間に涙が出てしまうこともあります。ここでは、大好きなはずの旦那に妊娠中イライラしてしまう原因と解消方法をご紹介します。

イライラの原因はなに?

イライラは誰しもしたくてしているものではないはずです。妊娠中のイライラには大きく分けてふたつの原因があります。

イライラのふたつの原因

  1. ホルモンバランスの変化
  2. 出産、育児への不安

妊娠していない女性の体は、月経の周期にしたがってホルモンバランスが変化しながら、正常な状態を保つようになっています。しかし妊娠中は、妊娠していない時とは違って大きくホルモンバランスが急激に変化します。このホルモンバランスの大きな変化こそがイライラの原因のひとつです。

また、出産は女性にとって人生の一大イベントです。特に初産の場合は、今から何が起きるか分からない大きな不安に襲われます。そうすると情緒が不安定になり、イライラを引き起こしてしまう原因となります。

どんな時にイライラしてしまう?

それでは、どんな時にイライラすることがあるのでしょう?イライラする時をはっきりさせることは、イライラの原因を探る手掛かりとなります。先輩ママの体験談をまとめてみました。

家事を手伝ってくれないとき

つわりでしんどい時にも家事を一生懸命しているのに、旦那さんがソファに座って携帯電話やスマートフォンのゲームに夢中になっていて、家事を手伝ってくれないとき

目の前でお酒をおいしそうに飲むとき

妊娠が発覚してから大好きなお酒を飲まないように抑えているのに、旦那さんが目の前でおいしそうにお酒を飲んでいるとき

体型の変化を指摘されたとき

妊娠すると食べ過ぎてしまって太ってしまうことや、逆につわりが酷くて食べられなくなり痩せてしまうことがあります。そんなとき、旦那さんに「太ったんじゃない?」「ダイエットになっていいね!」など体型の変化を指摘されたとき

赤ちゃんに無関心なこと

妊婦検診の結果や赤ちゃんのエコー写真などを見せても、「ふーん」などと反応が薄いとき。また、出産グッズを選ぶときに「なんでもいい」などと旦那さんの赤ちゃんに対する無関心さがうかがえるとき

赤ちゃんに関心がありすぎて細かいチェックが多いとき

逆に赤ちゃんに対して関心がありすぎるのも困ります。毎日食べたものをチェックしてくるときや、居場所を何度も何度も確認してくるとき。

おすすめのイライラ解消方法は?

イライラを解消する方法は人それぞれですが、おすすめのイライラ解消方法をご紹介します。

無理のない範囲でインターネットを楽しむ

妊娠中は外出してお買い物をするのが大変ということもあります。そんな時にはインターネットで色んな赤ちゃんのグッズを比較してみたり、良い物があれば検討して購入するのもよいでしょう。

インターネットはただ眺めてみるだけでも楽しいものです。ただし、目が疲れてしまわないように30分以上続けて使わないように適度な休憩を入れるようにしましょう。

甘い物を少しだけ解禁する

体重制限が出ている妊婦さんも多いですが、イライラしてどうしようもない時にはケーキなど甘い物を少しだけ解禁してみるのもおすすめです。

人は甘い物を食べると、気分を安定させてくれる「セロトニン」という神経伝達物質が分泌され、イライラを解消してくれます。もちろん甘い物の食べすぎには注意が必要です。 

実母や友人に話を聞いてもらう

女性のストレス解消方法のひとつは、なんといっても人に話を聞いてもらうことです。特に実母や出産を経験した友人などは、共感を得てもらいやすいためイライラの解消につながります。

アロマグッズで癒される

アロマの香りは心を落ち着かせてくれる効果があります。自分の好みにあったリラックスするアロマの香りを探してみるのも楽しいものです。

ただし、子宮収縮を促す作用のある「ジャスミン」など、妊娠中に使用を避けたいアロマもあります。詳しいアロマの効果については、専門家の指示を仰ぐことができるとベストです。

涙を流してたくさん泣く

妊娠中はちょっとしたことで涙が出やすくなる時期です。そんな時は涙が出ることを抑えるのではなく、感動するドラマや映画を見て思いっきり涙を流して泣くことも、イライラ解消につながります。

ホルモンバランスのせいと割り切る

どうしたらいいんだろうと悩んでしまうのではなく、ホルモンバランスのせいだと割り切ってしまうこともおすすめのイライラ解消方法です。

夫婦でしっかり話し合いましょう

男の人は「言わないと気がつかない」ということが多々あります。奥さんがイライラしていることに旦那さんが気づいていないこともあります。なかには涙を流していることにも気づかない旦那さんもいます。

そんな時にはイライラしていることやちょっとしたことで涙が出てしまうことを素直に話してみましょう

もしかしたら、旦那さんが仕事で疲れていて本当に気が付いていないのかもしれません。もしかしたら、旦那さんも体調が悪いことを言い出せていないかもしれません。

話し合う時のポイント

  • きちんと話し合う時間を設けて、面と向かって話し合いましょう
  • 優しい言葉遣いで話し合いましょう。
  • いきなり答えを出そうとせず、少しずつ解決に向かって話し合いましょう。

旦那さんへお願いするといいこと

イライラしてしまう前に、旦那さんへお願いするといいことをご紹介します。

手抜き家事を認めてもらう

つわりでしんどいときには、夕飯にお弁当やお惣菜を買ってしまうこともあるでしょう。お腹が大きくて動きづらいときには、全ての部屋に掃除機がかけられないこともあるでしょう。そういった手抜き家事を認めてもらうように話をしてみましょう。

荷物を持ってもらう

お買い物に行って荷物をなかなか持ってくれないときには、「ちょっと持ってもらえると嬉しいな」と優しく声をかけてみるといいでしょう

連絡をこまめにとってもらう

出張が多いなどの理由で旦那さんが家にいることが少ないときは、連絡があまりないと不安になってしまうこともあります。そんな時には、いつもよりちょっと多めに連絡をとって欲しいことを伝えてみましょう。

マッサージをしてもらう

妊娠中は足がむくんでしまうこともありますが、足がむくんでしまうことは言わないと分かってもらえません。素直にマッサージをしてほしいことをお願いしてみるとよいでしょう。

まとめ

男性は妊娠から出産まで体で感じる変化がないため、どうしても妊娠している女性の気持ちが分からないものです。どういったことでイライラしているのかをもう一度思い出して、どうしたらそのイライラを解消できるかを夫婦で話し合いましょう。

これから産まれてくる赤ちゃんの誕生に向けて、ひとりで悩みを抱え込まないようにしましょう。夫婦で問題を解決していくことが、今後の出産・育児へとつながっていくのです。

 - 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期, 妊活 , ,