ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

緑茶にもカフェインが含まれるって本当?妊娠しても毎日飲む習慣がやめられない!1日に飲める量は?

   

妊婦はカフェインの取りすぎはよくないというのを聞いて、カフェインを控えるため食後のコーヒーや紅茶は我慢しているという方も多いですよね。

ところが、緑茶にもカフェインが含まれると知ってびっくり!そんな方はいませんか?和食に合わせる定番の飲み物といえば、緑茶。食事のたびに飲むという方も多いでしょうし、外食時に緑茶が出てくることもよくあります。

緑茶にはどれくらいのカフェインが含まれるのでしょうか?どれくらいなら飲んでも大丈夫なのでしょうか?緑茶に含まれるカフェインについて詳しく調べてみました。

緑茶にはどれくらいカフェインが含まれるの?

緑茶に含まれるカフェイン量

カフェインというとコーヒーが頭にすぐ浮かぶ方は多いと思います。

カフェインは自然の植物などに含まれている成分で、コーヒー豆や茶葉に自然に含まれています

コーヒー豆から作られているコーヒーはもちろん、緑茶をはじめ紅茶など茶葉から抽出されるお茶は全てカフェインが含まれているのです。

それぞれのカフェイン量は以下の通りです。コーヒーや紅茶に比べると少ないですが、せん茶(緑茶)にもカフェインが含まれているということがわかります。

食品名 カフェイン含有量 備考
コーヒー 60mg/100ml 浸出方法:コーヒー粉末10g/熱湯150ml
インスタントコーヒー 57mg/100ml 浸出方法:インスタントコーヒー2g/熱湯140ml
紅茶 30mg/100ml 浸出方法:茶5g/熱湯360m、1.5〜4分
せん茶 20mg/100ml 浸出方法:茶10g/90℃430ml、1分

出典:食品安全委員会「食品中のカフェイン」

ところで緑茶といっても玄米茶やほうじ茶など、さまざまな種類があります。全てカフェインが含まれているのでしょうか。

玄米茶やほうじ茶にもカフェインが入っているの?

以下のグラフは茶葉を使ってお茶を入れた時のお茶100gに含まれるカフェインの量を比較したものです。

画像出典元:静岡お茶の市川園

玉露はコーヒーの3倍と突出して多いのが目立ちます。他の煎茶・ほうじ茶・番茶・玄米茶などはおおよそ0.02g(200mg)ほどです。

では、ペットボトルのお茶はどうなのでしょう。

ペットボトルのお茶にもカフェインが含まれるの?

以下は、東京福祉保健局のHPにまとめられている市販飲料のカフェイン含有量調査結果です。

【市販飲料のカフェイン含有量調査結果】
○緑茶(49 検体)            5~23mg/100ml

○ほうじ茶(2 検体)           10,15mg/100ml

○烏龍茶(2 検体)              10,14mg/100ml

○エナジードリンク(26 検体)     14~180mg/本

出典:東京福祉保健局

緑茶は5〜23mgと幅がありますが、ペットボトル飲料でもカフェインが含まれているのです。

これでは飲めるものがなくて困る!と思う方もいますよね。確かにカフェインには気をつけなくてはいけませんが、取りすぎに気をつければ飲んでも大丈夫なのです。

では、1日にどれくらいなら緑茶を飲んでもいいのでしょうか。次から詳しくみていきましょう。

1日に飲んでいい緑茶の量は?

1日あたりのカフェイン摂取量の目安は?

そもそも1日に飲んでもいいカフェインの量はどれくらいなのでしょうか。

カフェインの摂取量について、日本では現在「一日何mgまで」というような規定値は設定されていません。しかし、妊娠中の人体への影響についてさまざまな国や機関が研究し、一日に摂取していいカフェインの目安量を出しています。

海外のリスク管理機関などが勧告している目安量(妊婦)

一日当たりの悪影響のない最大摂取量

飲料換算

機関名

コーヒー カップ3~4杯

世界保健機関(WHO)

300mg/日

コーヒー カップ4~6杯(150ml/杯)

オーストリア保健・食品安全局(AGES)

200mg/日

コーヒー マグカップ2杯

英国食品安全庁(FSA)

300mg/日

コーヒー マグカップ2杯(237ml/杯)

カナダ保健省

出典:内閣府食品安全委員会

上記の表によると、最大摂取量の数値が一番小さいのは英国食品安全庁(FSA)で200mgです。

200mgを目安に、緑茶に置き換えると、どれくらいの量になるのか調べました。

1日に飲んでいい緑茶の目安

これまでの各表に出てきたカフェイン量を元に、計算した結果が以下の表です。

 緑茶は1日に1リットルまで飲んでOK!

種類 100mg中のカフェイン量 1日に飲んでいい量
煎茶 20mg/100ml 1000ml
ほうじ茶 20mg/100ml 1000ml
番茶 10mg/100ml 2000ml
玄米茶 10mg/100ml 2000ml
ペットボトル緑茶 5〜23mg/100ml 900ml〜4000ml

煎茶とほうじ茶なら1リットル、番茶玄米茶なら2リットル飲んでいい計算になります。

いかがですか? 毎食後に熱い緑茶を湯呑みで一杯という程度なら、1リットルに全く届きません。毎日飲んでいたとしても、かなりガブガブ飲まない限り心配ないことがわかります。

しかし、とはいえやっぱり今どれくらい飲んだかな?と気になるという方もいますよね。そこで、カフェインの入っていないノンカフェインの緑茶や、カフェインを抑えたカフェインレスの緑茶についてご紹介します。

カフェインを気にせず飲める緑茶とは?

ノンカフェインの緑茶

カフェインを除き、カフェインが全く入っていないものが「ノンカフェイン」です。ここでは麦茶やブレンド茶ではなく、お茶の茶葉だけを使用したお茶に限定してご紹介します。

キリン カフェインゼロ生茶

カフェインゼロの緑茶です。特許を取得している独自の製法でカフェインを除去しており、夏の汗をかきやすい時期の水分補給などにごくごく飲める緑茶です。

カフェインレスの緑茶

カフェインレスとは、カフェインを取り除くなど製法の工夫によってカフェインの量を少なくしているものです。ほとんどカフェインを取り除いているものもあれば、半分程度に減らしているものもあります。

味や自分の飲みたい量とのバランスで、好みのものを選びましょう。

三井銘茶 カフェインレス緑茶 煎茶40g

粉末のインスタント緑茶です。熱いお湯でも冷たい水でも溶くことができるので、お好みに合わせて気軽に飲むことができます。カフェイン残存量は1杯あたり0.001gです。

ルピシア 低カフェイン深蒸し煎茶「旅枕」-50g袋入

お茶100ml中に含まれるカフェイン量は12mgと、一般的な煎茶の約半分です。ここでご紹介している他のものに比べるとカフェイン量はありますが、緑茶らしいお茶の味わいを楽しめる茶葉です。

まとめ

緑茶には、カテキンやビタミンCなど体にいいと言われる要素も含まれます。また、温かい緑茶を飲むとホッと一息つくことができ、リラックスできますよね。

あれもダメ、これもダメと思いすぎてしまうとストレスが溜まりがちです。1日に湯呑み1杯だけ濃く入れた緑茶を飲むのもいいでしょうし、カフェインレスの緑茶を1日に好きなだけ飲みたいというのもいいでしょう。

自分のライフスタイルに合わせた緑茶の楽しみ方を見つけてみてくださいね!

 - 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期 ,