ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

乳児ボツリヌス症の原因になるはちみつ。どこまで気を付ければいいの?1歳すぎてから食べさせていい量はどのくらい?

   

はちみつは、1歳未満の子供には与えてはいけない食材ですが、はちみつはお菓子や料理の隠し味など様々な食品に加えられています。食品以外にも、化粧品やおもちゃではちみつが使われているものがあります。

どの商品は使えて、どの商品がだめなのかいまいちわかりません。また、1歳を超えたらどのくらいの量をあげていいのかも不安に感じますよね。「なぜはちみつをあげてはいけないのか」、「どこまでいいのか」等、はちみつに対する疑問についてまとめました。

乳児ボツリヌス症とはちみつの関係

乳児ボツリヌス症は、日本では発症例は少ないですが、外国ではたくさんの赤ちゃんが発症しています。どうして、はちみつによって乳児ボツリヌス症が起きるのかを説明します。

ボツリヌス菌中毒について

ボツリヌス菌中毒とは、ボツリヌス菌という菌が食材の中で繁殖し、その繁殖のときの毒で起きる食中毒です。古い缶詰や保存食品での中毒例があります。

ボツリヌス菌とは?

ボツリヌス菌とは、自然の中の土や泥、川や海など様々な環境にいる芽胞(がほう)という状態で生息している菌です。酸素の無いところを好み、瓶詰や缶など真空パックの食品内で増殖しながら強い毒素を作ります。もし缶詰やパックが膨張していたり、中身の食べ物が異臭を放っていたら、菌が繁殖した可能性があります。危険なので、決して食べないでください

芽胞ってなに?

芽胞とは、菌が種の殻のようなものに包まれている状態で、好みの環境になると一気に増殖します。芽胞をもつ菌は、熱や薬品に強いのが特徴です。はちみつには、ボツリヌス菌が芽胞の状態で混入していることがあります

乳児ボツリヌス症ってどんな病気?

0歳~1歳までの赤ちゃんの口からボツリヌス菌が入ってしまうと、中毒症状を起こしてしまいます。なぜかというと、1歳未満の乳児は消化器官が未熟です。そのため、胃酸によって殺菌されることなく、菌が腸まで届いてしまいます。そして腸管の中で菌が増殖して、強い毒素が作られてしまうのです。

乳児ボツリヌス症の症状

  • 長い便秘
  • 全身に力が入らなくなる
  • ミルクを飲む力が弱くなる

長い入院が必要で、海外では死亡例もあります。日本では、1986年から31例が報告されています。

日本で確認されている31例のうち約半数がはちみつが原因で感染

乳児ボツリヌス症がはちみつが原因で発症したケースは、日本では13例あり、アメリカでは1970年代に発症した中の39.7%がハチミツが原因だったという調査結果が出ています。

ボツリヌス菌は土の中に多くいる菌ですが、はちみつも商品で売られているものの約10%が汚染していると言われています。野菜などは土を十分に洗い落とせばいいですが、はちみつは中に入り込んでしまっているので取り出せません。

また、熱で殺菌してしまうと、ハチミツの中に入っている栄養素や成分が抜けてしまうため、殺菌消毒はされずに流通しています。そのため、「1歳未満は食べないでください」と厚生省から注意喚起されているのです。

すべてのはちみつ入りの商品が1歳になるまで食べれないの?

ボトルや瓶で売られているハチミツだけでなく、カステラ、クッキー、飲み物、パン、お菓子、料理の調味料と様々な商品にはちみつが含まれていますが、どの食品は大丈夫なのか見分けるポイントをまとめました。

はちみつが原材料で使われている食品のチェックポイント3つ

  1. 商品の注意書きを確認しましょう
  2. 原材料の表示でも確認できます
  3. お店で売られている商品は?

1.商品の注意書きを確認しましょう

明治のお客様相談室HPでは、ボツリヌス菌についてこのように記載されていました。

芽胞が死滅する温度で加熱殺菌していない商品については、「1歳未満の乳幼児に与えない」旨の警告表示をすることになっており、1998年7月から完全実施されています。
なお、警告表示が無いはちみつの入っている商品は、芽胞が死滅する温度で加熱殺菌していますので、安心してお召上がりいただける状態になっています。

引用元:Meiji Q&Aお客様の質問にお答えします(http://qa.meiji.co.jp/faq/show/1208

はちみつ入りの食品でボツリヌス菌が入っている可能性があるものに関しては、「1歳未満の赤ちゃんには食べさせないでください」と表記してあります。商品の注意事項に必ず目を通すくせをつけましょう

2.原材料の表示でも確認できます

原材料に表示されるはちみつは、公正取引委員会によるはちみつ類の表示に関する公正規約により、4つに分類されています。

はちみつ

何も加えられていない100%はちみつです。「純正」と書いてあるものは100%のはちみつが使われています。このはちみつは1歳未満の赤ちゃんに食べさせてはいけません

加糖はちみつ

はちみつが60%以上入っていて、残りがブドウ糖などで薄めてあるものが加糖はちみつです。加糖はちみつも殺菌されていません。ボツリヌス菌の芽胞が含まれている可能性があるので食べさせないでください

精製はちみつ

ビタミンやミネラル、鉄分などの栄養素やかおりや色を抜いてしまったハチミツを精製はちみつといいます。お菓子やジュースに含まれています。精製はちみつは高温の熱で加工するので食べても問題のないはちみつです。

巣はちみつ

巣のまま販売されているはちみつです。こちらも100%のはちみつで、ボツリヌス菌の芽胞が含まれている可能性があります。食べさせないでください

3.個々のお店で販売している商品は?

ケーキ屋さんやパン屋さんで売られている商品でわからないものがあります。その場合はどのように判断したらいいのでしょうか。ボツリヌス菌の芽胞は、120度の熱で4分以上加熱すると死滅します。

「生クリームに甘味をだすためにはちみつを入れた」というお菓子は、加熱されていないはちみつが使われているので、1歳未満の赤ちゃんには食べさせてはいけません。反対に、高温のオーブンで焼いたクッキーやカステラなどは大丈夫ですが、心配に思う方は食べさせないでください。

はちみつを原料に使った化粧品やおもちゃについて

石鹸やベビークリームなどの商品

石鹸やクリームなど、無添加でアトピーにもいいので、使いたくなりますよね。大きな企業もはちみつ成分の入った無添加せっけんが「赤ちゃんから使える無添加せっけん」として販売されています。

はちみつ入りのせっけんやクリームは使っても大丈夫なのでしょうか。下記は、国内で発生した乳児ボツリヌス症の1例です。

患者は唇の乾燥防止のため唇に蜂蜜をつけていた。しかし、その量はごく少量で、該当するハチミツの検査をしてもボツリヌス菌芽胞は検出できなかったため、ハチミツが原因だった可能性は低いとされた。

引用元:国立感染研究所HP(http://www.nih.go.jp/niid/images/lab-manual/botulism121207.pdf

石鹸に含まれている薬品は、ボツリヌス菌の毒を無くす効果はありますが、ボツリヌス菌を殺す効果はありません。しかし、上記の事例をみるかぎり、石鹸やクリームの中に入っているはちみつが赤ちゃんの口に入る可能性は極めて低いです。

手作りの石鹸を販売している方で、「1歳未満のお子様は使用しないでください」と注意事項に記載しているところもあります。確率はものすごく低いですが、可能性はゼロとはいいきれません。心配だと思われる方は使わないでください。

おもちゃやクレヨンなどのはちみつが原料になっている商品

はちみつのロウを原料としたおもちゃやクレヨンは、高温で焼成されています。赤ちゃんが万が一、口に入れても安全なように作られています。なのでボツリヌス菌の心配はいりません。使用しても大丈夫です。

1歳を過ぎてからのはちみつの食べさせ方とはちみつの代用になる食品

はちみつは1歳をすぎたらどう食べさせればいいの?

1歳をすぎたからからといって、大量にあげていいものではありません。野菜ジュースと同じように白湯で薄めながら、赤ちゃんのご飯やおやつに使い、少しずつ量を増やしていってください。

年齢別のはちみつの量

下記の表を参考にするとはちみつ等の1日の量の目安がわかります。

お料理やおかしなどに1日につかうお砂糖の総量の目安値

※ 1 乳児ボツリヌス症:乳児がボツリヌス菌芽胞を何らかのかたちで摂取することで起こります。

 http://www.pure-maple.com/kids/ ケベック・メープル製品生産者協会

1歳では、1日に13g、2歳~4歳になると20gも食べれるようになります。ただし、与えすぎると、他の甘いものを食べなくなってしまうこともあるのでおやつや料理の隠し味にまぜる程度にしてくださいね。

メープルシロップがはちみつ代わりに

離乳食で、はちみつの代わりに使えるものは上白糖以外もあります。メープルシロップは、厳しい審査をクリアして販売されているので、ボツリヌス菌の心配をしなくて大丈夫です。天然の素材で栄養バランスもしっかりしています。

ただし、食べさせすぎると他のものを食べなくなることがあります。隠し味程度に使いましょう。

まとめ

はちみつは、乳児ボツリヌス症の感染の危険性があります。はちみつを食べさせることを控えてからその数は劇的に減りました。健康にいいと知られているはちみつですが、赤ちゃんににとっては、逆に病気になるリスクがあります。

食品表示の裏面を確認する習慣をつけて、どの商品なら大丈夫なのか把握するようにしましょう。

 - 病気, 赤ちゃん