ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

母乳はいつから出るの?妊娠中・産後のおっぱいのケア教えます!

      2016/03/29

母乳は赤ちゃんの成長に必要なビタミン・ミネラル・タンパク質などの栄養素がバランスよく含まれている完全栄養食品と言われています。

また、ママが持つ免疫物質も多く含まれていて、母乳育児を続けることで赤ちゃんは感染症にかかりにくくなります

母乳育児は赤ちゃんだけでなく、ママにも良いことがたくさんあります。母乳をあげることで子宮が収縮し、産後の身体の回復を助けます。

また、カロリーも多く消費するので産後はダイエット知らずでどんどん体重が減っていきます。そんないいことづくめの母乳育児。赤ちゃんを母乳で育てたい!と誰もが思うことでしょう。

でも、母乳はちゃんと出る?いつから母乳育児は軌道に乗る?赤ちゃんを元気に大きく育てたいからこそ、心配なことだらけですね。

ここでは、気になる母乳にまつわる疑問にお答えしていきます。



母乳が出始める時期

o04000267af9930029455w-400x267

母乳が出始める時期は人によって様々。出産後しばらくしないと出ない人もいれば、妊娠中から出始める人もいます。初産婦か経産婦かも関係がないようです。個人差の原因ははっきりとはわかっていませんが、遺伝的要因があるとの科学的根拠はありませんので、もしあなたのお母さん、おばあちゃんが母乳の出づらい体質だったとしても、心配しないでくださいね。

母乳育児がいつから軌道に乗るかは、出産前からの準備や、赤ちゃんが産まれてからの授乳の仕方によって変わってきます。これから出産するママは、産後スムーズに母乳育児を始められるように、今から準備をしていきましょう

今スグできる!母乳育児の準備をしよう!

予定日が近くなってくると、乳首・乳輪の様子が変わってきます。生まれたての赤ちゃんは目が良く見えないので、おっぱいを見つけやすいように乳首・乳輪の色が濃くなってきます。見慣れない姿になりますが、通常の変化なので心配しないでくださいね。

妊娠中から準備できるおススメのおっぱいケアを3つ紹介します!

  • 乳首のお掃除
  • 乳首の保湿ケア
  • おっぱいマッサージ

乳首のお掃除をしよう!

乳首の先を良く見てください。鼻の角栓のようなものがついていませんか?これは、母乳育児の準備が始まっている証。母乳の成分がカスになって詰まっているのです。これをそのままにしておくと、母乳の出る穴が詰まって母乳がでづらくなりますし、衛生的にも心配です。

お風呂上りに、ベビーオイルなどを塗って優しくふき取ってあげると、コロンと出てきますよ。(オリーブオイルは、授乳が始まってからは塗らないでくださいね)

乳首の保湿ケアをしよう!

産後、授乳が始まると、赤ちゃんが長い間乳首をくわえているのでとっても乾燥します。乳首が乾燥するとヒリヒリし、下着との摩擦でとてもつらいことになります。

出産前から保湿をしておくことで、乾燥しにくくなります。産後にも役立つ馬油や、ラノリン(羊油)100%でできた専用の乳首ケアクリームを塗るのがお勧めです。馬油や羊油は、赤ちゃんの口に入っても大丈夫です。

おっぱいマッサージをしよう!

予定日が近くなると、おっぱいマッサージをすると母乳が出ることがあります。産後に良いスタートを切るためにも、安定期に入ったら乳首を少し押しながらつまみ、母乳を出してみましょう。(おっぱいマッサージは子宮の収縮効果があるため、安定期に入るまではしないようにしましょう。)

完全母乳で育てたい!どうしたらできる?


完全母乳への道のりは、赤ちゃんとママの共同作業です。産後で体調がすぐれない中、完全母乳をめざすにはつらいこともありますが、可愛い赤ちゃんのために頑張りましょう。

母乳量を増やすためのポイント

  • 頻回授乳
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 血行促進、疲労回復

母乳は吸われるほど出るようになります!

母乳量を増やす一番のポイントは頻回授乳です。赤ちゃんが吸ってくれるほど、母乳は出るようになります。特に、夜間授乳の習慣は母乳量を増やします。新生児期は赤ちゃんが寝ていても、3時間ごとにアラームをかけて片方10分ずつじっくりとおっぱいを飲んでもらいましょう。

産院では、赤ちゃんの体重の増え方が悪いとミルクを足すことがあります。ミルクを足してもらうと安心ですし、しばらく休んでいられるので入院中はついミルクに頼ってしまいたくなりますが、あまりミルクに頼りすぎると、赤ちゃんはミルクに慣れてしまっておっぱいを飲んでくれなくなります。

乳首よりも哺乳瓶からのほうが力を入れずに飲むことができ、赤ちゃんにとっては楽なのです。ひどい時には赤ちゃんが乳首を拒否するようになってしまうこともあるので、ミルクの飲ませすぎには注意しましょう。

食事をしっかりとろう!

助産師さんによっては、「毎食ご飯2膳ずつ」食べることを指導する人もいます。それほど、食事は大切なのです。私は入院中に産院のご飯があまりおいしくなく、ほとんど食べていなかったので母乳が出ませんでした。

母乳が出ない体質なのかな…と思っていましたが退院後、実家の食事をたくさん食べていたら、1か月健診では「赤ちゃんの体重が増えすぎです」と言われるまで母乳が出るようになっていました。里帰りをしているママは、お母さんに頼って美味しい食事をたくさん作ってもらいましょう。

無理せず休もう!

母乳は血液ですから、血の巡りを良くすることが大切です。しっかりと身体を温め、また休めるときに休みましょう。赤ちゃんが寝ている時は、無理せず一緒に寝ることです。産後1か月は湯船に浸かれませんから、体操などをして血行促進しましょう。

母乳育児の「いつから?」気になる5つのQ&A

Q.母乳育児中、いつから薬は飲んでいいの?

母乳育児中でも飲める薬はあります。産院では、子宮収縮の痛みや会陰の痛みを和らげるために鎮痛剤が処方されることもあります。そういった薬は産後すぐから飲めます。

母乳に移行しないのは「アセトアミノフェン」製剤です。処方薬であれば「カロナール」市販薬であれば「タイレノール」です。その他の症状で服薬したい場合は必ず医師に相談しましょう。

Q.母乳育児中、いつからお酒は飲んでいいの?

母乳中にアルコール成分は移行するので、基本的にはお酒は飲まないことをお勧めします。厚生労働省においては、授乳中の飲酒は控えるよう呼びかけています。

それでも育児のストレスなどでどうしても飲まないと我慢できない、という場合は、「缶ビール1本」は許容範囲だ、と考える医師もいます。缶ビール1本のアルコールは3時間程度で抜けていきますので、授乳はそのあとにしましょう。

Q.おっぱいの張りはいつから?いつまで続く?

産後2~3日くらいからおっぱいが張り出し、サイズも今までの自分では見たことのないサイズになってくるでしょう。おっぱいの青筋も目立ってきます。

張りが少なくなってくるのは、個人差もありますが離乳食が軌道に乗って授乳量が少なくなる7か月頃からという人が多いようです。

Q.生理はいつから再開する?

生理の再開も個人差が大きいです。頻回授乳である人は再開がやや遅くなることが多いようです。産後、1か月健診で悪露が続いているのかと思ったら実は生理だった、という人もいれば、1年経っても再開しない人もいます。どちらも異常ではないので、心配しないでくださいね。

乳首への刺激によって母乳を作るためのホルモンが分泌され、生理を起こすためのホルモンが抑えられています。ママが仕事を始めたり、離乳食を食べる量が増えておっぱいを飲む量が減ってくると生理が始まるという人が多いようです。

Q.いつからママの体重は減ってくる?

頻回授乳の習慣ができ、赤ちゃんがたくさんおっぱいを飲んでくれるようになると体重が減ってきます。母乳育児が軌道に乗ってからの、授乳によるカロリー消費は約1,000キロカロリー前後。1,000キロカロリー分を、いつもの食事にプラスしてとるのはかなり大変ですから、自然に痩せていきます。

母乳育児が軌道に乗るというのがどのような状態かわからないという方は、ベビースケールで授乳前後に赤ちゃんの体重を測ってみるのもよいでしょう。赤ちゃんがおっぱいを飲むのに慣れてくると、1回の授乳で150~200グラム程度体重が増え、それだけ赤ちゃんがおっぱいを飲めているとわかります。

 - 育児 ,