ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんなのに水泳?ベビースイミングってなに?いつから通えてどんなメリットがあるの?必要なものは?

   

赤ちゃんが生まれてからバタバタしていた生活がやっと落ち着いてきた生後6ヶ月頃になると、赤ちゃんの習い事を考え始めるママも多いのではないでしょうか?赤ちゃんの習い事の中でも人気があるベビースイミング。赤ちゃんを水に慣れさせるだけだと思っていませんか?実は赤ちゃんはもちろん、ママにもよい効果がたくさんあるんです!

こちらではベビースイミングについて始める時期やメリット・デメリット、また通う際に必要になるものまでまとめてご紹介します。

ベビースイミングってなに?

ベビースイミングという言葉を聞いて、赤ちゃんに水泳を教えることをイメージしてしまうママも多いのではないでしょうか?しかしベビースイミングは赤ちゃんに水泳を教えるわけではなく、赤ちゃんがママやパパと一緒に、プールで楽しく簡単な運動を行うことをいいます。

赤ちゃんはプールで楽しく遊ぶことでお水に対する恐怖心をなくし、自然にお水に慣れていくことができます。楽しく遊びながら身体を強くすることができるなんて素敵ですよね。

ベビースイミングはいつから始められるの?

教室によって異なりますが、生後6ヶ月頃から通えるところが多いです。しかし教室によっては4ヶ月頃から受け付けているところもあるので、気になる教室があったらホームページや電話で確認をしてみたほうがいいかもしれませんね。

しかし、大事なのは教室の受け付け基準だけではありません!

赤ちゃんの発育によって始められる時期は違う

赤ちゃんの体の成長には個人差があります。生後4ヶ月で首がすわってない子もいれば、もう寝がえりができる子もいます。

ベビースイミングを始めるにあたっての絶対条件は首がすわっていることです。生後4ヶ月から受け付けているとはいえ、まだ首がすわっていない子はNGです。首がぐらぐらしている赤ちゃんはしっかり首がすわるまで待ってあげましょう。

首がすわっているかの判断基準

  • うつぶせの状態で自分で顔をあげることができる
  • あおむけの状態で両手を引き上げると頭がついてくる
  • 赤ちゃんを縦にしたときに首がまっすぐになっている

生活リズムが把握できるようになってから

教室に通う時間は定められている場合がほとんどです。

まだ生活リズムが安定していない子の場合、お昼寝の時間と重なって眠たくなってしまったり、お腹がすいてしまうとグズグズしてしまいますよね。これではママも赤ちゃんも楽しむことができません。けれど生後6ヶ月で完璧に生活リズムを安定させるのは難しいので、大体の時間が把握できるようになったらでいいでしょう。

メリットとデメリットは?

ベビースイミングのメリット8つ

1.赤ちゃんの発達・発育のサポート

プールの中では水に浮くことで赤ちゃんがたくさん動けるようになります。バタバタと動いているだけに見えても赤ちゃんは全身の筋肉や神経を使っています。また水中では普段使わない筋肉も使っているため、あらゆる筋肉の発達が期待できます。また水の中であまり動かない赤ちゃんもいますが、プールに入っているだけで水の抵抗を受けているため、同じような効果が得られます。

2.水への恐怖心がなくなる

赤ちゃんは水に入るとママのお腹にいた時のプカプカした感覚を思い出すといわれています。赤ちゃんのうちからプールに慣れておくと、成長しても水を怖がることなく水遊びやお風呂を楽しむことができます。

3.スキンシップによって親子の絆が深まる

ベビースイミングに通うママ達の一番の目的は親子のスキンシップであるという場合が多いです。スキンシップは赤ちゃんの健やかな成長を促します。ママと肌が触れ合うとき、赤ちゃんはオキシトシンという幸せホルモンでいっぱいになるそうです。親子で同じ運動をしたり触れ合いながら笑い合うことで親子の一体感も生まれ、絆もより深まることでしょう。

4.赤ちゃんが集団生活に慣れる

大勢の子と一緒にベビースイミングを行うことで集団行動に慣れていくとともに、先生へ挨拶をすることや順番を守るという社会のルールこも学んでいくことができるでしょう。

5.生活リズムが整う

寝つきの悪い子や夜泣きの多い子も、プールで全身運動をすることによって深い眠りにつけるようになる子もいます。また夜にぐっすり眠れると体内時計や自律神経が整うことで強い体づくりにもつながります

6.免疫が高まる、ぜんそくの予防にも

プールの中でたくさん体を動かすと、体の中の血の巡りがよくなり新陳代謝が高まります。新陳代謝が高まることにより免疫力も高まり、風邪やウイルスなどに感染しにくい体を作ることができるでしょう。また水中で体を動かすことにより心肺機能も発達するといわれているため、ぜんそくの予防や改善の目的でベビースイミングを習わせるママも多いようです。

7.産後の体のシェイプアップ

赤ちゃんと一緒にプールに入ることによりママも水中での全身運動を行うことになるので、日頃から運動不足になってしまっているママや、妊娠中についた脂肪を落としたいママにもピッタリの習い事かもしれません。

8.ママ友ができる

ベビースイミングに通うことで、同年代の子をもつ友達ができるきっかけにもなります。育児の悩みを一人で抱え込まずに相談したり、情報交換などができる人が近くにいると心強いですよね。

ベビースイミングのデメリット

1.感染症のリスク

水を介して感染しやすい疾患にかかってしまう場合があります。

  • プール熱
  • 水いぼ
  • 流行性結膜炎
  • シラミ

これらの感染症はプールの中だけではなく脱衣所で感染するケースもあります。タオルの共有で感染してしまうこともあるので、タオルを忘れて人に借りるといったことなどがないようにしましょう。また周りで感染症が流行っているときには、赤ちゃんの様子を注意深く観察してあげることが大事です。

2.水中毒

水中毒は赤ちゃんが水を飲みずぎてしまうことによっておこる中毒症状のことです。水分を過剰に摂取することによって血液が薄まってしまい、ナトリウムやカリウムが失われ体調を崩してしまう病気なので、ベビースイミングを行うときには赤ちゃんが水を大量に飲んでしまわないよう注意してあげましょう。

なおプールの水には消毒のために塩素が使われていますが、塩素の濃度はご家庭の水道水と同量程度しか含まれていないので少量飲んでしまう分には問題ありません。

3.プールの後に体を冷やさない

水にから出た後は髪の毛も濡れており体が冷えやすい状態です。タオルで体の水分を拭きとってあげることで冷えを防ぎ、風邪をひかせないようにしてあげましょう。

4.費用

レッスンを受けるにあたってはもちろん費用がかかります。まず大半の教室では入会金が必要になります。こちらは大体5,000円~15,000円で収まる場合が多いようですが、月謝に関しては教室によって大きな差があるので気になる教室がある方は問い合わせて聞いてみるのがいいでしょう。

そして水着などの消耗品も購入しなければなりません。

通うときには何を準備すればいいの?

いざベビースイミングに通おうとしたときに、なにを揃えればいいのか迷ってしまうママも多いと思いのではないでしょうか。水着はどんなものがいいか、キャップやゴーグルは必要?おむつがとれていない子はどうしたらいいの?などについて簡単にご紹介します。

必ず必要になるもの

赤ちゃんの水着・スイムキャップ

赤ちゃんの水着は動きやすい一体型のものを選ぶといいでしょう。上下で別になっているものだと脱げやすいためベビースイミングには不向きです。またウェットスーツの素材でできていて赤ちゃんの体温を下げにくいものや、背中側ががばっと開くことによって着替えが楽にできるような作りになっているものもあります。赤ちゃんの水着は2,000円~5,000円前後で購入することができます。

 

そして大半の教室ではスイムキャップの着用が義務付けられているのでこちらも用意しましょう。こちらは700円~2,000円前後で購入することができます。ゴーグルは基本的には必要ありません。

スイムパンツ

スイムパンツとは水遊びの時に使うように作られたおむつで、水を吸っても重たくならず、うんちが出てしまっても外に漏れないようになっています。スイムパンツには「紙おむつタイプ」と「パンツタイプ」の2種類があります。「紙おむつタイプ」は使い捨てで1枚100円前後、「パンツタイプ」は洗って繰り返し使うことができ、1枚1,000円~2,000円前後で購入することができます。またまだおむつの取れていない子には着用が義務付けられている教室があります

ママの水着・スイムキャップ

ママが着る水着で重視したいのが動きやすさ、そして着替えのしやすさです。教室へ通うママの多くがフィットネス用の水着を着用しているようです。最近では着替えのしやすいセパレート型のフィットネス用水着も多く出ており、子供の着替えもしなければならないママに人気です。

タオル

プールから上がった後に体を拭く用のタオルは吸水性の良いものを用意しましょう。また、首部分にゴムの入っているタオルスカートやタオルキャップなども用意しておくと役立ちます。

準備しておくと便利なもの

搾乳機

まだ授乳中のママはプールの中で赤ちゃんと触れ合うことで母乳がでてきてしまうことがあります。教室が始まる前に搾乳しておくと安心ですよね。

大きめのプールバッグ

2人分の水着にタオルに…と気が付くと結構な大荷物になってしまいます。大き目のバッグがあればすべて1つにまとめることができるので便利ですね。

ベビースイミングのそのあとは?

ベビースイミングは基本的に3歳までと決められている教室が多いです。3歳以降も続ける場合にはキッズスクールへと切り替わります。キッズスクールではキックの練習やクロールの泳ぎ方などを習得することができ、お子さんが25メートルを泳げるようになる日も近いかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんにもママにもたくさんのメリットがあるベビースイミング。通うかどうか悩んでいるママさんは一度体験教室を探して行ってみるのもいいと思います。

お子さんが赤ちゃんでいる時期はあっという間です。ベビースイミングに限らず、赤ちゃんが健やかに成長するように親子のスキンシップをたくさんとってくださいね。

 - 育児 ,