ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ベビー食器に陶磁器は使いやすいの?かわいい食器を使いたいけど、おすすめはどんな食器?

      2017/05/01

離乳食が始まるから食器をそろえようと思ったり、出産祝いにベビー食器を贈ろうと思ったり、さまざまな目的で食器を購入しようとするとき、迷うのが素材ではないでしょうか。

壊れにくいものや安定性のあるもの、軽いものなど、素材にはそれぞれいいところがあります。赤ちゃんが口にするものだから安全で使いやすく、食事が楽しくなるようなものを選びたいですよね。

食事が楽しくなる食器というのはどういうものなのでしょうか。ここでは、各素材を比較しながら、陶磁器のベビー食器をご紹介したいと思います。

食器をえらぶポイントは?

みんなが食器を選ぶとき、重要視しているポイントは何でしょう。それは何を重視したいか、生活スタイルや考え方によって違いますよね。

いくつかある食器を選ぶポイントの中から生活スタイルにあった食器を選びましょう

食器を選ぶポイント

  • 簡単に割れない
  • 洗いやすい
  • 電子レンジで使用できる
  • 食洗機で使用できる
  • 仕切りがあり、食べる食品を分けられる
  • 安定していて倒れにくい
  • こぼれにくい
  • 子どもが自分で食べるようになっても使いやすいように、底が浅く口が広いもの
  • 離乳食が終っても使える
  • かわいくて楽しい気分になる食器
  • 子どもが興味をもつデザイン
  • 素材や手触りが好み
  • 外出時や準備中に使えるようにフタがある

色は控えめで食材の邪魔をしないデザインがおすすめ

赤、緑、黄色などの色を見て赤ちゃんは手をのばして口に入れようとします。大人でも、シンプルなお皿の方が食べ物がおいしそうに見ることもありますよね。

赤ちゃんはシンプルで食材の色を感じ、覚えていくのです。ですので、カラフルな食器よりもシンプルで食材の色の邪魔をしないデザインをお勧めします

子どもが少し大きくなると、おもちゃにあるようなキャラクターがついていると遊び始めてしまう子もいます。食事の邪魔になるようなら、キャラクターものは避けた方が良いですね。

陶磁器をおすすめする理由

毎日忙しくしていると、便利で機能的なものを選ぼうと考えてしまうことが多いですよね。でも、食事は愛情やぬくもり、人の想いが詰まったものにしたいです。

陶磁器は適度な重さがあり安定感があります。また、臭い移りしにくいので衛生面も安心です。手触りもよく、大人が使う食器と同じ触感があります。

あたたかい気持ちを伝えたい

子どもには健康に育ってほしい、美味しく食べて欲しい、楽しく食べて欲しい、そんな前向きな気持ちが伝わる食卓にするには、食器も優しく温かみのあるものが良いのではないでしょうか

食器はただ食べ物を乗せるだけではなく、料理を引き立て食欲を誘い、楽しい気持ちにするものであってほしいですね。

物を大切にするという気持ち

私は子どもに陶磁器を使わせていました。安定感もあり良かったのですが、2歳の頃に一度手ではらって割ってしまいました。とても驚いて泣いてしまいましたが、二度と壊すことはありませんでした。

「ポンってすると割れるからそっとね、大事にね」と使いながら自分で言っていたこともありますので、割れたことによって感じたことがあったのではないかと思っています。

デザインを選ぶことで長く使うこともできます。物は乱暴に扱うと壊れるということを知る、物を大切にする気持ちを持つという意味でも陶磁器をお勧めします

食器の材質はどんなものがあるの?

食器の種類にはいろいろなものがあります。それぞれの特徴を理解して選んでみてはいかがでしょうか。

陶磁器

陶磁器とは粘土などを練って固め乾燥させて焼いたものをいいますが。陶器と磁器は原料や作り方が似ているので陶磁器という呼び方をすることがあります。

ですが、陶器と磁器は違いがあります。それぞれの特徴を挙げてみます。

陶器

  • コンコンと叩いても響かず鈍い音がする
  • 柔らかみがある
  • 壊れやすい
  • 厚みや重みがある
  • 吸水性があり色がついてしまうことがある
  • よく乾かさないとカビなどの原因になる
  • 熱に強い
  • 冷めにくい
  • 電子レンジは不可も物が多い

磁器

  • 陶器と比べると壊れにくい
  • 水を吸わないので染みにならない
  • 金属音のような高い音がする
  • 陶器と比べると薄い
  • 手触りはツルツルしている
  • 熱が伝わりやすい
  • 清潔感がある
  • 冷めやすい
  • 熱に強くないので、温度差でひびが入ることがある
  • 電子レンジで使用できるものが多いが、装飾によっては火花が発生するので注意
  • 食洗機は使用できるものが多いが、注意書きがないか確認が必要

それぞれにいいところがありますので、私は手触りや安定感を重視して、陶器を選んで使いました。割れにくい、染みにならないという特性を重視するのであれば、ベビー用には磁器の方が使いやすいですね。

磁器は陶器に比べると冷めやすいですが、離乳食の頃はアツアツを食べさせることはありませんので問題ないですね。

実際に手に取って感じて選ぶのも楽しいひとときではないでしょうか。

強化ガラス素材

  • 大人が使いものと同じような質感で扱いやすい
  • 落としても割れにくい
  • 電子レンジで使用できるものが多い
  • 食洗機が使用できるものが多い
  • 割れる時に鋭利な破片ができにくい
  • 急激な温度変化によって割れることがある

プラスチック、メラミン製

  • 割れにくく軽い
  • 表面に傷がつきにくい
  • 割れにくい
  • 軽いので外出時に持っていける
  • 軽いので安定しにくく、自分でスプーンを入れた時に器が動いてしまうこともある
  • 臭い移りすることがある
  • メラミン製は電子レンジ使用不可のものが多い
  • プラスチック製品は電子レンジや食洗機で使用できるものが多い

木製

  • 軽くて割れにくい
  • 熱いものを入れても食器が熱くなりにくい
  • 口当たりがいい
  • 電子レンジや食洗機で使えないものが多い
  • 濡れたまま放置するとカビが生えることもある
  • 乾燥に弱いので冷蔵庫で保管できない

ベビー食器は消毒が必要なの?

哺乳瓶は消毒して使用していましたよね。では食器はどうなのでしょうか。離乳食を始める頃は抵抗力もついてきますので、これからはある程度の菌で抵抗力を強くしていくことが大切な時期になります

もちろん洗って清潔に保つことは必要ですが、食器の消毒は不要です。

すりおろすのに使ったものは、スポンジではなくタワシで洗いましょう。きれいに洗ったとしても食品のカスが残っていて雑菌が繁殖することがあります。

おすすめの食器3セット

実際に食器を3セット選んでおすすめします。参考にしていただけるとうれしいです。

ランデブー はじめての食器13セット

価格:12,824円

シンプルですがかわいらしさもあり、離乳初期から幼児になっても使える食器です。出産のお祝いや誕生日プレゼントにも良い商品です。

赤ちゃんの持ちやすさ、支えやすさ、すくいやすさを考えられているので、自分で食べるようになっても使うことができます。

  • 日本製
  • 無鉛絵具使用
  • 電子レンジ可
  • 食洗機可
  • マグカップやお茶碗の底にシリコーン製プロテクトを装着しているので滑りにくい

森修焼 ナチュラルセット

価格 6,575円

安定感のあるお椀や子どもが使いやすい構造のボウル、持ちやすいプレートのセットです。シンプルなので、離乳食が終わっても長く使える食器です。

  • 日本製
  • 陶器
  • 食洗機可
  • 電子レンジ可

ナルミ まんてんセット


価格 8,640円

汁椀付きのセットです。子どもが持つことを考えて安定性や大きさが考えられた商品です。

  • 日本製
  • うつわは耐熱強化磁器製、カトラリーはステンレス製
  • 電子レンジ使用可(カトラリーと汁椀は不可)

大人も子どもも楽しい食卓を

食器をご紹介しましたが、買いそろえず自宅にある使えそうな食器を使っても良いと思います。自分で食べたり飲んだりするようになって、赤ちゃんが持てそうなものがなければ買い足しても良いと思います。

最近は100均でもベビー食器があり、陶器のものも売っています。食器は必要ですが主役ではありませんよね。大切なことは、大人も子どもも楽しい食卓を囲むことなのです。

食事を美味しそうに引き立ててくれる食器を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 - 赤ちゃん, 離乳食 , ,