ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんとのフライトはいつからOK? 飛行機を無事に過ごすコツとは?

   

赤ちゃんとのお出かけは気を使うものです。特に初めての時は緊張します。私の場合、初めての公共交通機関でのお出かけが、里帰り出産から帰って来るための飛行機でした。いろいろ調べて緊張したのを覚えています。

里帰りに限らずとも、赤ちゃんと一緒に飛行機に乗ることになり、いろいろ疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

国内の短い飛行時間ではあっても赤ちゃんが一緒となるとトラブルはつきものです。そこで、赤ちゃんとの飛行機移動を快適に過ごすコツを体験を交えてご紹介します!

赤ちゃんと飛行機、いつから乗れる?

生後8日以降から、飛行機に乗ることができる

航空会社により日数の違いはありますが、国内大手のJAL、ANAともに、生後8日より飛行機に乗ることができます。これは国内線・国際線ともに同じです。

年齢 座席・料金
小児 ご搭乗日の年齢が3歳~11歳のお子様 座席及び料金が必要
幼児 ご搭乗日の年齢が生後8日~2歳のお子様 膝上に座る場合は料金不要。座席を確保する場合は料金必要。

え?生後8日からもういいの?と驚いたかたもいるのではないでしょうか。

ただ、一般的には母体も産後1ヶ月ごろまでは安静にした方が良いと言われています。また生後1ヶ月検診は、出産したときの状況を把握している病院で受けた方が母体・子どもともにしっかり見てもらうことができます。

どうしても移動しなくてはいけない理由があれば別ですが、できれば1ヶ月健診で問題ないことが母子とも確認されてからの方がいいでしょう。

航空会社の乳幼児のサポートはどんなものがあるの?

生後8日から飛行機に乗ることができるとご紹介しましたが、やはり親にとっても子どもにとっても負担がかかるイベントであることは間違いありません。航空会社各社も様々なサポートを用意しています。

ここでは大手2社のANAとJALについて、主な項目をご紹介します。

搭乗前:ベビーカー貸し出し

  • ANA 貸し出し有り
  • JAL 貸し出し有り

ベビーカーのサイズによっては自分のベビーカーを機内に持ち込むこともできますが、着替えやオムツなど荷物の多い乳幼児期は、事前に預けてしまった方が楽です。自分のベビーカーを預けてしまった場合でも、搭乗口までの移動手段として航空会社のベビーカーの貸し出しサービスがあります。

事前に相談しておけば着陸後の空港でも貸し出しを受けられる場合があるので、搭乗手続き時に相談してみましょう。

搭乗時:事前改札サービス

  • ANA 有り
  • JAL 有り

「優先搭乗のご案内をいたします」といったアナウンスに聞き覚えはありませんか? 他の乗客より先に優先的に搭乗できるサービスです。ゆっくりと座席で荷物をまとめたりできる利点があります。

機内:オムツ交換台

  • ANA 有り
  • JAL 有り

機種による場合もありますが、化粧室内にオムツ交換台が設置してあります。また、オムツの予備も備えがあるようです。ただしメーカーやサイズは限られますので、いつも使っているものを多めに用意しておいた方が安心です。

機内:ベビーベッド

  • ANA 有り
  • JAL 有り

貸し出し数に制限があったり、機種によっては設置できない場合もありますが、ベビーベッドの貸し出しサービスがあります。貸し出しを希望する場合は予約時に申し込みましょう。

機内:チャイルドシート

  • ANA 持ち込み可(条件あり)・貸し出し無し
  • JAL 持ち込み可(条件あり)・貸し出し有り

3歳未満は保護者の膝上に座れば料金無料ですが、3歳未満で座席を必要とする場合、チャイルドシートを使用することができます。

持ち込み可能なチャイルドシートには条件がありますので、予約時に確認するようにしましょう。

機内:おもちゃや絵本・アニメなど

  • ANA 有り
  • JAL 有り

お子さま向けのおもちゃの配布や絵本の貸し出しのほか、アニメチャンネルなども用意されています。

いかがでしたか?この他の航空会社各社も様々サービスが用意されています。とはいえ、赤ちゃんとのフライトは気苦労も多いものです。次からは子どもの年齢別に子連れフライトのコツをご紹介していきます!

0歳児とのフライト

注意ポイントはこの2つ!

  1. 離着陸時の気圧変化
  2. オムツ替えのタイミング

1. 離着陸時の気圧変化

大人でも、飛行機の離着陸時の耳がキーンとなる感じが苦手という方いらっしゃいますよね?意識的な耳抜きができない新生児にとって離着陸時の気圧の変化は辛いものです。

一般的に耳の痛みを防ぐ対処法は、飴を舐めたり飲み物を飲むことです。

予防法
大切な出張先や楽しい旅行中に航空性中耳炎に悩まないよう、できることとしては以下のようなことがあります。
① 搭乗中(特に下降時)アメをなめたり、飲み物を少しづつ頻回に飲む。

引用元:耳鼻科小児科南新宿クリニック

0歳児ではまだ飴は無理ですね。0歳児が無意識に少しずつ頻回に飲めるものといえば、オススメなのは授乳することです。

離陸時の飲ませ方3step
  1. 飛行機が滑走路に向けて動き始めたら飲ませる準備
  2. 滑走路についたぞというタイミングで授乳開始
  3. 授乳中に寝てしまったらそのまま寝かせてしまう

離陸時に授乳して寝かしつけることができると、そのまましばらく気楽に過ごすことができます。授乳用の服やケープを身につけていれば、隣の目を気にせずに授乳することもできますよ。

着陸時も同様に、着陸態勢に入ったところで授乳を始めましょう。

2. オムツ替えのタイミング

これもなかなか頭を悩ます問題の一つです。オムツ交換台があるとはいえ、なるべくなら機内では平穏無事で過ごしたいもの。

ウンチの回数や時間に傾向があればそれを避けてフライト時間を設定しましょう。

私の場合は、まだウンチの回数がまとまっていない生後2ヶ月でのフライトが一番ドキドキしました。まだゆるゆるな時期だし、場合によっては服も汚れて着替えが必要かもしれません。

そこで、いつもお昼寝をしていてオムツ替えの心配もないであろう12:00から13:30頃にフライトという作戦に出ました。これが見事にあたり、フライト中はほぼぐっすり。私も一緒にうとうとしたまま時間が過ぎていったのでした。

1歳児とのフライト

注意ポイントはこの2つ!

  1. 離着陸時の気圧変化
  2. 機内の気晴らし

1. 離着陸時の気圧変化

0歳児同様やはり大変なのは離着陸時です。

おすすめの対処法は、0歳児同様に何かを飲ませること。母乳育児を継続している場合はおっぱいを口に含ませましょう。

しかしお子さんや月齢によってはもう断乳していたりあまり飲もうとしなかったりという場合もあるでしょう。その場合は赤ちゃんせんべいなどのおやつも重宝します。

飲み物でも食べ物でもOKです。ゴクンと自然に飲み込めるお気に入りのものを複数準備しておきましょう。離陸前にお腹いっぱいになってしまわないように離陸前は飲食を控えめにするのがオススメです。

2. 機内の気晴らし

ぬいぐるみや布絵本などをいっぱい持ち込んでいたのがこの時期です。

0歳児よりも動きが活発だけれど、機内でもらえるおもちゃや機内上映のアニメなどはまだ発達に合わず興味を示さないし、泣き声も大きくなってくるし気を使う時期でした。

とはいえまだお昼寝をする時期なので、なるべく事前にお昼寝させずに過ごせれば、機内はずっと爆睡で過ごすことができます。1歳の頃に役立ったおもちゃをご紹介します。

おすすめの持ち込みおもちゃ

  • 布絵本
  • 動物図鑑
布絵本

さまざまなしかけのついた布絵本は、紙製の絵本よりも軽くお出かけのお供におすすめです。

お話のようにママがしかけを動かしながら読んであげることもできますし、子どもが興味を持てば一人でめくったり引っ張ったりしかけで遊ぶこともできます。

うちの子が気に入っていたのはマジックテープで貼ったり剥がしたりするしかけがある本でした。1歳ごろはお気に入りの遊びを繰り返し遊ぶので、気に入っている絵本があればそれを持っていくことをオススメします。

動物図鑑

動物図鑑もかなり役立ったアイテムでした。まだお話しに興味を持たない子でも動物の写真には興味津々の場合があります。

「次のページは誰かな? ゾウさんでしたー!」「ゾウさんはなんて鳴くかな?」などクイズ形式でやりとりしながら読むと大ウケでした。

2歳児とのフライト

注意ポイントはこの2つ!

  1. 搭乗前に疲れさせる
  2. 気分転換できるとっておきを用意しておく

相変わらず離着陸時の水分補給などは必要ですが、活発に動くようになって来るため新たな対策が必要となってきます。

1. 搭乗前に疲れさせる

2歳頃ではまだ周りの様子に合わせてじっと座っておくということができません。とにかくじっとしていられない時期なので、できれば搭乗中はぐっすり寝て欲しいものです。

そのためには搭乗前にしっかり遊ばせて疲れさせることが重要です。空港にはキッズスペースなどが用意されています。

画像出典元:羽田空港HP

余裕を持って空港に到着し昼食をとってしっかり遊び、汗をかいた場合はオムツ替えだけでなく服も着替えましょう。

さっぱりしてから搭乗し、離着陸時にはお気に入りのジュースを飲みながら気圧の変化を乗り切ります。膝の上で絵本を読み聞かせているうちにウトウトしてきたら成功です。

2. 気分転換できるとっておきを用意しておく

空港につくまでの電車で寝てしまったり、興奮してしまったり、うまく眠れないこともあります。そんなときのために興味をひく「とっておき」を用意しておきましょう。

うちの場合は、シールブックマグネットブックでした。

あらかじめ子どもが好みそうなものを購入しておき、カバンに入れておきます。そして飛行機に搭乗してこれはまだ寝ないなと思ったら、ジャジャーン!と取り出します。

しばらくは、シールを貼ったり剥がしたり、マグネットを貼ったり剥がしたり集中して遊べます。頭を使って集中して遊んだら疲れます。水分補給したりおやつをあげたりして落ち着くと、自然にウトウトし始めますよ。

3歳児以降とのフライト

3歳からは座席が必要

2歳までは膝に乗せていれば無料でしたが、3歳からは座席が必要となります。

離着陸時は子どももシートベルトを締め、一人で座席に座らなくてはいけません。一人で座っていられるようにお気に入りのぬいぐるみや毛布などがあれば持ち込みましょう。

シートベルト着用サインが消えれば膝に乗せたり抱っこすることも可能です。

アニメなどのサービスが活用できる

個人差はありますが、3歳頃になるとようやくイヤホンをつけてアニメを見たりすることができるようになってきます。また配布されるお子さま向けおもちゃなども、この頃から興味を示すようになりました。

トイレトレーニング中は要注意

年齢が進むに連れて楽になることがある一方で、トイレに関しては注意が必要です。

3歳をすぎると子どもによってはオムツを外していることもありますね。しかしいつもと違う環境でいつもうまくできていることもできないことがあります。

また離着陸中はトイレに立つことができません。着陸体制に入る前に客室乗務員から「お子様のお手洗いはおすみですか?」と声をかけていただくのですが、子どもはなかなか「念のためトイレに行っておく」ということができません。

完璧にできている!という状態でなければ、普段はパンツで過ごしている場合も飛行機に乗る間だけオムツをはかせると良いでしょう。

さて、最後に年齢に関わらず使えるちょいテクをいくつかご紹介します。

これもオススメ!ちょいテク体験談

隣が空席の座席を交渉してみよう

搭乗手続きの際に「窓側」「通路側」など座席の希望を聞かれることがありますよね?

その際に、「赤ちゃんがうるさくするかもしれないので、隣が空席の座席があればお願いしたい」と伝えてみましょう。混んでいる場合は無理ですが、可能であれば手配してもらえます。

ただし、いつもうまく空席の隣を確保できるとは限りません。また年末年始などの繁忙期は空席がありません。

子どもが3歳未満でも運賃を払えば座席を予約することもできるので、授乳時が気がかりだったり子どもが静かにできるか心配だったりという場合は、子ども用の座席を確保するのもいいでしょう。

スマホを活用しよう

音のでるアプリや通信が必要なアプリは使えませんが、スマホをうまく活用するといいでしょう。オススメは写真です。

赤ちゃんは自分が写っている写真が大好き。スマホの写真ライブラリに入っている写真を一緒に眺めるだけで、それなりの時間を集中して静かに過ごすことができます。

客室乗務員さんの力を借りよう

子どもが2歳ごろまでは、前方の座席に座ることが多くありました。目があうと手を振ってくれたり、ニコッと微笑んでくれたり客室乗務員さんが優しく接してくれると子どもも自然と笑顔になりました。

また、子どもがぐずっていると飴を持ってきてくれたりジュースを持ってきてくれたり、何かと気を配っていただきました。つい子どもが投げてしまったおもちゃが前の座席の下に入り込んでしまい、取っていただいたこともあります。

自分でなんとかしなきゃ!と背負い込まずに困ったら客室乗務員さんに相談しましょう。

まとめ

飛行機は逃げ場のない密室です。赤ちゃんの泣き声に寛容な乗客もいれば、うるさいと感じてしまう乗客もいます。

赤ちゃんですから泣いたりぐずったりするのは当たり前です。しかし、準備をすることで泣いたりぐずったりする時間をほんの少し短くすることは可能です。

客室乗務員さんをはじめ空港や旅客機のスタッフの方々は親以上に百戦錬磨です。サービスをうまく活用しながらフライトを楽しんでくださいね!

 - 赤ちゃん ,