ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんとの外食はいつから?どんなところへ行くのがいいんだろう?

      2018/05/07

赤ちゃん連れの外食はいつからできるのでしょう?出産後、ママは育児に家事に大忙しですが、たまには外食に行きたいですよね。しかし、赤ちゃんの月齢や外食するレストランがどういったものがいいかなど、悩むところです。外食することができればママの気分転換になりますよね。

そこで①赤ちゃん連れでの外食はいつからしていいのか、②外食するレストランはどんなところがいいのか、③外食する際に気をつけたいことについてお話しします。赤ちゃんとの外食で、楽しいひと時を過ごしましょう。



赤ちゃん連れの外食はいつからがいい?

初めての赤ちゃん連れの外食は赤ちゃんがだいたい3ヶ月ぐらいの月齢になった頃がいいでしょう。赤ちゃんの外出デビューは1ヶ月検診です。その後、外気浴で外に慣れさせ、徐々にお散歩等で外出をしていくことになります。外出できるようになったとはいえ、1ヶ月検診後すぐに外食しに行くのでは赤ちゃんの体力がもちません。

赤ちゃんも生後3ヶ月になると、生活のリズに慣れ、外の様子にも慣れ始めます。初めての外食もこの月齢をすぎていれば大丈夫だと言えるでしょう。

赤ちゃんを連れて行く場合のレストランの選び方

外食をするには赤ちゃんも快適に過ごすことのできるレストランが望ましいです。そのため、できれば赤ちゃんやキッズフレンドリーのレストランを選びましょう。赤ちゃんやキッズフレンドリーかどうかを見るポイントは以下の通りです。

1.おむつ交換テーブルがある

いつでも赤ちゃんのおむつが交換できるように、おむつ交換テーブルがトイレにあるレストランを選びましょう。レストラン内のトイレに設置されているか、デパートやモールなら近くにおむつ交換テーブルがあるトイレがあるかどうかを確認しておくといざという時にいいでしょう。

2.赤ちゃん用のハイチェアがある

腰が座り、おすわりが安定してきた赤ちゃんはママやパパと一緒にテーブルにつくことができます。そのため、赤ちゃん用のハイチェアがあるところを選ぶといいでしょう。ママ達と同じ目線でいられるので、赤ちゃんも楽しく食事を楽しめることができます。

3.ベビーカー入店ができる

まだ首や腰の安定していない赤ちゃんは、自分一人で椅子に座ることができません。そのため、いつも使っているベビーカーで座ってもらうとママも安心して食事をすることができます。ベビーカー入店ができるほどお店のスペースがあるのか、通路やテーブル周りを塞がないか調べておくといいでしょう。

4.禁煙(分煙されている)

赤ちゃんだけに限らず大人も含め、タバコの煙は健康上良くありません。禁煙のレストランもしくは、禁煙と喫煙が分煙されているレストランを選びましょう。

5.赤ちゃん用にベビーフードを持ち込んでもいい、もしくはメニューに離乳食がある

赤ちゃんに離乳食をあげている場合、ママやパパと一緒に食べていることがあるかと思います。外食のときでも離乳食をあげたいですよね。そこで、赤ちゃん用のベビーフードを持ち込んでいいレストランなのか、またはメニューに離乳食があるレストランなのか確認しましょう。

6.キッズスペースがある

伝い歩きやよちよちと少し歩き始めた赤ちゃんは、ママやパパの食事中じっとしていることができない場合があります。そこで、子供が少し遊べるスペースがレストラン内にあると飽きずにいられるでしょう。せっかくの外食なので、ママもパパもゆっくり楽しみたいですよね。

 



赤ちゃん連れの外食で気をつけたいこと

1.マナーを守る

赤ちゃんがいるとはいえ、レストランでマナーを守ることには変わりません。ベビーカーで場所をとって他の人に迷惑をかけたり、赤ちゃんをレストラン内で一人歩きさせたりすることは危険です。最低限のマナーを守り、食事を楽しみましょう。

2.外出前に赤ちゃんへ授乳しよう

せっかくの外食です。ママもゆっくり楽しみたいですよね。赤ちゃんがママの食事中にぐずらず快適に過ごすためにも事前に授乳し、お腹と心を満たしてあげましょう。

3.事前にお店に確認をする

もし、行きたいレストランが見つかったのであれば、赤ちゃん連れでも大丈夫なのか事前に確認するといいでしょう。レストランによっては赤ちゃんがNGのところがあります。特に人気のお店では赤ちゃん連れを好まなく、遠慮してもらっている場合があります。それでも行きたい場合は、お店に忙しくない時間帯を確認し赤ちゃん連れでもいいのか確認しましょう。

時間帯によって赤ちゃん連れでも大丈夫だとしているレストランもあります。

4.赤ちゃんを連れて行く時間帯

赤ちゃん連れでレストランに入店する場合、赤ちゃんの生活リズムも大切ですが、お店の混んでない時間帯を選ぶことも重要です。お昼や夕飯時のピークになる時間はたくさんの人で混み合うので、長時間待たなくてはならない可能性がありますし、ベビーカー入店ができなかったり、赤ちゃんが落ち着けるような空間ではなくなったりします。

そのため、お昼を食べに行くなら11時〜11時半頃、夕食なら5時〜6時など、ピークを避けるといいでしょう。ただし、初めての外食では夕食を食べに行くよりも昼食の時間にしたほうがいいです。夕食の時間帯は、その後の夜の寝かしつけに影響する可能性があります。

帰宅してからバタバタと慌ただしくならないためにも、慣れるまでは昼食での外食を楽しみましょう。

まとめ

1ヶ月検診が終わると、気になるのは赤ちゃんの外食デビューですよね。ママも赤ちゃんも一緒に楽しめるように、事前準備をしっかりし、食事を楽しめるようにしましょう。最近では親子カフェやキッズスペースの充実したレストランが多くあります。

ぜひそれらを活用しながら楽しくお出かけしましょう。

 - お出かけ, 赤ちゃん ,