ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

セカンドベビーカーを買おうか迷ってる?最近のトレンドと、おススメの軽量バギー教えます♪

   

ファーストベビーカーはA型(新生児~3、4歳まで使用できるロングユースモデル)というおうちが多いですよね。赤ちゃんが大きくなると、電車や車でのお出かけも増えて、行動範囲が拡がります。さっと折りたたんで持ち運べるバギーが便利な場面も出てくることでしょう。

購入を迷っている方に質問です。いま持っている、あるいは購入予定のファーストベビーカーはどのようなタイプでしょう?ベビーカーの進化もすさまじく、毎年改良モデルも発売されているので、まずは知識が必要です。

現在のベビーカー事情を知ったうえで、よりよいセカンドベビーカー選びをしましょう。自分と赤ちゃんにぴったりのベビーカーで、赤ちゃんとのお出かけがさらに便利になり、ハッピーが増しますように。

このページの目次

A型ベビーカーとB型ベビーカー、バギーの違いについて

まずはじめに、ベビーカーの呼び方について、それぞれの意味をおさらいしてみましょう。A型B型というベビーカーの区分は日本の安全基準に基づくもので、海外製品にはあてはまりません。そして、日本にはバギーという言葉についての明確な定義や基準はありません

A型ベビーカーとは

生後1か月ほどから、寝たままで赤ちゃんを乗せることができるベビーカーのことです。寝かせたままの使用のため、リクライニング機能がついていて、座面がほぼ水平になります。まだ首の据わっていない赤ちゃんを乗せられるのはA型ベビーカーのみの特徴です。1か月健診から、長く使えるので人気です。

A型ベビーカーは、ほとんどが両対面式(上の写真のように、赤ちゃんの顔を見ながらベビーカーを押せるのが対面。ハンドル位置切り替えで、背面にもできる)です。新生児を乗せて移動するため、安定性を重視した丈夫なつくりになっています。よって、かさばって重いことが難点です。

新生児(※1)期を過ぎた、まだ首が据わらない乳児(※2 )から、または一人でお座りができる(腰が据わる)月齢(※3)になる前から使用でき、最長でも48月までの間で使用期間を定めた乳母車。

※1:新生児とは、生後28日までの乳児をいう

※2:乳児が首が据わり始めるのは生後約3月からであるが、安定して十分に首が据わったといえる月齢は4月を過ぎてからである

※3:乳児が一人でお座りができはじめるのは生後約6月からであるが、安定したお座りができる月齢は7月を過ぎてからである

引用元:財団法人 製品安全協会「SGマーク 乳母車の認定基準及び基準確認方法」http://www.sg-mark.org/KIJUN/S0001-04.pdf

B型ベビーカーとは

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

B型ベビーカーは、リクライニング機能がついていない、または、少しだけ傾くタイプです。A型よりも軽量コンパクトさが売りで、両対面はできず、持ち運びしやすいつくりになっています。その分安価ですが、A型ベビーカーの軽量コンパクト化(後述)によって、B型ベビーカーの脇役化が進んでいます。

腰据わりまでは抱っこ紐使用で(あるいはA型ベビーカーをレンタル、重くて古いおさがりのA型ベビーカー使用など)、ロングユースのB型ベビーカーをファーストベビーカーとして購入する人もいるでしょう。

座位姿勢で使用する乳母車であり、お座りができる時期から使用でき、最長でも48月までの間で使用期間を定めた乳母車。

引用元:財団法人 製品安全協会「SGマーク 乳母車の認定基準及び基準確認方法」http://www.sg-mark.org/KIJUN/S0001-04.pdf

最近のA型ベビーカー事情。軽量化が進んで、B型を吸収!?

最近では、ロングユースのA型ベビーカーが軽量コンパクト化し、B型を吸収しながら進化してシェアを伸ばす傾向にあります。4キロを下回るA型ベビーカーも登場しました。

すでに、日本のコンビ社では「B型ベビーカー」という名称を使っていません。「背面式(対面はできない)ベビーカー」という名称で、「生後1か月から使えるモデル」と「生後7か月から使えるモデル」に分けて販売しています。

対面でないと泣いてしまうという赤ちゃんもたまにはいます。背面でもまったく泣かない子もいます。ベビーカーを押すとき、対面よりは背面の方がどうしても安定するので、対面式にできるメリットの有無はその子によるでしょう。

バギーとは

2000年以降、イギリスのマクラーレン社のベビーカーが大ヒットしました。イギリス英語ではコンパクトなベビーカーを「baby buggy(ベビーバギー)」と呼ぶことから、日本でも「コンパクトなベビーカー=バギー」の概念が浸透しました。

明確な「バギー」の定義は存在しません。日本では、多くの人が「B型よりもさらに軽量コンパクトで、傘のように折りたたんで持ち運びできるタイプ」をイメージするでしょう。バギーとは、「B型タイプではあるけれど、日本の安全基準にはあてはまらない簡単なベビーカー」という説明がぴったりです。

「典型的な簡易バギー」について

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

バギーの定義がないので、B型ベビーカーと簡易バギーをはっきりと区別することはできません。ここでは、多くの人がイメージする簡易バギーの特徴をご紹介します。

典型的な簡易バギーの特徴

1.座面が一枚の布からできていて簡易な作りになっているものが多い

2.新品でも約5000円から、安価に購入できる

3.座面下の買い物かごが省略されているものもある

4.傘のように折りたたんで持ち運びできるため、自立しないものが多い

となります。

このページでの「バギー」という名称の使い方について

セカンドベビーカーとして購入を考えるのは、B型ベビーカーか簡易バギーとなるでしょう。このページでは、赤ちゃんの腰据わり以降につかえるすべての乳母車(B型ベビーカー・簡易バギーの両方を含む)の総称として「バギー」という言葉を使用します

ただし、日本の安全基準を満たす「B型ベビーカー」と、「典型的な簡易バギー」を敢えて区別したいときには、「B型ベビーカー」「簡易バギー」という言葉を使用します。

バギーはいつから使えるの?

生後7か月から使用できるものがほとんど

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、生後5~6か月ごろからお座りの形ができる子が増えてきます。写真のように、まだぐらぐらしたり、前のめりになったりと、安定しないお座りです。支えがないと背中が丸くなってしまい、両手を前について体を支えている感じです。

生後7か月になると、腰が安定し、寄りかかる場所がなくても背筋を伸ばしていられるようになってきます。この時期から乗れるバギーがほとんどです。赤ちゃんが背筋を伸ばして座っていられるようになったら、のせてあげてください。

なお、安定したお座りが完成するのは生後9か月前後です。そのころには体の筋力がついて、座ったまま体を揺らしたり曲げたりしても倒れないようになります。(参考:ベビスマonline「おすわりの時期はいつ?おすわりの目安は?練習や注意点などの疑問を解決!」https://junkonishikawa.com/osuwari854865

バギー選びのチェックポイント

バギーはたくさんの種類があります。どのように条件を絞って探せばよいのでしょうか?まずは、それぞれの違いを押さえておきましょう。おススメのチェックポイントを6つにまとめました。

1.赤ちゃんを乗せて動かしてみる(走行の安定性と、赤ちゃんが嫌がらないかを確認)

どんなに気に入ったものでも、赤ちゃんが気に入らない時は購入を考え直すのがよいでしょう。赤ちゃんの機嫌がよいときに、友人のベビーカーを借りて乗らせてもらったり、店頭で試乗できれば一番安心です。赤ちゃん本舗などの大型店舗やデパートに行けば、バギーの種類が豊富です。

大手メーカーの直営店などでは、実際に赤ちゃんを乗せて外に出て散歩してみる試乗会を開催していることもあります。無理に購入を勧められることもありませんので、購入予定のバギーが展示されるならば、気軽に利用するとよいでしょう。

ネットでしか販売していないなど、試乗自体が難しい時もあるでしょう。そのときは、似たようなタイプのベビーカーに乗せてみたときの赤ちゃんの反応をみます。こだわらずにご機嫌でいられる赤ちゃんなら、それほど心配しないで購入して大丈夫でしょう。

2.折りたたみが簡単にできるか

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

最初、説明書を読みながらだと折りたたみが難しく感じる方も多いでしょう。赤ちゃんの乗り心地チェックと同時に、折りたたみを実際にやってみましょう人から教えてもらい、実際にやってみて納得してからの購入が、届いてから迷わず使えておススメです。

3.持ったときに、軽さを実感できるか

「軽量」といわれても、本当にそう感じるかは、実際に軽量バギーを折りたたんだ状態で持ってみるのがよいです。3キロほどの簡易バギーの軽さは、確かなものです。でも4キロ以上のバギーになると、同じ重さでも折りたたんだ時の重心や形状によって、体感が違ってきます

実際に普段の手荷物と赤ちゃんを抱えた状態で、バギーをかついで歩いてみるのが一番です。

4.自立するか

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

B型ベビーカーは、写真のように持ち手がつながっていて、折りたたんだ時に4輪で自立するタイプが多いです。「アップリカ社のスティック」や「カトージ社のかるいdeちゅ」など、傘のように折りたたんでも、2輪で自立する仕組みになっているベビーカーもあります。

5.フロントガードの有無

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

写真のように、取り外してつけられるタイプもありますが、ほとんどは最初から装備されています。公共交通機関を利用することが多かったり、フロントガードにお気に入りのおもちゃを取りつけたい場合には、はずせないポイントです。

6.荷台の有無と大きさ

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

重いものを運ぶ場合は、大きなバスケットがあると安心です。また、抱っこ紐やレインカバーを入れておくことができるので、あると便利です。逆に、バギーを折りたたんで持ち運ぶことがあるお出かけの場合、抱っこ紐以外はカゴには何もいれないほうがスムーズに動けます

6.ストラップベルトの有無、あるいは持ち運びのしやすさ

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

傘のように折りたたむバギーの場合、ストラップベルトがあると持ち運びにとても便利です。付属でついていることが多いですが、別売りの場合もあるのでよく確認しましょう。

画像引用元:https://www.amazon.co.jp

また、写真のように折りたたむB型ベビーカーなどの場合、ハンドル部分を腕にかけて持ち運べるようになっているものもあります。これも持ち運びやすくて便利な工夫ですが、ストラップがあるものより重心が下に来るので、長時間持ち歩くには重く感じるでしょう。

バギーの使用シーンによって、優先するべきポイントをチェック

バギーはとても種類が多く個性豊かなので、見た目やイメージだけで選んでは後悔します。実際に購入するときは、わが家で使用するシーンを具体的に想定することがとても大事です。5つのシーンにわけてご紹介します。最後の一覧で、自分が優先するべきポイントを探してみましょう。

1.公共交通機関を利用することが多い人

混んでいる時間帯(通勤や、休日のお出かけ)

ある程度の混雑時に乗車しなければならない場合、折りたたみが簡単で、軽量コンパクトなものがおススメです。混雑した車内やホームでは、互いの安全のために急きょベビーカーをたたむこともありえるでしょう。手荷物もあるので、コンパクトでも自立するものがよいです。

空いている時間帯

すいている時間に電車やバスに乗る場合、ベビーカーに赤ちゃんをのせたまま乗り降りすることになります。電車を降りるとき、一瞬ですが前のめりになるので、不安に感じる方はフロントガードがついているほうが安心です。

簡易バギーよりは、B型ベビーカーがおススメ

公共交通機関では、より安全基準が厳しく、自立してフロントガードもついている「B型ベビーカー」が向いています。階段の上り下りがあることも想定し、片手で折りたたみができたり、ストラップがついていたり、持ち運びしやすい工夫があるとさらに便利です。

バスの場合は乗り降りの際にステップを上がるため、ベビーカーごと赤ちゃんを抱える場面もあります。腰痛が出そうなときなどは、いくら軽量コンパクトなバギーでも無理せずにベビーカーを一度たたんでから乗り降りしましょう。

2.車に積むことが多い人

自家用車がある場合、車の荷台に乗るかのサイズチェックをあらかじめしてから購入しましょう。荷台が小さい車の場合は、B型ベビーカーが入らないこともあるでしょう。レンタカーをよく使用する家は、傘のように折りたたんでしまえるバギーが安心です。

3.近所の散歩や買い物が中心の人

買い物の際はベビーカー転倒防止のため、重いものを手元のフックなどにかけずに下の荷台に乗せるのが安全です。バスケットは必須アイテムです。買い物のとき、コンビニやスーパーの狭い通路でも、簡易バギーは幅を取らずに前に進めて便利です。

また、多少重量があっても、タイヤがしっかりして走行が安定しているベビーカーが使いやすいです。近所の行き来だけなら、新生児から4歳ごろまで使えるロングユースのA型ベビーカー一台でも十分です。他の使用シーンに合わせて、また予算に応じてセカンドバギーを選べばよいでしょう。

4.日常生活で階段の上り下りが避けられない人

最寄駅が階段しかない場合や、自宅がマンションの2階以上でエレベーターがない場合、階段を日常的に使うことになります。そのようなときには、抱っこ紐と軽量コンパクトなバギーのコンビ使いがぴったりです。

抱っこ紐を持ち歩く期間が長く、さらにある程度の荷物を乗せて買い物することも多いでしょうから、バスケットがついているものを選んでください。もしマンションの一階にベビーカーを安全に置かせてもらえる場所があれば、次項5にあてはまります。自立するタイプを選んでください。

5.保育園の送迎でバギーを使いたい人、家の玄関にたたんでおきたい人

保育園のベビーカー置き場では、保管場所が限られているところがほとんどでしょう。そのため、たたんでおくのがマナーです。毎日のことですから、自立する「B型ベビーカー」がおススメです。玄関が狭く、普段はベビーカーを畳んでおきたい人も同様に、自立を優先してください。

また、悪天候でも保育園の送り迎えは日常的にあります。雨の日のために、専用の日よけやレインカバーが付属していると便利です。

まとめと一覧

想定される使用シーンと、「B型ベビーカー」と「簡易バギー」にわけ、それぞれの得意分野を一覧にしました。マルの多い項目を優先させて、バギー選びをするとよいでしょう。

※◎(必須)〇(なるべくあったほうが便利)

B型ベビーカーの得意分野 共通部分(商品による) 簡易バギーの得意分野
走行性の良さ 自立 フロントガード 折りたたみが簡単 荷台 ストラップベルト コンパクトに折りたためる
公共交通機関(混雑時)
公共交通機関(閑散時)
近所のみ
階段が多い
保育園送迎、玄関が狭い

おススメのバギー5選

おススメの軽量バギーをご紹介します。お気に入りのバギーを探すときの参考にしてください。

1.マクラーレン マーク2

画像引用元:http://item.rakuten.co.jp

2015年に発売されてから、大人気のモデルです。重さは3.4キロと、マクラーレンのバギーの中でも最軽量。航空機に使用しているアルミ素材のフレームは、軽いながらも丈夫で、走行にも安定感があります。

生後6か月から4歳(15キロ)まで使用可能のロングユースタイプ。ひさしは防水素材を使っていて、レインカバーも付属なので雨の日のお出かけにも安心です。傘のように折りたためますが、ストラップもついているので楽に持ち運びができます。

また、フロントガードがありませんが、5点で支えるハーネス(安全ベルト)で子どもの体を支えます。実際に赤ちゃんを乗せてみると、座面の角度がちょうどよくついているため、0歳児でもお座りがかなり安定することに驚きました。

値段はお高めですが、セカンドベビーカーとして、上述のチェックポイント(フロントガードと自立すること以外)をほぼカバーするオールマイティなバギーといえます。筆者が使用してみての感想ですが、座面がかなり低くてひさしも短いので、夏場に長く乗せるときには要注意です。熱中症予防と日焼け対策が必要です。

2.コンビF2

コンビのF2のセールスポイントは「ぜんぶ片手で」できることです。折りたたみも、持ち運びも、また、ベビーカーを押すときも片手で楽に移動できます。空いた片手で、上の子と手をつないだり、赤ちゃんを抱っこできたり、「ぜんぶ片手で」はママにとって大助かりのポイントですね。

生後7か月から4歳(15キロ)まで使用可能のロングユースタイプで、コンビ社のベビーカーとして最軽量の3.3キロ。フロントガードなしで5点ハーネスでしっかり赤ちゃんを支えるのはマーク2とよく似ています。自立すること、座面が高いこと、大きな幌(ほろ)がついていることはマーク2にはない特徴です。

使用しているママの声をきくと、マーク2より座面の角度が浅く、赤ちゃんの腰が沈みにくいといっていました。フロントガードがない分、衣服や成長に合わせ、ベルトの調整をこまめにしてあげたほうがよいでしょう。

3.アップリカ マジカルエアー

コンビのF2と比較されることが多い、アップリカのマジカルエアー生後6か月から4歳(15キロ)まで使用可能のロングユースタイプで、重量はなんと3.0kg。バスケットが改良され、出し入れしやすい20リットルの大容量になりました。5点ハーネスや「せんぶ片手で」できること、座面が高いことはF2とよく似ています

幌はマーク2と似ていて、日よけ対策としてはF2に劣ります優れていることは、フロントガードがついていること、バスケットの大きさ、そして「かわいいデザイン」です。2017年2月に新色が発売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

4.カトージ かるいdeちゅ メッシュ

この商品のおすすめポイントは、1万円程度のお値段(2017年3月現在)という安さと、コンパクトに「自立する」ということです。重量は3.9キロ生後7か月から4歳まで使用可能のロングユースタイプです。

形状が似ているマーク2と、かるいdeちゅを比較してみました

※かるいdeちゅのほうが優れている項目は赤で示します。

  1. 1万円程度で買える(※マーク2は2~3倍の値段)。
  2. 日よけ対策(マーク2より、幌が大きい)。
  3. 自立する。
  4. 別売りの専用フロントバー(2000円程度)がある。
  5. 専用のストラップがない(市販品を自分で探してとりつけるしかない)。
  6. 専用のレインカバーは別売り(2000~3000円程度)。
  7. バスケットがない。

※かるいdeちゅを購入して、フロントバーとレインカバーとストラップを別途購入すると、1万5000円くらいになります。購入の際は、これら(のうち必要なもの)の合計額と、マーク2の最安値を比較するのがよいでしょう。

5.JTC  ベビーバギー MA-G

これこそ「典型的な簡易バギー」です。このJTCのバギーの魅力は、ズバリ価格。2017年3月現在、5000円程度で購入することができます。安価で使いやすく、非常にコスパが高い商品として人気があります。

重量は4キロ生後7か月から3歳(12キロ)までの使用を推奨しています。レビューを見ると「自己責任で20キロ以上の子を乗せています」という記載もあります。実際、お子さんが大きくなるにつれてそのような使い方をせざるをえない場面もあります。このお値段のわりにしっかりした作りで、安心感があります。

未就学児を連れてのディズニーランドや遊園地のプールは、歩けるお子さんが疲れて眠くなった時のために、簡易バギーを持っていくと便利です。ファーストベビーカーと併用したい人や、もう歩けるお子さんのため補助的に使いたい人にぴったりでしょう。

まとめ

筆者は、8年前に買った約7キロのA型ベビーカー1台で、3人目の腰据わりまでの期間を乗り切ってきました。子どもが3人になってレンタカーでのお出かけが増えたこともあり、昨年とうとう3キロ台のバギーをセカンドベビーカーとして購入しました。

購入は大正解でした。すべての車のトランクに積めるので、レンタカーでのお出かけでは車種を選ばずにすみます。電車に乗るとき、最寄り駅の階段の上り下りが楽になりました。ベビーカーが身軽になると、生活も身軽に、アクティブになります。

1台目がどのようなベビーカーかによって、セカンドに求める条件が決まるでしょう。使用シーンを想定し、お安く、自分にとって最適なバギー探しをしてください。

 - 育児, 赤ちゃん ,