ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ベビーバウンサーの用途とは?本当に必要?賢く使う方法はあるの?

      2017/06/16

初めての赤ちゃんを迎えるママさん。赤ちゃんに会える日が楽しみでベビーグッズがあれもこれも目に留まってしまいますよね。どのグッズもとても可愛らしく早く使いたくなりますよね。そんな、ベビーグッズの一つにベビーバウンサーというグッズがあります。

筆者はベビーバウンサーを知らずに、妊娠期間の半分を過ぎてからやっと知ったという経験がありますが、実はベビーバウンサーにとても助けられた一人です。ベビーバウンサーが子供のお世話をとても助けてくれました。

そんなベビーバウンサーの用途、必要性、賢く使う方法など経験を交えてまとめてみました。

ベビーバウンサーの用途とは?

ベビーバウンサーとは、揺れるベビーチェアーの事です。自分の動く力でゆらゆらと揺れるので、そのゆれが心地よく、忙しいママの頼もしいアイテムになります。ベビーベットと違い様々な場所に移動が可能なので、「ちょっと赤ちゃんを乗せておきたい」という時に便利です。

ベビーバウンサーがあると便利な時5つ

では、ベビーバウンサーはどんな時に便利だと感じるのでしょうか?

  1. 上に年の近い兄弟がいて床に寝かせたくても踏まれそうで怖い時
  2. お風呂に入る時の待機場所として
  3. お昼寝の場所として
  4. 来客中の時
  5. 離乳食をあげる時

1.上に兄弟がいて床に寝かせたくても踏まれそうで怖い時

一人目のときは床に寝かせていても問題なくても、二人目、三人目となると一人のお子さんばかり見ている事が出来なくなります。ふと目を放している隙に、赤ちゃんが踏まれそうになってしまうことを避けるために、ベビーバウンサーを活用する場合があります。

2.お風呂に入る時の待機場所として

赤ちゃんとお風呂に一緒に入る時の事を想像してみてください。ママの他にお世話が出来る大人がいる場合は、一緒に入浴して、先に赤ちゃんを出すことも可能です。でも、一人でお風呂を入れなくてはいけないママにとってはどうでしょう?

そんな時に、ベビーバウンサーがあればとても便利です。ママが先にお風呂に入っている間、脱衣所など身近な場所に赤ちゃんをベビーバウンサーに乗せて待機させておけば、赤ちゃんの様子を声で伺いながら入浴することができます。

お風呂に入る時の私のベビーバウンサーの使い方
  • 脱衣所にバウンサーを置き赤ちゃんを待機させる
  • お風呂の中から声をかけながら入浴する
  • 体を洗う時は扉を開けて声をかけながら洗う→流す時は閉める

3.お昼寝の場所として

ベビーバウンサーの用途は揺れる椅子、ベビーチェアーです。しかし、その揺れが心地よく、バウンサーの中で眠ってしまう赤ちゃんも沢山います。心地の良い揺れで、赤ちゃんが気持ち良さそうに眠ってくれるとママもホッと一息つけますね。

ただし、よく眠ってくれるからといって、ベビーバウンサーで夜の睡眠までさせるのは避けましょう。あくまでも、揺れる椅子であり寝具ではありません。成長と共に寝返りするようになるととても危険です。

4.来客中の時

来客があったとき、ママは赤ちゃんに付きっ切りになれませんね。そんな時、ママの近くにベビーバウンサーを置き、ママは座りゆらゆらさせながらお話をすることが可能になります。赤ちゃんの好きな来客なら、揺らしてあやしてくれるかもしれませんね。

5.離乳食をあげる時

まだ、離乳食の初期(5~6ヶ月)は、一人で椅子に座ることが難しく、ママが赤ちゃんを抱っこしてあげる事が多くなります。ベビーバウンサーは揺れる椅子ですが、揺れないように固定できるものもあります。

また、リクライニングができて、シートベルトもついている物であれば、離乳食の時に座らせて食べさせることが可能です。

ベビーバウンサーは必要?

ベビーバウンサーは、オムツや寝具などと違い、必ず必要なグッズではありません。ママの負担を軽減させてくれる便利グッズと考えたほうが良いでしょう。

3歳ぐらいまで使える設計になっている商品もありますが、実際、寝返り、ハイハイなど、赤ちゃんが動き出すとベビーバウンサーから落ちてしまうこともあるので、使用頻度が激減します。使わなくなった時のことを考えて、購入を検討しましょう。

ベビーバウンサーを賢く試す方法とは?

では、ベビーバウンサーを使ってみたいけれど、購入を迷っているというママが手軽に試す方法はないのでしょうか?

レンタル業者を使ってみよう

私も子供を持って初めて知ったのですが、ベビーグッズをレンタルしてくれる業者が沢山あります。期間も選ぶことができ、注文もネットを通してできます。購入するよりも安く使え、使わなくなったら返せるのでとても便利です。

ダスキンレントオール:かしてネッと

ナイスベビー

ホクソンベビー

また、ベビーバウンサーに乗せるとすやすや眠る赤ちゃんがいる反面、苦手な赤ちゃんもいます。購入しても全く使わなかったとなると残念ですね。購入の前に試してみたいと言う場合も気軽に使うことができます。

お下がりがあれば使ってみる

私の場合ですが、友人からお下がりをもらい使うことができました。もし、身近にお下がりをくれる人、もしくはレンタルさせてくれる人がいるならお願いしてみましょう。

ベビーバウンサー利用者としての体験談

我が家の場合、二人の子供のどちらともベビーバウンサーは大好きでした。一人目はとにかく布団で寝るのが苦手な子供でした。お昼寝にベビーバウンサーを使ったところ、よく眠ってくれるのでとても助かった記憶があります。

ベビーバウンサーは寝具ではありませんが、お昼寝をするぐらいなら問題ないと、保健師さんからうかがい私が育児に慣れるまでの2~3ヶ月はお昼寝させていました。

二人目もベビーバウンサーが大好きでしたが、何よりも嬉しかったのが、上の子供がお手伝いに参加しやすいということでした。小さな子供でも、軽くゆらゆら揺らすだけで、赤ちゃんが気持ち良さそうにしてくれるのがこちらも見ていて嬉しい気持ちになりました。

ただ、6ヶ月を過ぎ、子供が動き出してからはあまり使わなくなったのも事実です。私は身近な妊婦さんに貸したりし、最終的にはお下がりとしてあげました。

まとめ

ママにとってはとても便利なベビーバウンサー。しかし、赤ちゃんが出来たからといって必ず必要になると言うグッズではありません。購入してから全く使わなかったという事がないように、生活スタイルに合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

また、必ず必要なベビーグッズではありませんが、赤ちゃんがベビーバウンサーを気に入ってくれれば、とても便利なグッズです。お下がりやレンタル業者もうまく活用して少しでも育児の負担が減らしましょう。

 - 育児, 赤ちゃん