ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃん用洗剤っていつまで?おすすめは?「さらさ」や「arau」ってどんな洗剤なの?柔軟剤は使っても良い?

      2019/01/28

服や下着、よだれかけ、ガーゼ、タオル、シーツ、おくるみ等々。赤ちゃんのお世話をしていると、洗濯物がたくさん出ますね。赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートですので、今まで使っていた普通の洗濯洗剤では赤ちゃんの肌がかぶれてしまうということもあります。

「赤ちゃんと大人のものを分けて洗い、赤ちゃんのものには赤ちゃん用の洗濯洗剤、大人のものには今までと同じ洗濯洗剤」という方法を取るか、「赤ちゃんに優しい洗濯洗剤で、赤ちゃんと大人のものを一緒に洗う」という方法を取ることが多いです。

このように、赤ちゃん用洗濯洗剤を「いつまで使うべきなのか」「どのような洗剤を使えばいいのか」「柔軟剤は使って良いのか」ということについて、ご紹介していきます。


赤ちゃん用洗濯洗剤はいつまで使うべき?

赤ちゃん用の洗濯洗剤や肌に優しい洗濯洗剤というのは、一般の洗濯洗剤よりも値段が高いことが多いです。また、分けて洗うというのは手間がかかります。一体いつまでこれらの方法を取ったら良いでしょうか?

「生後○ヶ月まで分ける・赤ちゃん用洗剤を使う」という決まりは特にありません。まずは、周りの環境・刺激に赤ちゃんの肌がより敏感な「新生児期(生後1ヶ月頃まで)」は、大人のものとは分けて洗い、赤ちゃん用洗剤で洗濯するようにしましょう。

新生児期を過ぎたら、赤ちゃんの肌の様子を念入りにチェックします。かぶれや湿疹などの肌トラブルがない場合は、大人のものと一緒に洗ったり、洗剤も大人用と一緒のもので洗ってみたりしてみましょう。

大人のものの汚れがひどい場合や、赤ちゃんに肌トラブルが見られる場合は分けて洗い、洗剤は赤ちゃん用の優しいものを使ってあげて下さい。特にママやパパにアレルギーがある場合は、赤ちゃんにも遺伝している可能性があります。大人用洗剤を使用する際には十分注意しましょう。

また、衣類に洗剤が残っていると肌トラブルを引き起こすことがあります。すすぎはしっかりと行うようにして下さい。

赤ちゃん用洗剤のおすすめは?

赤ちゃん用洗剤をどれにすればいいのか迷うママは多いです。まずは、パッケージの成分表を確認してみて下さい。以下の成分が入っていると、赤ちゃんの肌トラブルが起きる可能性がありますので、なるべく避けるようにしましょう。

香料

洗濯物を良い香りに仕上げるために香料が入っている洗剤がありますが、香料は添加物で赤ちゃんの肌トラブルを引き起こすことがあります。

合成界面活性剤

汚れを落とす作用を持っている「界面活性剤」ですが、合成」のものは石油成分から人工的に作られたもので、元々自然界にはなかった成分です。合成界面活性剤は、たんぱく質を分解し、体内に入ってしまうと肝臓でも分解できず、肝機能障害などを引き起こす可能性があります。

つまり、服を洗濯しても合成界面活性剤が服に残っていると、皮膚から吸収されて体内に入ってしまうおそれがあるのです。「天然」合成界面活性剤は、元々自然界にあるものを使って作られているので、その点体に優しいと言えます。

洗剤による人体への影響を懸念するものとして「手荒れ」が挙げられる。洗剤の手荒れは、洗剤が本来持っている機能である脱脂や、皮膚吸着によるタンパク質の変化に起因する。

引用元:「環境教育教材としての合成洗剤の考え方」

洗剤が直接手に付くと、合成界面活性剤が持つ脱脂機能や、タンパク質の変化によって手荒れします。洗剤が衣類に残っていても同じことが起こりえます。

蛍光増白剤

洋服を白くするための添加物です。赤ちゃんの肌トラブルやアレルギーを引き起こす可能性があります。

「赤ちゃん用」と謳っている洗剤には、上記3つのものは含まれていないか、必要最低限度の量しか入っていません。まずは赤ちゃん用洗剤のパッケージを見て、上記3つの成分がどれぐらい入っているのかを見比べてみましょう。

「さらさ」ってどんな洗剤?

それでは具体的に赤ちゃん用洗剤でおすすめの商品を見ていきます。ドラッグストアやCMなどでよく見聞きするのは、「さらさ」と「arau」の2種類です。まずは「さらさ」から詳しく見ていきましょう。

「さらさ」とは?

さらさはP&Gの洗濯洗剤です。

特徴

  • 蛍光料、着色料、漂白剤が入っていない無添加の洗剤
  • 漂白剤や蛍光料が入っていなくても、自然由来の成分やオーガニック酵素で衣類を真っ白にする
  • つけおき不要ですすぎ1回で済む(肌トラブルが心配な場合は、すすぎ2回がおすすめ)

良い口コミ

  • 無添加・無着色で赤ちゃんに安心
  • 柔軟剤なしでもふんわりと仕上がる
  • うんち汚れなどもしっかり落とせる

悪い口コミ

  • タオルなどは柔軟剤がないとごわつくことがある
  • 香りが人によってはきつく感じる

「arau」ってどんな洗剤?

続いて「arau」を見ていきましょう。「SARAYA」が出している洗濯洗剤です。

「arau」とは?

SARAYAは、arauシリーズとして、洗濯洗剤、ボディソープ、ローションなどを出しています。洗濯洗剤には「無添加せっけん」と「arauベビー 洗濯用せっけん」の2種類あります。後者のarauベビーの方を新生児期は使うようにしましょう。

arauベビーの特徴

  • 合成界面活性剤、アレルギーの原因を引き起こす成分が一切無添加
  • 100%植物性原料でできている
  • ママの手肌を守る天然ハーブを配合

良い口コミ

  • 柔軟剤がなくてもごわごわしない
  • 手洗いに使っても手が荒れにくい
  • ハーブの香りが良い香り

悪い口コミ

  • 普通の洗剤よりも使用量が多いためコスパが悪い
  • すすぎ2回が時間がかかる
  • 乾いた後のにおいが独特に感じる人がいる

赤ちゃん服の洗濯に、柔軟剤は使って良いの?

柔軟剤は使わなくても良いものですが、使わないと洗濯物がごわごわになるのでほしいというママは多いです。ですが、大人用の柔軟剤には合成界面活性剤が含まれているので、前述したとおり赤ちゃんの肌に悪影響を与える可能性があります。

使う場合には、やはり「赤ちゃん用」の柔軟剤を選んであげるようにしましょう。こちらも新生児期までは使用するようにし、その後は赤ちゃんの肌の様子を見て、大人用の柔軟剤に戻すかどうか検討して下さい。

赤ちゃん用の柔軟剤は、「さらさ」シリーズでは販売されています。arauベビーシリーズでは柔軟剤はありません。

「さらさ」柔軟剤の特徴

  • 着色料無添加
  • 繊維を油で覆わずに、羽毛のような仕上がりにするノンオイリータッチ

良い口コミ

  • 衣類がふわふわで気持ちいい
  • 優しい仕上がりになる

悪い口コミ

  • 人によってはピュアソープの香りがきつい

まとめ

まとめると、赤ちゃんのものを洗濯するときには

  • 大人のものと分けて、赤ちゃん用洗剤で洗う
  • 大人のものと一緒に赤ちゃん用洗剤で洗う

という方法を取ることが多いことがわかりました。いつまでこの方法を取らなくてはいけないのかという決まりはなく、肌がより敏感な新生児期(生後1ヶ月まで)は、上記の方法のどちらかを取るようにしましょう。その後は肌トラブルがなければ、大人のものと一緒に、赤ちゃん用でない洗剤で洗っても構いません。

赤ちゃん用洗剤でおすすめなものは、「香料」「合成界面活性剤」「蛍光増白剤」が入っていないか必要最低限度の量であるものです。柔軟剤にも合成界面活性剤が含まれていますので、赤ちゃん用の柔軟剤を選ぶようにしましょう。

 - ベビー用品・赤ちゃんの服 , ,