ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんはいつから笑う?笑顔の意味や笑わせるコツ

   

赤ちゃんが自分に向けてニコっと笑ってくれると、育児の疲れも吹き飛びますよね。
でも、赤ちゃんは楽しくて笑ったのか、たまたま笑ったように見えただけなのか気になりませんか?

赤ちゃんはいつから自分の意思で笑うのでしょうか。
わたしたちは何気なく笑っていますが、赤ちゃんにとっては笑えるようになることも成長です。
この記事では、赤ちゃんが笑う時期笑顔の種類笑顔にはどんな意味があるのかをまとめました。また、子育て中の筆者の経験をもとに赤ちゃんを笑顔にする方法も紹介していきます。


赤ちゃんが笑うようになるまで

赤ちゃんはどうやって笑うようになるのでしょうか。赤ちゃんの月齢に合わせて見ていきましょう。

まだ無意識!新生児期

赤ちゃんは基本的に無表情で、まだ笑うことがありません。たまにニヤッと口角が上がり笑顔を見せるかもしれませんが、「生理的微笑」という無意識のものです。大人たちが生理的微笑に反応することで、意識的に笑うようになっていきます。

あやし笑いが始まる!生後2ヶ月頃

赤ちゃんに向けて笑いかけると笑い返してくれることが出てきます。この時期から周りの人の笑顔に反応して笑い返す「あやし笑い」が始まります。赤ちゃんが実際に楽しいと感じている場合もありますが、ただ単にまねしているだけの場合もあります。

笑い声が聞ける!生後3~4ヶ月頃

普段お世話をしてくれるパパやママがわかるようになり、あやすと声を出して笑うようになります。無意識や単なるまねではなく、自発的に笑うようになるのです。

うれしくて笑う!生後5~6ヶ月

感情と表情が結びつき、自分の気持ちを表情に表すことができるようになります。ようやくうれしくて笑うことを身に着けるのです。楽しそうに声を出して笑うことも増えてくるでしょう。

赤ちゃんの笑顔には2種類ある

赤ちゃんが笑うようになる流れを確認したところで、前述した赤ちゃんが見せる2種類の笑顔について説明します。

  1. 生理的微笑
  2. あやし笑い

1. 生理的微笑

新生児期、眠っているときなどに前触れなく口角が上がるほほえみを「生理的微笑」といいます。その名の通り生理的な現象であり、楽しくて笑っているのではありません。

この頃の赤ちゃんは嬉しい・悲しいといった感情はなく、快か不快かを感じてぐずったり落ち着いたりを繰り返しています。ですが、感情は伴っていないとしても、この笑みが見られた時は不快なことがなく心地よい状態であると考えてよいでしょう。

2.あやし笑い

生後2ヶ月頃から見られる周りの人から働きかけに反応し笑うことを「あやし笑い」といいます。笑顔を返す行為そのものに興味を持ち始め、楽しい時に笑うことを覚えていきます。人とのかかわりの中で得られる笑顔のため、「生理的微笑」に対して「社会的微笑」とも呼ばれます。

笑いの発達のスピードにはそれぞれ個人差がありますが、生後半年ほどになってもあやし笑いが見られなければ念のためかかりつけの小児科に相談することをおすすめします。あやされて笑うということは赤ちゃんの成長にとって大切な反応なのです。

赤ちゃんの笑顔にはどんな意味がある?

感情がない頃からなぜか笑顔になる赤ちゃん。赤ちゃんの笑顔にはどんな意味があるのでしょうか。

お世話してもらうための生きる術

赤ちゃんの笑顔を見ると、周りの大人たちはより一層赤ちゃんがかわいく思え、一生懸命お世話をしてあげたくなりますよね。自分の体をまだうまく動かせない赤ちゃんは、大人にお世話をしてもらわなければ生きていけません。笑顔を見せてかわいいと思ってもらうことは、赤ちゃんが生まれながらに身に着けている生きる術なのです。

親子の関係を深める「シグナル」

赤ちゃんの笑顔に応えることは、赤ちゃんとパパ・ママとの絆を深める効果があります。

赤ちゃんは言葉を話せない代わりに、泣いたり笑いかけたりすることで「お腹がすいた」「かまってほしい」「楽しい」などと周囲の人にサインを出しています。こうした行動は「シグナル行動」と呼ばれます。

赤ちゃんの「笑いかける」というシグナル行動に気付いたパパやママは、「楽しいんだな、もっと遊んであげよう」と赤ちゃんをあやしてあげるでしょう。そうすると、赤ちゃんは「この顔をするとこの人たちはやさしくしてくれるようだ」ということを学び、また笑顔を見せてくれます。

赤ちゃんの笑う行為に応え、行動を起こすことはお互いの関係を親密にする大切なコミュニケーションなのです。赤ちゃんとのやりとりを通じて、パパやママは赤ちゃんに対しより一層愛着を感じるようになるでしょうし、赤ちゃんはパパやママを大切な存在だと感じるようになるでしょう。

相手に対してシグナルを発し、それを見たおとなが、思わず赤ちゃんに声をかけたり、抱っこしたりして、そのシグナル行動に応えます。(中略)こうした相互のやりとり、つまり「相互作用」により、お互いのコミュニケーションが深まっていきます。

『赤ちゃんのしぐさBOOK』海竜社(著 小西行郎 小西薫)

 

声を出して笑うのは結構大変!

生後しばらくの赤ちゃんはニコっと笑顔を見せることがあっても、口角を上げるだけで声を出しません。声を出して笑うという行為は私たちにとっては当たり前ですが、赤ちゃんにとって簡単なことではないのです。

周りの人に聞こえるような笑い声を上げるには、声帯を震わせ、口の中で声を響かせる必要があります。ですが、生まれて間もない赤ちゃんは筋肉が未発達であり、口の中で音を響かせるだけのスペースもありません。

首がすわってきて下あごや喉周辺の筋肉が鍛えられてはじめて、周りの人に聞こえるような笑い声を上げることができます。赤ちゃんの笑い声が聞けたら、それは赤ちゃんの発声にかかわる器官が順調に成熟している証拠です。

まだ、首のすわらない赤ちゃんは、下あごや喉周辺の筋肉が十分に発達していないので、声帯を震わせることができません。また、口の内部も音を共鳴させるのに必要な空洞ができていないため、声を出して笑うことができなかったのです。

『赤ちゃんのしぐさBOOK』海竜社(著 小西行郎 小西薫)

赤ちゃんを笑わせる方法とコツ

かわいい赤ちゃんの笑顔、たくさん見たいですよね。

では、赤ちゃんはどんなことで笑うのでしょうか?筆者の息子が生後3ヶ月頃から試して効果があった笑わせ方を紹介します。おなじみの遊びが多いですが、多くのレパートリーを持っておいて赤ちゃんを笑わせられるかチャレンジしてみましょう。

体をさわって楽しむ

くすぐる

「こちょこちょこちょ~!」と声を出しながらお腹から脇の下に向かってくすぐります。

足を動かす

「おいっちに、おいっちに」と両足首を軽く持ってリズムに合わせて足を曲げたり伸ばしたりして動かします。

ほっぺをつぶす

両手のひらでほっぺをはさみ「ぷちゅっ!」とつぶします。頬やあご、口まわりをさわると笑顔になりやすいようです。

音を出して楽しむ

大げさに笑う

大人たちが声を出して笑うと赤ちゃんもつられて笑い声を出すことが多いです。普段より大げさに笑って、楽しそうな雰囲気を伝えてみましょう。

歌を歌う

顔を近づけて歌うと笑顔になります。「どんぐりころころ」などの童謡や、「むすんでひらいて」といった手遊び歌などを歌っていました。CDで歌を流しても反応がないので、聞きなじみのある声で、目を見て歌ってもらえるのが嬉しいようです。

ガラガラを鳴らす

音そのものにも興味を持っていましたが、生後3ヶ月頃自分でつかんで鳴らし、よく笑うようになりました。自分でものを動かして音が出ることに達成感を感じているようです。

でんでん太鼓を鳴らす

生後1ヶ月のお宮参りの日に神社で頂いたでんでん太鼓。当時は無反応でしたが、生後3ヶ月頃からは鳴らすと喜び、自分でも上手に鳴らして楽しそうに遊ぶようになりました。持たせる時は玉が目などに当たらないように気をつけてくださいね。

でんでん太鼓を持っていないという方でも、以下のサイトで紹介されているように家にあるもので簡単に似たようなおもちゃを手作りすることができます。

雪印メグミルクホームページ『牛乳パックでつくろう!』http://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft20.html

見て楽しむ

いないいないばあ

「いないいない…」と顔を隠してから、「ばあ!」と顔を出します。定番の遊びですが、視覚が発達し相手を認識できるようになることで楽しめる遊びです。

くしゃみをする

くしゃっとした顔や「くしゅん!」という音がおもしろいのか、くしゃみのまねをすると笑います。

鏡を見せる

鏡に映った自分に向けてにっこり愛想よく笑いかけます。向こうにかわいい赤ちゃんがいるな、と思っているのでしょうか。

洗濯物ひらひら

ぶらさがった洗濯物をひらひら揺らすと足をバタバタさせて喜びます。また、シャツやタオルを揺らして赤ちゃんに風を当てたり、ひんやりした洗濯物を赤ちゃんの上にふわっと落としたりするとよく笑います。洗濯物を干しながら遊べるので一石二鳥ですね。

パパやママの笑顔が赤ちゃんの笑顔を引き出す!

いくつか笑わせる方法を紹介しましたが、赤ちゃんの笑顔を引き出すには何といってもパパやママの笑顔が一番です。

とはいえ、笑顔が大切とはわかっていながらも気持ちに余裕が持てない時もありますよね。特に新生児期はあまり目も見えていないし、笑顔で赤ちゃんと接することに意味があるのかな?と考えてしまうかもしれません。

ですが、新生児期でも赤ちゃんはパパやママが笑った時の両目と唇を見て心地よさを感じることができるようです。

赤ちゃんはまだ視力が弱いですが、近くのものは見えるし、赤色が好きなことがわかっています。パパやママの顔の、両目と赤い唇の3点を認識し、口角の上がった笑顔を気持ちいいと感じるようで、パパやママの笑顔は何よりも喜びます。

『この一冊であんしん はじめての育児辞典』朝日新聞出版(監修)細部千晴

赤ちゃんは反応してくれなくても、しっかりパパやママの笑顔を見ています。おむつ替えやミルクの時間など、できるだけ笑顔でお世話をしてあげましょうね。

まとめ

生まれて間もない赤ちゃんは楽しくて笑うことができません。周りの人たちが笑いかけ、赤ちゃんの笑顔に反応してあげることで、赤ちゃんはだんだんと楽しくて笑うことを学習していきます。コミュニケーションを積極的にとって、赤ちゃんの笑顔を引き出してあげましょう。赤ちゃんがたくさん笑うようになれば、お世話もますます楽しくなりますよ。

 

〈参考文献〉

小西行郎(監修)『0歳の赤ちゃんの気持ちがわかる本―言葉のない1年間には意味がある』講談社

 - 新生児・乳児育児のトリセツまとめ, 未分類, 赤ちゃん ,