ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんの歯やお口のケアってどうするの?歯磨きガーゼのやり方や頻度は?

   

赤ちゃんの歯が生え始める頃、お口の中のケアってどんな風に始めたら良いのか分からないですよね?

まだ1〜2本しか歯が生えてないのに、歯ブラシを使うのも赤ちゃんが痛がって嫌がったりしたら可哀想ですよね。そんなお口のケアを始めるきっかけになるのがガーゼで行う歯磨きです。

私自身2人の子育てをしてきて、実際に歯医者さんに聞いたことや自分なりに歯医者のHP等を見て調べた事を参考にまとめてみました。

赤ちゃんのお口の中のケアの重要性やガーゼ歯磨きのやり方や頻度、オススメ商品などご紹介して行きます。


赤ちゃんの歯やお口のケアはとても大切

赤ちゃんは生まれたばかりは、母乳やミルクしか飲みません。それに個人差はありますが、生後6ヶ月前後はまだ歯も生えていません。

生後6〜7頃になり、最初に生えてくる赤ちゃんの歯は下の前歯からです。これを乳歯と呼びます。この乳歯が生え始めたらお口の中のケアを始めるサインです

健康な乳歯の下で、健康な永久歯が育ちます。一般財団法人 日本口腔保健協会 より

乳歯は永久歯が生えてくるための道筋でもあるのでしっかりとケアしてあげましょう。また赤ちゃんの歯は顎の発達や、食べる、言葉を話すという色々な成長に繋がってきます。

「乳歯だからどうせ永久歯に生え変わるか大丈夫」なんて気を抜いていてはいけません。乳歯のケアもお子さんのこれからの生活のためにもしっかりケアしてあげましょう。

赤ちゃんの頃から歯磨きの習慣をガーゼ歯磨きで付けよう!

赤ちゃんは初めて口の中に入ってくる、慣れない物や異物がびっくりして拒否反応を起こす事があります。

歯ブラシもいきなり赤ちゃんの口に入れると、嫌がって歯ブラシ嫌いになる可能性もあり、歯磨きをするたびに暴れたり泣いたりなんて事になるとママは大変です。

 生歯が見られたら歯みがきを始める。しかし、いきなり歯ブラシを使うと「歯みがき嫌い」になることが多いので、歯の生え方をみながらガーゼみがきなどから始め、徐々に歯ブラシに慣れさせるようにする。

公益社団法人 日本小児歯科学会 より

歯磨きは生活する上で毎日行っていく習慣ですよね?そんな歯磨きを習慣づける第1歩としてガーゼ歯磨きをオススメします。

ガーゼ歯磨きで口の中に異物が入ってくる事に慣れさせ、歯磨きの習慣を徐々に付けてい行き、歯ブラシに移行していくというやり方で行っていくと赤ちゃんもスムーズに歯磨きという習慣が付いていきます。

ガーゼ歯磨きの正しいやり方や頻度、ポイントや注意点

ガーゼ歯磨きは慣れれば10秒もかかりません。スムーズに出来れば簡単に済ませる事が出来ます。そのガーゼ歯磨きのやり方や頻度など説明していきますね。

ガーゼ歯磨きのやり方

  • ママの手を綺麗に洗う
  • 人差し指にガーゼを被せる
  • 余ったガーゼの部分を他の指で握ってずれないように固定する
  • ぬるま湯で人差し指に被せたガーゼを濡らす
  • 赤ちゃんの歯を優しく面と裏を拭いてあげましょう

ガーゼ歯磨きを行う頻度は?

1日に3〜5回を目安に行いましょう。授乳後やミルクの後、離乳食後、寝る前を目安にガーゼ歯磨きをしてあげましょう。

特に寝る前はきちんとガーゼ歯磨きで拭き取ってあげましょう。寝ている時に虫歯菌は増殖するので、寝る前のお口の中のケアはとても大切です。

ガーゼ歯磨きをする時のポイントと注意点

赤ちゃんのお口の中はとてもデリケートです。ガーゼ歯磨きをする時のポイントを説明していきますね。

ガーゼ歯磨きする時のポイント

  • 赤ちゃんの口の奥まで指を入れすぎない
  • 歯と歯ぐきを上から摘むようにすると汚れが取りやすい

ママの指を奥まで入れすぎると、赤ちゃんが飲んだり食べたりしていた物を吐いてしまう可能性があります。指先で歯と歯茎を摘むようなイメージで優しく汚れを拭き取ってあげましょう。

ガーゼ歯磨きをする時の注意点

  • 力を入れすぎないように拭き取る
  • 上唇小帯を傷つけないようにしましょう
  • ガーゼはなるべく使い捨てする

力を入れすぎず、優しく拭き取ってあげる事が大切です。赤ちゃんのお口の中はデリケートで傷つきやすいので気をつけましょう。

赤ちゃんの上唇小帯と言って上唇と歯茎をつなぐ筋があります。2歳くらいまではこの筋が太くて指が当たりやすいため、ガーゼ歯磨きをする時には傷つけないようにしましょう。

赤ちゃんがガーゼ歯磨きを嫌がった時は?

初めてのガーゼ歯磨きに赤ちゃんは嫌がって、泣いたり抵抗したりする事もありますよね?そんな時は無理してガーゼ歯磨きをしなくても大丈夫です。

この時期は甘いジュースやお菓子を食べないので、そこまで神経質にならなくても虫歯の心配はありません。

また毎回嫌がる時には、授乳時の体制でしてみたり、歌を歌ってみたりしてもいいですね。赤ちゃんも安心してスムーズなお口のケアが出来るでしょう。

「きちんとやらなくちゃ!」と思い過ぎず、あくまでも「歯磨きをする」と言う習慣に慣れさせると言う意味で、赤ちゃんとスキンシップを取りながら楽しくガーゼ歯磨きを行ってみてくださいね。

綿100%のガーゼハンカチがコスパが良い!

綿100%のガーゼハンカチなら出産準備の時に多くのママが買いますよね?お家に置いてある人も多いでしょう。

ガーゼ歯磨きをする時に1番コスパが良く、安く出来るのが綿100%のガーゼハンカチでするのがオススメです。

ガーゼを半分か十字の4等分、ママの指に巻きつけられるくらいの大きさに切って使いましょう。

1度使ったガーゼは使い捨てするか、使い回しをする場合は洗濯をして煮沸消毒して衛生面に気を使いましょう。

赤ちゃん用歯磨きシートのオススメ商品

普通のガーゼでは嫌がってしまう赤ちゃんも歯磨きシートを使うとスムーズにお口の中のケアが出来る子も多いようです。

赤ちゃん用の歯磨きシートには虫歯にならない甘味料や、お口さっぱり成分が配合されていて喜んでケアをしてくれるようです。

実際、私の子供2人もガーゼの味が苦手なのか嗚咽が出てしまい苦手だったため、歯磨きシートに変えたところ喜んでケアをさせてくれました。

そんな赤ちゃん用の歯磨きシートをご紹介していきますね。

ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ 42包入

赤ちゃんの乳歯の汚れを優しく拭き取ってくれます。メッシュのデコボコが軽い力でも清潔に赤ちゃんのお口の中をキレイにしてくれます。

シートにキシリトール(甘味料)が含まれているので、お口の中のケアを嫌がる赤ちゃんも喜んでガーゼ歯磨きをしてしてくれるようですね。

ピジョン 親子で乳歯ケア 歯磨きナップ 42包入 の特徴

  • メッシュのデコボコで汚れがきちんと拭き取れる
  • キシリトールと緑茶ポリフェノール配合でお口の中さっぱり
  • ノンアルコール、無香料、無着色、防腐剤不使用
  • 100%食品用原料使用
  • 1枚ずつ滅菌して小包装で衛生的
  • 歯磨きや外出先でも持ち運び出来て使いやすい

口コミまとめ

良い評価

  • 小包装なので旅行や外出先で便利
  • お口をゆすげない赤ちゃんにぴったり
  • シートに厚みがあって拭きやすい
  • シートが甘くて赤ちゃんが喜んでケアしてくれる

悪い評価

  • シートが広げにくい
  • コスパが悪い

和光堂 にこピカ 歯みがきシート ベビー 30包

赤ちゃんの歯みがきデビューにオススメのにこピカ歯みがきシート。柔らかいコットンシートで赤ちゃんの歯を優しく拭き取ります。

歯が生え始めた赤ちゃんはもちろん、うがいが上手く出来ないお子さんにも便利な歯みがきシートです。

和光堂 にこピカ 歯みがきシート ベビー 30包 の特徴

  • コットン100%のデコボコメッシュシート
  • 使われているのは食品用原料のみ
  • 滅菌済みで小包装タイプ
  • ノンアルコール
  • 無香料、無着色
  • キシリトール、カルシウム配合
  • りんご、緑茶ポリフェノールでお口さっぱり

口コミまとめ

良い評価

  • 嫌がらず磨かせてくれる
  • 災害時や非常用にも役立つ
  • 歯ブラシを嫌がる時にも使えて良い
  • 保存料が無いので安心

悪い評価

  • シートが固め
  • シートが薄い
  • フッ素入りだとなお嬉しい

ガーゼ歯磨きから歯ブラシに移行するのはいつから?

ガーゼ歯磨きのに慣れてきて、口の中に異物が入ってくる事に慣れてくれば歯ブラシに移行してもいいでしょう。

また上下の歯が2本ずつ生える頃には歯ブラシを使う事をオススメします。最初は遊びながら歯ブラシに慣れさせ、奥歯が生える頃や、離乳食が順調に進む頃、卒乳の時期には歯ブラシで歯を磨けるようにしておきましょう。

ガーゼ歯磨きに慣れていれば、お口の中のケアに慣れているため、歯ブラシもスムーズに出来るようになるでしょう。

 - 新生児・乳児育児のトリセツまとめ , , ,