ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠初期のうつぶせはNG?

   

幸せな気持ちでいっぱいの半面、ちょっとした疑問がだんだん不安になっていってしまう初めての妊娠初期。自分のお腹の中にひとつの命があるという未知の体験に、色々なことが気になってしまう方も多いのでは。

特に、一日の数時間をしめる就寝時間は、自分が無意識なだけにどんな体勢が赤ちゃんに影響があるのか知りたいですよね。

「妊娠に気づかずうつぶせで寝てしまった!」や、「うつぶせ寝のほうが楽なんだけど、ダメなのかな?」など、気になるうつぶせ寝についての疑問をまとめました。

 


うつぶせで寝ても大丈夫?妊娠初期の胎児の状態

c98d0da9c796a6851e79e2da003ca40e_s

妊娠初期の胎児は、胎芽から人間へ赤ちゃんの形が形成されていく時期。そんな大切な時期にうつぶせで寝てしまって、赤ちゃんがつぶれてしまったりしない?と、不安になってしまうママも多いかも。

結論から言うと、妊娠初期にうつぶせで寝ていても基本的には問題ありません。赤ちゃんはママのお腹の中で、子宮や羊水などにしっかり守られています。そのため、ママのちょっとした体勢の変化や、うつぶせによる圧迫くらいでは胎児に影響はないでしょう。

普段から、ちょっとごろごろしたりする時にうつぶせのほうが楽!というママは、意識してうつぶせをやめる必要はありません。

うつぶせ中にこんなことが起こったら注意

gatag-00011708

ここまででうつぶせは胎児には影響はないことは説明しましたが、うつぶせになることによってママの体調に変化が起こることはあり得ます。次のことが起こったら、うつぶせの姿勢を取るのはやめましょう。

息苦しい・気分が悪い

おなかが圧迫されることによって起こりうる症状です。妊娠中は、女性ホルモンの影響で血液中の二酸化炭素が増加するため、息苦しさを感じることがあります。

お腹を圧迫されることで息苦しさが増したり、気持ち悪さや吐き気を感じたら、上体を起こしたり横向きになったりして体勢を変えましょう。

腰痛など、体の痛みを感じる

うつぶせは骨盤や腰に負担がかかりやすいため、腰痛を起こしやすくなります。上で紹介したとおり、妊婦さんはマッサージなどの施術を受けにくいため、なるべく腰などに負担をかけないように楽な姿勢をとるようにしましょう。

とくに妊娠中はホルモンの影響で骨盤が緩みやすくなっているため、注意が必要です。

腹痛や違和感がある

うつぶせ寝に限らず、お腹を圧迫することで痛みや違和感があるときは、注意が必要です。

軽い痛みですぐおさまる場合は様子を見ても大丈夫ですが、鈍い痛みが続いたり違和感がずっとあるときは、念のために病院で受診することが一番でしょう。

妊娠中はリラックスすることが大事!

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

とにかく妊婦さんに大切なのは、色々なことを心配しすぎないで心穏やかに過ごすこと。

うつぶせには問題はないですが…

体調に問題がないならうつぶせで寝ても問題はないですが、同じ姿勢でずっと過ごすのは妊娠中に限らずあまりよくありません。

好きな姿勢で休もうとしていても、「うつぶせ姿勢で大丈夫なのかな…?」と心配することがストレスにつながっていては本末転倒です。適度に寝返りを打ったりして姿勢を変えながら休みましょう。

また逆に、「するつもりがないのに、寝ている間に無意識にしてしまう…」という方も、あまり気にしすぎていては良くありません。少しくらいのうつぶせ寝は赤ちゃんに影響はないので、自分の楽な姿勢で赤ちゃんと一緒にゆっくり過ごしましょう。

 

まとめ

  • うつぶせ寝で胎児が苦しかったり影響することはない
  • ママの体調が悪くならなければ、うつぶせで休んでも大丈夫

どちらにしろ、お腹が大きくなってきたらうつぶせ寝がしんどくなるため、自然と横向きやシムス体位で寝るのが楽になってきます。

今のうちに他の体勢に慣れていったり、お気に入りの抱き枕を探してみたり、心穏やかに素敵な妊娠生活を送ってくださいね。

 - 妊娠初期