ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

2本目の抱っこ紐は装着簡単なコンパクトがおすすめ!2歳でも使える?おすすめの商品は?

   

赤ちゃんの首や腰がしっかりしてきたり、お出かけはベビーカーが多かったりするママ。今の抱っこ紐に満足していますか?赤ちゃんの体が小さくて首や腰がすわっていない頃は、頑丈な作りの抱っこ紐を使用している人が多いです。

ですが、このような抱っこ紐は分厚く、動きが活発になってきた赤ちゃんを抱っこするには装着が大変。また、ベビーカーでのお出かけが増えてきたけれど、途中赤ちゃんがぐずって抱っこしなければいけないというときに、分厚い抱っこ紐を持ち歩くのは大変ですね。

「簡単に装着できる抱っこ紐」「小さく折りたたんで鞄に入れられるコンパクトな抱っこ紐」「軽い抱っこ紐」を2本目の抱っこ紐として検討してみませんか?


簡易に装着できる抱っこ紐ってどんなもの?

画像出典元:http://maternity-baby-tour.com/belongings/

メーカーによって差はありますが、今まで使っていた抱っこ紐は「腰ベルトのバックルを留める→赤ちゃんを抱っこ紐の上に寝かせる→抱っこ紐ごと抱き上げながら、肩にベルトをかけ、背中のバックルを留める」というやり方です。

赤ちゃんが小さくて動きが少ない頃でしたら抱っこ紐の装着はそれほど時間がかかりません。ですが、体が大きくなってきたり赤ちゃんが活発に動くようになってきたりすると、今まで使っていた抱っこ紐では装着するのが大変なことが多くなってきます。

私自身も、長男・次男を新生児から使える分厚い抱っこ紐で抱っこしてきましたが、1歳半を過ぎて自分で自由に動きたいという時期になると、暴れて抱っこ紐で抱っこするのに時間がかかることが多くなりました。

一瞬で抱っこできる抱っこ紐がほしくて調べてみたところ、以下のようなタイプの抱っこ紐があることがわかりました。

 

簡易装着できる抱っこ紐

  • スリングタイプ
  • クロスタイプ

それぞれの特徴・具体的な商品については後述します。

コンパクトにたためる抱っこ紐ってある?

「ベビーカーや歩きで外出していたら、途中から抱っこを求められて大変だった」という経験をしたママは多いです。「ずっとベビーカーに乗ってくれるものだと思っていた」「抱っこしてと言われると思っていなかった」という理由から、抱っこ紐を持ってこなかったというママ友の失敗談もあります。

途中で「抱っこ!」と言われても大丈夫なように、抱っこ紐も常に携帯しておきたいですね。ですが、今までの抱っこ紐だと分厚いので鞄に入らないということがあり得ます。こんなときは、コンパクトに折りたためる抱っこ紐があれば、とても便利です。

コンパクトに折りたためる抱っこ紐には、前述した「スリングタイプ」「クロスタイプ」があります。また、今まで使っている抱っこ紐と同じような装着の仕方でコンパクトに折りたためる抱っこ紐もあります。赤ちゃんが抱っこの時に暴れたりしないおとなしい赤ちゃんでしたら、こちらのタイプもおすすめです。

それぞれのおすすめ商品については後述します。

簡易な抱っこ紐・コンパクトな抱っこ紐は2歳でも使える?

画像出典元:https://mamanoko.jp/articles/29748

簡易な抱っこ紐やコンパクトな抱っこ紐は、新生児から使えるタイプの抱っこ紐に比べて「軽い」「生地が薄い」です。ですので、「体重が重くなっている2歳頃の子供には使えないのではないか?」と心配するママもいます。

メーカーによって差はありますが、簡易・コンパクトな抱っこ紐でも10~15kgの子供に使用できます。2歳の子供の平均体重は11~13kgですので使用できる抱っこ紐はあります。購入の際に、何kgまでの子供がOKなのか確認しましょう。

スリングタイプの抱っこ紐のおすすめは?

画像出典元:https://select.cuna.jp/item/24.html

ここからは「スリングタイプ」「クロスタイプ」「従来の抱っこ紐に似ているコンパクトなタイプ」に分けて、それぞれ商品をご紹介していきます。まずは「スリングタイプ」です。

「スリング」は、赤ちゃんが新生児の頃から使える抱っこ紐として有名です。長い布を斜めに肩がけして赤ちゃんを横抱きにして使っているママを見たことがある人も多いでしょう。ですが、スリングは「どうやって赤ちゃんを抱っこすればいいの?」と使い方に迷う人がたくさんいます。慣れるまでにコツがいることがあるんです。

ですが、スリングのように斜めがけして使える抱っこ紐の中には、子供が大きくなってからも使え、簡単に装着できるものがあるんです。

1.トンガ

ショルダーバッグのように斜めがけした抱っこ紐の中に赤ちゃんを入れるだけです。とても簡単ですね。フランスの抱っこ紐です。

特徴

  • 3000~4000円程度
  • 腰がすわった頃~15kgまで使用可能
  • 洗濯でざぶざぶ洗える

良い口コミ

  • 数秒で装着できて抱っこも簡単
  • コンパクトに折りたためるので持ち運びに便利
  • 肩部分がネット状になってフィットしやすい

悪い口コミ

  • 肩部分のネットが撚れたり伸びたりすることがある
  • 片方の肩が凝りやすいことがある
  • 日本人のママの体型に合わないことがあるので、サイズ確認が必須

2.Buddy Buddy おしりSUPPORI スッポリ

抱っこ紐・おんぶ紐で有名な老舗ブランド・ラッキー工業株式会社の商品です。

特徴

  • 4000円程度
  • お座りできる頃~13kgまで使える
  • トンガと同じく、斜めがけした抱っこ紐の中に赤ちゃんを入れる
  • 扇形状で肩にフィット
  • リブ編みが縁取りしてあって、赤ちゃんの足に食い込まない

良い口コミ

  • すっぽり包まれて赤ちゃんが安心できる
  • メッシュ素材で汗をかいても蒸れにくい
  • さっと抱っこできる
  • 人によってはトンガよりも重心が上に来るので安定する

悪い口コミ

  • 体重がある赤ちゃんは太ももに食い込んで痛がる
  • フィットするサイズを探すのが困難な場合がある

3.ママイト (mamaito) DAKKOLT

同じく斜めがけしてから抱っこしますが、バックルで装着できるタイプです。片手で楽に抱っこできると評判の抱っこ紐です。

特徴

  • 7000円程度
  • 1~4歳まで使用できる
  • バックルを外してから子供を降ろすので、安心して降ろせる
  • バックルに外れ防止ゴムが付いている
  • コンパクトに折りたためる
  • 洗濯機で丸洗い可能

良い口コミ

  • 子供の体の成長、ママやパパの体格の差でサイズ調整ができるので、1本あれば十分
  • たたむとポケットティッシュくらいの大きさになる
  • 子供のお尻部分の布幅が広く、安定感がある

悪い口コミ

  • 値段が高め
  • 体格が大きい子を片手抱っこするのは難しい場合がある

クロスタイプの抱っこ紐は?

画像出典元:https://www.creema.jp/item/577367/detail

続いて簡単に装着できてコンパクトに折りたためる「クロスタイプ」の抱っこ紐です。

1.フェリシモ キッズ抱っこ紐

画像出典元:https://www.felissimo.co.jp/kraso/dakko/

クロスタイプの抱っこ紐と言えば「フェリシモ」というくらい、有名で人気の商品です。

特徴

  • 3000円程度
  • バースセラピストの先生と共同開発した、ママの体に負担をかけない抱っこ紐
  • 首すわり~10kgくらいまでの子供に使える
  • Tシャツを着るように頭から被り、面ファスナーを開けて赤ちゃんを抱っこし、面ファスナーを閉めれば抱っこ完了
  • 肩紐が幅広いので肩への負担が少ない
  • たたむと15cm四方で、とてもコンパクト

良い口コミ

  • 肩が疲れないので楽
  • 密着できるので赤ちゃんも安心できる

悪い口コミ

  • 10kgまでなので、使える期間が短い

2.エアリコ DAKKO WEAR

画像出典元:https://airricobaby.com/fs/airricobaby/c/dakkowear

助産師さん達が開発した、ママの体への負担が少なく、育児を楽にしてくれるクロスタイプの抱っこ紐です。

特徴

  • 12000円程度
  • フェリシモと同じく、Tシャツのように被って、正面のファスナーを開けて抱っこし、ファスナーを閉めれば完了
  • 4ヶ月~3歳頃まで使える

良い口コミ

  • 抱っこで寝てしまって布団に降ろすときに、前開きファスナーなので眠ったまま起こさず降ろすことができる
  • ママの抱っこに近い自然な形で抱っこできる
  • 肩や腰への負担が少ない

悪い口コミ

  • 値段が高め

従来タイプの抱っこ紐でおすすめのものは?

画像出典元:https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124589

「スリングタイプやクロスタイプの抱っこ紐は、今まで使っていた抱っこ紐と装着の仕方が違うので不安」というママは、従来と同じような形で装着できる抱っこ紐で、軽量のものがありますのでご紹介します。

ボバ エアー

従来と同じように腰バックルを留めてから抱っこする抱っこ紐です。

特徴

  • 1万円程度
  • 3ヶ月~20kgの子供に使える
  • 390gと超軽量
  • 専用ポーチに収納できて持ち運び便利

良い口コミ

  • 軽くて持ち運びに便利
  • 装着も今までの抱っこ紐と変わらないので、難しくない

悪い口コミ

  • 従来の抱っこ紐よりは肩に食い込む
  • 値段が高め

まとめ

まとめると、簡易に装着できる抱っこ紐には、

  • スリングのように斜めがけできる抱っこ紐
  • クロスタイプの抱っこ紐

があることがわかりました。コンパクトに折りたためる抱っこ紐には上記の2つのタイプと、従来の抱っこ紐に似ているタイプのものがあります。いずれも2~3歳まで使用できるものが多いです。

ベビーカーや歩きでの外出が増えても、突然抱っこを子供に求められることはよくあります。従来の抱っこ紐は分厚くてかさばるので、2本目の抱っこ紐としてコンパクトなものを持ち歩くことをおすすめします。また、子供の体が大きくなって動きも激しくなってくるので、さっと簡単に装着できる抱っこ紐を選びましょう。

引用元:mybestDAD WAYLUCKEYフェリシモエアリコBoba

 - ベビー用品・赤ちゃんの服 , ,