ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんの温泉はいつから?温泉にいれる時の注意点と判断基準

   


赤ちゃんの温泉はいつから?お風呂はどうしたらいいの?

4d4a0b24667d3cb2533298fde117d6d0_s

生まれてすぐの赤ちゃんは、1ヶ月健診で許可が出るまでは普通のお風呂にすら入れません。この期間はママの体も産後のダメージがかなり残っているため、湯船には入れません。

また、首座り前の赤ちゃんはお風呂自体が一仕事です。首が座ればお風呂はだいぶ楽になりますが、温泉を楽しむことを考えると、腰が据わる6ヶ月頃がおすすめです。

赤ちゃんの皮膚はデリケート!注意することは?

 

泉質をチェック

温泉にはいろいろな化学物質が含まれており、その種類によって名前がつけられています。これが「泉質」です。肌に優しく最も安心して入れる泉質は「単純温泉」。反対に刺激が強く避けた方がいいと言われる泉質は「硫黄泉」です。

その他の泉質でも赤ちゃんの入浴には問題はないと言われています。心配であれば、お風呂から上がった後シャワーで温泉を洗い流してあげるといいでしょう。

また、お風呂から上がったら乳液を付けるなどのスキンケアも忘れずに行いましょう。

泉質はどうしたらわかるの?

温泉を提供している入浴施設・旅館・ホテルには“温泉成分分析表”という表が掲示されており、泉質もこの表に記載があります。現地に行く前にチェックしたい場合は、各施設のホームページでも確認できることがありますので見てみましょう。

記載がない場合は、施設に電話で問い合わせることも可能です。

温度・時間・水分補給にも気を付けて

温泉は大人ですら熱すぎることがありますので、温度には十分気を付けましょう。赤ちゃんにとっては、夏場は39℃前後、冬場は40℃前後が適温です。沐浴で使っている温度計があると安心ですね。

そして、赤ちゃんは大人と比べると、とてものぼせやすいです。顔が真っ赤になるまで入れるのは危険。ぬるめのお湯なら2~3分が限度でしょう。入浴後、おっぱいやお白湯を飲ませるなど、適切な水分補給も忘れずに行いましょう

おすすめは内湯や家族風呂

入浴施設によっては赤ちゃんが大浴場に入るのを禁止している所もあるため、確認が必要です。特に記載がない場合でも、おむつ外れ前の赤ちゃんが大浴場に入ることはマナー違反と考えられる場合もあります

安心して旅行を楽しむためにも、事前に施設に電話で確認することをおすすめします。赤ちゃんが大浴場に入れない場合は、家族風呂や内湯付きの旅館を予約すれば気兼ねなく温泉を楽しめるでしょう。

旅館やホテルによってはベビーバスのレンタルサービスをしているところがありますので、これを利用するのも手ですね。

 - 新生児・乳児育児のトリセツまとめ , ,