ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

運動会のママやパパの服装は?おしゃれはできる?画像をチェック!

      2019/01/14

お子さんが日頃の練習の成果を発揮して大活躍する姿が見られる小学校の運動会。かけっこやリレーやお遊戯、綱引き、応援合戦など、入学前に通っていた幼稚園や保育園のときより出番が多くなっています。学年も6学年あるので、運動会の開催時間も長めです。

せっかくのお子さんの晴れ姿をばっちりと見届けるために大事なことの1つには、「ママやパパの当日の服装」があります。小学校によって時期は異なりますが、5月や9~10月に多く開催される運動会。この時期、朝は冷えても日中になると暑いという日が増えています。

気候に合った格好をしないと、ママやパパの体調が悪くなって、お子さんを応援できないということになりかねません。また、リレーや綱引きなどママやパパが参加する競技が含まれている運動会も多いです。動きやすい格好をしないと、競技に集中できずに他のママやパパに迷惑をかけてしまうこともあります。

小学校の運動会ではどんな服装がいいのか、画像を含めてご紹介していきます。


小学校の運動会でのママの服装は?

画像出典元:https://www.子育てママの情報.jp/3156

小学校の運動会でママはどのような服装で行けば良いでしょうか?ブランドもので固めていくと、他のママと浮いてしまう可能性があります。「カジュアル」「シンプル」で動きやすいものを選んでいくと良いでしょう。動きやすいというイメージでジャージを選ぶと、カジュアルすぎて逆に目立ってしまいます。

以下のような服装がおすすめです。

トップス

  • Tシャツ
  • カットソー
  • 色や模様は無地、ボーダー、チェックなど
  • 胸元が広すぎないもの
  • 汗染みが目立たつようなカーキ、ベージュ、グレーなどは避ける
  • 通気性が良く、蒸れにくい素材

ボトムス

  • デニムパンツ、ストレッチパンツ、カーゴパンツなどの動きやすいもの
  • 親子競技などをパパに任せる場合は、スカート(膝丈より下の長さ)、ワンピース+レギンス、ワイドパンツなども可能
  • 白は汚れが目立ったり下着が透けたりするので避ける

アウター

  • 朝寒い場合や日焼けに備えてカーディガン、パーカー、ネルシャツなどを用意する
  • コートはかさばって持ち運びが大変なのでNG

  • スニーカー
  • 競技に参加しない場合でも、パンプス・ヒールの高い靴は避ける(長時間の観戦で足が疲れるため)

日焼け対策

  • 帽子(競技に参加する場合はキャップが便利)
  • カーディガン、パーカー
  • アームカバー
  • サングラス
  • サンバイザー
  • 日傘は小学校によっては使用禁止される場合があるので、各小学校に確認

運動会でおしゃれな服装は可能?

ブランドものを使用しておしゃれを演出したいですが、運動会でブランドを身につけると浮いてしまうことがあります。また、汚れることもありますのでブランドものは避けましょう。

おしゃれを楽しみたい場合は、帽子やスニーカー、サングラスなどの小物で目立つ色やおしゃれな模様のものを用意しましょう。例えば、「キャップの色を目立つ赤にしてみる」「スニーカーを濃いピンクにしてみる」など、普段使用しない色を小物に使ってみるとおしゃれに見えます。

ママが役員のときの服装は?

画像出典元:https://mamagirl.jp/0000115581

ママが運動会の役員のときは、多くの保護者の方の目を気にして、さらに服装に気を遣いますね。ですが、基本は先ほどの服装の通りで大丈夫です。競技の進行・準備などで汚れることも多いので、汚れても良い格好で臨みましょう。ただし、いくら汚れても良い格好といっても、ヨレヨレだったり穴が開いているいたりするのはNGです。

また競技をスムーズに進行するために、スマホや携帯電話で連絡を取ったりプログラムを確認したりという機会が多いです。スマホや携帯電話、プログラムが入るバッグを用意しておきましょう。競技の準備などのために両手を空けておいた方が便利ですので、肩がけのバッグがおすすめです。

小学校の運動会でのパパの服装は?

画像出典元:https://helpfulinfo-byrc.com/470.html

続いてパパの格好です。親子競技に出場したりカメラマンとしてお子さんの姿を追いかけたりと、何かと出番の多いパパ。動きやすい格好はもちろんですが、さわやかにかっこよく見せられると、周りの保護者からも好印象です。

トップス

  • Tシャツ、ポロシャツ
  • 無地でシンプルなもの
  • 通気性の良いもの
  • 白は汚れが目立つので避ける

ボトムス

  • デニム、チノパン
  • ハーフパンツもOK、スニーカーやハーフパンツの色となじむ色の靴下を用意しておく

アウター

  • パーカー、ネルシャツなどかさばらないもの、コートはNG

  • スニーカー
  • 普段スニーカーを履かない場合は、1足用意しておいて運動会までに何回か履いて慣らしておく

日焼け対策

  • キャップ
  • サングラス

男性は日焼けを気にしないことが多いですが、何も対策せずに日焼けしてしまうと、肌が真っ赤になってひどい炎症を起こしてしまうことがあります。日焼け止めを塗って、キャップを用意しておきましょう。

運動会での服装の画像は?

画像出典元:https://doc-moba.net/4462.html

それでは実際にママやパパの服装コーデの画像を見てみましょう。実際運動会に行かれるときに参考にしてみて下さい。

ママの服装①

画像出典元:https://www.pinterest.jp/pin/476396466811795514/

シンプルな色のシャツとパンツでまとめています。日焼け対策には、ロングカーディガン・サングラスを使用しています。ロングカーディガンがおしゃれですね。親子競技に参加する場合は、アクセサリーは外しましょう。また、パンツの色が白ですが、汚れが目立ってしまうので別の色をチョイスした方が無難ですね。

ママの服装②

画像出典元:https://www.niau.jp/codesearch/gakko/undoukai/02201509028020.php

全体的に青系のトーンでまとめられています。動きやすいデニムパンツで、親子競技の参加もばっちりですね。日焼け対策用のネルシャツがとてもおしゃれです。

ママの服装③

画像出典元:https://www.niau.jp/codesearch/gakko/undoukai/08201609032242.php

モノトーン系でまとめて落ち着いた大人の女性の印象です。日焼け対策用のカーディガンを腰巻きにしてさらにおしゃれを演出していますね。

ママの服装④(役員の場合)

画像出典元:https://folk-media.com/1129782

つばの広めのキャップとサングラスが印象的なコーデです。肩がけの黒のバッグもおしゃれですね。プログラム・携帯電話やスマホが余裕で入る大きさです。

パパの服装①

画像出典元:https://pinky-media.jp/I0020298

動きやすいデニムパンツと、腕時計とスニーカーを白で統一した所におしゃれを感じます。また、日焼け対策のキャップを逆に被ることで、他のパパとは差をつけたコーデになります。

パパの服装②

画像出典元:https://tomothai.net/どんな服装がおすすめ?パパ父親とママ母親の/

キャップ・パーカー・パンツを青系でまとめていますが、中のTシャツを薄いピンク色にするとより目立った印象になります。ハーフパンツも涼しげでかっこいいですね。

まとめ

まとめると、運動会でのママやパパの服装は、

  • 無地・シンプルなデザインのシャツなど
  • 通気性の良いもの
  • 動きやすいデニムパンツ、チノパン、ストレッチパンツ
  • アウターはかさばらないカーディガン、パーカー、ネルシャツ
  • 靴は基本的にはスニーカー、ない場合はヒールの低い靴
  • 日焼け対策に、帽子、サングラスなど

が良いでしょう。ママが役員の場合は、動きやすく汚れてもよい服をチョイスし、スマホやプログラムを持ち歩けるように、肩がけの小さいバッグを用意しましょう。

 - 行事 ,