ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

イヤイヤ期に絶対してはいけない行動とは?正しい対処法

      2019/02/14

「なんだか最近子供の機嫌が悪い」「いつもイヤイヤ言ってとても困る」子供のこんな様子に悩んでいるママもいますよね。1歳代の子供は、まだ上手に言葉を話すことができません。ですから、どうしてイヤイヤ言っているのか、ママも理解することができず、大変な思いをすることがあります。

子供を育てていると、ママの理想どおりにはいかないこともたくさんありますが、イヤイヤ期もそのうちの一つではないでしょうか。

では、1歳代の子供のイヤイヤ期に、ママはどのように対処していけば良いのでしょうか。ママ自身もイヤイヤ言いたくなることもあるでしょう。子供のイヤイヤ期を上手に乗り切る方法を知って、子育てできるようにしましょう。今回は、1歳代の子供のイヤイヤ期と対処法、ママのイライラを減らす方法についてお伝えします。


イヤイヤ期の原因

1歳の子供のイヤイヤ期の原因

子供のイヤイヤ期は、成長の証でもあります。イヤイヤ期が始まるのは、子供に自我が芽生えてきたというサイン。自分の考えや感情が出てくることで、ママや周囲の状況に嫌だと言ってしまいます。

ですが、子供自身も自分でどうしたいのか理解することができず、意識しているわけではないのにただイライラした態度を取っていることもあります。

1歳のイヤイヤ期は、自分がどんなことをしたいと思っているのかや、嫌だと感じることが分かるようになるという特徴があります。ですが、それを思うように表現したり相手に伝えることができないため、イヤイヤで表現することがあるのです。

1歳代になると、このような心の成長でイヤイヤ期が始まります。でも、これはみんなが通る道。「成長したのだな」と思って、優しく受け止めてあげましょう。

自我の芽ばえた1歳~2歳台の幼児を、思う通りにさせようと企てるとことごとく失敗します。親の方がイライラして、かんしゃくを起こすことになりかねません。まず、子どもの気持ちに添うことから始めてください。

引用元:みはら子育て支援センター

2歳の子供のイヤイヤ期の原因

  • 色々なことに興味を示しますが、納得がいくまで続けられないとイヤイヤ。
  • 小さなことにこだわり、その通りにならないとイヤイヤ。
  • 何でもやってみようとします。それを止められるとイヤイヤ。
  • 言いたい事が伝わらないと、癇癪を起しイヤイヤ。

2歳児イヤイヤ具体例

  • ベビーカーにおとなしく乗らない。
  • お友達と仲良く遊べない。おもちゃの取り合いなど。
  • 水遊びを止めない。
  • 何でも投げる。
  • 寝るのイヤ。
  • 洋服を着るのがイヤで、裸族。
  • スーパーなどで、買って買って攻撃泣き叫ぶ。

3歳児イヤイヤ期の原因

girl-609612_960_720

  • 言われた通りにしたくない、天邪鬼。
  • ありあまるパワーをもてあます。
  • 幼稚園が始まった子は、初めての集団生活でのストレス。

3歳児イヤイヤ具体例

  • 「片づけよう~」「ご飯食べよう~」ママのいう事全て「イヤ~」と返す
  • 自分で上手く出来ない事で、怒り出す。
  • 癇癪を起すと、ママやパパを叩いたり、蹴ったりする

【年齢別】イヤイヤ期を上手にやり過ごすための16の対処法と絶対やってはいけない大人の行動

全年齢共通

子供の気持ちを受け止める

子供のイヤイヤが始まった時、頭ごなしに「ダメ」というのではなく、まずは子供の気持ちを受け止めてあげましょう。「○○をしたかったんだね」と、子供の感情をママが代弁してあげて、「ママはわかっているよ」と子供に伝えてあげましょう。

この時、子供の体をさすってあげる・抱きしめるなどのスキンシップをして、子供を安心させてあげましょう。

そうすると、子供は自分の気持ちを理解してもらえたんだと感じ、心を落ち着かせることができます。

子供にやらせてあげる

イヤイヤ期の子供は、色々なことを自分でやりたいと言います。まだ1歳代ですと、自分でできることも限られています。

だからと言って全てをママがしてしまうのではなく、危なくない・子供ができそうなことをさせてあげると、自分で出来たことに達成感を感じて満足することができます。子供が自分で出来たときは「よく頑張ったね」「できてすごいね!」と、子供を褒めてあげましょう。

この時、手を叩いて喜んであげる・抱きしめてあげるなどの行動をして、少し大げさに喜んであげるのも効果的です。

子供に選択肢を与える

イヤイヤ期が始まった子供は、ママが提案する色々な事の反対をしようとすることも多いです。そんなときは子供に選ばせてあげるのも一つの方法です。例えば、一緒に遊ぶとき、どのおもちゃで遊ぶか子供に選ばせてあげたり、靴下や洋服を着るときも子供にどれがいいか選ばせてあげるようにして対処をしましょう。

時間に余裕を持って行動する

子供に自分で物事をさせるときは、時間に余裕がないとママもイライラする原因になります。子供のイヤイヤが原因で、物事がスムーズに進まないことも考えられますので、できるだけ時間に余裕を持って行動することを心がけましょう。

達成感を感じさせてあげる

イヤイヤ期の子供には達成感を感じさせてあげることも大切です。自我が芽生えることで自分の考えを持つようになり、それが成長の一つでもあります。達成感を味わうことで、子供に自己肯定が育まれますので、何かを成し遂げる達成感を感じさせてあげることも大切です。

2歳児のイヤイヤ期の7つの対処法

ベビーカーを使わない

ベビーカーを使わず歩かせましょう。時間やママの気持ちの余裕がある時から始め、子供も自分も慣らしていきましょう。

大きい声や感情的に怒るのでは無く、諭す

2歳児はまだ、感情のコントロールを出来きません。

「今お友達が使っていたんだよ~。」「貸してほしいときは貸して」って言おうね。と諭しましょう。

ママがそういった対応をするのに疲れた時は、広い公園など制限が少ないところで遊ばせましょう。

水遊びの時間を作る

  • 植木鉢や、庭の植物にお水をあげるお手伝いにする。
  • お風呂の時間にじょうろや水遊びの道具を用意し、お風呂タイム=水遊びタイムとする。

投げて良いものがどれか教えてあげる

「投げて良いのは、ボールだよ。」と公園など広いところで投げさせましょう。

寝る前に何か習慣化させるor昼間の行動を見直す

  • 1冊好きな絵本を選んで読み聞かせる
  • 昼間は体を動かす遊びを多くする。
  • 昼寝時間を長く取らない。

着替えを2種類用意し、本人に選ばせる

着替えないという選択を与えないようにするために、2種類着替えを用意して、どっちにするか聞きましょう。

スーパーに行く前に、約束をする

  • お菓子を買うのはひとつまで、騒がない走らないなど約束を決め復唱させてから、買い物に行く。
  • まだ、約束を守れないうちは、宅配サービスを頼んだりして、買い物の機会を減らしてみましょう。

3歳児のイヤイヤ 4つの対処法

子供目線の整理棚を用意する

遊び道具を自分で整理出来る様にし、自由に遊べる環境を作ってあげると良いです。

料理を手伝わせる

全てをさせると邪魔になるので、しめじをバラバラにする手伝い。こんにゃくをちぎる手伝い。型抜きを使った手伝いなど、簡単でも自分が作った料理はきちんと食べます。

身支度を自分で出来る様に、環境を整える

子供の手が届くフックや棚などで、カバン、上着、帽子などを自分で用意出来る様にしてあげます。

癇癪には、理由を聞いてあげる

癇癪を起している時は、理由をまず聞きましょう。

「そうだったんだ~」とママに聞いてもらうだけで、落ち着く事も多いです。

このとき、肯定しなくてもいいので、聞いてあげることが大事です。

叩いたり蹴ったりした時、怪我する危険行為の時だけは、「危ないからやってはいけない」「痛いからやってはいけない」と、子供が落ち着いてから、伝えましょう。

子供のイヤイヤでイライラしない方法

子供のイヤイヤ期に対処をしていると、親もストレスが溜まってしまいます。一生懸命に子供のイヤイヤの対処をしていても、子供の気持ちが落ち着くのではなく、更にイヤイヤが酷くなってしまうことだってありますよね。

「大人なんだから我慢をしなくては」と自分に言い聞かせても、うまくいかないこともあります。だって、親だって人間。ストレスが溜まってイライラしてしまうこともあります。

親がイライラを溜めない方法

  • 心に余裕を持つ
  • 子供と離れて過ごす時間を作る
  • 子供の成長の証だと受け止める
  • パパや親戚の力を借りる
  • 心に不満を溜め込まない
  • イヤイヤをどうにかしようとし過ぎない

子供のイヤイヤ期は成長の証です。ですが、そのことをわかっていても、親もどうしようもない気持ちになってしまうことがあります。親がイライラしていまったら、それが子供にも伝わって悪循環を招くこともありますので、上手に息抜きをして子供のイヤイヤ期とうまく付き合って行くようにしましょう。

例えば、子供と自分の一番近くにいるパパに話を聞いてもらうことで気持ちを吐き出したり、パパと一緒に子供が赤ちゃんの頃のアルバムを見て、子供の成長過程を振り返ってみることもおすすめです。

また、子供のイヤイヤ期を乗り越えた先輩ママに相談をして体験談を聞いてみるなど、辛い気持ちを誰かに話すのも良い方法です。

ほかにも、子供をパパやおじいちゃん・おばあちゃんに預けて美容院に行くなど、自分のためだけに時間を使うことも息抜きになります。一人で抱え込むのではなく、周囲の人に協力をしてもらいながら、うまく息抜きをしてくださいね。

 

イヤイヤ時期はいつからいつまで?

実はイヤイヤ期は、0歳6カ月~4歳頃までと言われています。しかし親が気づきだすのは、「イヤ」と言葉がしゃべれるようになる1歳半頃からが多いでしょう。

「魔の2歳児」「悪魔の3歳児」「天使の4歳児」という呼び名があるほどです。この時期の子供たちに、親は皆手を焼いているのが分かりますね。

 

イヤイヤ期は、子供が言葉で自分の気持ちを上手に伝えられるようになると徐々に落ち着いてきます。自我が芽生え、自分でやりたい気持ちや自分の考えを上手に伝えることができないうちは、「イヤイヤ」で自分の気持ちを伝えます。

ですが、言葉を話して自分の気持ちを口で伝えることができるようになると、今までうまく伝えることができないかったこともちゃんと相手に伝えられるようになりますので、酷いイヤイヤも段々おさまり、ママのストレスも減ってくるようになります。

子供が3歳を過ぎる頃になると、親との意思の疎通も上手にできるようになります。3歳~4歳を目安にイヤイヤも少なくなってきますので、大きくなるための通過点なのだと考えてイヤイヤ期と上手に付き合っていきましょう。

3〜4歳になると精神的にも安定してきますし、言葉でのコミュニケーションも上手になりイヤイヤは落ち着いてきますので、成長過程のひとつと考えて、穏やかに対応してあげるよう心がけましょう。

引用元:Gymboree

 

子供のイヤイヤ期を乗り越えるためのおすすめの本

子供が自分で身支度や片づけ、遊びの準備を出来る様に、お家の環境を整えてあげるヒントが年齢別に載っています。

9784479783084

1296円

アマゾンバナー

楽天バナー

51eijgcu0l__sx354_bo1204203200_

1188円

アマゾンバナー

楽天バナー

まとめ

子供のイヤイヤ期は2歳頃に始まると認識されていることが多いですが、実際には1歳代で始まる子供もいます。イヤイヤ期は自我が芽生えることがきっかけで始まりますが、これは子供の成長の証です。

ママは子供のイヤイヤに疲れたり、ストレスを感じてイライラしてしまうこともあるでしょうが、子供が成長しているのだと思って大きな心で受け止めてあげましょう。

子供のイヤイヤが酷い時は、今回ご紹介した対処法を試してみてください。イヤイヤ期は終わる時がやってきますので、その時まで子供と一緒に乗り越えていってくださいね。

 - 1歳からの幼児期 ,