ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

2歳の子供の体調不良時の食事は?おすすめの調理法を紹介

      2018/12/15

子供はすぐに体調を崩します。元気なのに発熱したり、熱はないのに下痢をしたり。そんな子供の症状はよくあることですが、そんなときに悩むのが食事ではないでしょうか。

体調が悪いときは、たとえ本人が元気そうでもいつもの食事を与えるのは避けたほうが良いです。2歳はまだまだ自分の体調を伝えるのは難しいですし、何なら食べられるかも自分では伝えられないでしょう。

だからこそ、どんなものを食べさせていいかなかなか悩みますよね。

そこで、2歳の子の体調が悪いときにおすすめの食事を紹介します。


2歳児の体調が悪いときの食事のポイント

まず大前提として、子供の体調が悪いときの食事のポイントは3つです。

  • 食欲がなくても水分はしっかり取らせる
  • 消化・吸収を助ける調理法を
  • 症状が収まったら少しずつ普段の食事に

水分をしっかり取る

発熱していたり、下痢や嘔吐の症状があるとき、ほとんどの子は食欲がありません。我が家の子も、「あれ?今日はなんで全然食べないの?」と思ったら数時間後に発熱することがよくあります。

そんなときは無理にたくさん食べさせようとせずに、水分補給をしっかりするようにしましょう。

ただし、ジュースなどの喉や胃に負担がかかるものは避け、水やお茶、イオン水や経口補水液を選ぶようにしてくださいね。

消化・吸収を助ける調理法を

大人でも同じですが、2歳児も同様に体調が悪いときは消化・吸収を助ける調理法を選ぶようにしましょう。

具体的には、おかゆやおじや、うどんなどです。おかゆは3倍がゆ、うどんは10分以上煮てくたくたにします。

症状が収まったら

熱が平熱に戻ったり、下痢や嘔吐の症状が出なくなったら普段の食事に戻しましょう。ただし、喉に痛みがある場合は辛いものや柑橘系などの刺激物は避けてくださいね。

また、病気に種類によって普段の食事に気をつけなければいけないこともあります。心配なことがあれば、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

2歳児の症状別おすすめ食事・発熱編

発熱は、熱の上がり始めや高熱が出たときは食欲がなくなる子が多いです。そのときは、無理をしてまで食べさせる必要はありません。水分補給だけしっかりしましょう。

発熱していても食欲がある場合は、胃に負担をかけない食材や調理法を選ぶのがベターです。ビタミンやミネラルが豊富な食材を選んで柔らかめに調理してくださいね。

食欲があまりないとき

食欲があまりないときは固形物はなかなか子供は食べてくれません。更に2歳だと何が食べられるかもなかなか伝えられません。少し甘くて口当たりが良いものならば2歳の子でも抵抗なく食べやすいので、2つレシピを紹介します。

なお、はちみつは1歳以下の子はポツリヌス菌の感染が心配されますが、2歳ならばもう大丈夫です。まだはちみつを与えていなくて心配だという人は、はちみつを砂糖に変えてもOKですよ。

りんごのイオンジュース

材料
  • りんご 4分の1個
  • 乳児用イオン飲料(りんご味) 2分の1カップ
作り方
  1. りんごをすりおろします
  2. イオン飲料に混ぜて混ぜます

イオンシャーベット

材料
  • 乳児用イオン飲料(何味でもOK) 2分の1カップ
  • はちみつ 小さじ1
  • 湯 小さじ1
作り方
  1. はちみつを湯で溶いて、乳児用イオン飲料に混ぜる
  2. 冷凍庫で1時間ほど冷やす
  3. 2を取り出して、フォークでザクザクとさしてかき混ぜ、また30分ほど冷凍庫で冷やす

少し食べられるようになったら

熱が下がってきて少し食欲が出てきたら、水分の多い食べ物を少しずつあげます。その際も無理して多くの量を食べさせなくても大丈夫です。子供が食べたいだけあげましょう。

少量でも栄養が取れるようなレシピを紹介します。

卵入りおじや

材料
  • ご飯 50g
  • ほうれん草 5g
  • 青ネギ 5g
  • にんじん 10g
  • 溶き卵 2分の1個
  • だし汁 1カップ
  • 醤油 小さじ2分の1
作り方
  1. ほうれん草は茹でて水にさらし細かく刻む
  2. 青ネギとにんじんを細かく刻む
  3. 鍋にだし汁、1と2、ご飯を入れて野菜が柔らかくなるまで煮る(青ネギは生のままだと刺激になるので、最後に入れるのではなくここで一緒にクタクタになるまで煮てください
  4. 溶き卵を回し入れ、醤油で味を整える

白身魚のくず煮

材料
  • 白身魚 4分の1切れ
  • にんじん 20g
  • かぶ 20g
  • 絹ごし豆腐 30g
  • だし汁 150ml
  • 醤油 適量
  • 水溶き片栗粉 適量
作り方
  1. 白身魚の骨と皮を取り除き、ラップにくるんで電子レンジ500wで焼く40秒加熱する
  2. にんじんとかぶを細かく刻み、だし汁で柔らかくなるまで煮る
  3. 1をほぐして2に加え火を通す。火が通ったらさいの目に切った豆腐を入れてひと煮立ちさせる
  4. 醤油で味を整え、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける

喉が痛いとき

喉の粘膜を刺激しないように、酸味のあるものや塩気のあるものは避けます。また、飲み込みにくいものも避けましょう。

スープは熱いと刺激になるので、よく冷ましてからあげてくださいね。

大根ネード

大根とはちみつは、両方とも喉にとてもいい食材です。食欲が出てきたら、漬けた大根をそのまま上げてもOKですよ。

材料(コップ8~10杯分ほど)
  • 大根 5センチ
  • はちみつ 2分の1カップ
  • 水 3分の2カップ
作り方
  1. 大根を1センチ角にして、はちみつに漬け一晩以上待つ
  2. 鍋に1のつけ汁大さじ1と水を入れて煮立てる

2歳児の症状別おすすめ食事・下痢編

下痢のときは、水分のような便・少し回復してドロドロの便・もっと回復してやわからかい便と症状が変わってきます。どの症状のときも水分補給はしっかりとするようにしましょう。

また、胃に負担をかけないように、脂肪分は控えめに。

便が水のような症状のとき

水のような便の時は、下痢の症状が一番辛いときです。食欲がないようならば無理に食べさせてなくても大丈夫ですが、水分補給はしっかりとしましょう。

何か食べられるようならば、紹介するようなとろとろのものをあげましょう。2歳の子でも抵抗なく食べられるのでおすすめのレシピですよ

すりおろしりんごの葛湯

材料
  • りんご 4分の1
  • 葛粉 大さじ1
  • 水 3分の2カップ
  • はちみつ 小さじ1~2
作り方
  1. りんごをすりおろし、葛粉は軽く押しつぶす
  2. 鍋に1と水、はちみつを入れて弱火にかけ、ゆっくりとかき混ぜる(弱火でゆっくりとかき混ぜないと、葛粉がだまになりやすいです)
  3. 少し透明になったら火を止めて、器に移す

じゃがいもとにんじんのスープ

材料
  • じゃがいも 4分の1
  • にんじん 3センチ
  • だし汁 1カップ
  • 塩 少々
作り方
  1. じゃがいもとにんじんをすりおろす
  2. だし汁とにんじんのすりおろしを鍋に入れ、弱火で焼く5分煮る
  3. 2にじゃがいものすりおろすを加える(とろみがつきます)
  4. 塩を加えてひと煮立ちさせる

*とろみがもっと欲しければ、水溶き片栗粉を加えてください

どろどろの便のとき

どろどろの便になってきたら、少し回復してきたということです。ですが、胃腸の調子はまだまだよくありません。水分をしっかりと取って、油脂の含まれる食事は避けましょう。

かぶと豆腐のおじや

材料
  • ご飯 50g
  • 絹ごし豆腐 10分の1丁
  • かぶ 4分の1個
  • かぶの葉 少々
  • だし汁 1カップ
  • 塩 少々
作り方
  1. かぶは細かく刻み、葉はみじん切りにする
  2. 鍋にだし汁を入れて1を柔らかくなるまで煮る
  3. 鍋にご飯を入れ、さいの目に切った豆腐を入れ醤油で味を整える
  4. 3~5分ほど煮て火を止め、蓋をした蒸らす

*かぶは大根やにんじんで代用してもOK

麸と野菜のスープ

材料
  • にんじん 0.5センチ
  • 白菜 6分の1枚
  • かぼちゃ 10g
  • 麸 2個
  • だし汁 1カップ
  • 醤油 少々
作り方
  1. にんじんと白菜、かぼちゃを千切りにする
  2. 麸は水でもどし、小さく切る
  3. 鍋にだし汁を入れて1を柔らかく煮る
  4. 麸を加え、醤油で味を整える

*食欲がなければ野菜は潰してください

やわらかい便になったら

やわらかい便の状態になったら、かなり回復してきたということです。ただし、まだ胃腸は弱っているので、いきなり普段の食事に戻したり、脂肪分の多いものを与えると症状がぶり返す恐れもあります。

基本は水分を多くとって、胃に優しいものをあげください。

やわらかみそうどん

材料
  • うどん 80g
  • にんじん 10g
  • 大根 10g
  • 白菜 10g
  • 豆腐 10g
  • だし汁 1カップ
  • みそ 小さじ3分の2
作り方
  1. にんじん、大根、白菜を細かく刻む
  2. 鍋にだし汁、1を入れて柔らかくなるまで煮る
  3. さいの目に切った豆腐とうどんを2に加え、うどんがくたくたになるまで煮る
  4. みそで味を整える

ささみのポトフ

材料
  • 鶏ささみ肉 2分の1本
  • じゃがいも 3分の1こ
  • にんじん 3センチ
  • 玉ねぎ 6分の1こ
  • ブロッコリー 2房
  • だし汁 1カップ
  • 片栗粉 適量
  • 塩 少々
作り方
  1. じゃがいもを一口大に切って水にさらす
  2. にんじんは小さめの乱切り、玉ねぎは細切りにする
  3. ブロッコリーを茹でて細かく刻む
  4. ささみをそぎ切りにして、片栗粉をまぶす
  5. 鍋にだし汁と1・2を入れて柔らかくなるまで煮込み、柔らかくなったら4を加える
  6. 3を加えて塩で味を整える

*ささみが苦手なようなら、白身魚で代用してもOKです

2歳児の症状別おすすめ食事・嘔吐編

吐き気があるときは、決して無理して水を飲ませたり水分があるものを食べさせたりしないでください。無理に水分を取ると、さらに吐き気が出て嘔吐を繰り返してしまいます。

子供の様子を見ながら、吐き気がおさまったと思ったらペットボトルの蓋1杯分を目安に麦茶やイオン飲料をあげましょう。

吐き気が少し収まったら

上記のように少量ずつお茶やイオン飲料を与えても大丈夫なようならば、消化や吸収の良いスープやおかゆをあげましょう。ただし、これも無理はせずにゆっくりと。無理に食べさせようとはしないでくださいね。

かぼちゃのとろとろ

材料
  • かぼちゃ 50g
  • だし汁 150ml
作り方
  1. かぼちゃは皮と種、ワタを取り、小さく切ってだし汁で柔らかくなるまで煮る
  2. 1を潰して裏ごしする

にんじんジュース

材料
  • 乳児用りんごジュース 2分の1カップ
  • すりおろしにんじん 大さじ2
作り方
  • すりおろしたにんじんをラップに包み、電子レンジで1分加熱する
  • りんごジュースに1を入れてよくかき混ぜる

回復したら

嘔吐することがなくなったら、いきなり普段の食事に戻さず消化に良いものを少しずつあげましょう完全に回復するまでは、牛乳や乳製品、酸味のあるものは避けてくださいね。

豆腐のかき玉汁

材料
  • 絹ごし豆腐 6分の1丁
  • そうめん 5g
  • ほうれん草 5g
  • 溶き卵 2分の1こ
  • だし汁 3分の2カップ
  • 醤油 少々
作り方
  1. ほうれん草を茹でてみじん切りにする
  2. そうめんを4等分して茹でて、水洗いしてざるにあげておく
  3. だし汁で2とさいの目切りした豆腐を煮る
  4. 3に1を加えひと煮立ちさせる
  5. 醤油で味を整えて、溶き卵を回し入れる

野菜たっぷりの味噌汁のうわずみ

材料
  • 大根 10g
  • にんじん 10g
  • 白菜 10g
  • 玉ねぎ 10g
  • 豆腐 10分の1丁
  • だし汁 3分の2カップ
  • みそ 小さじ1
作り方
  1. 大根、にんじん、白菜、玉ねぎをこまかく刻む
  2. 鍋にだし汁と1、さいの目切りした豆腐を入れて煮る
  3. 野菜が柔らかくなったら、みそを溶き入れて煮立てる
  4. 器に野菜と、みそ汁のうわずみを入れる

2歳児の便秘のときは?

便秘は発熱や下痢、嘔吐のように明らかに体調が悪くなるわけではありませんが、お腹がパンパンになって子供が苦しい可能性もあります。排便がスムーズ出ない場合は、以下のポイントに気を付けて食事を作ってみてください。

  • 規則正しい食生活を心がける(食事の時間を規則的に)
  • 食物繊維をバランスよく取る

いつものご飯にプラス

便秘のときはパンよりもご飯がおすすめです白米に麦や雑穀を加えると、それだけで繊維質がグッとアップします。

もち麦や十六雑穀米はスーパーなどでも簡単に手に入ります。便秘解消に加えて栄養分もたっぷりあるので、おすすめですよ。

苦手な子には?

中には麦の香りや十六雑穀の豆が苦手だという子もいますよね。そういうときは、カレーライスのご飯を麦や雑穀にするのがおすすめです。カレーの香りや具で誤魔化してくれます。

また、玉子丼などの丼物にしてもいいですよ。香りや味、感触が苦手だという子には具や味で誤魔化して食べさせてあげましょう。

食物繊維が豊富なおかず

食物繊維には、いもや野菜に含まれる不溶性食物繊維(便のかさを増す)と果物などに含まれる水溶性食物繊維(便を柔らかくする)があります。

便秘解消にはこの2つの食物繊維をバランスよく取ることが大切です。おやつとしても美味しく食べられる食物繊維たっぷりのレシピを一つ紹介します。

さつまいもとりんごのプルーン煮

材料
  • りんご 8分の1こ
  • さつまいも 20g
  • プルーン(種なし) 1個
  • 水 3分の1カップ
  • 砂糖 小さじ2分の1
  • 塩 少々
  • レモン汁 少々
作り方
  1. りんごは4ミリのいちょう切り、さつまいもは3みりの輪切りにし、プルーンは細かく刻む
  2. 鍋に水、砂糖、塩、1を入れて煮立てる
  3. 2にレモン汁を入れて柔らかくなるまで煮る

りんごとさつまいもは皮に食物繊維が多く含まれるので、必ず皮ごと煮てください。

まとめ

2歳の子の体調が良くないとただでさえ気が気がじゃないのに、ご飯まで食べないと心配になってしまいますよね。ですが、無理に食べさせるのは絶対にNGです。食べたくないときは、水分補給だけはしっかりとさせておけば2歳の子ならば1食くらいは抜いても問題ありません。

回復してきたら、食べたいときに食べたいだけあげましょう。紹介したレシピは食べやすく、胃にも優しいものばかりです。少しでも早く回復するように、食事から気を付けてあげくださいね。

 

 

 - 幼児期(1歳から)の食事、食べ物まとめ ,