ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

子供が歯磨きを嫌がるときの対処法!0歳・1歳・2歳の子供に歯磨きをする方法

      2019/02/22

赤ちゃんの乳歯が生えてきたら、歯磨きをして虫歯の予防をする必要があります。歯磨きをしないと、口の中が汚れた状態になって虫歯になってしまう可能性もあります。

ですが「虫歯になっては大変だ」と思い、子供に歯磨きをしようと思っても、子供が嫌がって歯磨きができないこともありますよね。

ここでは、0歳代の赤ちゃんや1歳・2歳の子供が歯磨きを嫌がる理由と対処法についてお伝えします。私が実際に子育てをしてきた中で、かかりつけの歯科医師さんや歯科衛生士さんにアドバイスをもらった内容を参考にお伝えします。

どうして歯磨きをて嫌がるのかを知って、きちんと歯磨きができるように対処をしましょう。綺麗で清潔なお口の状態を保ち、子供の大切な歯を虫歯から守ってあげてくださいね。


子供が歯磨きを嫌がる理由

子供の乳歯が生え始める時期には個人差がありますが、生後6ヶ月くらいになると乳歯が生え始めます。歯が生えてきたら口の中の状態を清潔に保ち、虫歯を予防する必要があります。

ですが、子供の中には歯磨きを嫌がる子もいて、上手に歯磨きをさせてくれないこともあります。このことに困ってしまうママもたくさんいますよね。では、子供が歯磨きを嫌がるのは一体どんな理由があるからなのでしょうか。

子供が歯磨きを嫌がる理由

  • 口の中に物が入ってきて驚く
  • 押さえつけられて恐怖を感じる
  • 歯磨きのときに痛みを感じる
  • 眠いので機嫌が悪い
  • 遊びたい

自分の口の中に歯ブラシが入ってくることに違和感を感じたり、歯磨きのときに子供が暴れたり動いたりしては危ないからと身体を押さえつけられる・歯を磨かれるときに痛みを感じるといった理由で歯磨きを嫌がる子供がいます。

これは、私の周りにいるママ友達の声や、実際に私が子供の様子を見て感じたことでもあります。それでは、0歳代の子供が歯磨きを嫌がるときは、一体どのような対処をすれば良いのでしょうか。次の項目でご紹介します。

乳歯が生え始めたころの歯磨き(目安:生後6~8ヶ月頃)

子供の初めての乳歯が生え始めてきたら、清潔なガーゼを使って赤ちゃんの口の汚れを綺麗に拭ってあげましょう。

嫌がるときは無理やり口の中にガーゼを入れるのではなく、まずはお口の周りを優しく拭くことでガーゼの感触や口を触られることに慣らしていきます。

白湯などを飲ませて、お口の中に残っている食べかすを綺麗にしてあげましょう。歯磨き回数の目安としては、1日1回で問題はありません。

 生歯が見られたら歯みがきを始める。しかし、いきなり歯ブラシを使うと「歯みがき嫌い」になることが多いので、歯の生え方をみながらガーゼみがきなどから始め、徐々に歯ブラシに慣れさせるようにする。

引用元:日本小児歯科学会

上下の前歯が生えてきた頃の歯磨き(目安:生後9ヶ月~1歳前後)

生後9ヶ月~1歳前後になると、上下の前歯が生える子が増えてきます。この頃に本格的な歯磨きをスタートして、子供の大切な歯を虫歯から守ってあげましょう。仕上げ磨きも行うようにしてくださいね。歯磨きを嫌がるときは、徐々に段階を踏んで歯磨きに慣らしていくと良いです。

STEP1・清潔なガーゼで口の汚れを綺麗に拭く

乳歯が生え始めてきたとき同様、歯ブラシを嫌がる場合はまず、歯ブラシではなく清潔なガーゼを使って口の中を拭きましょう。こうすることで、徐々に口の中に物が入ることに慣らしていき、違和感を感じないようにしていきましょう。

ママの指の第2関節のあたりまで清潔なガーゼを巻き付け、ぬるま湯に浸してから唇を優しく拭いてください。慣れできたら徐々に口の中を拭うようにして、口の中に物が入ることへの違和感を取り除いてあげてください。

口の周りを拭くときは手・口拭きようのウエットティッシュでも大丈夫ですが、口の中を拭くときは口の中用の歯磨きシートを使用するようにしましょう。

STEP2・シリコン製の歯ブラシで歯磨き

ガーゼでお口の中を拭くことを嫌がらなくなったら次のステップに進みます。赤ちゃん用のシリコン製の歯ブラシを使って歯磨きをしましょう。

口の中にシリコン製の歯ブラシを入れたら、嫌がって歯ブラシを口から出そうとする子もいます。無理やり口の中に押し込むのではなく、様子を見ながらシリコン製の歯ブラシに慣らしていきましょう。

「歯磨きをするぞ」というような雰囲気を出さずに、歌を歌ったりしながら、楽しい雰囲気の中で遊び感覚で慣らしていってくださいね。

STEP3・月齢に合った歯ブラシで歯磨きをする

シリコン製の歯ブラシに慣れたら、月齢に合った子供用の毛束のついたヘッドの小さい歯ブラシに変えて歯磨きをします。歯磨きをするママの手に力が入りすぎないように、歯ブラシを鉛筆を持つように握って細かく動かしながら磨きましょう。

歯磨きを嫌がるときは無理やり歯磨きをするのではなく、子供の様子を見ながら歯磨きをしてください。この頃は、子供が歯磨きを嫌いにならないようにすることが大切なポイントです。最後に白湯を飲ませて口の中の汚れを流してください。

幼児期後半から徐々に歯みがきの自立にむけて準備にとりかかる。歯みがきの自立は学童期になるまでにできればよい。

引用元:日本小児歯科学会

歯磨きをするときの注意点

子供の上唇の裏には、「上唇小帯」と呼ばれる唇と歯茎につながる皮膚があります。大人にもありますので、自分の手で上唇中央部分の裏側を触って確認してみるとわかりやすいです。

歯を磨くときにこの部分を強く磨いてしまうと、強烈な痛みが走って子供が歯磨きを嫌いになる原因になってしまいます。上の前歯を磨くときは、この「上唇小帯」を強く磨かないように注意をして磨くようにしましょう。

1歳・奥歯が生えきた子供の歯磨き(目安:1歳2ヶ月前後~1歳6ヶ月以降)

1歳代に入り、奥歯が生え始めてきたころは、自分で歯磨きをする習慣を作っていきましょう。月齢に合った歯ブラシを持たせて、パパやママと一緒に歯磨きをします。

この時、親の真似をさせながら歯磨きをして、「歯磨きは楽しいことなんだ」という気持ちにさせてあげることが大切です。

仕上げ磨きを嫌がるときは

  • 時間をかけずに短時間で仕上げ磨きを行う
  • 子供の機嫌の良いときに歯磨きをする
  • 歌を歌いながら楽しい雰囲気で歯磨きをする
  • パパにも協力してもらって子供の仕上げ磨きのときに歯磨きをしてもらう
  • 仕上げ磨きができたら思い切り褒める

子供の乳歯はとても虫歯になりやすく、磨き残しがあるとそこから虫歯になってしまうこともあります。また、綺麗に歯を磨くことは、大人であっても難しいものです。仕上げ磨きをきちんとしないと、赤ちゃんの大切な歯を虫歯にしてしまうこともあります。赤ちゃんの歯を虫歯から守るためにも、仕上げ磨きはとても大切なのです。

仕上げ磨きを嫌がるお子さんもいます。大泣きして暴れる・口を開けてくれずに仕上げ磨きができない!という場合もあるでしょう。ですが、仕上げ磨きは必ずするようにしてください。

大変なこともありますが、子供に「歯磨きは嫌なものだ」という記憶を植えつけないようにして、パパにも協力してもらいながら仕上げ磨きをしてくださいね。

歯磨きの回数

1日の歯磨きは3回程度、食事をした後を目安にして歯磨きをしましょう。また、おやつのあとや甘い飲み物・食べ物を口にした後も、きちんと歯磨きをする習慣をつけてください。

寝ている間にお口の中に虫歯の原因になるものが増えないように、寝る前に行う歯磨きは特にしっかりと行ってくださいね。

一番ゆっくりした時間が持てる夕食から就寝までの間、特に就寝前に丁寧に歯みがきをするのがよい。すると、むし歯に最もかかり易い睡眠時には歯がきれいな状態が保てるので、むし歯予防には極めて有効になる。

引用元:日本小児歯科学会

子供が歯みがきを嫌がらないようにする「5つのコツ」

楽しく歯みがきをするコツをご紹介します。

1.母子ともにリラックスして、ゆっくり、ゆっくり進めよう

歯みがきスタートは、生後6~9か月になるお子さんがほとんどでしょう。この時期は離乳食が始まったばかりで、おやつの習慣もまだありません。唾液の自浄作用だけでも口の中を清潔に保てる時期です。赤ちゃんが歯みがきに慣れることができるよう、最初からしっかり磨こうとせずに、とにかくリラックスを心がけて下さい。

笑顔でのんびりと、楽しい雰囲気でスタート。赤ちゃんが口の中を触られることに慣れてきたら、清潔な綿棒やガーゼで歯を拭いてみましょう。大丈夫なら、歯ブラシの出番です。最初は数回チョンチョンと、毛先で歯に触れることから始めます。

歯ブラシでみがく時間は、1本あたり5秒程度で十分です。丁寧に優しく磨いてあげましょう。このように、ゆっくりと様子をみながら、お子さんのペースに合わせて行っていきます

2.力をいれすぎないように気をつけてみがく

歯ブラシを持つ手に力が入り過ぎると、子どもが痛みを感じ、歯みがきを嫌がる原因になります。前述のように、握りやすい柄の歯ブラシを使ってみがきましょう。また、次の項ではちょうどよい力でみがくコツをご紹介します。

ちょうどよい力加減で歯みがきするためのコツ

1.歯ブラシはペンのように持ってみがいてあげる

2.毛先が歯に直角にあたっていることを確認しながらみがく

3.100~150グラムの負荷がちょうどよい力加減。キッチンスケールがあれば、歯ブラシをあてて力加減を確認するとよい

以上の3つを守って、赤ちゃんが「気持ちよい」と感じるみがき方をマスターしましょう。

3.「食後には歯みがき」の習慣づけをしてあげること

慣れてきたら、時間を決めて行うことをおススメします。これは、習慣づけのためです。最初は寝る前に一日一回からはじめて、回数を増やしていきます最終的には、毎食後に歯みがきを行うことが目標です。

早い時期から保育園に入ると、昼食やおやつの後の歯みがきができないお子さんもいます。その場合は、朝晩の歯みがきの習慣づけを働きかけてあげながら、「寝る前の仕上げみがき」をしっかりしてあげればよいでしょう。

4.遊びながら、ほめながら、楽しい雰囲気でおこなうことがとても大切

1歳前からはじめることですから、無理強いは禁物です。はじめは遊びの延長で行えたらよいです。仰向けに寝かせておなかをくすぐったり、「いないいないばあ」をしたり、子どもが喜ぶ遊びを取り入れて、歯みがきをしてあげましょう終わったら一緒に拍手したり、ほめてあげることも大切です。

また、いろいろ工夫しても、嫌がったり逃げたりするときもあるでしょう。そのような時は、怖い顔をしないように気をつけながらいつもより短く切り上げる、頑張ったねとほめてあげるなどしてください。

5.自分でやりたい、を大切に

筆者の末っ子は1歳後半ですが、お兄ちゃんたちが洗面所で歯みがきをしていると、必ずやってきて一緒に並んでニコニコしながら歯みがきをしています。危なっかしいのですが、自分でやってみたい気持ちを大切に、見守っています。そうしているうちに、歯みがきが習慣になってきました。

「自分でやりたい」と意思表示したときは、歯みがきも自分でやらせてあげるとよいでしょう。ただし、うっかり歯ブラシの柄でのどをついたりする事故が起こらないように、すぐに手を出せる距離で大人が見ていましょう。(参考:消費者庁HP「乳幼児の歯ブラシによる事故に注意!」 )

子どもが安全に歯みがきをするためには

自分で歯みがきするときは事故防止のため、上の写真のように喉をつかない工夫がされている子ども用の歯ブラシを持たせるのが安心です。ただし、最後の仕上げみがきは忘れずに大人がやってあげてください。

また、子どもは口に歯ブラシをくわえたまま歩きたがります。つかまえようとすると、走って逃げます。危ない時は、はっきりと目を見て注意しましょう1歳の子どもはまだはっきりと言葉をしゃべりませんが、注意されていることは理解しています

2歳の子供に歯磨きをする方法

2歳の子供の歯磨きはイヤイヤとの闘い

子供が2歳になると「イヤイヤ期」というママの頭を悩ませる時期がやってきます。この頃は何に対しても「イヤイヤ」というため、子供の歯磨きをすることも大変に感じることが多いです。

子供が2歳ころになると、自我が芽生えて自分の意見を主張するようになります。子供の心が発達し、成長するにあたって避けては通れない道です。ですが、色々なことにイヤイヤを発揮するので、子供のお世話をしているママの頭を悩ませることもたくさん出てきます。

歯磨きや仕上げ磨きのときにもこのイヤイヤが発揮され、子供が歯磨きのときに泣きわめいたり、抵抗したりすることもあります。

イヤイヤ期の子供が歯磨きや仕上げ磨きを嫌がったときは、親も根気強くそれに付き合い、子供が歯磨きをできるように対処をしましょう。そうはいっても、この頃は色々なイヤイヤに付き合ってママの心もへとへとになることもありますよね。少しでも歯磨きを楽にできる対策についてチェックしてみましょう。

イヤイヤ期の歯磨きを乗り切るに7つの対策

  • 子供の好きなぬいぐるみと一緒に歯磨きや仕上げ磨きをする
  • 子供にお気に入りの歯ブラシを選ばせてそれを使う
  • 親も子供と一緒に歯磨きをする
  • 子供向けのテレビ番組や動画を見ながら歯磨きや仕上げ磨きをする
  • 鏡を見せながら「今バイ菌さんをやっつけてるよ」と言って楽しく歯磨き・仕上げ磨きをする
  • 子供に親の歯磨きをしてもらい、親は子供の歯磨きをしてお互いに歯磨きをし合う
  • きちんと歯磨きや仕上げ磨きができたら思いっり子供を褒める

イヤイヤ期の歯磨きや仕上げ磨きはとても大変だと感じるママが多いです。ですが、きちんと歯を磨かないと、虫歯の原因になって最終的には子供が辛い思いをすることになります。

少しでも子供が嫌がらない方法を見つけて、親もストレスが溜まらないように工夫をしながら歯磨きをしましょう。

歯磨きの回数

この頃の歯磨きの回数も、基本的には1日に3回、食事のあとに行いましょう。甘いものを食べた後や甘い飲み物を飲んだ後も歯磨きをして、口の中に食べ物のカスが残らないようにしましょう。

寝る前の歯磨きを念入りに行うことも忘れずに、きちんと歯磨きをしましょう。

まとめ

子供が生後6ヶ月前後になると、乳歯と呼ばれる歯が生えてくるようになります。乳歯が生えてきたら、子供の大切な歯を虫歯にしないように、歯磨きをしてお口の中を清潔な状態に保つことが大切です。

ですが、子供の中には歯磨きを嫌がってなかなか上手に歯を磨けないこともあります。1歳前後の奥歯が生える前までは無理やり歯磨きをせず、子供が歯磨きを嫌いにならないように対処をしましょう。

奥歯が生えてきたら子供に自分で歯磨きをさせる習慣を作り、親が最後に仕上げ磨きをしてお口の清潔を保ちましょう。

2歳になるとイヤイヤ期に突入するため、歯磨きや仕上げ磨きを大変に感じることも多くなります。ですが、根気よく歯磨きや仕上げ磨きを行い、子供の歯を虫歯にしないように心がけましょう。

嫌がる子供の歯磨きは大変なことも多いですが、大切な子供の歯を守るためにも、きちんと歯磨きをする習慣をつけましょう。

 - 育児(赤ちゃん乳幼児期、幼児期まで) , ,