ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ユニクロのマタニティウェアとインナー、特徴や購入できる店舗を紹介!

      2018/12/09

妊娠してお腹が大きくなってくると、今まで着ていた服がきつくなってきます。そんなときに着用すると良いのがマタニティウェアですよね。

カジュアルでお手頃価格な洋服の販売をしているユニクロでも、2017年からマタニティウェアの販売を開始しました。ユニクロでは妊娠初期から後期まで役立つボトムスやインナーの販売をしているのですが、どんなものがあるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで、ユニクロで販売しているマタニティウェアやインナー、どこのユニクロに売っているかまで紹介します。


ユニクロのマタニティウェア

ユニクロでは、マタニティウェアとして販売しているのはボトムスのみです。よく産後も役立つ授乳口つきのトップスがマタニティウェアとして売られていますが、ユニクロにはそういったトップスは今現在の時点では販売していません。

マタニティレギンスパンツ

ユニクロで人気のレギンスパンツをマタニティ用にしたものです。レギンスといってもしっかりとした作りで、普通のパンツと変わりません伸縮性が抜群で、サイズが変わりやすい妊娠中でもストレスなく履けます。

このレギンスパンツのような素材のマタニティパンツはあまり他ではない上に、色展開が多数あるのがユニクロならではです。カーキや白、ライトグレー、デニム風まで様々な色展開があるのでおしゃれにコーディネートしたいというママにもおすすめです。

七分丈レギンスパンツ

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409523-57

参考価格:1,990円(税抜き)

こちらのレギンスパンツは七分丈になっていますので春~秋におすすめです。マタニティパンツは比較的価格が高いものが多い中、お手頃価格です。

色展開が豊富で黒・カーキ・イエロー・白・デニム調のもの等幅広いのでおしゃれなママにもぴったりです。お腹の内側でサイズ調節ができるようになっており、お腹がまだ小さいうちから使用できます。

使ってみた感想

私は妊娠5ヶ月のときに購入しました。臨月まで履けるゆったりとした設計ですが、ゴムで調節したら5ヶ月のまだお腹が小さいうちから問題なく履けました。

現在妊娠8ヶ月で履いていますが、このレギンスはマタニティジーンズと違い伸縮性が抜群で苦しくなく、きついと感じることもありません。ただ真夏にも履いていましたが、真夏には少し生地が暑く感じました。冷房の効いた部屋ならいいですが、外で履く場合は夏用の通気性が良い涼しい素材ではないので暑かったです。

10分丈レギンスパンツ

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410443-69

参考価格:2,990円

こちらのレギンスパンツは10分丈で、一年を通して履けるものです。ただ、ユニクロの特徴であるヒートテックの生地ではないので真冬には寒いと感じる地域もあるので、気温によって調節してくださいね。

ユニクロならではの特徴は、やはりサイズ直しをしてもらえるところ。価格がお手頃価格にも関わらず、自分の足の長さに直してもらえるのでどんな体型の人にも合いやすいです。

サイズ直しはマタニティ以外のものと同様、無料でしてもらえます。その日のうちに商品を受け取ることができるので、手間もかからず便利ですよ。

上の画像のデニムレギンスパンツをはじめ、カーキや黒などの色展開がある10分丈のレギンスパンツもあるので、七分丈同様妊娠中でもおしゃれがしたいという人にぴったりです。

マタニティ ウルトラストレッチジーンズ

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409058-65

参考価格:4,990円

ユニクロのレギンスパンツと並んで代表的なボトムスといえば、このウルトラストレッチジーンズです。レギンスパンツのジーンズ調のものとは違い、本物のデニムを使っているにもかかわらず伸縮性がよく楽に履けます。

それをマタニティ用にしたものですが、糸もストレッチが効く糸を使用しているので妊娠中でむくみやすくても締め付けることもなく快適に過ごせます。

もちろん裾直しも無料でしてもらえるので、ジーンズが好きで楽に過ごしたいという人にはおすすめです。

お手頃価格のウルトラストレッチジーンズも

上のものの他に、1,990円(参考価格)のマタニティ用のウルトラストレッチジーンズも発売されています。オンラインショップの画像だけでは違いがよくわからないのですが、実際に比べてみると生地に違いがあります。

1,900円のものはやや生地が薄めなので、真夏にも向いています。4,990円のものは秋の新作ということもあり、生地はやや厚めですので秋~冬にも向いているものです。なので、上で紹介したものは生地が厚いしっかりとしたジーンズといった印象です。

マタニティ EZYアンクルパンツ

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409973-04

参考価格:3,990円

このアンクルパンツは、働く妊婦さんにおすすめのパンツです。お腹の周りは柔らかいストレッチ素材ですが、それ以外は上品な生地を使っているので、仕事着にぴったりです。

マタニティレギンスと同様、ゴムのアジャスターがついているので妊娠初期からずっと使用できます。

サイズはどのサイズを購入すればいい?

パンツはどのサイズを購入すれば良いかですが、一番はお店へ行って試着するのが良いです。ただ、近くにマタニティを取り扱っているユニクロがない場合、オンラインで購入するしかないので悩みますよね。

結論から言うと、妊娠前と同じサイズを購入すれば問題ないでしょう。何故かというと、レギンスパンツやウルトラストレッチジーンズは伸縮性のある素材でできているからです。またジーンズやアンクルパンツは妊娠中でむくみやすいことを考えて、腰から足首にかけての締めつけを緩やかに設計してあることも理由の一つです。

ただし、妊娠中に食べつわりなどでとても太ってしまった、体型があきらかに変わってしまったという場合は一つ上のサイズを購入したほうがいいでしょう。

ユニクロのマタニティインナー

ユニクロではマタニティインナーも発売しています。具体的にはレギンスとショーツです。マタニティ用として発売はされていませんが、締め付けず楽だとワイヤレスブラも妊娠中のママたちに人気ですよ。

マタニティレギンス

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408829-08

参考価格:1,500円

上記のマタニティレギンスパンツと違い、こちらはインナーとしてレギンスです。マタニティレギンスは1,000円前後で購入できるものが多い中、価格的にはやや高めの印象です。

ですが、こちらのレギンスは伸縮性も抜群な上、なめらかで柔らかい素材を使っていますので履き心地はとても良いと感じる人が多いです。また、お腹の部分にゴムを使用していないので締め付けられて苦しいということもありません

ただそのようなしっかりとした素材とつくりのため、真夏に履くのには向いていません。履くのは秋~春の間がおすすめです。

マタニティショーツ

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404836-11

参考価格:790円

マタニティーショーツもレギンスと同様ゴムを使っていないつくりとなっています。ゴムではないので一見すると「本当に大きいお腹に入るの?」と思うかもしれませんが、良く伸びるので妊娠後期まで使用することがもちろんできます。

また、縫い目がお肌に当たる方向に少ないので、妊娠中でお肌が敏感になった人にもおすすめです。

ワイヤレスブラ

画像引用元:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408810-11

参考価格:1,990円

こちらのワイヤレスブラは特にマタニティ用に発売されているものではありません。しかし、ワイヤレスで縫い目がなく負担が少ないため、妊娠中から授乳期のママまでとても人気の下着なのです。

サイズもA,Bといったものではなく、S,M,Lのように大きく分けられていますし、肩紐のアジャスターで肩紐の長さを調節できるので妊娠中でバストのサイズが変わってしまってもある程度は対応できます。

使ってみた感想

このワイヤレスブラは、私は授乳期にも妊娠中の現在も使っています。妊娠中はまったく締め付けられることもなく、バストのサイズが変わっても今まで通りのサイズで問題はなかったです。ただし、バストのサイズの変化は個人差があるので、無理に小さいものを付け続けるのは避けてくださいね。

妊娠中は特に肌が敏感になり、すぐに赤くなったりかゆくなったりしましたが、このワイヤレスブラはまったくそういったことはありませんでした。縫い目がないのも肌に負担をかけないので気持ちいいです。

授乳のときはワイヤー入りのブラでは形が崩れてしまったり子供が飲みにくかったりしますが、こちらのワイヤレスブラは形が崩れる心配もないですし、ぐいっと下に引下げられたので授乳もしやすかったです。

ユニクロのマタニティウェアはどこで購入できるか

ユニクロのマタニティウェアはどこで購入できるかですが、残念ながら小さなユニクロの店舗では購入はできません。どこで購入できるかというと、

  • ユニクロ大型店舗
  • オンラインショップ

以上2つです。

大型店舗

ユニクロの店舗マタニティウェアを購入しようと思うと、今のところは大型店舗でのみの取り扱いとなっています。詳しくは、こちらのユニクロ公式サイト(https://www.uniqlo.com/jp/shop/c/maternity/)で確認できます。

ユニクロは様々なところで店舗展開をしていますので、少し足を伸ばせば行けるという人も多いのではないでしょうか。サイズや素材で失敗したくないという人は、大型店舗に足を運んでみることをおすすめします。

オンラインショップ

どうしても近くに大型店舗がないという人は、オンラインショップでもマタニティウェアを購入できます。ただ、オンラインショップにはいくつかデメリットがあります。

  • サイズや素材の確認ができない
  • 色が印象と違う場合がある
  • 送料がかかる
  • オンラインショップでは売り切れている商品が多くある(店舗では在庫がある場合もある)

実際に足を運ばなくてもよく便利なオンラインショップですが、やはり一番困るのはサイズが合わないということでしょう。妊娠中は特にサイズが変わりやすく、むくみなどでパンツが入らないということもありえますので、慎重にサイズは選んでくださいね。

送料は無料になる場合も

ユニクロのオンラインショップでは、5,000円以上の購入で送料は無料になります。ですが、それ以外にも送料が無料になる方法があることを知っていますか?

それは、

  • 近くのユニクロの店舗で受け取る(大型店舗でなくてもOK)
  • コンビニで受け取る(セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマート)

この2つの方法があります。送料のことが気になるという人は、利用してみてくださいね。

まとめ

お手頃価格で質の良い商品が多いユニクロのマタニティウェア。パンツやインナーは本当に妊婦さんのことを考えて作られているので、履き心地も抜群です。私も実際に履いてみて、「なんで2人目の妊娠中までに発売してくれなかったの!」と変に悔しくも感じました。それくらい履き心地よく、そして楽に過ごせます。

取り扱っている店舗は大型店舗のみですが、オンラインショップで商品のラインナップは見ることができますし、サイズに気をつければ購入することもできます。

そろそろマタニティウェアを購入したい、お手頃価格で探したいという人は是非ユニクロのマタニティウェアをチェックしてみてください。

 

 - マタニティウェア・ファッション ,