ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

生後4ヶ月の赤ちゃんの生活リズム!睡眠やお昼寝・授乳量や回数は?4ヶ月の赤ちゃんの一日の過ごし方

   

赤ちゃんが生後4ヶ月頃になると、それまでとは違って表情も豊かになり、ミルクを飲む量や睡眠時間にも変化が見られるようになります。体つきもしっかりしてきますので、首も座り、抱っこをする時も不安定な状態でなくなってきます。

手足を自分で動かして遊んだり、「あー」「うー」と声を出すようになり、新生児や生後3ヶ月頃までに比べて生活スタイルが整ってくる赤ちゃんもいます。

そこでママが気になるのが、4ヶ月頃の赤ちゃんの生活リズムではないでしょうか。睡眠やお昼寝の時間、赤ちゃんの一日の授乳量や授乳間隔など、赤ちゃんがどのように一日を過ごしているのかについて調べてみました。

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方や過ごし方の参考にしてみてくださいね。



4ヶ月の赤ちゃんはどんな生活リズムになってくるの?

赤ちゃんが生後4ヶ月になると、昼と夜の区別がつくようになってくる子も増えてきます。ママと同じ時間帯に寝られるようになってきますので、夜中のお世話の回数が減って少しだけ育児が楽になってくるころです。朝起きる時間や夜寝る時間を決めて、メリハリのある生活ができるように心がけましょう。

また、お風呂に入る時間やお散歩に行く時間をいつも同じくらいの時間帯にすることでも、生活のリズムを整えることができます。

段々と生活リズムが整ってきますが、この時期はまだ一日の過ごし方に個人差もあるため、4ヶ月になったからといって、全ての赤ちゃんが同じような生活リズムになるわけではありません。

4ヶ月の赤ちゃんの授乳について

生後4ヶ月頃になると、それまでよりも授乳の回数が減ってくる赤ちゃんもいます。生後4ヶ月頃の赤ちゃんの授乳について見てみましょう。

授乳の回数

生後4ヶ月の赤ちゃんの授乳回数は、1日に5~6回程度の授乳回数になります。3時間~4時間授乳の間隔が空く赤ちゃんや、中には4時間~5時間授乳間隔が空く赤ちゃんもいます。ママも実際に授乳の間隔が空いてきたと感じられるようになってきます。

夜中の授乳

赤ちゃんにもよりますが、夜中の授乳が必要なくなることもあります。ミルクをまとめて飲めるようになってきますので、寝る前にミルクを飲んだら、朝になるまで授乳をしなくてもよくなる赤ちゃんもいます。ですが、これには個人差がありますので、赤ちゃんの様子を見ながら夜中の授乳が必要な赤ちゃんには授乳してあげてくださいね。

ミルクや母乳を飲む量

1回の授乳で180ml~220ml程度の量を飲むようになります。一日の平均としては、合計で1000ml程度の量を飲みます。母乳の場合はミルクよりも消化が早く、母乳が出る量もママによって違うため、赤ちゃんが欲しがる時に飲ませるようにしてください。

遊び飲みをする赤ちゃんも

4ヶ月ごろになると、ミルクを飲むときに遊び飲みをする赤ちゃんも出てきます。赤ちゃんの授乳の時間になったのに、哺乳瓶の乳首を口から出したり、飲んでいる最中にのけぞったりするような様子が見られるようであれば、遊び飲みが始まったサインになります。赤ちゃんが遊び飲みをするようであれば、授乳を切り上げるようにしましょう。

また、遊び飲みが始まると授乳時間が長くかかり、少し授乳が大変になってきます。ですが、これも赤ちゃんの成長の一つだと考え、体重が増えているのであれば神経質になり過ぎないようにしましょう。

授乳の間隔が決まり、おっぱいやミルクの回数は1日5回くらいになります。ただし、おっぱいだけの赤ちゃんは、ミルクだけの赤ちゃんに比べて少し回数が多いようです。遊び飲みを始める子も増えますが、そんなときは「おしまいにしようね」と切り上げましょう。

引用元:たまひよ

4ヶ月の赤ちゃんのお昼寝や夜の睡眠

4ヶ月になると、授乳と同様に睡眠のリズムも整ってきます。お昼寝や夜の睡眠時間いついて見てみましょう。

夜の睡眠時間

それまでは昼と夜の区別がつかなかった赤ちゃんも、4ヶ月頃になると昼夜の感覚が整ってきます。

夜の睡眠時間も長くなってきますので、6時間~8時間ほどまとめて眠ってくれる赤ちゃんもいます。夜中に起きてミルクを欲しがる回数も徐々に減ってくる時期です。

夜の睡眠時間についても、赤ちゃんによって個人差がありますので、長く寝てくれないからといって心配しすぎず、その子の個性なのだと思って子育てをしてくださいね。

お昼寝の時間と回数

1日のお昼寝の回数は2回~3回くらいです。午前中と午後の2回、もしくは午前中、お昼頃、夕方の3回お昼寝をします。

お昼寝が3回の場合、3回目のお昼寝の時間が遅くなってしまうと、夜の睡眠時間に影響が出てしまうこともあります。遅くても15時までにはお昼寝を済ませ、それ以降はお昼寝をさせないようにしましょう。

また、あまり長い時間お昼寝をすることも、夜の睡眠時間に影響が出てしまうことになりますので、お昼寝の時間は長くても2時間までにしましょう。

一日のお昼寝の時間を全て合わせると約3~4時間なので、夜の睡眠時間とお昼寝の時間を合わせてみると約13時間前後寝ていることになります。生後3ヶ月のころの合計の睡眠時間は約15時間ですから、その頃と比べると起きている時間が長くなっていることが分かりますね。

赤ちゃんによって個人差はありますが、睡眠時間からも成長していることが見て取れます。

夜泣きが始まる赤ちゃんもいる

4ヶ月頃になると、夜泣きをする赤ちゃんもいます。赤ちゃんの夜泣きが始まってしまうと、ママも寝ることができずにストレスに感じてしまうこともあります。

赤ちゃんは、徐々に発達する中で、成人の睡眠に近づくが、その過程で、アンバランスが生じる事で、夜泣きとして表れる。

引用元:生馬医院

夜泣きの原因

  • 生活リズムが乱れている
  • お昼寝の時間が長かった
  • 15時以降にお昼寝をした
  • 不安を感じている
  • 日中に興奮する出来事があった
  • お腹がすいた
  • オムツが汚れている
  • 部屋が暑い、または寒い

赤ちゃんが夜泣きをする原因には色々なことが考えられます。日中の生活リズムやお昼寝のリズムを整え、赤ちゃんの夜泣きの原因になる事を取り除いてあげましょう。

赤ちゃんの夜泣きが毎日になると、ママも寝る時間が減って疲れやストレスが溜まってしまいます。パパや家族にも協力してもらいながら、乗り越える工夫をしましょう。

4ヶ月頃の赤ちゃんの具体的な生活リズム

赤ちゃんが4ヶ月になったら、徐々に生活リズムを整えていくようにしましょう。毎日同じ時間に起きたり、授乳やお昼寝、散歩の時間も決めて毎日を生活するようにすれば、赤ちゃんの生活リズムも整ってきます。以下で例を見てみましょう。

赤ちゃんの1日の生活の例

  • 2:00        ・・・授乳①
  • 2:30~6:00    ・・・睡眠
  • 6:00        ・・・授乳②・うんち
  • 6:30~7:30  ・・・睡眠
  • 7:30~9:00    ・・・起床・遊び
  • 9:00        ・・・お昼寝
  • 10:00            ・・・授乳③
  • 10:30~11:30・・・お散歩・おでかけ
  • 12:00~14:00・・・お昼寝
  • 14:00    ・・・授乳④
  • 14:30~16:00・・・遊び・お出かけ
  • 17:00    ・・・お風呂
  • 18:00    ・・・授乳⑤・うんち
  • 19:00    ・・・睡眠
  • 22:00    ・・・授乳⑥
  • 22:30~2:00  ・・・睡眠

上記は一例ですが、このように生活リズムが整ってくるのが4ヶ月頃です。一度にたくさんの授乳量を飲めるようになってくるため、夜中の授乳をしなくても朝まで眠れるようになる赤ちゃんもいます。

生後4ヶ月頃になったら、赤ちゃんの生活リズムを整えていくように生活できると良いですね。

まとめ

赤ちゃんが4ヶ月頃になると、朝と夜の区別ができるようになってきます。生後4ヶ月を目安に、一日の生活リズムを整えられるように過ごすことを心がけましょう。

この頃は夜中の授乳の回数が減ったり、夜中に授乳をしなくても、朝までぐっすりと眠ってくれる赤ちゃんもでてきます。一回の授乳で飲む量も増えますので、授乳間隔が空くようにもなってきます。

また、この頃は遊び飲みをするようになったり、夜泣きが始まる赤ちゃんもいてママのストレスになる事もありますが、赤ちゃんの成長の証なのだと思って上手に付き合っていけるようにしましょう。

赤ちゃんは日々成長し、大きくなっていきます。育児は大変ですが、今しか見ることのできない赤ちゃんの表情や成長の様子を見ながら、楽しく子育てができると良いですね。

 - 赤ちゃん ,