ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

義母との同居がストレス!少しでも楽に生活するために大切なこと

      2019/02/24

愛する夫の母親だとしても、同居をするとそれなりに不満やストレスが溜まってしまうものです。夫の親だということで、自分の気持ちを抑えたまま生活することもありますよね。

義母と同居をするときは、色々なことが原因になってストレスを感じてしまうことがあります。ストレスになる事の原因と対処法をしって、円満に同居ができるようにしましょう。

ここでは、義母との同居でストレスが溜まってしまう原因と、それに対する対処法についてお伝えします。いつまでも仲良く同居ができるように、是非参考にしてくださいね。


義母との同居でストレスを感じる原因

義母と同居をしていると、どうしてもストレスを感じてしまうことがあります。できれば仲良く暮らしたいと思っていても、もともとは他人同士。同居にストレスを感じてしまうこともありますよね。では、一体どんな時に同居にストレスを感じてしまうのでしょうか。

子育てに口を出してくる

義母はもうすでにあなたの夫という子供を育てています。子育ての先輩でもあるため、自分の経験や体験談で孫の子育てに口出しをしてくることがあります。

嫁の立場としては、義母の話を聞かないわけにもいかず、でも自分の思うように育児をしたいと考えることから、義母が子育てに口出しをしてくることにストレスを感じてしまうのです。

夫婦のことに口を出してくる

夫婦で一緒に決めたルールや家事の分担など、夫婦のことに口出しをされることも、同居にストレスを感じる原因になります。夫婦で決めたことにいちいち口出しをされるとイライラするものです。相手は義理の母ですから、「余計な口出しをしないで」と、ハッキリということもできませんよね。

言いたくても言えないことを心の中に溜め込んでいると、それが蓄積されてストレスに感じてしまうこともあるのです。

生活のリズムが違う

義母は休みの日でも早起きなのに自分はゆっくり寝ていたいと思う、食事の時間が違う、夜寝る時間が違うなど、生活のリズムが違うこともストレスを感じる原因になります。

一つ屋根の下に暮らしていても、仕事をしていたり子育てをしていると、全く同じ生活リズムで過ごすことは難しいです。このような生活リズムの違いも、ストレスの原因になります。

キッチンが同じ

主婦にとってキッチンは自分のお城のような場所。調理道具の収納場所や使い方、キッチンの掃除方法など、長い時間キッチンに立つことの多い主婦は自分なりのこだわりを持っていることがあります。

ですが、二人で一つのキッチンを使っていると、自分の思うようにすることができず、イライラの原因になる事も。同じキッチンを使っていると、自分の使い勝手の悪いキッチンになってストレスが溜まることもあります。

いつも顔を見なくてはならない

朝起きてから夜寝るまで、一つ屋根の下で生活をしていると、お互いが家にいる時間帯は顔を合わせることも多くなります。

いつも誰かの目があったり、一人で過ごす時間を持てないでいると、息苦しい環境で生活しているような気持ちになってしまうこともあります。

義母との同居では生活費が問題になることも

義母と同居をするときは、生活費をどのように負担するか・いくら生活費を入れてもらうかで問題が生じてしまうこともあります。

自分たちに余裕があればお金のことで問題が起きることはないでしょうが、同居を始めるときに生活費をもらわないようにしてしまうと、子供の進学などでお金が必要になった時などに困ることもあります。

生活費がどのくらいかかるのかを義母に伝え、話し合いをして生活費を入れてもらえるようにしましょう。

食費や水道光熱費の分担はどうするかなど、細かい部分まで話をしておく方が、揉め事回避することができます。お金のことで揉めてしまうと、大きな問題に発展してしまう可能性もありますので、しっかりと生活費のことを話し合うようにしましょう。

ある程度毎月の金額を平均化しやすい食費に対し、電気代は季節によって金額の変動が生じやすいもの。相手分まで支払いをしている立場から見ると使いすぎなど気になったり、不満を生んでしまう原因にもなります。

引用元:セキスイハイムの二世帯住宅

義母との同居でストレスが溜まった時の対処法

義母との同居でストレスが溜まった時はどのように対処をすれば良いのでしょうか。上手にストレスの対策を行い、義母との関係を悪化させないようにしましょう。

習い事やパートに出る

いつも一緒に家の中にいると、嫌でも義母と関わる時間が長くなってしまいます。そうすると、相手に対する不満も溜まりやすくなりますので、自分が外に出ることで一緒に過ごす時間を減らしてみましょう。

何か習い事をしたり、パートに出るなどして一緒に居る時間を減らすことで、ストレスを減らすこともできます。

もしも習い事やパートに出ることを反対されてしまったら、「料理教室に通えば、料理の腕が上がって家族においしい食事を作れるようになる」といったメリットを伝えましょう。

また、パートに出る場合は、自分のお給料が家計の足しになる・貯蓄額が増えるなど、自分が外でに出ることで家族にも良い点があることを伝えて認めてもらうようにしましょう。

話を聞き流す

子育てや家事、夫婦の問題に手出しや口出しをしてきたとき、全てを受け止めて話を聞いていると、それだけ精神的な負担も多くなってしまいます。

大切な話はしっかりと聞くうようにしても、文句や愚痴を全て受け止めるのではなく、聞き流すことでストレスを溜め込まないようにしましょう。

生活のリズムを合わせようとしない

義母は早起きで朝ごはんの時間も早いから、自分も同じ時間に起きて家のことをしなくては!と思うこともあるでしょう。

ですが、生活のリズムを無理に義母に合わせていると、その分自分にかかる負担も増えてしまうことになります。

ですから、無理に生活のリズムを合わせるのではなく、自分の生活のことも考えて、生活リズムを合わせるのが無理な時は頑張り過ぎないようにしましょう。

例えば、休みの日の朝食は別にする、それぞれの予定を優先するなど、夫から伝えてもらうようにしてください。

それに対して何かを言われたときは「お義母さんたちのプライベートや私生活も優先してほしいので」と、相手を気遣うような切り返しをしてわだかまりを残さないようにしましょう。

感謝の気持ちを持つ

同居をしていると色々なストレスが溜まってしまいますが、義母はあなたの愛する夫を生んでくれた人でもあります。

一緒に生活をすると大変な事も多いですが、「私の大切な夫のお母さんなのだ」と考え、感謝の気持ちを持つことも大切なポイントです。

義母と同居をする時のコツ

義母と同居をするとき、険悪にならずに同居をしたいと考えるのであれば、同居のコツを知っておくと良いです。以下にご紹介しますので、確認してみてください。

義母と同居をするときは

  • 適度な距離を保つ
  • 愚痴や不満を溜め込まない
  • 義母と会話をする時間を持つ(全く会話をせずにいるとコミュニケーションが取れなくなるため) 
  • お互いのプライバシーに干渉しない
  • お互いに納得できるルールを決める(光熱費は折半、子育てに口出しをしないなど)

これから長い年月の同居生活を始めるわけですから、両世帯がお互いを尊重し、生活のリズムや日常の生活習慣の違いなどを理解しあうことが大切です。

引用元:セキスイハイムの二世帯住宅

一つ屋根の下で生活をするのですから、やはり義母が目についてしまうこともあります。ですが、必要以上に気にしていると、それだけ感情も揺さぶられてイライラやストレスの原因になってしまうことに。適度な距離感で干渉し過ぎずに同居をするようにしましょう。

まとめ

義母と同居をする時、自分の子育てに口出しをされたり、夫婦のことに口をはさんでくる、生活のリズムが違うなど、色々なことが原因となってストレスを感じてしまうことがあります。

上手に発散をしながら仲良く同居ができるように、不満やストレスを溜め込まないようにしてくださいね。

同じ屋根の下で生活をしていると、どうしても顔を合わせる機会が多くなってしまいます。お互いに納得ができるようなルールを決めて、仲良く同居ができるようにしましょう。

お金のことで不満が溜まってしまうと、後で大きな問題に発展することもありますので、生活費などのお金の話は細部までしっかりと話し合うようにしましょう。

 - 夫との結婚生活 ,