ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

基礎体温は二度寝前と二度寝後のどちらが正しい?二度寝をしたときの基礎体温と正しい測り方

      2018/11/10

妊活や生理周期を把握するために、毎日基礎体温を計測している人もいますよね。基礎体温は女性の身体の状態を知ることができる、体調の管理に役立つデータです。

基礎体温を記録しているのに夜中にトイレに起きてしまったり、何らかの理由で起きなければならないこともあるでしょう。そのように二度寝をした時は、基礎体温の測り方について悩むこともありますよね。

二度寝をしたときの基礎体温はどのように考えれば良いのでしょうか。二度寝前の基礎体温と二度寝後の基礎体温では、一体どちらが正しいのでしょう。

そこで今回は、二度寝をしたときの基礎体温で正確な数値はいつなのかと、正しい測り方についてお伝えします。



基礎体温について知ろう

基礎体温とは、人間が一番安静な状態の時の体温のことをいいます。人間が一番安静な状態にあるのは睡眠中ですが、眠っている状態で体温を測るのは難しいですよね。このため、目が覚めた直後で動かず安静にしている状態の時に測る体温のことを基礎体温といいます。

基礎体温を測って記録をすることで、自分の生理周期や排卵の時期について知ることができます。

継続的に測定・記録すると、月経周期のパターン、排卵の有無、妊娠しやすい時期などカラダと心のリズムがわかり、いまの状態を知るバロメーターになります。

引用元: 丘の上のお医者さん

女の人は、約1ヶ月の生理周期の中で、排卵と生理を繰り返しています。基礎体温は、排卵と生理の時期に合わせて高温期と低温期の二つの時期に分かれており、低温期から高温期に変わる時に排卵が起こり、高温期が終わったころに生理がくる仕組みになっています。この周期を知るときに役立つのが基礎体温なのです。

二度寝前と二度寝後の基礎体温はどちらが正確?

基礎体温は朝目が覚めてすぐ、まだ体を動かす前に測ることになります。体を動かす前に測る理由は正確な基礎体温を測るためで、動いてしまうと体温が上がってしまうことから、目が覚めた直後、体を動かさないようにして測るものです。

そうは言っても、トイレなどに起きて二度寝をしてしまうこともありますよね。その場合は二度寝前の基礎体温が正確だとされています。基礎体温というのは、あくまでも目が覚めてすぐに測った体温ですから、二度寝前に測った体温を基準とします。

ですが、二度寝をする時間の長さによってはこの通りではありません。以下で見てみましょう。

二度寝をする時間が長かった場合は?

二度寝をする時間の長さによっては、二度寝後に測った基礎体温を正しいとしても問題はありません。

二度寝をした時間が4時間以上であれば、十分な睡眠がとれていると判断することができますので、4時間以上二度寝をした場合は二度寝後に測った基礎体温が正確な基礎体温ということになります。

二度寝の時間が4時間未満の場合

二度寝をした時間の長さが4時間よりも短い場合は、二度寝前に測った基礎体温が正しい基礎体温になります。二度寝をする前に基礎体温を測ることを忘れてしまうと、その日は基礎体温を計測できないことになりますので、忘れないように注意しましょう。

正しい基礎体温の測り方

基礎体温を測る時の正しい測り方を確認してみましょう。

基礎体温を測るときの正しい手順

  1. 4時間以上睡眠をする
  2. 目が覚めたとき、体を動かす前に布団の中に寝たまま体温を測る
  3. 婦人体温計の先の銀色の感温部を舌の裏側の付け根に差し込む
  4. 感温部を舌の裏に差し込むときは痛みを感じない程度に強く押し当てる
  5. 口を閉じて鼻呼吸で息をし、体を動かさずに基礎体温を測る
  6. 測り終わったら基礎体温表などに基礎体温を記入する

基礎体温を測るときは、口の中で体温を測ります。舌の根元に婦人体温計を入れて、目が覚めてすぐ、体を動かす前に計測しましょう。痛くない程度に舌の付け根に押し当てて測るようにしてくださいね。このような方法で測ると、体温があまり変動しないため正確な体温を測ることができます。

また、必ず婦人体温計を使用して測るようにしましょう。基礎体温は、高温期と低温気の差が0.3~0.7と、とても細かいです。

婦人体温計は小数点以下2桁まで計測することができますので、この細かな体温の変化まで計測することができます。

二度寝をしたときは、基礎体温表に体温を記入するのと一緒に、そのことも記録しておくと良いです。いつもの生活と違う出来事があったときは、そのことを基礎体温表に記入しておきましょう。

体調が悪かった日や夜更かしをした日、性交があった日など、いつもとは違うことがあった場合は、その内容を基礎体温表に記載しておくのがおすすめ。 どんなことが体温に影響するかがわかりやすくなります。

引用元:omron

二度寝をした後の基礎体温の高さについて

夜中にトイレに行ったり、予定よりも早く目が覚めて二度寝をした場合の基礎体温は、一度目に目覚めたときよりも二度目に目覚めた時の方が高くなる傾向にあります。

これは、人間の体温が目覚めたと同時に上がるからで、二度寝をしてから測った体温が安静にしている時の体温まで下がりきれていないことがあるからです。

正しく基礎体温を記録したいときは、毎日同じような生活リズムで、同じ時間帯に基礎体温を測ることが大切になります。

まとめ

二度寝をしたときの基礎体温は、二度寝をする前に測った基礎体温が正しい数値になります。

基礎体温は人間が安静にした状態の体温のことを言い、寝ている状態の体温が正しい基礎体温になります。ですが、睡眠中に測ることができないため、目覚めてすぐ・体を動かす前に、布団の中に寝たままの状態で計測を行います。

最低でも4時間以上の睡眠が必要になりますので、それ以下の睡眠時間の場合は基礎体温を測ることができなくなってしまいます。

また、基礎体温を測るときは、できるだけ毎日同じ時間に測るようにしましょう。

 - 妊活 ,