ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

入浴剤は赤ちゃんに使っても大丈夫?乾燥対策にいいの?いつから使えるの?気になることをまとめてご紹介!

   

赤ちゃんがベビーバスを卒業して、大人と同じ浴槽に入るようになると、入浴剤を使うかどうか迷うお母さんは多いのではないでしょうか。でも、赤ちゃんに大人と同じ入浴剤を使っていいのか、いつから使えるかなど、気になることが多いですよね。

今回は、赤ちゃんと入浴剤について、気になることを徹底解説します。



赤ちゃんの肌の保湿に入浴剤がおすすめな理由を解説!

赤ちゃんのお風呂に入浴剤って使っていいの?大人用の入浴剤も使えるの?

ドラッグストアやスーパーに行くと、様々なメーカーから様々な入浴剤が販売されています。中には赤ちゃんから使える入浴剤もあります。パッケージをよく見ると、「赤ちゃんも安心して使用できます」「赤ちゃんから使えます」といった表記があるものがあります。

そのような表記があるものでしたら、大人と同じ入浴剤を使っても問題ありません。特に乾燥が気になる場合は、入浴剤を使用することで赤ちゃんの肌の保湿に役立てることが期待できます。

赤ちゃんに入浴剤を使用する場合は、パッケージの注意書きを必ず確認し、赤ちゃんでも使えるという表記があるものを選ぶようにしましょう。おすすめの入浴剤については、後ほどご紹介します。

赤ちゃんの肌の保湿に入浴剤がおすすめの理由は?

では、赤ちゃんの肌の保湿に入浴剤がおすすめな理由を詳しく説明します。そもそも、赤ちゃんの肌はどのような状態なのでしょうか。

赤ちゃんの肌ってどんな状態なの?

  • 大人よりも皮膚が薄い
  • 乾燥しやすい
  • 汗をかきやすい

赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く、ちょっとした刺激や乾燥が湿疹等の肌トラブルに繋がりやすくなっています。また、生後二、三か月ごろまでは赤ちゃんの肌は皮脂でおおわれていますが、生後二、三か月を過ぎると皮脂が徐々に減少していき、乾燥しやすくなります。

また、赤ちゃんの汗腺の数は大人とほぼ同じです。大人より汗をかきやすく、汗が刺激になり肌トラブルになることもあります。

(参考)KAO 赤ちゃんの肌とスキンケア

お風呂に入浴剤を入れるメリットは?

お風呂のお湯に使われる水道水には、殺菌のためにわずかながら塩素が含まれています。塩素に肌が触れることで、必要以上に肌表面の脂質が奪われてしまい、肌の乾燥に繋がってしまいます

先ほど述べた通り、赤ちゃんは皮膚が薄く乾燥しやすいという特徴がありますので、大人以上に塩素の影響を受けやすいです。保湿効果のある入浴剤を使えば、お風呂に入りながら肌の保湿をすることができますし、塩素から肌を保護する効果も期待できます。

特に乾燥しがちな秋から冬にかけては、入浴剤の使用をおすすめします。

敏感肌やアトピーの赤ちゃんにも入浴剤は使えるの?

敏感肌やアトピーの赤ちゃんのお風呂に入浴剤はOK?

保湿をすることで肌を保護できますので、保湿効果のある入浴剤は、敏感肌やアトピーのある赤ちゃんにも効果があるでしょう。しかし、赤ちゃんの体質は人それぞれです。入浴剤によって合う・合わないがあります。

「赤ちゃんも入浴可能」といった記載がある入浴剤でも、赤ちゃんによっては合わない可能性があります。入浴後に湿疹が出たり、赤ちゃんが全身を痒がったり、アトピーが悪化するようなことがあれば、入浴剤の使用を中止のうえ、皮膚科に相談するようにしましょう。

皮膚科を受診する際は、念のため使用した入浴剤のパッケージの画像か実物を持っていくと安心ですよ。

赤ちゃんの入浴剤はいつから使えるの?

赤ちゃんの入浴剤はいつから使用可能?

では、赤ちゃんの入浴剤はいつから使うことができるのでしょうか?入浴剤のパッケージには、「赤ちゃんから使用可能」等という表記はありますが、具体的な月齢が記載してあるものはほとんどありません

このことから、ベビーバスを用いた沐浴を卒業して、大人と一緒にお風呂に入るようになった段階で入浴剤を使用しても問題ないといえます。

ただし、先ほど赤ちゃんの肌の特徴をご紹介しましたが、生後二、三か月ごろまでは赤ちゃんの体の表面が皮脂でおおわれていますので、肌が乾燥する心配はありません。生後二、三か月を過ぎて、肌の乾燥が気になり始めたころに、入浴剤を使用しはじめることをおすすめします。

では、次に赤ちゃんでも使えるおすすめの入浴剤をご紹介します。

赤ちゃんでも使えるおすすめの入浴剤は?

赤ちゃんにもおすすめの入浴剤 その1 バブ

筆者も妊娠前からバブを使用しており、今でも娘との入浴の際にバブを愛用しています。

メーカーのホームページにも、赤ちゃんとの入浴について問題ない旨が記載されています。赤ちゃんとの入浴の際には、錠剤が溶けきってから入浴すること、一回に一錠の使用にとどめることが注意点として記載されています。

バブの特徴

  • 定番の香り、うるおいプラス、アソートタイプ等、9つのシリーズを展開、目的に応じた商品選択が可能
  • 炭酸力が温浴効果を高め、短時間の入浴でも芯まで温めてくれる
  • 香りのバリエーションが豊富
  • どの製品も赤ちゃんとの入浴が可能

バブの口コミまとめ

良い評価
  • 特に冬場の寒い時は子どもの体もぽかぽか温まるように感じた
  • 香りのバリエーションが多く、色もカラフルで、子どもと楽しめる
  • 保湿成分配合のシリーズもあり、乾燥が気になる時期に重宝している
悪い評価
  • 香りが人工的で強い。赤ちゃんには刺激が強すぎるように感じた
  • 成分を見たら着色料や化学成分が使われていて、赤ちゃんに本当に害がないのか心配

赤ちゃんにもおすすめの入浴剤 その2 天然湯の花

湯の花とは、温泉の成分の一部が沈殿したものです。それを抽出して入浴剤にしたものが「天然湯の花」です。天然の温泉成分100%ですので、赤ちゃんも安心して入浴することができます。

天然湯の花の特徴

  • 奥飛騨温泉の天然湯の花を100%使用
  • 乳白色のミネラル豊富なにごり湯
  • 長期保存しても品質が変わらないため長期保管が可能
  • 化学成分無配合のため赤ちゃんも安心して入浴可能

天然湯の花の口コミまとめ

良い評価
  • 100%天然成分なので赤ちゃんにも安心して使える
  • 入浴後肌がつるつるになり、肌がうるおった感じがする
  • 硫黄が入っていないので、独特のにおいがなくて子どもも嫌がらずに入ってくれた
悪い評価
  • 体を温める効果は感じにくかった
  • 子どもと温泉気分を味わうことを期待したけれど、ただ白く濁ったお湯につかっただけのように感じた

肌の保湿は入浴剤だけで十分なの?

肌の保湿は入浴剤だけで大丈夫なの?

空気が乾燥する秋から冬にかけては、特に赤ちゃんの肌の乾燥が気になる時期です。この時期は、入浴剤での肌の保湿だけでは不十分なことがあります。入浴後の肌が柔らかいうちに保湿剤を塗り、肌の乾燥を予防するようにしましょう。

また、赤ちゃんによって肌のタイプや皮脂の量は様々です。冬場に保湿をしなくても大丈夫な赤ちゃんもいますし、夏場でもしっかり保湿をしてあげないと湿疹が出てくる赤ちゃんもいます。

肌が乾燥しがちな赤ちゃんは、季節に関わらず、入浴後に保湿剤を塗ってあげることをおすすめします。普段の赤ちゃんの肌の様子をしっかりと確認をして、入浴後のケアをどうするか判断するようにしましょう。

まとめ

生後二、三か月過ぎごろから、乾燥を防ぐ目的で、赤ちゃんとお風呂に入る際に入浴剤を使うことをおすすめします。入浴剤を選ぶ際は、赤ちゃんでも使えるかどうか、パッケージの注意事項を確認するようにしましょう。

入浴剤を使っても乾燥が気になる場合は保湿剤の使用も検討しましょう。

 - 赤ちゃん , ,