ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

帝王切開 2人目はいつからOK?2人目の分娩方法はどうなる?リスクや不妊の心配はあるの?

   

帝王切開で出産された経験のある方はもちろん、これからはじめての帝王切開による出産を控えた方も、2人目以降のお子さんを無事に妊娠・出産できるのかと心配になりますよね?

「2人目の子供を妊娠するタイミングはいつごろがいいのか」「リスクや不妊などの心配はないのか」「出産方法は2人目も帝王切開になるのか」など気になる点はたくさんあるのではないでしょうか。

今回ここでは、一度帝王切開で出産した人の2人目以降のお子さんの妊娠・出産について、適切なタイミングや分娩方法、その他の気になる点をご紹介いたします。



帝王切開ってなに?

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに帝王切開で出産された方、これからはじめての帝王切開で出産予定の方もいらっしゃいますが、そもそも帝王切開とはどんな出産方法なのでしょうか。

どんなときに帝王切開をするの?

帝王切開には、前もって計画的におこなう「予定帝王切開」と、陣痛や分娩途中で切り替える「緊急帝王切開」があります。

予定帝王切開とは

妊娠中の定期健診などで、経腟分娩(自然分娩)では出産が難しいと判断された場合におこなわれる手術です。あらかじめ手術の日を決めておこなう分娩方法で、予定帝王切開となる主な理由は次の通りです。

  • 逆子などで経腟分娩(自然分娩)ではリスクが高いと判断された場合
  • 多胎妊娠(双子や三つ子など複数の胎児を妊娠している状態)で経腟分娩(自然分娩)ではリスクが高いと判断された場合
  • 前置胎盤で胎盤の一部や全体が子宮口を塞いでしまっている場合
  • 児頭骨盤不均衡(赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤よりも大きいときや骨盤の形に問題がある状態)の場合
  • 子宮筋腫が子宮口を塞いでしまっている場合
  • 妊娠高血圧症候群で重度の場合

※いずれの場合も軽度であったり、状況によっては経腟分娩(自然分娩)が可能なケースもありますが、赤ちゃんとお母さんの体を最優先に医師が判断します。

緊急帝王切開とは

分娩直前や分娩中に何らかのトラブルがあり、経腟分娩(自然分娩)が難しいと判断された場合に緊急でおこなわれる手術で、緊急帝王切開となる主な理由は次の通りです。

  • 臍の緒が首に巻きついたり、臍の緒が膣内にはみでる臍帯脱出を起こして、赤ちゃんが低酸素状態になるなど、胎児機能不全に陥り命に危険が及ぶ可能性がある場合
  • 前置血管(臍帯血管)が破裂し出血を起こしてしまった場合
  • 陣痛が来る前に卵膜が破れて羊水が流れ出してしまう前期破水を起こしてしまった場合
  • 分娩がはじまった後も陣痛がなかなか強くならなずに長時間分娩が進まない状態で、陣痛促進剤などの医療処置の効果がなく、赤ちゃんやお母さんに影響がでると判断された場合
  • 赤ちゃんが生まれる前に胎盤が剥がれてしまう常位胎盤早期剝離を起こしてしまった場合
  • 過去に帝王切開や子宮の手術を受けているなどで、分娩中に子宮が裂けてしまう子宮破裂を起こした場合
  • なんらかの理由でお母さんが心肺停止に陥った場合

どんな手術をするの?

予定帝王切開の場合は前日から入院し、手術に備えての準備をします。血液検査や心電図検査、胎児の状態を確認し手術できる状態か判断します。手術当日には麻酔を使用しますので、規定時間以降は絶食します。

当日は産婦人科医・麻酔科医・看護師・助産師・小児科医(新生児科医)などが立ち会います。多くの場合下半身麻酔になりますので、排尿が自動でおこなわれるよう排尿カテーテルを挿入します。心電図や場合によっては点滴を準備し、麻酔をかけ手術がはじまります。

お腹と子宮を10~15cmほど切開し赤ちゃんを取り出します。切開方法には「縦」「横」があり、お母さんの希望や赤ちゃんとお母さんのおなかの状態、緊急性の有無などから医師が判断します。

切開してから赤ちゃんが取り出されるまでは10分程ですが、帝王切開が2回目以降の場合には前回の縫合跡の状態により、少し長引くこともあります。

胎盤を取り出し子宮内をきれいにしたのち、縫合します。縫合には医師の判断により、医療用ステープラー(医療用のホッチキスのようなもの)や体に吸収されてなくなる糸、抜糸が必要な糸などが使用されます。

とくに問題がなければ、麻酔をかけはじめてから手術終了までは約1時間程度です。

 

手術時間は30~60分です。執刀から5~10分程度で赤ちゃんが誕生します。

お腹の傷は手術用の縫合糸やステープラー、接着剤などを使って閉じます。

引用元:ニチバン「帝王切開の基礎知識」http://atofine.jp/dl/nichiban_teioh.pdf

 

心電図や血圧計などの器械をセット、導尿などの処置を受けます。

帝王切開で使用される麻酔の多くは下半身の痛みだけを取る腰椎麻酔です。意識がはっきりしているので赤ちゃんの産声を聞くことができます。

参考元:佐藤クリニックhttp://www.sato-clinic.com/press_past/vol_19.html

2人目の妊娠はいつからOK?

 

 

 

 

 

 

 

 

帝王切開による出産は、上に記載したようにお母さんのお腹と子宮を切開し縫合します。このことにより、出産直後は子宮内の傷跡や子宮壁が薄くなっているなど、子宮破裂を起こすリスクが高まっています

次の妊娠・出産をより安全に進めるためには、耐えられるようになるまで子宮が回復するのを待つ必要があります自然治癒にかかる時間は大体1年だといわれています。このことから多くの医師が「帝王切開後の妊娠は1年以上の間隔をあけるように」と推奨しています。

かといって「1年あけたから必ず安全」なわけでもありませんし、「半年後に妊娠してしまったから絶対ダメ」というわけでもありません。お母さんの子宮と体の回復や、妊娠・出産は個人差があります

お母さんや子供の年齢、家族計画などで2人目の妊娠を早く希望される方もいらっしゃいますが、家族や医師とよく相談した上で、計画的に次の妊娠を考えましょう



2人目の分娩方法はどうなるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

では無事に次の赤ちゃんを妊娠し、順調に妊娠が進んだ場合に分娩方法はどうなるのでしょうか?

2人目も帝王切開になるの?

一般的に多くの医師が、一度帝王切開をおこなった場合は子宮破裂などのリスクを考慮し、次の出産も帝王切開での分娩を勧めます。しかし帝王切開での出産経験者は、必ずしも次も帝王切開でなければならないというわけではありません

経腟分娩(自然分娩)での出産が可能な場合もあります。ただしいくつかの条件を満たしている必要がありますので、次回の出産で経腟分娩(自然分娩)を希望される方は医師に相談してみましょう。

前回の出産が帝王切開になった経緯や術後の経過、現在の妊娠の状態から医師が判断します。

VBAC(ブイバック)、TOLAC(トーラック)とは?

先に少し触れましたが、帝王切開で出産した経験のある方の経腟分娩(自然分娩)をVBAC(=Vaginal birth after cesarean delivery)といい、VBACに挑戦することをTOLAC(=Trial of labor after cesarean delivery)といいます。

他に経腟分娩(自然分娩)のリスクがないことや前回おこなった帝王切開の術後の経過が良好であること、現在の妊娠で胎児が児童骨盤不均衡でないことなど、いくつかの条件を満たしている必要があります。

また、万が一のときには緊急で対応できる設備が整った病院などで、医師が可能と判断した場合はTOLACが可能なケースもあります。

2人目は不妊になりやすいって本当?

 

 

 

 

 

 

 

 

帝王切開で出産後に不妊になりやすいという話を耳にしますが、本当なのでしょうか? これは近年注目されているケースで、多くはありませんが実際に散見されている症状でもあります。

帝王切開術後瘢痕症候群

前回の帝王切開手術時の子宮内の傷が完全に治っておらず、その傷からの出血が子宮内に溜まり妊娠の妨げとなっています。出血は微量な為、多くの場合体外に鮮血として出ることがなく気付かれずにいるケースがあります。

以下のような症状がある場合には一度、医師に相談・診察されることをおすすめいたします。

  • 帝王切開後、生理痛がひどくなった
  • 月経が終わったあとにも黒っぽい色のおりものが続く
  • 帝王切開後、数年たっても妊娠しない


しっかりと家族計画をたてる

 

 

 

 

 

 

 

 

帝王切開後の次の妊娠は、お母さんの体の状態や育児の負担を考え慎重にタイミングを計ることが大切です。自分や子供の年齢、理想の家族構成など、急ぐ気持ちもあるかと思いますが、出産後のライフスタイルをしっかり見据えて夫婦や家族で十分に話し合いましょう

帝王切開に限らず、出産でのお母さんの体へのダメージは思っている以上に大きいものです。直接目には見えませんが、子宮にも想像以上の負担がかかっています。無理をして後悔をしないよう、早めに妊娠したときのリスクも考慮しながらしっかりとした計画を立てることが重要です。

まとめ

今回ここでは、帝王切開で出産した経験のある人の2人目以降のお子さんの妊娠・出産についてご紹介いたしました。2人目は経腟分娩(自然分娩)にチャレンジしてみたいと思う人は多くいらっしゃいますが、帝王切開は立派な出産方法です!

経腟分娩(自然分娩)にこだわることもありません。各家庭や個人それぞれに事情や考えがありますが、理想の幸せな家族をつくり守っていくために、是非参考にしていただければ幸いです。

 - 出産 ,