ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんに向き癖が!頭の形の直し方は?首や耳への影響は?ドーナツ枕やヘルメット治療の効果って?

      2018/08/11

眠ることが仕事の赤ちゃん。特に新生児の頃の赤ちゃんは、おっぱいやおしっこ、うんちのとき以外はほとんど1日を眠って過ごしています。かわいい寝顔を見て微笑ましく思う一方で、赤ちゃんの「向き癖」が気になっていませんか?

ずっと仰向けで眠っている赤ちゃんは実はとても少なく、大抵「右側ばっかり向いている」「左側を向いたまま動かない」と、左右どちらか一方ばかりを向いていることが多いのです。そして、自分で頭を動かして向きを変えるのは赤ちゃんにとっては寝返りできないうちは無理なことなのです。

そのまま放っておくと、どちらか一方しか向かない「向き癖」がついてしまいます。赤ちゃんの頭は柔らかいので、向き癖がつくと下の方になっている頭が変形してしまうこともあります。

向き癖がついてしまった場合、「頭」「首」「耳」にはどのような影響があるのでしょうか?また、ドーナツ枕やヘルメット治療などを利用して頭の形を元に戻せるのかについてもご紹介します。



赤ちゃんの向き癖で変わってしまった頭の形は直る?

向き癖は生まれてから生後3ヶ月までの間に特に気をつけてあげる必要があります。生後3ヶ月頃になると首が据わり、自分で頭を動かせるようになってきます。ですが、首が据わっていない頃は頭を自分で動かせません。一旦左右どちらか一方を向いてしまうと、ずっとその向きのまま動かず、頭の形が変形してしまうことがあります。

向き癖による頭の変形を防ぐ方法・変形してしまった頭の形を丸くする方法については、次のようなものがあります。

1.頭の向きをこまめに変えてあげる

前述したように首据わり前の赤ちゃんは自分で頭を動かせません。なので、ママがこまめに頭の向きを変えてあげるようにしましょう。私の長男(現在4歳)も、右側ばかり向いていましたので、気がついたら左側に頭の向きを変えました。

長男の場合、おっぱいやおむつ替えのときに泣くまでそのまま左側を向かせていました。大体2~3時間くらい、最初の向きとは逆の方向で寝かせていました。首が据わって自分で頭を動かすようになった生後4,5ヶ月頃からは、左右どちらの方向でも眠っていたので、私が向きを変えてあげることはなくなりました。

結果、生後2,3ヶ月の頃は右側の頭が少しへこみ気味でしたが、今ではそのへこみはなくなっています。

頭の向きの変え方

  1. 赤ちゃんの頭を今向いている方と逆向きに向かせる
  2. 背中から頭にかけて、授乳クッションやバスタオルを縦長に丸めた物を当てる

授乳クッションやバスタオルを頭だけに当てても、ごろんと勢いで転がりまた元の方向に戻ってしまうことがあります。背中にもかかるように当ててあげましょう。

それでもも元の方向にまた向いてしまうことがあります。鼻に授乳クッションやバスタオルが当たってしまうと窒息してしまう恐れもあるので、必ず様子を見てあげて下さい。

音や光を利用して向きを変える方法

  • 赤ちゃんは、窓からの光・部屋の明かりなど明るい方向を向く場合があるので、向き癖がついていない方向が明るくなるようにする
  • 音が鳴っている方向に向くこともあるので、音の出るおもちゃ・音楽などを向き癖がついていない方向から鳴らす

2.抱っこをたくさんする

布団に寝かせると左右どちらか一方を向いてしまうのならば、布団に置かずに抱っこの時間を増やしてみて下さい。布団に寝かせることで下側になっている頭が圧迫してへこんでしまうことが多いからです。ただし、長時間抱っこするとママの腕が腱鞘炎になってしまうこともあります。注意しましょう。

3.嫌がる場合は自然に任せる

中には向きを変えられたり抱っこされたりするのを嫌がって泣く赤ちゃんもいます。こういった場合は無理に向きを変えたり抱っこを続けたりせずに、そっとしておきましょう。赤ちゃんにも向きたい方向があるのです。

前述したように、生後3ヶ月頃になると首が据わって自分で頭を動かせるようになってきます。今までとは反対の向きで眠ることも増えてきます。また、生後5,6ヶ月を過ぎると、寝返りをしたり腹ばいになったりして、寝ている時間が少なくなります。そうすると向き癖も徐々に落ち着いて頭の変形を防ぐことができます。

赤ちゃんの向き癖による首への影響は?

同じ方向ばかり向いて寝てしまう向き癖がついてしまうと、首へはどのような影響があるのでしょうか?ずっと同じ姿勢を取っているため、首や背中が緊張状態になってしまうことがあります。大人で言う「凝っている」という状態です。

緊張をほぐしてあげるために、マッサージをしてあげましょう。マッサージと言っても大人に対してやるようにもみほぐすのではなく、ママの手を背中や首に優しく置いて背中や首を温めてあげ、ゆっくりと優しくなでてあげるだけでいいのです。

首にしこりがあると向き癖がつく?

向き癖の原因には、稀に首にしこりがある「筋性斜頸」という病気のせいであることがあります。顔を左右どちらか一方に向けたまま首をかしげたような形になってしまうのです。筋性斜頸とは、首を曲げたり回転させたりする筋肉の左右どちらかが収縮してしこりができる病気です。しこりができている方へは首を曲げたり顔を向けたりすることができにくく、反対側ばかり向いて首をかしげている状態になります。

 

後頭部と鎖骨・胸骨を繋ぐ胸鎖乳突筋という筋肉の拘縮で生じる斜頸です。
典型的な形は、患側と反対側に顔を向け、同側に頚が傾く形です。

引用元:日本整形外科学会「斜頸」

 

筋性斜頚は、片側の首の胸鎖乳突筋という筋肉が固く縮んで首が傾いている状態です。1000人に2~3人の割合で発生し、骨盤位分娩に多く、男女差はありません。

引用元:国立研究開発法人 国立成育医療研究センター「整形外科」

しこりは生後1ヶ月以内に最も大きくなりますが、その後は徐々に小さくなっていきます。1歳半までには自然にしこりは消え、ほぼ治っていることが多いです。赤ちゃんの向き癖とは反対方向に首を曲げてあげると、筋肉が引っ張られて斜頸が治ってきます。

心配な場合は1ヶ月健診や生後2ヶ月以降の予防接種の際にでも小児科に相談してみましょう。

大半は、自然に治ります。ご両親が手伝って赤ちゃんの向きにくい方に首を曲げてあげることで少しずつよくしてあげることも可能です。例えば、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせ部屋の中の様子を自分で見させるようにします。興味のある物があれば自然に曲がりにくい方にも首を曲げさせるようにします。こうるすことで、伸びにくい方の首の筋肉が自然に引っ張られ、自然な斜頚の治療となります。

引用元:MICHIGAN MEDECINE 「先天性筋性斜頸」

 

耳の形も変わってしまうの?

向き癖によってどちらか一方だけを向いていると、下側になっている耳が頭の重みでつぶれて変形してしまうこともあります。「左右違う形になってしまうのではないか?」とママも心配になってしまいますよね。

ですが、これも頭の形のところで述べたように向く方向をこまめに変えてあげることで防ぐことができます。また、首が据わって頭を自由に動かせるようになったり、寝返り・腹ばい姿勢を取る機会が増えてねんねの時期が過ぎたりすると、徐々に変形は目立たなくなっていきます。

ドーナツ枕で頭の形は直せる?

画像出典元:http://baby-living.com/seigo0/134/

赤ちゃんの枕としてよく店舗で見かけるのが「ドーナツ枕」というものです。丸い形で中心がへこんでいてドーナツに似ている枕です。この枕を使えば向き癖を改善できるのでしょうか?

答えは「どちらとも言えない」です。真ん中がへこんでいるので、左右どちらかを向くと言うよりは仰向けの姿勢を取りやすいです。そのため向き癖がつきにくい赤ちゃんもいます。ですが、ずっと仰向けではなくやはり左右どちらかを向くこともあるので、その際に口や鼻に枕が当たって窒息の危険もあります。

向き癖を枕で直したいと考えるのなら、ドーナツ枕ではなく「向きぐせ防止クッション」がおすすめです。

向きぐせ防止クッション

トコちゃんベルトで有名なメーカー「青葉」が作った赤ちゃんのためのクッションです。

特徴

  • 背中からお尻にかけてあて、細長い方をお尻の下に敷く
  • お尻の下に細長い方を敷くことでずれにくい
  • さらにずれ防止のためシリコン樹脂の滑り止めがついている
  • 頭だけではなく全身を支え、赤ちゃんの体への負担が少ない

良い口コミ

  • ずれにくい
  • 中身がストローのため、使い続けるうちにへこむことなく丈夫
  • 頭の形が良くなっていくのがわかる

悪い口コミ

  • よく動く赤ちゃんはずれてしまうことがある
  • 赤ちゃんが嫌がって泣く場合がある

頭の形を直すヘルメットってどんなもの?

画像出典元:http://haziiku.com/823.html

向き癖がひどくて頭の形が悪くなってしまったために、「頭の形を直したい」と願うママも多いです。頭の形を矯正する治療の1つに「ヘルメット治療」というものがあります。医師の診察を受けての治療になります。診察を受けたら、ヘルメットを作ってもらい、一定期間かぶり続けて頭の形を直していくというものです。

ヘルメット治療はどこで受けられる?

ヘルメット治療を行っている病院は全国でも数少ないです。ヘルメット治療を受けられる病院は、「AHS Japan」というサイトで確認できます。また、この他に「東京女子医大」でもヘルメット治療が受けられます。

治療開始~終了までの期間は?

ヘルメット治療ができる期間というのは決まっていて、生後3ヶ月~1歳半までです。生後4ヶ月~7ヶ月の間に始めることが望ましいとされています。成長するにつれ頭の形は決まっていってしまうので、早めに始めることが重要になります。また、早めに始めることで治療も短期間で終わることが多いです。

赤ちゃんによって個人差はありますが、治療期間は4ヶ月~5ヶ月程度です。

治療内容は?

病院によって治療の流れ・内容は異なりますが、大体以下のような流れで進んでいきます。

ヘルメット治療の流れ

  1. 初診:問診、レントゲン撮影
  2. 頭部スキャン:スキャンして頭の形を確認、ヘルメットオーダー
  3. ヘルメット受け取り:その場でかぶって調整
  4. 2,3週ごとに来院:ヘルメットを調整

お風呂のとき以外は寝るときも含めてかぶっていることを推奨されます。

治療にかかる費用は?

診察代・レントゲン代は健康保険適用になります。大体6000~7000円程度かかります。ヘルメット治療をしている病院は多くは大病院です。大病院に紹介状なしで受診すると、5000~1万円ほど余計に料金がかかる場合があります。かかりつけの小児科などに紹介状を書いてもらうようにお願いした方がいいでしょう。

ヘルメット代は健康保険がきかず、自費になります。AHS Japanのヘルメットは36万円(税抜き)です。この中にはヘルメットの調整にかかる費用が含まれています。成長するに従ってヘルメットが合わなくなってくると追加購入する必要があります。

ただしその頃には頭の形は改善していることが多いので、ヘルメットが合わなくなってくると治療終了となる赤ちゃんが多いです。

まとめ

まとめると、向き癖で頭の形が変わってしまった場合は

  • こまめに頭の向きを変える(授乳クッション、バスタオル、向きぐせ防止クッションなど)
  • たくさん抱っこをする
  • 成長に任せる
  • ヘルメット治療をする

などという方法があります。向き癖がついてしまったことで、首が緊張状態になっていることがあるので、マッサージをしてあげましょう。稀に首のしこりのできる「筋性斜頸」で向き癖がついていることもあります。

 - 赤ちゃん , ,