ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

年賀状に子供の写真はいつまで?受け取る側はどう感じているの?どんな配慮が必要なの?

      2018/07/20

子供のいるご家庭では、年賀状に子供の写真を載せようと考えている方も多いのではないでしょうか。子供が何歳になるまで写真入り年賀状にするか悩みますよね。

また、最近子供の写真入りの年賀状についていろんな意見が出ているので、どのような配慮がいるのかも知りたいですよね。今回は子供の写真入り年賀状について、気になることを解説します。



年賀状に子供の写真を載せるのはいつまでがいいの?

年賀状に子供の写真を載せるのはいつまで?

年賀状は旧年中のお礼と新年のお祝いをする大切な日本の風習です。普段連絡は取りあっていなくても、毎年年賀状のやり取りをしている友人や知人もいるのではないでしょうか。

年賀状のデザインを考えるのは楽しくもありますが、どうするか悩ましくもありますよね。特に毎年子供の写真を年賀状に使っていた方は、「そろそろ子供も大きくなってきたけれど、いつまで子供の写真を年賀状に使おうかしら?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

年賀状に子供の写真をいつまで載せるのか、最終的には各家庭の判断に任せられますが、一般的に、子供の写真を年賀状に使わなくなっタイミングとしては以下があげられます。

年賀状に子供の写真を使わなくなったタイミング

  • 子供が小学校高学年~中学生になった時期
  • 子供が年賀状に自分の写真を使われるのを嫌がり始めた時期
子供が小学校高学年~中学生になった時期

個人差はありますが、一般的に、小学校高学年~中学生は子供が思春期に突入する時期です。思春期は心も体も成長して不安定になる時期。反抗期もはじまります

写真を撮られることも嫌がるようになり、この頃から子供の写真を使うのはやめようと考えるご家庭は多いようです。

子供が年賀状に自分の写真を使われるのを嫌がり始めた時期

また、上の時期よりも早く、例えば小学校低学年~中学年ごろから、年賀状に自分の写真を載せられることを恥ずかしがり始めたり、嫌がり始める子供もいます。

子供の意思を尊重して、子供が嫌がり始めたタイミングで、年賀状に子供の写真の掲載をやめるご家庭もあります。筆者のママ友の娘さんは、小学校2年生の時に年賀状で自分の写真が使われているのを見て泣いて嫌がったそうです。

年賀状に子供の写真を使う場合は、子供が思春期に入っていなくても、年賀状を作成する段階で子供に見せて嫌がらないか確認するようにするとよいでしょう。

子供の写真入り年賀状、受け取り手はどう感じているの?

年賀状に子供の写真をもらった側はどう感じているの?

自分で撮った風景や干支にちなんだ動物、家族写真等、写真入りの年賀状には様々なパターンがあります。最近、結婚報告や出産報告と同様、子供の写真を年賀状に載せることに様々な意見が出ています。

年賀状に子供の写真を載せることについて、筆者がママ友や同僚と話していて耳にした、良い意見と悪い意見をご紹介します。

良い意見

  • 特に子供が0歳~2歳のうちは小さくてとても可愛い。年賀状でそれくらいの赤ちゃんを見ると癒される
  • 赤ちゃんの時にしか会ったことのない友人の子供の近況を知れて嬉しい。もう小学生になっていて「大きくなったなあ」と親心で見守っている
  • 子供が何歳になるまで写真を載せるかは考えものだけど、出産報告を兼ねて子供の写真を年賀状に載せるのは近況報告にもなるしいいと思う

悪い意見

  • 自分自身が婚活中で、正直子供の写真を見ると羨ましさや焦りを感じる。少し配慮してほしいと思う
  • 出産報告ならまだ分かるけれど、毎年子供の写真だけだと「親ばか?」と思ってしまう
  • 年賀状でしかやり取りをしない友人も多いのに、子供の写真だけだと友人の近況が全く分からない子供よりも親の近況を知りたい

年賀状に子供の写真を載せる際に気を付けるべきことは?

年賀状に子供の写真を使う場合は何に気を付ければいいの?

では、年賀状に子供の写真を載せる際には、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

子供だけの写真ではなく家族写真にしよう

子供の写真をあまりよく思わない方の意見に、「子供が元気に成長しているかよりも、友人であるその親の近況を知りたい」といった意見をよく耳にします。

特に普段連絡を取らず、年賀状でのみやり取りをするような友人にとって、年賀状は相手の近況を知る貴重な機会です。年賀状には是非、子供だけでなく、家族全員の写真を載せることをおすすめします。

趣向を凝らした写真を選ぼう

子供の写真や家族写真を載せる場合、少し趣向を凝らしてみるのもおすすめです。毎年同じ場所で同じ構図で写真を撮り年賀状にするというのはどうでしょうか?時間の経過による変化をみることができてもらった側も楽しいですよ。

また、家族で扮装写真を撮るのもおすすめです。筆者の友人夫婦は、毎年扮装写真館で王様とお姫様の格好で撮った写真を年賀状にしていました。子供が生まれてからは、その子もドレスを着て扮装写真に加わるようになりました。毎年その友人から年賀状をもらうのが楽しみになっています。

手書きのメッセージを添えよう

最近、年賀状の裏面だけでなく、表の宛名も全て印刷で済ませる方が増えています。確かにお手軽でいいですが、中には暖かみを感じない、事務的、と捉える方もいます。

特に子供だけの写真を載せていて何のメッセージもないと、「ただの子供自慢か?」と不愉快に感じてしまう方もいるかもしれません。せっかくの年賀状ですので、そのようなことを避けるためにも、手書きのメッセージを書くことをおすすめします。

具体的には以下に触れるとよいでしょう。

  • 自分の近況
  • 相手の近況や健康を気遣う言葉

送る相手に配慮しよう

また、年賀状の送り先によっては、子供の写真も、家族写真も不快に思う方がいるかもしれません。そのような方には写真付きの年賀状は控えた方が無難です。具体的にどのような方に送るべきでないかは、後程詳しくご紹介します。

年賀状に子供の写真を載せないほうがいい相手とは?

年賀状に子供の写真を載せないほうがいい相手がいるの?

先程子供の写真や家族写真を不快に感じる方がいるとご紹介しましたが、写真付きの年賀状を避けるべきなのはどのような方なのでしょうか。送り相手が友人の場合、以下のような状況の友人には送らないほうがよいでしょう。

子供の写真付き年賀状を送るべきでない友人は?

  • 最近失恋した
  • 長く婚活している
  • 不妊治療をしている
  • 流産・死産を経験した
  • 離婚した

上記のような情報を耳にした場合は写真付きの年賀状を送らないように配慮した方がよいでしょう。しかし、上にあげた内容は、親しい間柄でないとなかなか知りえない情報も多いです。

知らずに送ることも十分にあり得ます。そのような場合も、年賀状の写真はあくまで近況報告の一貫と捉え、あまり気に病まないようにしましょう。

このような場合も、手書きで相手の近況や健康を思いやるメッセージが添えられていたら、受け取り手の印象も和らぎますよ。先ほどご紹介したように、年賀状でしかやり取りのない方こそ、手書きのメッセージを添えるようにしましょう。

また、例えば仲の良いグループのうち、なかなか子供を授からないAさん以外には写真入りの年賀状を等と配慮するのは控えたほうが良いでしょう。共通の友人がいる場合、集まった際に年賀状の話題になるかもしれません

その際に子供の写真を使ったり使っていなかったりすると、気まずい雰囲気になる可能性があります。上に記載したような友人がいる場合、共通の友人にも子供の写真入り年賀状を控えたほうが無難でしょう。

仕事関係の方に年賀状を送る際は?

また、仕事関係で年賀状を送る場合は、相手との関係性によっては写真付き年賀状は控えたほうが無難です。普段なかなか接点のない上司や、取引先等に年賀状を送る場合は、子供の写真付きの年賀状はフランクな印象を与えます。

一方で、仲の良い同僚や普段子供の話をするような間柄の方には、子供の写真付きの年賀状を渡すと喜ばれるケースもあります。子供の写真付き年賀状を送るかどうかは、相手との関係性から判断するようにしましょう。

年賀状に子供の写真を載せて喜ばれるケースもあるの?

年賀状に子供の写真を載せて喜ばれるのは誰?

子供の写真付きの年賀状について、好ましく思わない方もいる一方で、受け取って嬉しいと感じる方もいます。普段なかなか会うことのできない親戚は、年賀状で子供の成長を知ることができて喜ばれるのではないでしょうか。

特に子供のおじいちゃん、おばあちゃんは可愛い孫の姿を年賀状で見るのを楽しみにしていますよ。

おわりに

子供の写真を年賀状に載せるご家庭は多いです。一般的に、子供が思春期に入った時期か、それ以前に子供が嫌がったタイミングで、子供の写真付き年賀状をやめています

子供の写真付き年賀状は受け取り手によっては不愉快に感じることがあるので、子供だけでなく家族写真にする、手書きのメッセージを添える、相手によっては写真付きでない年賀状にする等の配慮をするようにしましょう。

 - 生活, 行事 ,