ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ビジネスで作成する年賀状の書き方が知りたい。書いてはダメな言葉はあるの?

      2018/06/13

毎年年末が近くなると、年賀状を送る人が減っているとテレビで話しているのを聞きませんか?年末の忙しい時期に手間のかかる年賀状は面倒だという人も多いかもしれません。

確かに、必ず出さなければならないということではありません。でも、コミュニケーションツールの一つですし、年賀状をもらって嫌な気持ちにはなりませんよね。

「あ、今年も送ってくれた」と嬉しい気持ちになることが多いのではないでしょうか。年末の忙しい時にひと手間かけて作成した年賀状を嬉しいと思う人も多いのです。送ろうかどうしようかと迷っているのであれば、送ってみましょう。

ただ、友人に出す年賀状と違い、ビジネスの年賀状は「きちっとした印象を持たせないといけないのかな」と、ちょっと考えてしまいますよね。普段何気なく使っている言葉でも、もしかしたら失礼にあたる場合があるのではないかと気になります。ここでは、年賀状の書き方と、例文をご紹介します。


年賀状を作成する前に、住所録のチェックは忘れずに

年始のあいさつ回りで新年のあいさつをしたり、メールで連絡をするという方もいらっしゃるかもしれません。でもやはりビジネス年賀状には取引先やお得意様との関係を円滑に保つ役割があります。

ただ、折角送っても、会社名や担当者名を間違っては逆効果です。会社名が変更になっていないか確認しましょう。また、部署や肩書きは変更になっていることも多いです。最近交換した名刺や、メールのやりとりをした際にある署名を確認しておきましょう。

取引先の会社の方が亡くなっていたら喪中なの?

相手が法人の場合は、基本的には喪中という考え方はありません。亡くなった人宛に出すことはいけませんが、別の担当者や会社宛に出すことは基本的には問題ありません。例え役員が亡くなった場合でも、会社全体で喪に服されることはないのです

でも、先方から喪中はがきが届いている場合は出すことは控えましょう。代表者が亡くなったり、その会社が家族経営で、その家族の誰かが亡くなった場合は、喪中とする場合も多くあります。

宛名や字体にも気を配りましょう

年賀状を書くときは、宛名面の書き方や字体にも気を配りましょう。宛名をラベルシールで作成している年賀状を見ることがあります。全部同じ文面に流れ作業のようにシールを貼る姿が思い浮かんでしまいます。折角手間をかけて作成している年賀状なのですから、是非字体にも気を配ってください。

年賀状は縦書きで書くもの?横書きで書くもの?

日本語の正式な書き方は縦書きですので、目上の方やビジネスでの文書は縦書きを使用しましょう。ただし、文書作成面が横書きの年賀状を使用するのでしたら、宛名面も横書きにしましょう。横向きの写真が印刷されたはがきの場合は、文面も横書きで大丈夫です。その場合は宛名面も横書きにします。

敬称や宛先は間違えないように気を付けましょう

年賀状を書く前に、部署や会社名が変更になっていないか、担当者が変わっていないかを確認します。毎年同じ住所録を使用しているから、担当者が退職して何年もたつのに、ずっと訂正されずに送ってくる人がいます。これではせっかくのコミュニケーションツールが、失礼なものになってしまいます。

また、会社宛の場合は“御中”を使い、会社名の後に個人名を書くなら会社名に“御中”はつけません。よく「会社名には必ず御中をつける」と思い込んでいる人をみかけます。また、株式会社や有限会社を略して書くことも失礼です。役職を書く場合は名前の上に少し小さめの字で書きましょう。

OK NG
会社名の書き方  株式会社あいうえお 御中  ㈱あいうえお 御中
御中の使い方  株式会社あいうえお

代表取締役 田中 一郎 様

 株式会社あいうえお 御中

代表取締役 田中 一郎 様

自分の住所や名前は宛名面に必要?

年賀状の文書面に、自分の住所や名前を書いて印刷することがありますよね。その場合は、宛名面に自分の住所や名前を書く必要はありません。住所を書いたら郵便番号も忘れずに記入しましょう。

印刷する場合のフォントは?

パソコンで作成して印刷する場合、フォントは何がいいかなと迷って何度か変換してみる方も多いと思います。変換してみるとわかりますが、書体によって文章の印象が変わりますよね。個人の好みもありますが、ビジネスにおいてはポップなフォントは避けてください。

年賀状の雰囲気を作ってくれるのは筆記体ですが、筆記体がない場合は、明朝体かゴシックを使用しましょう。明朝体やゴシックはシンプルな書体ですので、ビジネス文書には広く使用されています。

ビジネス年賀状の文面例

ビジネスで作成する年賀状の基本的な構成は、賀詞・挨拶文・添え書き・後付です。賀詞にはルールがあり、ビジネスで使用する場合は、1~2文字の賀詞は使用しません。また、文章を作成する際に、読みやすさも考慮して句読点を使用しますが、年賀状には句読点は書きません。「区切りをつけない」という意味で、年賀状には句読点をつけないのが一般的なのです。

賀詞(がし)は4文字で、2つ以上は使わない

寿や賀正や迎春といった1~2文字の賀詞は、目上の人から目下の人宛てに使われる賀詞なのでビジネス文書には不向きです。謹賀新年などの4文字や、文章の賀詞を使いましょう。また、「謹賀新年」と書いた後、あいさつ文に「あけましておめでとうございます」と書くなど、2つ以上の賀詞は使うことができません

4文字の賀詞

  • 謹賀新年(きんがしんねん)…謹んで新年を祝うという意
  • 恭賀新年(きょうがしんねん)…うやうやしく(恭しい)新年を祝うという意
  • 敬寿瑞春(けいじゅずいしゅん)…めでたい春をうやうやしく祝うという意
  • 恭寿新春(きょうじゅしんしゅん)…美しい春をよろこぶ
  • 春風献上(しゅんぷうけんじょう)…春風を届けるという意
  • 新春来福(しんしゅんらいふく)…新しい春に福が来るという意
  • 瑞光祥春(ずいこうしょうしゅん)…めでたい光が訪れる春という意

文章の賀詞例

  • 謹んで新春のお慶びを申し上げます
  • 謹んで新春のご挨拶を申し上げます
  • 新年のお慶びを申し上げます
  • 謹んで新春のお祝いを申し上げます
  • 新春を寿ぎ謹んでご祝詞を申し上げます
  • 謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

あいさつ文

あいさつ文とは、「旧年中はたいへんお世話になりました」「本年も変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます」など、賀詞に続いて一言添える文章です。

あいさつ文例

  • 本年も御指導のほどよろしくお願い申し上げます
  • 貴社の御発展と皆様の御多幸をお祈り申し上げます
  • 旧年中はひとかたならぬご厚誼をいただき 誠にありがたく厚く御礼申し上げます/本年も何とぞよろしくお願い申し上げます
  • 旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申しあげます/本年も倍旧のご愛顧のほどお願い申し上げます
  • 旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます/今後とも一層のご指導ご愛顧のほどお願い申し上げます
  • 旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます/本年も変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます

添え書きには、今後に続く相手への一言を

添え書きには、お店からお客様への年賀状なら「またのご来店をお待ちしております」や「年始は○日から営業しております ご来店をお待ちしております」などを書きましょう。

もし会社の商品を使っていただいている場合なら、「先日はご購入ありがとうございました お使いの製品はいかがでしょうか またご感想をお聞かせください」など感謝と今後につながる言葉を書きましょう。

文章を作成する際、読みやすくするために句読点をつけますが、年賀状を書く際には句読点はつけないのが一般的です。文が長くなる場合は、句読点ではなく、少し空白あけると良いでしょう。

添え書き文例

  • 新年は○日○時より営業を開始いたします お客様のご来店をお待ちしております
  • 本年もみなさまにご満足いただけるサービスを心がけて参ります よろしくお願い致します
  • 昨年は弊社の商品をご購入いただき誠にありがとうございました ご不明な点等ございましたら遠慮なくご連絡いただきますようお願い申し上げます
  • 近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください 社員一同 心よりお待ちしております
  • 今年も変わらぬお力添えのほど 何卒よろしくお願いいたします
  • 本年もご指導の程よろしくお願いいたします 皆様に益々ご繁栄がありますよう 心よりお祈り申し上げます

後付けとは

あいさつや添え書きの後に“元旦”や差出人などの記載がありますよね。それが後付けです。時々“平成三十年一月一日 元旦”と書いてある年賀状を目にしますが、一月一日と元旦は同じことですので重複言葉です。気を付けましょう。

後付け例

平成三十年元旦
〒000-0000 東京都○○区○○○ 〇―〇―〇
株式会社 あいうえお
電話(〇〇)〇〇〇〇―〇〇〇〇(代表)

取引先への年賀状も元旦に届くように出すの?

元旦は休みの会社がほとんどだと思いますので、相手が企業の場合は絶対に元旦までに届くようにとこだわることはありませんが、先方の仕事始めには届いているように出しましょう。仕事始めからずれて届くと悪い印象で目立ってしまいます。

ただし、相手が個人の場合は早めに準備をし、元旦に届くように出しましょう。元旦は自宅でのんびり年賀状を見る人も多いと思いますので、元旦に届くことで目に留まりやすく、じっくり読んでくれる可能性も高いのです。

会社の上司への年賀状は必要か

これは、会社によって習慣が大きく違うと思います。昔は会社の部署で住所録を作成して配布していた会社もありましたが、今は個人情報のこともあり、配布している会社は少ないのではないでしょうか。

調べたり聞いたりすればわかりますが、先輩に相談してみると良いでしょう。会社内で年賀状を送りあうのが習慣になっている場合は、自分だけ出さずに気まずい思いをすることになるかもしれません。

また、仕事によっては会社のデータベースを見れば社員の住所がわかる人もいると思いますが、教えてもいないのに住所を調べられるのは気持ち悪いと感じる人もいます。先輩に相談して、住所をどうやって知れば良いのかも確認しましょう。

上司や先輩宛の年賀状の一言コメント

上司や先輩宛の年賀状は丁寧な言葉で送るのがマナーです。ただ、相手との関係によっては、完璧なビジネス文書を使用することで失礼な印象を受ける人もいるかもしれません。丁寧なあいさつ分の後には、日ごろの感謝や、新年からの抱負などを書くことで、気持ちのこもった年賀状になります。

普段お世話になっている相手だからこそ、気持ちを表す新年のあいさつを心がけてみましょう。

上司に写真入りの年賀状を送っても良い?

家族ぐるみでお付き合いしていたり、結婚や出産のお祝いをいただいた上司や先輩であれば、子どもの写真入り年賀状は喜ばれる場合があります。ですが、一般的には子どもの写真入り年賀状は親しい友人や親族のみにするほうが無難です。相手との関係性を考えて決めましょう。

子どもの写真ではなく、景色や縁起物の写真は年賀状にもふさわしいので、上司や先輩だけでなく取引先などに送っても失礼にはあたりません

内定先の会社に年賀状は

企業から内定者宛に年賀状を出す場合もありますので、どうしよう?と迷っている場合は出しましょう。私も人事部で働いていましたが、内定者から年賀状が届いたら嬉しい気持ちになります。宛名は、よく連絡をとっている担当者がいるのでしたら担当者宛でも良いですし、人事部御中でも担当者の手元に届きますよ。

まとめ

取引先や得意先、上司や先輩などの人間関係は、社会人にとってとても大切です。その大切な人間関係を良好に保つためには、大げさな心配りよりも、日ごろの感謝の気持ちやちょっとした心遣いです。年賀状はその心遣いを表すとても便利なビジネスツールです。

ただし、せっかく送った年賀状に間違いがあったり、適当さが見えてしまうと逆効果にもなってしまいます。年末の忙しい時期ですが、是非少し丁寧に作成してみましょう。

 - 暮らし, 未分類 , ,