ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

おむつのパンツタイプはいつから使えばいいの?テープタイプから切り替える目安や先輩ママの体験談を紹介

   

テープタイプのおむつを使っているとき、パンツタイプのおむつへはいつ切り替えればいいの?と疑問に思ったことはありませんか?”パンツタイプのおむつが気になるけど、まだテープタイプのおむつも手元に沢山残っている”、”そろそろおむつを新しく買いたいけどテープではなくパンツタイプを試しに買うべき?”と悩んでいるママも多いかと思います。

今回はテープタイプからパンツタイプへの切り替えるタイミングについてまとめましたどのくらいの月齢で、何をきっかけとしてパンツタイプに切り替えたのか、先輩ママの体験談と合わせて紹介します。ぜひ参考になさってください。



パンツタイプに切り替える月齢の目安とは?

おむつのテープタイプからパンツタイプへ切り替える時期は何ヶ月位が多いのでしょうか。大王製紙が運営するエリエールの公式コミュニティサイト「グーン マム コミュニティ」では、「パンツタイプのおむつにいつから変え始めたか」についてアンケートを実施したところ、以下のような結果が出ています。

画像引用元:https://www.junkonishikawa.com/wp-content/uploads/2018/05/graph_150916_1.jpg

結果は「7、8か月頃~」が最も多く、次いで「9、10ヶ月頃~」「6ヶ月頃~」となっています。つまり6ヶ月~12ヶ月の間にテープタイプからパンツタイプに切り替えている方が76%と、一歳までに多くの方がパンツタイプを使い始めています

またメリーズで有名な花王の調査によると「生後5ヶ月以下」でパンツタイプに切り替えているは、2010年には1.2%だったのが2016年では10.9%まで増加していると結果がでています。6年間で10倍近くの多くの人がパンツタイプに切り替えるタイミングが早くなってきているのが分かります。

こんなサインが出たらパンツタイプがおすすめ!

パンツタイプに切り替える時期に”このとき!!”というのは決まっていません。「ママがおむつ替えを大変と感じるようになったとき」がパンツタイプに切り替える大きな目安となります。赤ちゃんは大きくなるにつれて活発に動き回るようになり、おむつ替えがスムーズにできなくなります。

ではどのようなときに”大変”と感じるようになるのでしょうか?テープタイプからパンツタイプのオムツに切り替えるきっかけとなる子供の成長について紹介します。

1.ハイハイができるようになった

ハイハイができるようになると赤ちゃんは仰向けでじっと寝てくれません。テープタイプのおむつを履かせようと思っても”テープがずれてしまう”など、テープタイプのおむつ替えが大変だと感じるようになったら、パンツタイプに切り替えてみましょう

2.たっちができるようになった

ハイハイの時期に比べて、たっちができるようになると赤ちゃんの動きは更に活発になり、じっとしてくれることが更に難しくなります。だからこそ、おむつ替えをするときはスピードとの勝負!パンツタイプならテープタイプに比べてさっさと履かせることができるのでおすすめです。

3.ねんねの時期だけど、おむつ替えの時にじっとしてくれない

ねんねの時期でもパンツタイプのおむつがおすすめの場合があります。足をバタバタと動く元気な赤ちゃんには、テープタイプのおむつ替えは大変ですよね。そんなときはパンツタイプに切り替えてみましょう。パンツタイプのおむつは小さいサイズだとSサイズ(目安体重4~9kg)からありますので、ねんねの時期の小さい赤ちゃんでもパンツタイプに切り替えることができます。



先輩ママの体験談

先輩ママの体験談を参考に、私もあるある!と思ったらパンツタイプに切り替えるタイミングと言えるでしょう。ぜひ参考になさってください。

1.からだにフィットする

パンツタイプはお腹周りのギャザーがしっかり伸びるのに、からだを締め付けずにフィットする構造が特徴です。活発に動き回るけどズレない!モレない!なら安心ですよね

  • まだ4.7kg だからパンツは早いかも?と思ったけど、履かせてみたら腰も太もも部分もギャザーがフィットしてサイズがちょうど良かった!おしっこやうんちもモレる心配もありません!
  • テープタイプではモレるのが心配でテープを少しきつめに締めていたらお股の両脇に跡がついてしまうことも。パンツタイプに切り替えてからは、ゆとりがあるのにモレないから安心です!

2.はかせやすいから、おむつ替えが楽チン

寝た状態だけでなく、立ったままでも楽におむつ替えができるのがパンツタイプの魅力です。楽におむつ替えができるのはもちろん、おしっこ・うんちモレの心配がなくなるのも嬉しいポイントです。

  • バタバタあんよが始まって、パンツタイプにしようかとずっと悩んでいました試しにパンツタイプを買ってみたら、はかせやすくてびっくり!あっという間におむつ変えができるようになりました。
  • テープタイプだとずれて何度も貼りなおすのが手間でした。パンツタイプになってからはおむつ替えにかかる時間が短くなり感激しました!主人もおむつ替えが楽になったと積極的に手伝ってくれるようになりました。
  • テープタイプでは、赤ちゃんのお腹が苦しくないか?おしっこはもれないか?不安だらけでしたが、パンツタイプではそんな悩みがなくなりストレスフリーです!

テープとパンツタイプの特徴の違いとは?

おむつにはテープタイプとパンツタイプの二種類があります。この二種類にはどんな特徴や違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴を理解することで、今の暮らしや子供の成長過程に適したおむつを選ぶヒントになります。

1.テープタイプ

画像出典元:https://junkonishikawa.com/?attachment_id=47239

赤ちゃんが仰向けに寝転んだ状態でおむつ替えをします。おむつをお尻の下に敷き、ウエストにテープを留めて固定します。足をあまり動かさずにおむつ替えができるので、まだ首や腰がすわっていない”ねんねの時期”におすすめです

テープタイプの特徴

  • 寝込んだ状態が多い”ねんねの時期”におすすめ
  • おむつの形状と赤ちゃんの体格が合っていないとモレやすい
  • ズボンを下ろすことなくおむつ替えができる

2.パンツタイプ

画像出典元:https://junkonishikawa.com/?attachment_id=47240

仰向けに寝転んだ状態だけでなく、立ったままでもおむつ替えをすることができます。あかちゃんの姿勢に捉われずおむつ替えができるので元気に動き回るようになる”ハイハイやたっちの時期”におすすめです。また、うんちをした場合はサイドの接続部分を破ると簡単におむつ替えができるのもパンツタイプの特徴です。

パンツタイプの特徴

  • 動き回る、じっとしない時など”ハイハイやたっちの時期”におすすめ
  • ウエストギャザーがお腹周りに優しくフィットし、苦しくない
  • 赤ちゃんが動き回ってもずれにくい
  • テープタイプになると割高である

3.適応体重・価格の違いを見てみよう

同じMサイズのおむつでもテープとパンツタイプでは目安体重が一緒なのか?一袋に入っている枚数が異なるのか?と疑問に思っているママも多いのではないでしょうか?ここではいないいないばあっ!のキャラクターである「ワンワンとうーたん」のかわいいイラストで、前述の商品「人気のエリエールが販売する”グ〜ン”」を例に紹介します。

テープ・パンツのサイズの違い

生まれてすぐの赤ちゃん用3Sサイズ 新生児用サイズ Sサイズ Mサイズ Lサイズ BIGサイズ BIGより大きいサイズ
テープタイプ ○(1800g〜3500gまで) ○(~5kg) ○(4~8kg) ○(6~11kg) ○(9~14kg) ○(12~20kg)
パンツタイプ ○(6〜12kg) ○(9〜14kg) ○(12~20kg) ○(13~25kg)

表をみると、同じサイズの目安体重は同じということが分かります。体重だけでなく、赤ちゃんの体型・成長過程に合わせてママが使いやすいと感じた方を使ってみましょう。

テープ・パンツのMサイズの違い

一袋の枚数(お買い得パック) 価格 一枚の単価 イラスト種類
テープタイプ 82枚 1,545円 19円 14種類
パンツタイプ 76枚 1,545円 20円 10種類

パンツタイプの方がテープタイプに比べて一枚あたりのおむつの価格が割高になっていますテープタイプで不便がない場合は無理にパンツタイプに切り替える問題はありません。使いやすさ・経済面から自分にあったタイプを選びましょう

テープ・パンツタイプと併用しながら上手にパンツタイプに切り替えよう!

”パンツタイプが気になるけど、セールでまとめ買いしたテープタイプがまだたくさん残っている!”なんてことがあります。そこでおすすめなのがテープ・パンツの二種類のおむつを併用してスムーズにパンツタイプに切り替える方法です。

併用するときは状況に合わせて使うとよいでしょう例えば動き回る昼間はパンツ、夜寝るときはテープなど使い分ければストレスなくおむつ替えをすることができます。また単価の低いテープを併用すれば、コストを抑えることができ経済面においてもおすすめです。

  • 元気に動き回る昼間はパンツ、夜寝ているときはテープと使い分ける
  • 外出先では立ったまま楽におむつ替えができるパンツ、家ではテープと使い分ける


まとめ

パンツタイプのおむつへ切り替えるタイミングに「この時期」という決まりはありません。おむつ替えはママと赤ちゃんの大切なスキンシップの一つです。

テープタイプのおむつ替えに「イライラ」「モヤモヤ」としたストレスや不安を感じるようなら、パンツタイプのおむつに切り替えてみましょう。

おむつ替えが楽しい親子の時間となるよう子供の成長とママの気持ちの余裕に合わせて、自分たちのタイミングで切り替えてみてくださいね。

 - 赤ちゃん , ,