ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ハウスダストアレルギーの対策はどうすればいい?掃除の手順や他の予防策は?寝室が一番危ないって本当?おすすめの空気清浄機はどれ?

      2018/06/01

風邪を引いているわけでもなく花粉症になってしまったわけでもないのに「咳や鼻水が止まらない」という状態になっている人。病院でアレルギー検査をしてもらったら、「ハウスダストのアレルギー」と診断される人が増えています。

ハウスダストとは、「ペットの毛」「繊維のくず」「カビ」「花粉」「ダニの糞や死骸」などです。

ハウスダストのアレルギーを持っていると、季節を問わずに咳やくしゃみ、鼻水が引き起こされるおそれがあります。1年中症状が治まらないのはとてもつらいですよね。放っておくと症状が悪化し、夜も眠れないほどになってしまいます。

ハウスダストアレルギーの症状を静める1番の方法は「掃除の徹底」です。掃除の仕方を詳しくご紹介します。掃除の他にできる予防方法も併せて説明します。

また、空気をきれいにすることで症状が緩和されることがあります。空気清浄機を上手に取り入れてみましょう。おすすめの空気清浄機についても調べてみましたので、参考にしてみて下さい。



アレルギーの原因・ハウスダストをなくすのに有効な掃除方法は?

ハウスダストを除去するには掃除をしっかりと行うことが重要になります。掃除をするときには以下の点に気をつけましょう。

掃除は朝一番に行う

掃除は朝起きたらすぐに始めましょう。「掃除のために早起きするのは大変だ」と感じる人が多いですが、朝一番に掃除することでハウスダストの大部分を取り除くことができます。

朝に掃除した方がいいのはなぜ?

  • 日中・夜などは人が家の中で活動しているため、人が動く度に風が起き、ハウスダストが空気中に舞ってしまう
  • 夜の眠っている間は人がおらず風が起きないので、その間に空気中のハウスダストが床に落ちる
  • 朝一番、誰も他に起きている人がいない時間に掃除をすることでハウスダストを除去しやすい

上から下に行う

掃除は「高い所→低い所」の順に行います。床などの低い所から掃除すると、せっかく下に落ちていたハウスダストがまた空気中に舞ってしまいます。

また、最後に高い所を掃除すると、その高い場所から低い場所へハウスダストが舞ってしまいます。床を先にきれいにしてしまうと、最後にまた床掃除をやり直すことになり、二度手間です。

掃除機の前に拭き掃除をする

多くの人は、まずは掃除機をかけた後に拭き掃除をすることでしょう。ですが掃除機の前に、ざっとで構いませんのでまずは拭き掃除をしましょう。床などに落ちたハウスダストを拭き取ります。

先に掃除機をかけてしまうと、掃除機の排気口からの風でハウスダストを空気中にまき散らしてしまいます。

掃除の順番

  1. 電球の笠、家具の上、床などを濡らしたぞうきんやウェットシートでざっと拭き掃除(床はフローリングワイパーなどを使うと、簡単に拭ける)
  2. 掃除機
  3. ぞうきんがけ(1のときより丁寧に行う)水拭き。から拭きも行うと良いが、時間がないときは省略してもよい。水拭きのときにぞうきんをしっかりと固く絞ること

ハウスダストで喘息になる?

喘息持ちの人はハウスダストを吸うことで喘息が悪化する恐れがあります。ハウスダストには特に注意しましょう。では喘息になったことがない人がハウスダストアレルギーになると、喘息にもなってしまうのでしょうか?

答えは「喘息になってしまうことはあり得る」です。私の場合もそうでした。

私の場合

  • 元々花粉症だが喘息になったことはない
  • 花粉症の時期に咳が出始め、花粉症が終わっても咳が止まらない、ひどくなる一方
  • 病院(呼吸器科)を受診し、採血によるアレルギー検査を受けて花粉症の他にハウスダストのアレルギーが見つかる
  • 咳の原因はハウスダストアレルギーによる咳喘息だと診断される

咳がひどかったので私は呼吸器科を受診しましたが、内科やアレルギー科でもハウスダストアレルギーの診察・治療は受けられます。健康保険が適用されます。アレルギーの採血代は、診察代と併せて保険がきいて3000円~5000円程度です

「アレルギーの検査ができるか」「事前に予約は必要か」など、病院によって異なりますので事前に電話して確認しましょう。

ハウスダストアレルギーは季節を問わず、通年のアレルギーです。喘息になる前に早めに診察を受けましょう。なお、ハウスダストアレルギーになると、咳の他に「目が充血したりかゆくなる」「鼻水が止まらない」「鼻づまり」「湿疹やかゆみ」などの症状も出ます。

掃除の他にハウスダストによる鼻炎・咳を予防する方法5つ!

ハウスダストによる鼻炎や咳などの症状を予防する方法は他にもあります。以下のことを実践して予防しましょう。

1.布製品を撤去する

ハウスダストに含まれるダニは、布製品に多く住み着いています。ダニの巣にならないように、できるだけ布製品を使うのはやめましょう。ダニの巣になりやすい布製品には例えば以下のものがあります。

ダニが住み着きやすい場所

  • ソファ→置きたい場合は革張りのものに変える。カバーはかけない
  • クッション、ラグ→できるだけ使わない。使う場合は週に1度は天日干ししてから掃除機で吸う
  • ぬいぐるみ→できるだけ飾らない。子供が使いたがる場合は、週に1度は天日干しにし、掃除機や布団クリーナーで吸う
  • カーテン→シャッターに代える。または月一度は洗濯する

天日干しはダニを死滅させるのに有効です。50度以上でダニは死んでしまいます。天気が良い日に天日干しをすると50度以上になります。ただし、「天日干ししたら終わり」ではなく、必ずその後に掃除機や布団クリーナーで死骸を吸い取りましょう。

ダニの死骸が布製品に残ると、ハウスダストアレルギーの症状が出る恐れがあるからです。

おすすめの布団クリーナーについては、後ほどご紹介しますので参考になさって下さいね。

2.換気を行う

換気をすることで空気中のハウスダストを外に追い出すことができます。1日1回、5分間で構いませんので、家中の換気を行いましょう。ただし、花粉症の人は換気をすると花粉が室内に入ってしまい、症状が悪化することがありますので避けましょう。

換気のタイミング

  • 掃除のとき
  • 最初の拭き掃除のときに換気をしてしまうと、せっかく下に落ちたハウスダストがまた空気中に舞い上がってしまう可能性がある
  • 掃除機をかけるタイミングで換気をする
  • 掃除機が終わったら窓を閉める

3.湿気を取る

ダニは湿度の高い場所を好んで増えていきます。ダニの温床にならないように、湿気を取り除きましょう。先ほど述べた換気をすることで、室内の湿度を下げることができます。室内の湿度が60~80%あるとダニが発生し、成長しやすいです。40%~50%位に保ちましょう。

洗濯物を部屋干しすると室内の湿度が上がりますので避けましょう。クローゼットの中は湿気が溜まりやすい上に、ダニが大好きな布製品の「衣服」がたくさんあります。湿気取りを置くなどして、湿度が高くならないようにしましょう。

4.外から帰ったら家に入る前に、服の表面のホコリや花粉を払う

部屋の中にホコリや花粉を持ち込まないようにするために、家に入る前に服に付いたホコリや花粉を払うようにしましょう。手で払ったり、コロコロ等の粘着シートで表面をなでると取れます。

5.ペットの抜け毛を室内に溜めないようにする

ハウスダストの1つに「ペットの毛」があります。ペットの毛が室内に溜まることで、咳や鼻炎が悪化する恐れがあります。室内犬などはこまめにブラッシングをしてあげて、抜け毛はすぐに掃除するようにしましょう。掃除機で吸い取ったり、コロコロなどの粘着シートを使って抜け毛を取り除きます。

目に見えない細かい毛が落ちていることがありますので、掃除機の後にフローリングワイパーで軽く拭き掃除をすると細かい毛まで取り除けます。

ハウスダストによる鼻炎・咳が起こりやすいのは寝室?

ハウスダストアレルギーの症状が一番悪化しやすい場所は、「寝室」です。寝室は布団やベッドのマットレス、枕などダニやホコリ、布団からの繊維のくずが溜まりやすいのです。また、布団は睡眠中に汗を吸って湿気が溜まり、ダニが育ちやすい環境になっています。なので、寝室の掃除は特に念入りにする必要があります。

寝室の掃除の手順

  1. シーツ、カバーは週1回は洗濯
  2. シーツ、カバーを外した布団、マットレス、枕を日に干す(週1回は天気の良い日に2時間程度)
  3. 干している間に部屋の換気を行い、部屋全体を掃除する(掃除の手順は、高い所から低い所へ拭き掃除→掃除機→ぞうきんがけ。掃除機のときに換気をする)
  4. 布団、マットレス、枕を取り込む
  5. 布団、マットレス、枕を布団クリーナーや掃除機で吸う

取り込むときに布団たたきでパンパンたたかないようにしましょう。たたくとダニの死骸が粉々になってしまい、布団の繊維の中に入り込んでしまいます。取り込むときに表面をさっと手で払うくらいにしておきます。

ベッドを置いている人はベッドの下にはなるべく物を置かないようにしましょう。ホコリやダニが溜まりやすいからです。掃除機をかけるときはベッドの下も忘れずにかけましょう。

「布団を干したらおしまい」にする人が多いですが、前述した通り干しただけではハウスダストは取りきれません。取り込んだら掃除機や布団クリーナーでハウスダストを吸い取りましょう。

おすすめの布団クリーナーは?

週に1回とは言え、布団を掃除機で吸うのは面倒に思われる方も多いことでしょう。掃除機は重いので扱うのが大変ですよね。そこで、手軽に布団の掃除ができる布団クリーナーをいくつかご紹介します。

忙しくて布団を干す時間がない場合は、布団クリーナーをかけるだけでも構いません。ただ、布団を干してから布団クリーナーをかけることで、布団にこもった湿気を取り、ハウスダストをきれいに除去できます。

 レイコップふとんクリーナー「LITE」

「布団クリーナー」と言ったらレイコップというくらい、有名な商品です。

特徴

「UV照射」機能で布団を除菌してくれます。また、5分間で80%以上のハウスダストを吸引し、細かいハウスダストも見逃しません。空気清浄機にも使われるフィルターが使われているので、排気もきれいな状態です。

良い評価

  • ダストカップを水洗いできてお手入れが簡単
  • よくゴミを吸える

悪い評価

  • 重い
  • コードが太くて扱いづらい

ダイソン コードレス 布団クリーナー V6 Mattress HH08COM

吸引力がとにかくすごいダイソンの布団クリーナーです。

特徴

ダイソンのモーターの中で最もパワフルなモーターが搭載されてて、どんなに細かなゴミでもキャッチしてくれます。コードレスなので自在に動かしやすく、充電は20分間保ちます。

良い評価

  • よく吸うので、ハウスダストがたくさん取れる
  • コードレスなので使い勝手が良い
  • 布団以外にも、車内や室内の狭い箇所の掃除もできる

悪い評価

  • 強モードにすると、充電が6分しか保たない
  • 重い
  • 充電しながらの使用ができないので不便なことがある

ハウスダストを除去できるおすすめの空気清浄機は?

掃除の徹底、換気などの対策を取っていてもやはりハウスダストを完全に取り切ることは難しい場合があります。また、毎日掃除を徹底的にやるのは負担ですよね。空気清浄機を使って空気中のハウスダストを除去することで、ハウスダストアレルギーの症状が緩和することがあります。

そこでおすすめの空気清浄機をいくつかご紹介します。

ダイキン DAIKIN ストリーマ空気清浄機 MC80U-W

「ストリーマ機能」によってハウスダストをしっかりと吸い込みます。ストリーマとは、プラズマイオンを放電して空気中の窒素や酸素と合体させ、ハウスダストを捕まえる働きです。プラズマイオンとくっついたハウスダストは、その後素早く分解され、有害物質が除去されます。

特徴

  • ストリーマ機能によって、他の空気清浄機で使われている放電機能よりも素早く有害物質を除去することができ、よりきれいな空気が排出される
  • 大きい風量で3方向からゴミをキャッチするので、細かいゴミまでしっかりと吸い込める

良い評価

  • 大きい風量だが音は静か
  • 空気がきれいになっているのを実感しやすい
  • 家の気になるにおいも除去してくれる

悪い評価

  • 大きいので場所を取る

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-G50

部屋全体に風を循環させて、遠くにあるホコリも吸い取ってくれる空気清浄機です。

特徴

  • フィルターが3つあり、ハウスダストをしっかりと吸い取ってくれる
  • とても微少なゴミも吸い取る「静電HEPAフィルター」がついている(1万個の粒子のうち3個しか通さないほどのフィルター)

良い評価

  • 花粉症対策にとてもよくきく
  • 置き場所を取らない
  • 部屋のハウスダストをしっかりと吸い取ってくれて、鼻炎が改善する可能性がある

悪い評価

  • 車輪が付いていて小さい子が触ると倒れることがある

まとめ

まとめると、ハウスダストのアレルギーに対しては

  • 徹底的な掃除(軽く拭き掃除→掃除機→ぞうきんがけ)
  • 布製品を撤去して、ホコリやダニを溜めない
  • 換気
  • 湿気取り
  • 外から帰った際、衣服の表面のホコリを落とす

という対策が有効なことがわかりました。布団や布製品は天日干しをして湿気を取ったりダニを死滅させたりしてから、掃除機や布団クリーナーを利用してハウスダストをしっかりと吸い取りましょう。

空気清浄機を上手く活用して、お部屋の空気をきれいにすることでハウスダストアレルギーが改善することもあります。しっかりと対策をして、症状が重くならないように気をつけましょう。

 - 生活 , , ,