ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠18週の赤ちゃんの様子とママの身体の変化は?

   

妊娠18週目は、多くの妊婦さんが胎動を感じ始める時期です。今までよりもお腹にいる赤ちゃんを実感できることは、ママにとって本当に嬉しいですよね。赤ちゃんがいることを実感しにくいパパも、是非ママのお腹に手を当てて見てください。赤ちゃんが反応してくれるかもしれませんよ。

今回は、妊娠18週目前後のお腹の中の赤ちゃんがどんな様子なのか、もう1つはママの身体の変化を説明していきます。



妊娠18週目の赤ちゃんの大きさは?

妊娠18週目には、胎盤が完成します。胎盤が完成するといよいよ安定期に入ります。赤ちゃんは以前よりもきちんと栄養が取れるようになり、18週目からは急激に成長していきます。

妊娠18週目の胎児の大きさは、個人差はありますが、身長約130~180mm体重約150~200g程に成長します。この時期は赤ちゃんがママからの栄養を沢山吸収していくため、ママはバランスよく食事をとるように心がけましょう。

妊娠18週目の赤ちゃんの発達は?

妊娠18週目は、胎児に皮下脂肪がつきはじめます。骨が丈夫になり筋肉も付いてくるので、身体を以前よりも沢山動かせるようになります。この頃から胎脂という、赤ちゃんの皮膚を覆っている白いクリームの様なものが作られ、胎毛髪の毛も生えてきます。

妊娠18週は胎動が感じられる時期

この時期になると、多くの妊婦さんが胎動を感じ始めるかもしれません。しかし、赤ちゃんの力はまだまだ弱く、気が付かない場合も多いです。胎児は、ママが動いているとその振動で眠ってしまっていることが多く、横になってリラックスしている時の方が活発に動くようです。胎動を感じてみたい時は、夜寝る前などに仰向けでお腹に手を添えてみて下さい。

胎動の始まる時期は個人差があります。心配しなくても必ず胎動を感じられる時期は来るので楽しみにしていて下さいね。胎動を感じたら沢山話しかけてあげましょう。

超音波検査(エコー)で性別が分かるかも?

この時期になるとエコーで赤ちゃんの性別がはっきりと写る場合があります。医師によっては早い段階から教えてくれる場合もありますが、妊娠5ヶ月頃から伝えられる事が多いようです。中には、聞かないと言わない医師も居るので、気になる方は聞いてみましょう。



妊娠18週目のママの身体の変化は?

お腹が大きくなってくる時期です

妊娠18週目からは赤ちゃんが急成長するため、ママのお腹がひと目で妊婦さんだと分かるくらい目立つようになってきます。後期つわりの症状が出てくる妊婦さんもいるかもしれません。お腹が大きくなってくるとマタニティー用の服やロングワンピースなど、胃やお腹が圧迫されない服を選ぶと少し過ごしやすくなりますよ。

多くの妊婦さんが感じる妊娠中期のマイナートラブルとは?

妊娠中は、マイナートラブルが付きものと言ってもいいほど、付き合っていかなければならない辛い症状が多いです。ママは大変ですが、赤ちゃんが成長していると思って頑張って乗り越えていきましょうね。

妊娠中期によくみられるマイナートラブルは次のようなものが挙げられます。

1・後期悪阻(つわり)

妊娠初期に始まる初期つわりは、ほとんどの場合、妊娠20週頃までに治まることが多いのですが、中期からまた始まってしまう後期つわりと言うものがあります。お腹が大きくなることで胃を圧迫してしまったり、プロゲステロンという黄体ホルモンが増加することで、吐き気を引き起こしてしまいます。

2・胃もたれや胸焼けが起こる

妊娠18週目から赤ちゃんが急成長することで、胎盤や羊水が増量し、子宮が大きくなります。
その結果、臓器に負担がかり胃が圧迫され、胃もたれ胸焼けを引き起こしてしまいます。

症状が辛い時は、一食分を小分けにしたり、白身魚や豆腐など、胃に優しく消化の良い食材を摂る等してきちんと栄養を摂るようにしましょう。

3・げっぷが増える

妊娠中期は、プロゲステロンが多く分泌されるようになり、腸の働きを弱めてしまいます。そのため、便秘になってしまったり、消化に時間がかかり、食事中に飲み込んだ空気がガスとなりゲップが増えてしまいます。

4・息切れをしたり疲れやすくなる

妊娠18週目には、赤ちゃんが急激に成長しお腹も大きくなるため、ママの内臓に負担がかかります。日常生活の中で息切れ動悸が起こりやすくなり、疲れも出やすいため、こまめに休息を取るようにしましょう。

お腹が大きくなってくると、腰痛や股関節の痛みが出てくる場合もあります。その場合、妊娠中でも着用できる骨盤ベルトを用意しておくと痛みが軽減する場合がありますよ。

5・貧血を起こしやすくなる

妊娠18週目を含む妊娠中期にはママの血液量が増加するため、鉄欠乏性貧血を引き起こしやすくなります。そのため、動機や息切れだけではなく、立ちくらみや頭痛といった症状も出てくる場合があります。
症状が深刻な場合には、病院から鉄剤を処方されることもありますが、副作用として、吐き気や嘔吐等がでる可能性もあります。

6・妊娠線が出てくる場合もあります

妊娠18週目からは徐々にお腹が大きくなるため、皮下組織が急な変化に耐えきれず、妊娠線として表に出てしまう場合があります。また、ママの身体では母乳の準備も始まり、乳腺も発達していくので、お腹だけではなく乳房にも妊娠線が出てしまうこともあります。

妊娠線を気にして保湿を頑張るママも多いですが、保湿をいくら頑張っていても妊娠線が出てしまうことはあります。特に、多胎妊娠のママは単胎妊娠と比較すると妊娠線ができやすい傾向にあります。

妊娠線は、一度出来てしまうと消えないと言われていますが、もし出来てしまったとしても、産後一年程で徐々に薄く目立たなくなっていく場合がほとんどです。妊娠中のダイエットは控え、産後のケアを頑張りましょう。

妊娠18週に気をつけること

  1. 夫婦生活では避妊具を装着
  2. 仰向けで寝るのは控える
  3. ストレスを溜めないように

1・夫婦生活では避妊具を装着しましょう

妊娠中は夫婦生活を控えているママも多いかもしれません。しかし、安定期に入った妊娠18週を含む妊娠中期は、切迫早産などの母体トラブルが無い限り基本的には良いと言われています。

しかし、気をつけなければいけないのが感染症です。ママが感染してしまった場合、ママや胎児にもリスクが起こる場合があります。きちんと避妊具を装着しましょう。また、スキンシップ中や後に、お腹の張りや子宮伸縮が起こる場合があります。症状がひどい場合は、中断して安静にする事が大切です。ママの体調を見ながら夫婦のスキンシップを大切にしていきましょう。

2・仰向けで寝るのは控えましょう

妊娠18週目からは、お腹がどんどん大きくなり子宮が下大静脈を圧迫されることにより、血流の流れが悪くなってしまう場合があります。そのため、血圧が急激に低下してしまう可能性があります。

ママが苦しいと感じる場合は、赤ちゃんも低酸素状態になってしまうことがあります。身体の右側にも大静脈が通っているため、寝ていて動機や息苦しさを感じる場合は、身体の左側を下にして横向きに寝るようにしましょう。

3・ストレスを溜めないようにしましょう

妊娠中は、ストレスを溜めずにゆったりとした気持ちで過ごすことが何よりも大切です。ママがストレスを感じると赤ちゃんもストレスを感じると言われていますし、ストレスが溜まりすぎると子宮収縮などのマイナートラブルを引き起こしてしまう場合もありますよ。

妊娠中期からは、適度な運動が可能になります。悪阻が落ち着いてくる妊婦さんもいるかもしれません。その場合、食欲が急激に増加する場合があります。適度に身体を動かすことで、気分転換や体重の急激な増加を防ぐことも出来るので、体調の良いときは身体を動かして見て下さい。

また、赤ちゃんが生まれると育児に追われ、行けない場所や出来ないことが増えます。今のうちにゆっくりと好きな本を読んだり、映画館やカフェなどへ行くのも良いストレス発散になるかもしれません。



18週を楽しんで!ママの体調が安定する時期です

妊娠18週は、胎盤が完成することによってママの妊娠自体が安定します。それまではつわり等もあり、外出を控えていた妊婦さんや、好きな食べものを食べれなかった妊婦さんも、症状が収まるにつれて出来ることが増えていきます。ママは妊娠中にストレスを溜めないことがとても大切です。赤ちゃんが産まれるまでは一人の時間が沢山です。今しか出来ないことを大切にして妊娠期間を楽しみましょう。

 - 妊娠中期 , , ,