ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ベビー服の水通しはいつやる?やり方は?洗濯機のコースはどれにする?

      2019/02/12

妊娠後期に入ると、出産に向けてベビー服の準備をし始める人が多いと思います。そこで、よく言われるのがベビー服の「水通し」ですが、一体どういったことを言うのでしょう。特に新米ママには聞きなれない言葉なのではないでしょうか。そもそも水通しはなんなのか、その方法はどうするのかたくさん疑問があると思います。

ここではそんな疑問を解消するべく、水通しについて一緒に学んで行きましょう。これで出産準備もばっちりですよ。


水通しって何?

水通しとは、その名の通り買ったばかりの衣類を水に通す、つまりは洗うことを言います。新品の洋服を一度洗うことによって、生地が柔らかくなるので繊細な肌の赤ちゃんにも安心して使うことができます。しかし、必ずしもしなければいけないこれだというルールはなく、やり方にも決まりはありません。

どうして水通しをしなければならないの?

1.ベビー服の生地を柔らかくするため

新品の洋服には糊がついていることがあります。そのため、繊細なお肌を持つ赤ちゃんにとってはそのままだと生地が固く感じることがあります。固い生地はお肌をこするので、赤ちゃんにとって不快感を与えてしまう恐れがあります。この生地を固くしている糊を取るために水通しをします。

また、生産過程でついた小さな糸や目に見えないホコリがついている可能性もあります。それらのものを取り除くためにも水通しは適しています。赤ちゃんのお肌は大人より繊細なので、どんな小さなものにも反応します。ぜひ、赤ちゃんが快適に洋服をきて過ごせるように水通しをしましょう。

2.吸水性をよくするため

糊がついたままの生地は吸水性がよくありません。一度洗うことによって、ベビー服の生地は柔らかくなり吸水性があがります。赤ちゃんが汗をかいても快適に過ごせるようベビー服の水通しをするようにしましょう。

3.ホルムアルデヒドを取り除くため

ホルムアルデヒドとは、衣類に含まれる有毒物質です。よくパッケージがされている新品のベビー服に「ホルムアルデヒドの移染防止のために袋から出さないでください」などとあるかと思います。ホルムアルデヒドはホルマリンの一種で、空気や水に溶けやすく、同じ室内にあるだけで移ってしまうものです。

そのため、ベビー服はこの感染を防ぐために袋に入られて販売されています。しかし、自宅で開けて整理するときや大人の洋服と一緒にしたときに移ってしまう可能性がありますし、製造過程の途中で、他の家具や衣類に触れて移染してしまう可能性もあります。この物質は繊細な赤ちゃんの肌には有毒とされていますので、取り除くために水通しをします。

一度水通しをすると除去されるので、赤ちゃんのお肌にも心配せずに使うことができます。

水通しの方法

さて、では水通しはどのようにすればいいのでしょうか。手洗いでも洗濯機を使っても出来ます。水通しなので、特に洗剤を使う必要はありませんが、気になる場合は赤ちゃん用の洗剤を少量使い、すすぎをしっかりするようにしましょう。

1.手洗いの場合

優しくベビー服一つ一つを確かめるように洗うことができるので、手洗いは時間がある方にオススメします。ゴシゴシとしっかり洗う必要はありません。優しく水分を含ませるように洗いましょう。

  1. 綺麗なバケツや洗面器を用意する
  2. その中にぬるま湯を入れる
  3. ベビー服をそのぬるま湯に浸し、軽くもみ洗いする
  4. 水分を含んだら、ぎゅーっと固く絞る
  5. しっかり絞り終わったら、シワをパンパンと伸ばす
  6. ベビー用ハンガーやピンチハンガーに干す

2.洗濯機の場合

洗濯機はボタン一つで操作ができるので、とても簡単にできます。しかし、洗濯機が汚れていては元も子もありません。水通しを始める前に洗濯機の汚れを確認し、必要に応じて掃除をしましょう。

  1. 大人の洋服とは一緒にせず、赤ちゃんの洋服だけ洗う
  2. 必要な場合は、型崩れ防止のために洗濯ネットに入れる
  3. 洗濯機を「水洗い」もしくは「弱洗い」に設定し、洗濯する
  4. 洗濯が終わったらベビー服を取り出し、シワをのばす
  5. ベビー用ハンガーやピンチハンガーを使い干す

水通しが終わり乾いたベビー服は大人のものと一緒にせず、風通しの良いところにあるタンス等にしまいましょう。またその際、新品の家具を使う場合はホルムアルデヒドの移染を防ぐために袋に入れて保管するようにしましょう。

水通しをする時期は?

水通しをする時期にこの時期だ、という決まりはありませんが、できれば妊娠35週前後にするといいでしょう。臨月に入るとお腹が大きくなり、動くことが難しくなります。そのため、妊娠35週前後にする人が多いようです。気持ちのいい天気の日にはぜひ水通しをし、お日様にベビー服をあてるように干しましょう。

ただ、出産予定日が冬から初春にかけての妊婦さんはベビー服を外に干すことが難しいかもしれません。その場合は週数関係なく秋の天気のいい日に行ったり、冬の厳しい寒さの日はベビー服を家の中にかけて干しても大丈夫です。出産間近になってあわてないために余裕を持って行いましょう。

水通しっていつまでやればいい?

ベビー服の水通しをいつまでやればいいかのルールはありません。新生児期を過ぎてやめる人もいますし、逆に大人になっても水通しをする人はいます。しかし、ホルムアルデヒドの規制基準は生後24ヶ月までの間なので、水通しをいつまでするかはこれを目安にするといいでしょう。

赤ちゃんによって肌体質は異なりますし、その日その日の体調が違います。お肌の弱い子であれば、赤ちゃん時期を過ぎてもやることが望ましいですし、ママが大丈夫だと判断したのであればその時期が辞める時期です。赤ちゃんの様子を見ながら決めましょう。

まとめ

ベビー服の水通しについてお話ししました。水通しにこれだ、という万国共通のルールはありませんし、一度に全てをやる必要はありません。ママの体調のいいときに、ゆっくり行いましょう。もう少しで出産です。赤ちゃんに会うのを楽しみにベビー服を水通しして出産に備えましょう。

 - ベビー用品・赤ちゃんの服 ,