ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

その『育てにくさ』は自閉症からくるもの?幼児期にみられる症状・特徴、診断とは?

   

子育てをしていてどうにも『育てにくいな』と感じる時ありませんか?一度泣き出すと止まらなかったり、表情が分かりにくくあやしても笑顔がない等、つい周りの子供と比べてその扱いにくさにため息がでることも多いことでしょう。

子供の行動の理由が分からない、接し方が分からないことが多いと子育ての方法が悪かったのではないか?と不安を感じたり、イライラしてしまい愛情が伝わっていないのではないか?と自分を責めているママはいませんか?

その『育てにくさ』自閉症を疑っていませんか?自閉症の症状は人によって様々です。周りが気づきやすくなる幼児期にはどのような特徴が現れるのか、診断とはどういうことなのかを調べてみました。

 自閉症ってどういうこと?

『自が閉じる』と書くので自分の殻に閉じこもってしまうことの様ですが、そうではなく生まれもった脳の機能障害です決して育て方や愛情不足が原因ではありません。他の人と比べ脳の使い方、使う場所が違います。

知的障害がある場合とない場合があります。知的障害のない自閉症を「高機能自閉症」や「アスペルガー症候群」と呼びますが、自閉症の症状は色々ではっきり区分けできません。その様子が虹の様に連続して繋がっていることから「自閉症スペクトラム(連続帯)」と呼びます。

自閉症スペクトラム 参考図

 

 

自閉症は治るもの?

自閉症は病気ではありません。治すものではなく、その子の特徴を理解して付き合っていくものです。しかし療育や家庭での日々の働きかけで良い変化をもたらすことはできます。(詳しくは「診断」記載部分を参照)

自閉症 幼児にみられやすい特徴

自閉症は何歳位に現れるもの?

自閉症とは、3歳位までに現れ、他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害であり、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

引用元:文部科学省HP

現在の日本では「自閉症の定義」が上記のように定められています。目安は3歳位。自閉症は生まれもった特性ですが、赤ちゃんの頃は特徴がはっきりしないため判断が難しいです。「あれ?言葉が遅いな」と言葉の状態から気付くママが多いのもこの年齢です。

自閉症の特徴とは

大きく3つの特徴があります。

  1. 人と関わるのが苦手で困難
  2. コミュニケーションがうまくいかない
  3. こだわりが強い、想像力が弱い

幼児にみられやすい自閉症の特徴

人と関わるのが苦手な例

  • 目が合わない
  • 呼んでも反応しない
  • 手を放すと走ってどこかへ行ってしまう
  • 誰にでもくっついていき、一方的に話かけている

コミュニケーションがうまくいかない例

  • 言葉が遅い。出ていた言葉がでなくなる
  • 聞いた言葉と同じ言葉を返してくる(オウム返し)
  • 話の仕方、ピッチが独特(ロボットの様に言葉を切ったり、ぎこちない)
  • 自分の方向に手をふる『逆さバイバイ』がみられる

こだわりが強い、想像力が弱い例

  • 飽きもせず同じ動作を繰り返す(電車や積み木を並べることにこだわる)
  • 同じ場所、同じ行動が好き。できないとパニックになる
  • 数字や図形等に強い関心をもつ
  • 知らない場所や人をとても怖がる
  • 手をひらひらさせる(多くは手のひらを自分に向けて、動くもの、動かす感覚を楽しむように見ている。キラキラ星の振りをしている様だと表現されることもあります)

その他に見られる特徴

  • 感覚が過敏で、決まった音や光を嫌がる(個人差がありますが、嫌がる音の代表的なものは「人混みのざわざわした音」「車等のエンジン音」です。光は明るさを強く感じる傾向があるため、まぶしい光に抵抗がある方が多いです)
  • 肌に触れるものに過敏なので決まった服しか着たがらない
  • 寝る時間なのに動き回る、興奮して寝付けない。朝早くに起きてしまう(自閉症と併発しやすい「睡眠障害」の特徴です。自閉症の約8割が睡眠に問題をもつとされています)

自閉症の特徴が子供にみうけたれたら?

1.相談機関へ行き、相談をしましょう

自閉症は早期に気付き、早い時期から子供に合わせた対応をすることで、発達を促し、苦手なことに対する訓練で困難の程度が軽減されます。相談機関は自治体によって変わってきますが広報誌や市のHPに案内があります。先に電話で問い合わせるのがスムーズです。

主な相談機関

  • 児童相談所
  • 発達障害支援センター
  • 子育て支援センター
  • 小児科(定期健診の場でも相談できます)

相談(面談)の時間や費用の目安

  • 面談の時間の目安……1時間前後が多い様です。時間帯は相談所によりますが、選択できるのであれば子供に体力がある午前がお勧めです。
  • 面談の費用……相談所によりますが、児童相談所等の公的機関に相談をする場合は基本無料で行ってもらえます。病院の場合は通常病院にかかるのと同様ですので、健康保険が使えます。自治体の子供医療費負担と同じです。

相談に行くときにあった方がよいもの

初めて行く場所は子供も親も緊張しますよね。面談の時間も限りがあるので次の様な準備があると話が進めやすくなります。

  • 子供と一緒に面談する場合、子供が安心できるおもちゃや絵本など
  • 気になる子供の行動をメモしていく、または動画を記録(スマホ動画で十分です)しておく
  • 母子手帳

2.自閉症や発達状態を調べる検査をうけてみる

相談をする中で検査を勧められる場合があります。検査はいくつか種類があり自治体や病院によって、または子供の年齢により変わってきます。積み木やパズルを使ったもの、イラストの描かれたカードを使って質問される等簡単なものが多いです

知能検査も合わせてすることもあります。検査中の姿も見ており、結果を含めて総合的に判断されます。早い時期に子供の特徴を理解した良い環境を作るためにも子供の得意不得意を知ることが大切になってきます。

検査時間は子供の年齢によりますが、15分~60分程度です。検査場所によって料金は異なりますが、公的機関で行う場合は無料で、病院では1万円まででできることがほとんどです。民間機関ではバラツキがありますが、相談料検査料など込みになっている場合があり1万~3万程です。

検査を勧められたら、どこで検査が受けられるのかと費用の確認はしておきましょう。また専門医のいる病院は地域に限られているため、受診まで待機の時間が必要になる場合がありますので予約待ち期間の確認も忘れずに行ってください。

自閉症の診断

専門機関で検査や問診をうけて診断の流れになります。診断の内容によって「治の教療育)」の方向が決まりますし、周りの環境をどのように整えたらよいか等支援について相談や計画をしていきます。

療育にかかる費用の目安

療育を受ける場所や地域により異なります。主な療育機関はこの3つです。

  • 公的機関……1回1000円前後で利用できるところが多いようです。
  • 病院の機関……病院のリハビリ施設等での療育は基本健康保険が適応されます。
  • 民間機関  組まれているプログラムが様々で選択肢も豊富ですが月々およそ5000円~予算が必要になってくるところが多いです

利用するための費用は療育機関によって、バラつきがあり金額の幅も広いので利用したい療育センターに必ず確認するようにしてください。

自閉症 子育て支援の例

  • 幼稚園や保育園で手助けしてくれる先生を増やしてもらう
  • 療育センターに通う
  • 家ではどのように接するのが良いかアドバイスをもらう
  • 専門のカウンセラーさんによりママや家族の心のケアを受ける

子供だけの問題ではなく、家族の協力が不可欠です一人で抱え込まず診断結果を上手に使って子育てしていく必要がありますね。診断をすぐには受け入れることができないママもいると思いますがそれで大丈夫。相談をして支援を受けながら、子供と一緒にゆっくり理解すればいいのですから。

まとめ

自閉症は生まれ持った脳の機能障害、脳の働きから人との関係を作ることが苦手です。しかし、独特の感性で音楽や美術の面で才能を発揮している方がいること、素晴らしい記憶力を持った方がいることは有名です個人個人症状が違うので、その子にあった方法を知ることが何より大切です。良い環境は子供の力を伸ばしてくれます。

不器用ですが、早い段階から少しずつトレーニングしていくことでできるようになることはたくさんあります。一筋縄ではいかないこともありますが、幼児期は生活習慣を身に付け始めた所なので、できないことが目立っても早く習得させようと焦らずに。必要なのは絶え間ない自閉症児親子へのサポートと周囲の理解です。

 - 幼児, 育児 , , ,