ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんが虫歯になってほしくない!歯みがきはいつから?どのようにすればよい?

      2017/06/09

「赤ちゃんに歯が生えた!」ピンクの歯ぐきから顔を出した、小さな白い歯を発見。わが子の成長を感じる、うれしい瞬間でしょう。それとともに、虫歯対策にピリピリしてしまうママもいるのではないでしょうか。自分が虫歯で苦労したのであれば、なおさら神経質になってしまうでしょう。

それは、大切なお子さんが、これからもずっと丈夫な歯でいてほしいからです。いつもおいしくご飯を食べて元気に育ってほしいと願う、親として当然の思いからくるのです。

このページでは、歯みがきスタートの心得をご紹介します。離乳食に、歯みがきに、はじめてだらけの育児でとまどってしまうときもあるでしょうが、肩の力を抜いて、必要な心の準備ができますように。

赤ちゃんの歯について

いつごろ、どのような順番で生えてくるの?

生後6か月を過ぎた頃から、最初に下の前歯が2本生えて、次に上の前歯が2本生える順番です。最初の乳歯が生えてから、大体2年かかって上下10本ずつ、合計20本の乳歯がすべて生えそろいます。この乳歯が抜けて、永久歯に生え変わり始めるのは6歳前後からです。

乳歯はまず下の真ん中の2本から生後6~9か月ごろ生えはじめます。離れたり少しねじれたりして出てくることもありますが、あまり心配はいりません。1歳3か月ごろになってもまだ歯が生えてこないようなら小児歯科専門医またはかかりつけの歯科医院で相談しましょう。続いて上の真ん中の2本が生えてくるのが一般的で、最後に上の奥歯(第二乳臼歯)が2歳半ごろ生えてきますが、個人差もありますのであまり気にしないでよいと思います。

引用元:日本小児歯科学会HP 子どもたちの口と歯の質問箱 http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq02.html#faq_c0101

歯の生える時期には個人差があり、半年程度のずれであれば心配はいりません。筆者の友人のお子さんは生後2~3ヶ月で最初の乳歯が生えてきましたし、筆者の3番目の子は生後10ヶ月でようやく生えてきました。

乳歯は虫歯になりやすいので、要注意

乳歯は、永久歯に比べて虫歯の進行が速いという特徴があります。乳歯は永久歯よりも一回り小さく、厚みは永久歯の半分ほどです。ですから一度虫歯になってしまうと、神経まで到達するスピードも速いのです。とくに奥歯の溝が細かくて汚れがたまりやすく、もっとも虫歯になりやすい場所とされています。

「どうせ永久歯に生え変わるから、乳歯が虫歯になっても平気」という考えは危険です。なぜかというと、虫歯菌がたくさんいる口の中では、生え始めた永久歯も自然と虫歯になりやすい環境に置かれます。その結果、乳歯だけでなく永久歯まで虫歯になりやすくなります。乳歯の生え始めから、虫歯予防をすることが重要なのです。

虫歯になる4条件

甘いものを食べさせなければ虫歯にならない?いいえ、違います。虫歯になるには、4つの条件が必要です。大人も赤ちゃんも一緒なので、ここで虫歯のメカニズムを確認してみましょう。

むし歯は四つの条件が揃ったときになります。その中の糖というのは砂糖だけではありません。炭水化物や果物にも糖が入っています。ここに、その他の条件が揃うとむし歯が発生します。汚れが長く付いている時間を少なくするために食後は歯みがきをしましょう

虫歯の条件

1.

2.虫歯菌

3.糖分

4.時間

引用元:日本小児歯科学会HP 子どもたちの口と歯の質問箱 http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq02.html#faq_c0101

食後すぐに歯みがきをすることで、4の「時間」が条件から外れます。よって、虫歯になりにくくなります。こうしてみると、改めて歯みがきの大切さがよくわかりますね。

虫歯のある大人が赤ちゃんの口にチュッとするから、虫歯になっちゃうって本当!?

近年の常識として、大人の口内の虫歯菌が子どもに感染しないように、離乳食の噛み与え(親がかんだものを子どもに食べさせること。昔の日本ではよく行われていた)や、子どもの口にキスすることは避けられています。

でも、もともとの母体に虫歯菌があると、産道を通る時点で赤ちゃんにも虫歯菌が入っているというお医者さんもいます。よって、口から感染する虫歯菌に気をつけるのはもちろんですが、それだけでは不十分。食べかすが歯に長時間のこらないように、食後すぐの歯みがきが一番大切なのです。

乳歯が生えたらすぐに歯みがきスタート!まずは口の中を観察することからはじめよう

「いつから?」その答えは、「生えたらすぐに」です。親子ともに、歯みがきの習慣づけが大事です。まずは歯みがきの「慣らし」から始めましょう

乳歯が生え始めたら歯みがきの習慣づけをはじめましょう。まず子どもをあお向けに寝かせ頭を保護者のひざの上にのせ口の中を観察することからです。また清潔な指で口の中を触ることもよいでしょう。特に上唇の裏を触られるのを嫌がります。少しづつ伸ばしてあげると子どもは口をいじられることに慣れてきます。

引用元:日本小児歯科学会HP 子どもたちの口と歯の質問箱 http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq02.html#faq_c0101

口の中を触られることや、仰向けになって膝の上に寝転がること、どれもが赤ちゃんにとっては「なんだこれ?」という不思議な体験です。慣れるまでの時間はその子によって違いますが、嫌がられないように、はじめは機嫌のよいときを選んでスタートするのがよいでしょう。

また、大人のやっていることになんでも興味を持つのが赤ちゃんの習性です。おうちの人が楽しそうに歯みがきをする姿を見せると、赤ちゃんも興味を持ってくれるので、慣らしに効果的です。

赤ちゃんの歯ブラシ・歯磨き粉の選び方

歯ブラシは、柄が短く毛がやわらかいものを

歯ブラシに慣れる目的で、おもちゃがわりに自分で手にもてる工夫がされている商品があります。このような歯ブラシも便利ですが、最初は、保護者がみがいてあげるのが基本です。通常のストレートタイプの歯ブラシ選びをご紹介します。

まず、歯ブラシの毛が固いと、赤ちゃんが痛がります。やわらかい毛で、なるべく毛先が細いものを選びましょう。1本1本みがくことができるようヘッドは小さめで、毛の面はギザギザではなくフラットのものがよいでしょう。必要以上の力がかからないよう、保護者が握りやすい太さの柄であることも選ぶポイントとなります。

研磨剤や発泡剤を使っていない、子ども用の歯みがき粉を

子ども用のジェルタイプの歯みがき粉が安心です。間違って飲み込むことも想定し、小児用のジェルには発泡剤や研磨剤が入っていません。子どもの好きな香りや味もついているので、歯みがきを嫌がらずに続けられるでしょう。

大人用の歯みがき粉は決して使ってはいけません。ミントの刺激は子どもが大嫌いな味ですから、歯みがきが嫌いになってしまいます。もし、子ども用のジェルさえも嫌がるのであれば、しばらくは歯みがき粉を使わずにブラッシングだけしてください

また、フッ素が配合されている歯みがき粉がおススメです。フッ素はむし歯予防になるからです。使用量は商品にも表示されていますが、最初は毛先にチョンと乗せるほどで十分です。赤ちゃんはうがいができませんので、最後にガーゼなどで口の中をきれいにふいてあげてください

赤ちゃんとの歯みがきタイムをスムーズにする「5つのコツ」

楽しく歯みがきをするコツをご紹介します。

1.母子ともにリラックスして、ゆっくり、ゆっくり進めよう

歯みがきスタートは、生後6~9か月になるお子さんがほとんどでしょう。この時期は離乳食が始まったばかりで、おやつの習慣もまだありません。唾液の自浄作用だけでも口の中を清潔に保てる時期です。赤ちゃんが歯みがきに慣れることができるよう、最初からしっかり磨こうとせずに、とにかくリラックスを心がけて下さい。

笑顔でのんびりと、楽しい雰囲気でスタート。赤ちゃんが口の中を触られることに慣れてきたら、清潔な綿棒やガーゼで歯を拭いてみましょう。大丈夫なら、歯ブラシの出番です。最初は数回チョンチョンと、毛先で歯に触れることから始めます。

歯ブラシでみがく時間は、1本あたり5秒程度で十分です。丁寧に優しく磨いてあげましょう。このように、ゆっくりと様子をみながら、お子さんのペースに合わせて行っていきます

2.力をいれすぎないように気をつけてみがく

歯ブラシを持つ手に力が入り過ぎると、子どもが痛みを感じ、歯みがきを嫌がる原因になります。前述のように、握りやすい柄の歯ブラシを使ってみがきましょう。また、次の項ではちょうどよい力でみがくコツをご紹介します。

ちょうどよい力加減で歯みがきするためのコツ

1.歯ブラシはペンのように持ってみがいてあげる

2.毛先が歯に直角にあたっていることを確認しながらみがく

3.100~150グラムの負荷がちょうどよい力加減。キッチンスケールがあれば、歯ブラシをあてて力加減を確認するとよい

以上の3つを守って、赤ちゃんが「気持ちよい」と感じるみがき方をマスターしましょう。

3.「食後には歯みがき」の習慣づけをしてあげること

慣れてきたら、時間を決めて行うことをおススメします。これは、習慣づけのためです。最初は寝る前に一日一回からはじめて、回数を増やしていきます最終的には、毎食後に歯みがきを行うことが目標です。

早い時期から保育園に入ると、昼食やおやつの後の歯みがきができないお子さんもいます。その場合は、朝晩の歯みがきの習慣づけを働きかけてあげながら、「寝る前の仕上げみがき」をしっかりしてあげればよいでしょう。

4.遊びながら、ほめながら、楽しい雰囲気でおこなうことがとても大切

1歳前からはじめることですから、無理強いは禁物です。はじめは遊びの延長で行えたらよいです。仰向けに寝かせておなかをくすぐったり、「いないいないばあ」をしたり、子どもが喜ぶ遊びを取り入れて、歯みがきをしてあげましょう終わったら一緒に拍手したり、ほめてあげることも大切です。

また、いろいろ工夫しても、嫌がったり逃げたりするときもあるでしょう。そのような時は、怖い顔をしないように気をつけながらいつもより短く切り上げる、頑張ったねとほめてあげるなどしてください。

5.自分でやりたい、を大切に

筆者の末っ子は1歳後半ですが、お兄ちゃんたちが洗面所で歯みがきをしていると、必ずやってきて一緒に並んでニコニコしながら歯みがきをしています。危なっかしいのですが、自分でやってみたい気持ちを大切に、見守っています。そうしているうちに、歯みがきが習慣になってきました。

「自分でやりたい」と意思表示したときは、歯みがきも自分でやらせてあげるとよいでしょう。ただし、うっかり歯ブラシの柄でのどをついたりする事故が起こらないように、すぐに手を出せる距離で大人が見ていましょう。(参考:消費者庁HP「乳幼児の歯ブラシによる事故に注意!」 )

子どもが安全に歯みがきをするためには

自分で歯みがきするときは事故防止のため、上の写真のように喉をつかない工夫がされている子ども用の歯ブラシを持たせるのが安心です。ただし、最後の仕上げみがきは忘れずに大人がやってあげてください。

また、子どもは口に歯ブラシをくわえたまま歩きたがります。つかまえようとすると、走って逃げます。危ない時は、はっきりと目を見て注意しましょう1歳の子どもはまだはっきりと言葉をしゃべりませんが、注意されていることは理解しています

歯科検診デビューは、1歳6か月児検診

自治体の歯科検診について

9割程度の自治体が、歯科検診を1歳6ヶ月児と3歳児の二回に分けて行っています(参考:厚生労働省「標準的な乳幼児期の健康診査と保健指導に関する手引き」)

1歳6か月児健診で虫歯が見つかる子は少ないですが、3歳児健診になるとぐんと増えます。これは、お菓子やジュースを食べるようになる機会も増えて、間食も多くなり、子どもの口内が虫歯になりやすい環境に変化するからです。

1歳6か月児健診を積極的に利用して、今後の間食や食生活について見直し、気を引き締めましょう。このタイミングで軌道修正できれば、虫歯予防に非常に効果的といえます。

1歳6か月健診の歯科検診では何をするの?

1歳6か月児の歯科検診では、歯、歯茎、歯並び、噛み合わせをみて、個別に必要な説明をしてくれます。また、歯質の強化のための「フッ素塗布」やブラッシング指導などを併せて受けられる自治体もあります。

歯の本数が増え、食べることに興味を持ちはじめる時期がおよそ1歳6か月です。そのため、歯と食を関連づけ、保健師や栄養士が食生活を整えるための指導をしてくれる自治体がほとんどです。

近所の歯医者さん選び

はじめての歯科検診を終え、問題があれば近くの歯科を受診して必要な治療を行うことになります。また、健診結果に問題がなくても、定期的に「フッ素塗布」を推奨する自治体もありますので、かかりつけの小児歯科を探しましょう。

「小児歯科」ならどこでも大丈夫?残念ながら、答えは「NO」!

歯科医であれば誰でも、看板に「小児歯科」と書くことができます。それは、「子どもも受診していいですよ」という合図であって、必ずしもその医師が、子どもの歯の治療のために専門的なトレーニングを受けたという意味ではないことに注意してください。

「○○小児歯科医院」という医院名であったり、標榜科名が「小児歯科」のみの歯医者さんは、子ども専門と考えてよいでしょう。なお、日本小児歯科学会の認定医、専門医がいる歯医者さんが一番安心です。日本小児歯科学会HPで紹介されていますので、検索してみてください。(参考:日本小児歯科学科HP「専門医・認定医がいる施設検索」)

小児歯科選びのチェックポイント4つ

認定医・専門医の数は限られていますので、自宅から通える範囲で見つからないこともあるでしょう。認定医・専門医が通える範囲になかった場合には小児歯科を探すことになりますが、小児歯科を探すときのチェックポイントをご紹介します。

1.子どもが泣いてしまったときの対応などに、医者やスタッフが慣れているか

2.子ども特有の「乳歯から永久歯への生え変わり」や「歯並び」の相談をしたとき、具体的な説明を納得いくまで話してくれるか

3.治療だけでなく、虫歯予防にも力を入れているか

4.医院内に、子どもが楽しめる工夫がしてあるか(キッズスペースや装飾など)

これらが合格点の歯科医院ならば、安心してお子さんを通わせることができます。

まとめ

お子さんの虫歯ケアのスタートから、はじめての歯科検診と小児歯科選びまでをご紹介しました。小学生低学年になっても、まだまだ仕上げみがきが必要です。自分でしっかり歯みがきができるようになるまでは、予想以上に時間がかかるものです。気長にしっかりと、お子さんが一生使う歯をケアしていくことをおススメします。

お子さんの歯を一生懸命ケアしていると、いつの間にか親も丁寧に歯みがきするようになっています。毎日の習慣ですから、親子でよい相乗効果が生まれたらよいですね。お子さんの歯みがきデビューを、家族の健康に役立てましょう。

 - 育児, 赤ちゃん ,