ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が増えないのはなぜ?対策や体重が確認できる場所は?

   

待望の赤ちゃんが生まれてから1ヶ月が経ったママ達へ。1ヶ月健診や自治体の新生児訪問、産婦人科の母乳外来等で赤ちゃんの体重チェックをしてもらいましたよね?

体重は、赤ちゃんが順調に成長しているかどうかの目安の1つです。ですが、1ヶ月経った今、思ったように赤ちゃんの体重が増えないと悩んでいませんか?母乳やミルクが足りない?何か病気にかかっているの?不安はつきませんよね。

赤ちゃんの体重はどれぐらい増えていればいいのか?増えない原因は何なのか?徹底的に調べてみました。ぜひ参考にして不安を取り除いて下さいね。

生後1ヶ月の赤ちゃんはどれぐらい体重が増えていればいい?

まず、赤ちゃんの体重はどれぐらい増えていればいいのでしょうか?生後1ヶ月の赤ちゃんの体重は、男の子と女の子で若干の違いがあります。

<男女別>生後1ヶ月の赤ちゃんの体重

  • 男の子:3.6kg~6kg
  • 女の子:3.5kg~5.5kg

それぞれ幅がありますが、この中に絶対収まっていなければいけない、というわけではありません。出生時から比較して、1ヶ月でだいたい1kg程度増えていればOKです。

1kg=1000g、1ヶ月は30日で計算すると、1000g÷30=33.333・・・になります。生まれて間もない時期は、「生理的体重減少」という状態になり、一時的に体重が減ることがあります。おっぱいやミルクを飲む量よりも汗やおしっこ、うんちなど体の外に出される量のほうが多いためです。

つまり、この時期は1日あたり30g体重が増える、ということはなかなか難しいことになります。生理的体重減少のピークの時期は、生後3日~5日です。これを過ぎれば体重は徐々に増えていきます。

1日あたり30g増えなくてはいけない!というわけではないので、あまり心配しないで下さいね。

体重が増えないとどうなる?

体重が増えないと、脳の成長に影響が出る場合もあります。生後1ヶ月という時期は、赤ちゃんが最も成長する時期。以降の体重増加はだんだん緩やかになっていきます。

母乳やミルクで摂取した栄養は、まず最初に脳にいきます。体重が増えていないと、脳に栄養がいってないのではないか、と疑われるわけです。

脳だけではなく、体中の臓器もうまく成長できないことがあります。栄養状態が悪くて大きくなってからも身長が伸びず、成長ホルモンの注射をしなければいけないこともあるんです。

1ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない原因は4つ!

出生時と1ヶ月健診での体重を比べてみて、1kgも増えていない、というのには理由があります。以下に考えられる原因を4つまとめてみました。当てはまるものがあるかどうか検討してみましょう。

1.母乳orミルクの不足

最初に考えられるのは、赤ちゃんがきちんと母乳やミルクが飲めていないのではないか、ということです。完全にミルクだけで育てている場合は、ミルク缶に書いてある規定量をきっちり飲ませましょう。

完全母乳や母乳とミルクの混合で育てているママによくある悩みが、「おっぱいがどれくらい出ているのかがわからない」ということです。ミルクは量が計れますが、母乳は簡単には計れないのでわかりづらいですね。

基本的には赤ちゃんが泣くたびにおっぱいをあげる、それでも泣く場合はミルクを足す、という方法になります。ご自身のおっぱいがどれくらい出ているのか知りたい場合には、以下の方法を試してみて下さい。

母乳の量の計り方

  1. 授乳前に赤ちゃんの体重をベビースケール(赤ちゃん用の体重計)で計る
  2. おっぱいをあげる
  3. 授乳後、もう一度体重を計る

授乳後の体重から授乳前の体重を引いた分が、あなたのおっぱいの量になります。ベビースケールがない場合は、家庭用の体重計でもおおよその量を知ることができます。

家庭用体重計での母乳量の計り方

  1. 授乳前に赤ちゃんを抱っこして体重を計る
  2. おっぱいをあげる
  3. 授乳後、もう一度赤ちゃんを抱っこして体重を計る

ここで注意なのが、抱っこするのはママ以外の人、例えばパパにお願いすることです。おっぱいをあげるのはママです。おっぱいの量が赤ちゃんに移動するだけで、二人のトータルの体重は授乳前後で全く変わらなくなってしまうからです。

1回の授乳で必要なおっぱいの量は、次の通りです。

生後1ヶ月頃の1回の授乳で必要な量

  • 生後1ヶ月まで:1回に80~120ml
  • 生後1ヶ月以降(生後4ヶ月まで):1回に200ml

体重を計ってみて、上の量を満たしていればミルクは足さなくてもいいことになります。足りなければその分ミルクを足してみましょう。

2.体重ではなく身長等が伸びている

体重が増えていない!と思ったら、他の数値にも着目してみましょう。赤ちゃんの成長=体重、とばかりとらわれがちですが、その他にも身長、頭囲、胸囲などが成長しています。

1ヶ月健診でもきちんと数値を計ってくれるので、これらがちゃんと増えていれば、赤ちゃんはちゃんと元気に育っているということです。

3.体温が下がっている

赤ちゃんはまだ体温調整が上手にできません。部屋の温度が低い場合、体温も一緒に下がってしまいます。下がってしまった体温を上げようとするときに、たくさんのカロリーを消費します。せっかく母乳やミルクで摂取した栄養も、体温を上げるためだけに使われてしまいます。

その結果体重が増えない、ということも考えられます。

4.病気

色々な方法を試しても体重が増えないというときは、まれに病気のこともあります。「ヒルシュスプルング病」という腸の病気です。

ヒルシュスプルング病は,消化管の動きを制御する力を持っている腸の神経節細胞が,生まれつき無いために重い便秘症や腸閉塞を おこす病気です.この病気では腸の神経節細胞が肛門から口側に様々なところまで連続してみられないことが特徴です.消化管の神経節細胞は胎齢5週から12 週頃にかけて,食道の口側の端に発生し肛門に向かって順々に分布してゆきますが,この過程に何らかの異常がおこり途中で分布が止まったために起こります.

引用元:日本小児外科学会HP「ヒルシュスプルング病」より

腸閉塞は、腸の一部が詰まって嘔吐や腹痛を引き起こす病気です。赤ちゃんがずっと機嫌が悪い、うんちの回数が少ない等心配なことがあればお医者さんに相談しましょう。

体重を増やすためには?対策まとめ

それでは、赤ちゃんの体重を増やすためには一体どうしたらいいでしょうか?具体的な対策をまとめてみました。参考にしてみて下さい。

ミルクを増やす

まずは授乳を見直してみましょう。

ミルクのみで育てている場合は、ミルク缶の規定量を飲ませます。次のミルクの時間まで3時間は空けて、赤ちゃんの胃腸への負担を減らしましょう。

おっぱいで育てている人は、先ほどの「1ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない原因は4つ!」の「母乳orミルクの不足」を参考に、まずは授乳前後で体重を計り、足りない分ミルクを足すという方法を取りましょう。

また、おしっこやうんちの回数も確認してみて下さい。極端に排泄回数が少ない場合は、母乳やミルクが足りていない可能性があります。以下に生後1ヶ月での排泄回数をまとめましたので、参考にして下さいね。

生後1ヶ月の赤ちゃんの排泄回数

  • おしっこ:1日6~8回
  • うんち:1日5回程度

室温を見直す

上の「1ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない原因は4つ!」の「体温が下がっている」でも述べましたが、体温を上げるためにカロリーが消費されると体重が増えないことがあります。お部屋の温度を今一度チェックしてみましょう。最適な温度は25度前後です。

また、赤ちゃんの背中に手を入れて体温を確認してみて下さい。汗ばんでいるようであれば暑すぎ、ひやっとしていれば寒いということです。空調や服で調整してあげましょう。

起こして飲ませる

よく寝てくれる赤ちゃんは、ママの負担も少なく確かに楽です。ですが、その分授乳回数が減ってしまっているということになりますね。赤ちゃんが3時間以上眠っているようでしたら、起こしておっぱいやミルクを飲ませてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの体重を計れる場所はココ!

画像出典元:http://aroud40mama.seesaa.net/article/371260613.html

以前計ったときと比べてどれくらい体重が増えたか?1回のおっぱいの量はどれくらい出ているか?を確認したい場合、ベビースケールを利用しましょう。

体重を計るのは毎日でなくて構いません。1週間毎など期間を決めて、トータルでいくら増えたかを確認してみて下さい。

以下のようなところでベビースケールは利用できます。

1.産婦人科、小児科等の病院

お医者さんに体重が増えないことを相談すれば、必ずベビースケールで計ってもらえます。心配なことがあれば迷わずに問い合わせしてみましょう。

2.ショッピングセンターの授乳室

ショッピングセンターの授乳室にあるベビースケールは、誰でも自由に利用できます。その際、おむつまで脱がせて裸にするのは衛生上問題があります。おむつをつけたまま体重を計りましょう。

新生児の紙おむつの重さは、約20gです。計った体重から20gを引いた分が赤ちゃんの体重になります。

3.レンタル

赤ちゃんを連れて外出するのが大変!いつでも自分の好きなときに赤ちゃんの体重を計りたい!という人は、ベビースケールをレンタルすることもできます。

もちろん購入もできますが、長期間使うものではないのでレンタルの方をおすすめします。

ベビースケールには2g単位で計れるもの、5g単位で計れるものがあります。体重を知りたい場合は5gでも大丈夫ですが、母乳量を計るには2g単位がおすすめです。2g単位で計れるベビースケールは、1ヶ月レンタルで3800円程度、5g単位は2000円程度です。

レンタルをご希望の方は、こちらをどうぞ!

まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重は、出生時から1kg、1日あたり30g増えていればいいことがわかりましたね。思うように増えていない場合は、

  1. おしっこやうんちの回数をチェック
  2. 授乳を見直す
  3. 室温を調整する
  4. 起こして飲ませる

といった対策を取り、身長や頭囲、胸囲が成長していないかどうか計ってみて下さい。それでも不安なことがあれば、迷わずにお医者さんに相談してみましょう!

 

 - 赤ちゃん , , ,