ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

つわりに効くツボはどこにある?色々なつわりの症状をすこしでも軽くしたい!

      2017/01/09

妊娠がわかって喜びもつかの間、早い人なら妊娠5週目あたりからつわりの症状が出る人もいます。このためつわりが先で、妊娠が判明したという人も少なくありません。妊娠したらまず最初に越えなくてはいけない壁、それが「つわり」なのです。

赤ちゃんを迎えるために越えなくてはいけない時期とはいえ、つわりは想像以上につらいもので、ママは少しでも楽になりたいと心底願うものです。今回はそんな辛いつわりを少しでも軽くする方法「つわりに効くツボ」を紹介します。

ツボとはどんなものなのでしょう

girl-97433_960_720

専門的には経穴(けいけつ)と呼ばれるもの

東洋医学では「気」の流れに注目しています。体中を流れる気の通り道を 経絡(けいらく)といい、その上にある気が集まる重要な場所を「経穴」と言います。この経穴がいわゆるツボなのです。

ツボには、悪い気が溜まりやすいと考えられ、ツボを刺激することで気の流れを良くし、つらい症状を緩和させるというわけです。体には365個のツボがありそのなかからつわりに効くツボを探すことになります。

トリガーポイントとも一致する

西洋医学にはトリガーポイントというものが存在します。神経や血管が集まる場所で、コリや傷みが強く出るポイントです。病院ではこのトリガーポイントに局所麻酔薬注射を使用して、血流を促す治療を行います。

この西洋医学のトリガーポイントの多くがツボの位置と一致しているのです。

つわりに効くツボの条件

woman-1118212__340

つわりに効くツボとは一体どんなものでしょうか。吐きつわり、食べつわり、よだれつわりなど、つわりの症状は人それぞれ違います。そんな症状を緩和し、妊婦さんに適したツボの条件は何でしょう。

症状を和らげるツボ

辛いつわりの症状を和らげてくれるというのは、第1条件です。吐き気を緩和する、胃のむかつきを緩和する、乗り物酔いのような気持ち悪さを緩和する。ツボを刺激することで、楽になれることが目的です。

ツボを刺激することで刺激が末梢神経にまで伝わり、血流をあげ、ホルモンの分泌を整え各臓器の活動を正常にしてくれるのです。

妊婦さんでも安心して押せる場所にあるツボ

ツボ押しは痛気持ちいいもので、押しているとついつい、ほかの場所も押してしまいます。適当に色々な箇所を押して、気持ちいいならいいのでは?と考えがちですが、ツボの中には、子宮を刺激してしまうツボも存在します。

妊婦さんは特に子宮を収縮してしまう恐れがあるので、子宮を刺激するツボは押さないようにしましょう。

禁忌の場所「太衝(たいしょう)」

画像出典元:http://ashita-seikatsu.jp/blogs/25540

画像出典元:http://ashita-seikatsu.jp/blogs/25540

足の甲、親指と人差し指の間にあり、指の付け根から少し上の方にへこみがあります。そこが太衝(たいしょう)と呼ばれるツボです。子宮を刺激してしまう場所なのでツボ押しを控えましょう。

禁忌の場所「三陰交(さんいんこう)」

画像出典元:http://nemuri-iyashi.com/category13/entry64.html

画像出典元:http://nemuri-iyashi.com/category13/entry64.html

内くるぶしから指4本分、骨に沿って上にいった場所にある三陰交(さんいんこう)というツボです。このツボも子宮収縮を促すので、妊娠中は押さないように気をつけましょう。

つわりに効く3つのツボ

girl-1527959_960_720

ツボとは経穴(けいけつ)とも呼ばれ、体の異常に応じて、体表の各部位に対応しているものです。ツボに刺激を与えることで体調を整え、症状を緩和することが出来ます。

1.内関(ないかん)

画像出典元:http://iku-share.jp/tuwari-hakike-tubo/

画像出典元:http://iku-share.jp/tuwari-hakike-tubo/

内関は手のひらを上にし、手首のシワから指3本分置いた所です。息を吐きながらゆっくりと押していき、7秒キープし息を吸うタイムングでゆっくり力を抜いていきます。これを6セットから7セット行います。

内臓の働きを整えてくれるツボなので、吐き気や胃もたれ、乗り物酔いを感じるなどのつわりの症状を和らげてくれます。

2.裏内庭(うらないてい)

画像出典元:http://iku-share.jp/tuwari-hakike-tubo/

画像出典元:http://iku-share.jp/tuwari-hakike-tubo/

裏内庭は足の人差し指を折り曲げて、足の底にくっつく場所です。楽な姿勢をとり、足の力を抜いたら、息を吐きながら親指で強く押していきます。息を吸いながら力を抜きます。6セットから7セットを目安に自分が気持ちいいと感じる回数行いましょう。

消化器官系のツボなので、嘔吐以外にも食欲不振や下痢にも効いてくれます。足の裏が押しづらいと感じた場合は無理をせずに、パートナーに押してもらうようにしましょう。

3.中院(ちゅうかん)

画像出典元:http://ai-biyoushin.com/content/column/%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E3%81%AE%E3%83%84%E3%83%9C%EF%BC%81%E3%80%80%EF%BD%9E%E5%86%B7%E3%81%88%E6%80%A7%E6%94%B9%E5%96%84%E7%B7%A8%E2%91%A3%E3%81%8A%E8%85%B9%E3%81%AE%E5%86%B7%E3%81%88%EF%BD%9E/

画像出典元:http://ai-biyoushin.com/content/column/

中院はへそから指8本分上にあり、ちょうどみぞおちとへその真ん中にあります。あまり強く押しすぎないように、3秒ほど押していきます。もし圧を加えるのが苦しく感じたら、温めてあげるのも効果的です。

食欲不振や吐き気など胃の症状に効果的なツボですが、満腹時はツボ押しを避け1日に2回か3回を目安に刺激してあげましょう。

まとめ

つわりは妊娠初期に訪れる大変つらい症状です。赤ちゃんを迎えるためにしょうがない事とは言え、ママにとっては日常生活に支障が出る程過酷なものです。

その症状を少しでも和らげてあげるために、ツボを押し、吐き気や胃のむかつきを少しでも楽にしてあげましょう。つわりの時期を乗り越えるために、コミュニケーションをとりながらパートナーにツボ押しをしてもらうのもいいかもしれません。

 - 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期