ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

「グーチョキパーでなにつくろう」 の手遊びで作る10のバリエーション

      2016/12/23

「グーチョキパーでなにつくろう」の歌は、子育てをしているママ達が1度は耳にする有名な手遊び歌です。保育園や幼稚園でも取り入れられ、そのメロディは子供が覚えやすく、ワクワクするリズムになっています。

歌に手の動きを加えることで、遊びのバリエーションを広げ、大人の真似をする能力もついていきます。そんな「グーチョキパーでなにつくろう」ですが、右手と左手で作っていく形にはどのようなものがあるのでしょう。

「グーチョキパーでなにつくろう」の動きとメロディ

peace-705174__340「グーチョキパーでなにつくろう」の動きですが、まずは手の動かし方を見ていきましょう。子供に見せるように向かい合って、歌詞に沿って両手を動かしていきます。何が出来上がるのかな、というドキドキ感を楽しめるように表情豊かに行いましょう。

手の動きと歌詞

  1. 「ぐーちょきぱーで ぐーちょきぱーで」まずは、両手を前に出してぐー、ちょき、ぱーを繰り返します。
  2. 「なにつくろう~なにつくろう~」では両手を開いて左右に振ります。
  3. 「右手が○で、左手が○で」この時は左右の手で、指定したグーかチョキ、もしくはパーを作ります。
  4. 「○○○、○○○」両手で完成したものをつくります。

メロディを確認してみましょう

「グーチョキパーでなにつくろう」のメロディです。簡単な歌なのですぐに覚えられます。歌に合わせて両手を動かしてみましょう。

「グーチョキパーでなにつくろう」の10つのバリエーション

baby-17327__340

「グーチョキパーでなにつくろう」では右手と左手のそれぞれでグーやチョキ、パーを作っていきますが、左右の手の組み合わせで色々なものを作り出していきます。その発想に決まりはありません。自由な発想で色々なものを作っていくものです。

ここでは8つのバリエーションを紹介していきたいと思います。右手、左手と紹介していますがママのやりやすいように変えても構いません。大切なポイントは楽しむという事です。

1.ヘリコプター

「右手がグーで左手がパーで、ヘリコプターヘリコプター」

グーの上にパーを乗せるようにしてプロペラをイメージします。くるくると回線させたり、バダバダバダ~と音を入れてあげてもいいでしょう

2.かたつむり

画像出典元:http://ameblo.jp/s-rythmique/entry-11883839266.html

画像出典元:http://ameblo.jp/s-rythmique/entry-11883839266.html

「右手がグーで左手がチョキで、かたつむりーかたつむりー」

チョキの上にグーを重ねてカタツムリの形を作ります。のろのろと歩く様子を表現しても楽しめます。

3.天狗さん

「右手がグーで左手もグーで、てんぐさんてんぐさん」

左右のグーを鼻の前で連ねましょう。少し胸を張って天狗をイメージしましょう。

4.ペンギンさん

pingudance-1670442__340「右手がパーで左手もパーで、ペンギンさんペンギンさん」

今度は左右の手をパーにして、肘を伸ばしペンギンの真似をします。よちよち歩く様子を真似すると、子供と一緒に体を使って遊べます。

5.おうどん、ラーメンでも可

「右手がチョキで左手はパーで、おうどんおうどん」「右手がチョキで左手はパーで、ラーメンラーメン」

右手でチョキをつくり箸とします、左手はパーで器をイメージします。つるつると口に運ぶ様子を真似しましょう。遊ぶ季節に合わせて冷やし中華などでもいいでしょう。遊びの中にも季節感を出していきましょう。

6.狸さん

「右手がグーで左手もグーで、たぬきさんたぬきさん」

左右の手をグーにして、お腹をポコポコ叩く真似をします。ぽんぽんと言いながらやってもいいでしょう。♪ぽんぽんぽんたぬきさんと歌詞を変えて歌うのもいいかもしれません。

7.眼鏡

「右手がグーで左手もグーで、メガネメガネ」

左右の手をグーにして、目のところに持って行きます。パパやママがメガネをかけていたり、知りあいの人がメガネをかけていたら、メガネの歌詞をひとの名前に置き換えてみるものいいでしょう。○○さんだから、メガネかなと連想する遊びをプラスできます。

8.ミッキーマウス、しまじろう

micky-mouse-1286472__340

「右手がパーで左手もパーで、ミッキーマウスミッキーマウス」

両手をパーにして頭の上にのせます。ミッキーの耳をイメージしてみましょう。子供はキャラクターが大好きです。このように子供の好きなキャラクターを作ってみるのもいいでしょう。また同じように「右手がグーで左手もグーで、しまじろうしまじろう」も作ることができます。

9.鳥さん

「右手がパーで左手もパーで、鳥さん鳥さん」

左右の手をパーにして、パタパタと飛び立つ様子を表現します。子供が幼稚園くらいになったら、カラスさん、スズメさんなどと具体的な名前を使うと、語彙数が増えていきます。

10.かにさん

「右手がチョキで左手もチョキで、カニさんカニさん」

左右の手でチョキをつくり、顔の横に持ってきます。軽くふりながらカニの様子を真似します。「グーチョキパーでなにつくろう」

「グーチョキパーでなにつくろう」を英語バージョンで遊んでみよう

alphabet-1223622__340

「グーチョキパーでなにつくろう」は英語バージョンで遊ぶことも出来ます。英語教育に関心があるママは英語で遊んであげましょう。グーは「rock」岩、チョキは「scissors 」ハサミ、パーは「paper」紙と言います。

英語バージョンの歌詞

♪rock  scissors paper rock  scissors paper(グーチョキパーでグーチョキパーで)

What shall we make?What shall we make?(なに作ろう、なに作ろう)

Right hand is paper Left hand is rock(右手がパーで、左手がグーで)

I's a snail!I's a snail!(カタツムリ、カタツムリ)

最後のフレーズを色々と変えて英語の単語を聞かせてあげましょう。ちなみに今回上で紹介したバージョンの英語は、helicopter(ヘリコプター)snails(かたつむり)Braggart(天狗)penguin(ペンギン)Udon(うどん)Raccoon(たぬき)Glasses(めがね)Mickey Mouse(みっきー)bird(鳥)crab(かに)となっています。

「グーチョキパーでなにつくろう」は自由な発想で遊ぼう

「グーチョキパーでなにつくろう」は無限大に広がる手遊びです。思い付きで色々なものを作っていきましょう。

子供が小さい時はママの真似をする遊びとなりますが、子供が成長し手遊び歌を歌えるようになったら、ママと交代で自分流の色々なものを作り出していくのもオススメです。創造力が駆り立てられる遊びになっていきます。

また英語を使って遊べるようになったら英単語を使用して遊んでみましょう。

 - 育児