ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

黄昏泣きはどうしてするのでしょう?対処方法を知って楽になりたい!

   

赤ちゃんが夕方になると突然泣き始めて家事が進まないと困っていませんか?夕方に突然泣き出すこの現象は「黄昏泣き」という名前が付けられています。多くのママ達がこの黄昏泣きを経験し、家事との両立に苦戦しているのです。でもどうして夕方に赤ちゃんは泣き出すのでしょうか?

夕飯の支度やお風呂の準備など、ママにとっては一番忙しい時間に、赤ちゃんが泣きだしてしまうと家事が全くできなくなってしまいます。黄昏泣きをしなくなる方法やどうにか泣き止んでもらう方法はないものでしょうか。

黄昏泣きとはどんなもの?

Baby, Newborn, Tears, Sad, Cry, Scream

赤ちゃんは泣くことが仕事と言われますが、なぜか夕方になると突然泣き出すことが多いと思っていませんか?忙しい時間に泣き出す赤ちゃんに「どうして今泣くの」とママが泣きたくなることもありますよね。

夕方に突然泣く症状

黄昏泣きは1日の終わり、日が暮れ始めた夕方に赤ちゃんが突然泣き始めることです。毎日同じようなタイミングで泣きだす子もいたり、いくらあやしても泣き止まないケースもあります。一般的に週に3回以上、夕方泣くことを黄昏泣きとよんでいます。

オムツを交換しても、授乳しても泣き止まずに原因がわからないと多くのママが頭を悩ませる症状です。黄昏泣きは世界的な悩みの1つのようで欧米では黄昏泣きをCollick(コリック)とよんでいます。

黄昏泣きの原因は諸説ある

Baby, Tears, Small Child, Sad, Cry

実はこの黄昏泣きについて現在明確な理由はわかっていません。そのため黄昏泣きの原因について諸説の考え方があります。原因ではないかとあげられているものは4つあります。

黄昏泣きの原因と考えられているもの4つ

  1. 1日の疲れが出てくる
  2. 夕方になると暗くなりなぜか寂しく感じる
  3. 日中に受けたストレス(刺激)を処理しきれない
  4. 神経系が出来上がっていない

1.1日の疲れが出てくる

赤ちゃんは徐々にお昼に起きて過ごす時間が増えてきます。生後3ヶ月を過ぎると寝返りをする子も出てきて、うつ伏せになって頭を持ち上げたりぐーぱーぐぱーと手を動かしおもちゃをつかんだりして遊びます。成長にともなってお昼に使うエネルギーが増えていきます。

赤ちゃんは疲れたから休む、といった大人のようなペース配分が出来ません。そのため夕方になる頃には体に疲れを感じてしまいます。その疲れを不快に感じてしまい黄昏泣きをするのです。

2.夕方になると暗くなりなぜか寂しく感じる

夕方になると大人でも寂しくなることがあります。その理由は人間に安心感をもたらすセロトニンというホルモンが夕方になると減ってしまうからです。赤ちゃんは安心感をもたらすセロトニンが減り、寂しくそして不安な気持ちになり黄昏泣きをしてしまいます。

セロトニンとは

セロトニンとは人の精神面に働きかけるホルモンで安心感や幸福感を感じさせてくれるものです。別名「幸せホルモン」と呼ばれています。セロトニンは太陽の光によって刺激を受け分泌されていますが、夕方は太陽が沈み刺激を受けないので自然と減少してしまうのです。

3.日中に受けたストレス(刺激)を処理しきれない

赤ちゃんにとってはテレビの音や、人の話し声、車の音など身の回りに精神的なストレスを与えるものがたくさんあります。それらの1日過ごしたストレスがたまって不快を感じてしまい泣き出すケースもあります。

初めて行く公園、初めて会う人など赤ちゃんは多くの刺激をお昼に受けているものです。特に大きな音を聞いていたり騒がしい場所に長くいたりするとストレスを多くためてしまいます。

4.神経系が出来上がっていない

赤ちゃんはまだ体が完全に出来上がっていません、神経系に関してもまだまだ未発達です。大人ならばお昼は交感神経、夕方から夜になれば副交感神経に切り替わりうまく健康状態を保っています。

しかし赤ちゃんはまだ未発達なので、この交感神経から副交感神経への切り替えがうまく出来ません、そのため夕方になると感情が乱れ泣き出してしまうのです。

交感神経とは

心や体が緊張状態の時に働く神経で、日中の活動している時に多く分泌されるものです。この神経が働いているときは心も体も活動的になっています。

副交感神経とは

交感神経とは逆に、リラックス時に働く神経で、夜の睡眠中に多く分泌されるものです。この神経が働いているときは少しボーとした感じになり体が休息している状態になります。

黄昏泣きはいつまで続くものなの?

黄昏泣きは、体力がついてくる生後3ヶ月頃に始まり生後5ヶ月頃にはおさまります。しかしこの期間には個人差があり、長い赤ちゃんでは生後7ヶ月頃まで続くケースもあります。

たった2ヶ月間でも、育児や家事に追われるママにとっては長く感じるものですよね。しかし黄昏泣きは必ず終わりが来るものです。必死に育児をしていたらいつの間にか黄昏泣きも終わっていたと振り返るママも多くいます。

1.抱っこをしてリラックスさせてあげる

基本的な方法ですが、夕暮れ時の不安や寂しさを感じている赤ちゃんを安心させてあげるには抱っこが一番いい方法です。赤ちゃんは体を温めてあげると安心しリラックスできます。ママの体温や心音を感じさせてあげましょう。

またブランケットやバスタオルでくるんであげるとママの子宮の中にいる感覚になり落ち着くものです。夕方になったら泣き出す前に、赤ちゃんの体をくるんでおくというものいいでしょう。

2.散歩をする

泣き止まない時は、部屋の中で必死にあやしているのもつらいものです。ママがストレスを感じているときは赤ちゃんは敏感にママのストレスを感じ取り、余計に泣き止まなくなります。どうしても泣き止まない時は、家事の手をいったん止めて外に散歩に出かけましょう。

外の空気を感じると赤ちゃんもママも気分転換になります、黄昏泣きもぴったりと泣き止むことがあります。寒い季節は体が冷えないように暖かい格好で出かけましょう。

3.安心する音を聞かせてあげる

黄昏泣きをする時期(0歳)の赤ちゃんは、ママのお腹の中にいたときの音を聞くととても安心します。ビニール袋をこすり合わせてみたり、ドライヤーの音を聞かせたりしましょう。最近では赤ちゃんを安心させる音の商品販売されています。

赤ちゃんが泣きやむ! すぐ眠る! 「ママの心音」CDブック

このCDブックはママの心音(心臓の音)の心拍数や周波数を分析して作られています。赤ちゃんがこのCDを聴くと、お腹の中での記憶を思い出し安心できるようになっています。

泣き止ませグッツ「アメリカ生まれの不思議な卵 ベビーシュシャー」

ベビーシュシャーは、泣き止まない赤ちゃんに悩んだ親によって開発された商品です。赤ちゃんにとってリラックスできる音を色々と詰め込んである商品です。

泣き止む! 魔法のサウンド 外出時にも大活躍 アメリカ生まれの不思議な卵 ベビーシュシャー baby shusher the sleep miracle

ママの歌を聞かせる

ママの声は赤ちゃんをとても安心させるものです。また赤ちゃんは五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の中で聴覚が一番発達しています。ママの声で歌う子守唄は赤ちゃんをとても安心させ気持ちを着かせるものです。

まとめ

黄昏泣きは一般的に生後3ヶ月からはじまり、生後5ヶ月位までで落ち着くものです。この時期は家事を早めに済ませてしまうなどの工夫をし、夕方には寂しくなる赤ちゃんにしっかり向き合うようにしましょう。

黄昏泣きにうまく対処するには、赤ちゃんの不安や寂しさをうまく取り除き安心させてあげることが重要なポイントになっています。ママも赤ちゃんも穏やかな気持ちで夕暮れ時を過ごしましょう。

 - 育児, 赤ちゃん