ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

そばはいつから食べられる?子どもにそばを食べさせる時期と、与えるときの注意点

   

離乳食を始め、子どもがしっかり食べ物を食べるようになってくると、これっていつから食べさせていいの?と気になる食材がたくさん出てきますよね。特に食物アレルギーが起こりやすい食材は不安になりやすいもの。

何でもよく食べるけれど、アレルギーが心配でそばをあげるのをためらってしまっているというママも多いのではないでしょうか。ここでは、子どもがそばをいつから食べられるのか、どのように食べさせればよいのか、そしてそばアレルギーの症状についてまとめました。

そばはいつから食べられるの?

そばは離乳食後期以降に

そばは、食物アレルギーを引き起こす可能性のある食材の一つです。乳幼児にアレルギーが出やすい食材の代表は小麦・乳・卵ですが、そばはそれらに比べてアレルギー症状が重いことで知られています。そのため、子どもにそばを与えるのは、早くても離乳食後期になってからがよいとされています。

離乳食後期とは

  • 生後9ヶ月~11ヶ月ごろを差す
  • 離乳食を開始してから4ヶ月が経過している
  • 1日3回、決まった時間に離乳食を食べている

心配なら3歳を過ぎてから

とは言え、1歳前の赤ちゃんは消化器官も未発達です。食物アレルギーは、食べ物に含まれるたんぱく質を上手く分解できないまま吸収してしまい、それを異物と認識した体内で抗体が作られることで発症します。

乳幼児に食物アレルギーが出やすいのは、消化器官が未熟なためだからです。消化器官の働きが大人と同じ程度になるのは3歳前後ですので、そばを食べさせるのは3歳以降としてもいいでしょう。また、そばアレルギーはそばのゆで汁から発症することもあります。

外食でうどんを食べさせるときは、そばと同じゆで汁を使っていないかもよく確認しましょう。

そばを食べさせるときに気をつけること

画像出典元:https://www.imasoba.com/

始めは1本から

初めての食材は少量から与えるのは、離乳食を始めたときからの鉄則ですね。離乳食後期の赤ちゃんはもちろん、幼児食になっている2、3歳の子どもでも、そばを初めて食べさせるときは1本からにします。

表示通りに茹で、子どもが食べやすい長さに切ってから食べさせましょう。普段の食事に、そば1本分を付け足す形です。念のため、病院が開いている平日の昼間に与えることも忘れないでください。

アレルギー反応を見逃さない

そばにアレルギーがある場合、その症状は食べた量にかかわらず比較的早い段階で現れます。早い場合は食べてから10分ほどで、口の周りに湿疹が出たり、口の中がぴりぴりと痛むようになったりします。食事中は子どもの様子をよくチェックしましょう。

子どもがお喋りができるようになっているなら、口の中に違和感が出たらすぐに教えるよう言い聞かせておくことも大切です。また、食事時には何もなくても、食べてから1時間ほど経って急にアレルギー症状が現れることもあります

何もないと思っても、食後2時間は様子を見ましょう

そばアレルギーってどんなもの?

画像出典元:http://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/food-allergy/about/01/

そばアレルギーには、以下のような症状があります。

そばアレルギーの症状

  • 皮膚のかゆみや蕁麻疹、湿疹
  • 目やのどが赤く腫れる
  • 口の中がぴりぴりしたり、のどがかゆくなったりする
  • 腹痛や吐き気を覚える
  • 下痢をしたり吐いたりする
  • くしゃみや咳が止まらなくなる(呼吸困難になる恐れも)
  • アナフィラキシーショック

実に多くの症状がありますが、すべてが一度に現れるわけではなく、段階的に進んでいきます。

食事後、10分程度ですぐに出る症状は、皮膚症状や粘膜症状です。口の周りが赤くなる・腫れる、のどがかゆくなる、イガイガする、顔がほてるというようなものです。

消化が進むと、嘔吐、下痢などの症状が出始めたり、痒みやじんましんなどの初期症状がひどくなったりします。

さらに、息苦しくなるような呼吸器症状が出ることもあります。アレルギー反応が全身に広がると、血圧が下がってめまいを起こす、立っていることがツライ、動くのが困難といった全身性の症状が現れます。

出典元:http://kenkoudaigaku.com/buckwheat-allergy-symptom-cause-time/

また、そばアレルギーで最も注意が必要なのがアナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックとは、複数のアレルギー症状が同時に現れ、血圧が低下したり意識を失ったりするなどの危険を伴う状況のことです。

アナフィラキシーの症状が見られる場合は、特に急いで対処しなければなりません。

家でできる、アレルギー反応への対処法

そばを食べて何らかのアレルギー症状が出たら、まずは救急車を呼ぶことをおすすめします。先ほども述べたように、そばアレルギーは食べてからすぐに発症します。また、その症状は段階を追って徐々に重くなっていきます。

症状が軽いから、と様子を見ていては危険です。救急車を呼ぶ際は、必ずそばを食べたことを伝えます。救急車が到着するまでの間に家でできる対処法は、以下の二つです。

救急車が到着するまでにできること

  1. 食べたそばを吐かせる
  2. たくさんの水を飲ませる

子どもの意識がしっかりしていて吐くことができるようなら、子どもの頭を低くし、喉の奥に指を入れて吐かせます。イラストのように、舌の奥を押すようにするとうまく吐けます。口の中にそばが残っているなら、それも取り除いてください。

画像出典元:http://blog.livedoor.jp/duffy020600kazumi/archives/1017111991.html

そして、できるだけたくさん水を飲ませます。水を飲むことで体内にあるそばの濃度が薄まり、症状が和らぐ可能性があるからです。

救急車を呼んだときに何か指示をされたら、そちらに従ってください。

心配な場合は病院で検査を

食べさせる前からそばアレルギーの発生が心配なときは、事前に病院で検査することもできます。アレルギー体質は遺伝することもありますので、家族にアレルギーを持っている人がいるときは特に注意が必要です。

そばアレルギーが心配なとき

  • 両親になんらかのアレルギーがある
  • 子ども自身が、他の食物アレルギーがある
  • 兄弟にそばアレルギーがある

アレルギー検査は、離乳食を始める前の赤ちゃんでも受けることができますので、かかりつけの小児科に相談してみましょう。まだそばを食べさせたくはないけれど、保育園や給食のある幼稚園に通わせる場合も検査を受けておくことをおすすめします。

まとめ

麺類は子どもの好きな食べ物の一つです。そばが食べられるようになると食事のバリエーションもさらに広がりますし、出先でうどんを食べさせるときも店の調理環境を確認しなくてもよくなります。アレルギーについて理解することは大切ですが、必要以上に恐れず、そばデビューをさせてあげましょう。

特にママ・パパがそば好きな家庭なら、子どもも同じものが食べられるようになると嬉しいはずですよ。

 - 育児, 離乳食