ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

SIDSとはどんな病気なの? 起こってしまう原因と予防策について

   

SIDSという文字を目にするけどそれが一体何を意味するのか分からない…。実は知っていないと我が子を危険な目に合わせてしまうかもしれません。

そうならない為にもSIDSのことをよく知っておきましょう。

SIDS(シズ)ってなんのこと?

6

SIDS(シズ)とは乳幼児突然死症候群のことです。SIDSはある日突然なんの前触れもなく、赤ちゃんが寝ている間に亡くなってしまう病気のこと。

いつも通りに寝かしつけをしたのに、何時間経っても起きない…。怪しく思って起こそうとしたら…、なんてとても怖いですよね。

特に生後2~6か月の赤ちゃんに多くみられ、厚生労働省の調査によると年間100人以上はこのSIDSで亡くなっています。1歳を越えると発症率は低くなるようですが、0歳児といえば眠る時間が多い時期。

少し目を離した間に悲しいことにならないためにも、予防をすることが大切です。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因は?

bb4cd29e2616dfa61fd38640b8aa4050_s

SIDSは今現在はっきりとした原因が特定されていません。眠っている間に起こる突然死なので何かを喉に詰まらせた窒息死とも考えにくく前兆もないため、まだ原因解明にまで至ってないのです。

SIDSの原因をつきとめ、予防方法を確立するために、多くの研究者が努力していますが、はっきりした原因はまだつかめていません。今のところ、防御反射の異常がその原因と考えられています。乳幼児は通常睡眠時に極短時間の無呼吸や呼吸リズムの不整があります。しかし、通常なら容易にこの状態から抜け出せますが、中枢性防御反射の未成熟などにより、この状態から抜け出せないことが突然死に至らしめるという説です。

引用元:http://www.sids.gr.jp/sids.html

SIDSが起きやすい赤ちゃんとは?

SIDSが起きやすい赤ちゃんの特徴として考えられるのは、

  • 男の子の赤ちゃん
  • 早産で産まれた赤ちゃん
  • ミルクのみで育てられている赤ちゃん
  • 出生時に低体重で産まれた赤ちゃん

主にSIDSを引き起こす可能性が高い赤ちゃんです。しかし、体重も平均で女の子で母乳で育てている赤ちゃんであってもSIDSを引き起こさないとは限りません。SIDSはいつ起こるかわからない、当然起こってしまう死の病気ですので上記に当てはまらないからといって安心できるわけではありません。

SIDSが万が一起こってしまったときにいち早く気づくためにも、ママやパパは赤ちゃんの様子をいつも観察するべきなのです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)を予防するには?

%e6%9c%80%e5%be%8c

突然寝ている間に亡くなってしまうのであればどうしようもない、なんてことはありません。これを予防をすることはできます。

では乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防法とは一体なんなのでしょうか?

乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防策3つ

  1. 1歳になるまでは仰向けに寝かせること
  2. なるべく母乳で育てること
  3. たばこをやめること

1.1歳になるまでは仰向けに寝かせること

SIDSの特徴は0歳の時が一番発症率が高く、1歳を越えるとその発症率は少なくなります。特に発症してしまう時期に仰向けに寝かせてあげることでこれを予防するのです。

仰向け寝も全く発症しないというわけではありませんが、うつぶせ寝に比べて発症率が低いことから1歳になるまではお医者さんからうつ伏せで寝かせるようにと指示がない限りは仰向けで寝かせてあげましょう。

寝返りをうつ赤ちゃんはいつの間にかうつ伏せになっていることもあるので、気づいたときは仰向けに直してあげることも必要です。

SIDSは、うつぶせ、あおむけのどちらでも発症しますが、寝かせる時にうつぶせに寝かせたときの方がSIDSの発生率が高いということが研究者の調査からわかっています。医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。この取組は、睡眠中の窒息事故を防ぐ上でも有効です。

引用元:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/sids.html

2.なるべく母乳で育てること

厚生労働省のHPにもありますが、ミルクで育てた場合より母乳で育てた場合の方がSIDSの発症率が低いことが研究調査から分かっています。

ミルクにSIDSを引き起こす成分が入っているわけではありませんが、母乳の方が赤ちゃんにとっては栄養満点です。また母乳に含まれる免疫物質により感染の可能性が低くなることやあごの発達を促すことにも。

母乳育児が難しい人もいると思いますが、なるべく母乳で育ててあげた方が予防に繋がります。

3.たばこをやめること

赤ちゃんがお腹の中にいた時も産まれたあとも、たばこを吸わない親に比べて吸う親の方がSIDSを引き起こす確率が高くなっています。

これは受動喫煙によるリスクだと考えられているため、赤ちゃんの傍で吸わないことはもちろん喫煙スペースには近づかないようにしましょう。

たばこは吸っている自分にも周りにも悪影響を及ぼします。赤ちゃんの突然死を招かないためにも喫煙は止めましょう。

乳幼児突然死症候群(SIDS)を予防するには添い寝にも注意が必要です

family, motherhood, spring, summer and people concept - happy laughing baby playing with mother over green blooming garden background

可愛い赤ちゃんと一緒に寝ることもダメなの?と心配になると思いますが、添い寝を全くしてはいけないということではありません。

赤ちゃんと添い寝をする場合は十分な注意が必要です。寝ている間に赤ちゃんに覆いかぶさってしまわないように気を付けなければいけませんし、腕や脚が赤ちゃんの頭や胸を圧迫しないよう配慮も必要です。

赤ちゃんが寝ているときはこまめに様子を見るなどして変化に気づけるようにしましょう。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防のために生活のなかでできること

shutterstock_162259172-20160520215347-500x352

予防策の他にもお母さんやお父さんにできることはあります。SIDSは健康な赤ちゃんでも突然起こってしまうものなので、日常生活のなかで出来ることがあればやっておきたいですよね。では、生活のなかでどんなことが出来るのでしょう?

SIDSを防ごう! ママとパパで出来ること

  • 赤ちゃんをなるべく一人にしない
  • 赤ちゃんの傍にモノを置かないことでモノが倒れた時の窒息の原因を減らす
  • 赤ちゃんの様子をこまめに見る
  • 赤ちゃんとのスキンシップの時間を増やす
  • ベビーセンサーを使用して異変があったときに備える
  • 赤ちゃんに厚着をさせない
  • 室内の気温を暑すぎないようにする

赤ちゃんはまだ言葉が話せず、何かあってもママやパパに助けて!とSOSを出すことが出来ません。なのでママとパパが赤ちゃんをよく観察して異変に気づくことが大切です。ベビーセンサーがあれば赤ちゃんの呼吸が止まってしまったときにアラームが鳴るようになっているのでSIDSの対策としておすすめですよ。

日頃から赤ちゃんとのスキンシップも大事なことです。赤ちゃんと触れ合う時間が長いほど赤ちゃんを観察出来ますし、SIDSの他にも暑そう・寒そう・ぐったりしているといったことに早く気づけるようになります。

また室内の気温を暑すぎないようにするや赤ちゃんに厚着をさせないこともSIDSを予防することが出来ます。欧米では赤ちゃんの厚着がSIDSの発症率を上げる原因とされていて、赤ちゃんに衣類の重ね着や布団の掛け過ぎにより、屋内でも熱中症と同じことが起こるとされています。

もしもSIDSが自分の赤ちゃんに起こってしまったら

いつ襲ってくるかわからないのがSIDSですが、もしも自分の赤ちゃんに起こってしまったらどうすれば良いのでしょうか?考えるだけでも恐ろしいことですが、対処法を知っておくだけでもしかしたら赤ちゃんが助かる可能性も出てきます。

では愛する赤ちゃんにSIDSが起こってしまった場合、私たちはどうしたら良いのでしょうか?

SIDSに気づいたら…

  • 意識の確認
  • 119番通報
  • 気道の確保
  • 呼吸の確認
  • 人口呼吸
  • 脈の確認
  • 心臓マッサージ
  • 人工呼吸と心マッサージ

上記のことを上からやっていく必要があります。突然赤ちゃんにSIDSが起こってしまうとパニックになってしまうでしょうが、慌てふためく頭を冷静にして対処することで、助かる可能性があります。

ですが人工呼吸なんてやったことがある人はどれだけいるのでしょうか?実際にやったことがなくても、知識として知っておくことは大切なことです。では、ポイントとなる人工呼吸と心臓マッサージを詳しく解説します。

SIDSが起こってしまったときの人工呼吸

まず気道を確保することが先決です。片手で赤ちゃんの頭を支え、空いている手で顎先を軽く押し上げます。この時に顎に当てた手が喉を圧迫しないように気を付けてください。この状態で赤ちゃんの口と鼻を一緒のママかパパの口で覆い、息を吹き込みます。

最初に1秒~1.5秒かけ、赤ちゃんの胸が軽く膨らむくらいの強さでゆっくりと息を2回吹き込みます。人工呼吸を2回した後に赤ちゃんの心臓が動いているか確認します。息をしていなかったり、咳き込みがない、赤ちゃんに動きがない場合は心臓が動いていないので急いで心臓マッサージをする必要があります。

SIDSが起こってしまったときの心臓マッサージ

救急隊が来るまでは自分たちで赤ちゃんに人工呼吸と心臓マッサージをしなければいけません。心臓マッサージのやり方は左右の乳首を結んだ線上の真ん中より指1本下のところに堅い骨があるので、そこの上に指を3本置いて胸の厚さの1/3の深さまで5回押します

新生児と乳児、幼児で心臓マッサージの回数が違うので覚えておきましょう。また時間があるときに動画などでやり方を確認しておくことをお勧めします。

乳首と乳首を結んだ線上の真ん中で、堅い骨の上に指3本を置き、人さし指を上げた状態(ちょうど影絵のきつねの格好)にして、胸を5回押します。
心マッサージの回数は新生児120回/分、乳児100回/分、幼児100回/分、成人80回/分です。救急隊が来るまで、人工呼吸と心マッサージを続けるのですが、人工呼吸と心マッサージの比率は新生児1:3、乳児1:5、幼児1:5(一人法でも、二人法でも同じ)です。

引用元:http://anry.co/mmb/131126.html

まとめ

突然眠っている間にしんでしまうなんてとても怖いですよね。ですが、SIDSについて知っているのと知っていないのとでは結果がまた違ってきます。

可愛い我が子を守るためにも、親子の時間を増やしてSIDSや事故を未然に防ぐようにしましょう。

 - 育児, 赤ちゃん