? 妊娠中にできる正中線って何?原因は?妊娠線とは違うの?消えるものなの? - ベビスマonline

ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠中にできる正中線って何?原因は?妊娠線とは違うの?消えるものなの?

      2016/12/19

妊娠して初めて正中線ということばを聞いた人は多いのではないでしょうか。妊娠中期から後期にお腹に現れる正中線。私も妊娠中、大きなお腹の真ん中にいつの間にか一本線が現れて不思議な気持ちになりました。

正中線とはいったいどんなもので何が原因でできるのでしょうか。正中線のできる原因や妊娠線との違い、なるべく早く消すための方法をご紹介します。

正中線とは

1116

画像出典元:http://www.fifteen.jp/6391

妊娠中お腹が大きくなっってきたとき、お腹の真ん中、おへそを挟んで縦に茶色や黒っぽい線が見えることがあります。それが正中線です。

正中線とは女性だけでなく、男性もみんなが生まれながらに持っています。受精卵は何度も細胞分裂をして人の形を作っていくと言われています。体の真ん中にある正中線はそのときの名残なのです。例えば鼻の下の筋なども同様です。

いつ頃から出始める?

正中線はお腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月前後から出始める人が多いようです。そして妊娠後期になるにつれ濃くなっていきます。ただし個人差が大きく、早めに現れる人もいれば出産するまで現れなかったという人もいます。

正中線ができる原因

seichusen-toha

妊娠していないときの正中線は、目を凝らしてみても分からないほどの薄さである場合がほとんどです。妊娠するとホルモンバランスの変化し、それによりメラニン色素が蓄積されます。メラニン色素が蓄積すると、正中線は濃くなって誰の目から見ても分かるほどに目立つようになります。

妊娠中にしみが増えたり、乳首が黒ずんだりするのと同様の理由です。ではなぜホルモンバランスが変化するとメラニン色素が蓄積するのでしょうか。

メラニン色素はなぜ蓄積されるのか

女性特有のホルモンとして、妊娠や出産に大きく関わるふたつのホルモンがあります。卵胞ホルモンのエストロゲン黄体ホルモンのプロゲステロンです。

このふたつのうち、プロゲステロンという黄体ホルモンがメラニン色素の生成に深く関係があります。妊娠中は、妊娠を継続しやすいように子宮内の環境を整える働きをするプロゲステロンの分泌が増えます。プロゲステロンにはメラニン色素を増やす働きがあります。

メラニン色素が過剰に分泌されることで色素沈着が起きて蓄積し、もともと存在していた線が黒ずんだり茶色くなって目立つようになります。そのため妊娠中には正中線が現れるのです。

プロゲステロンの分泌量は妊娠後期がピーク

妊娠すると黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量はどんどん増えていき、8〜9ヶ月頃の妊娠後期が一番多く分泌されています。臨月の頃から徐々に減っていき、出産後は一気に少なくなります。

正中線が妊娠後期に目立つようになって出産後自然に消える場合が多いのは、プロゲステロンの分泌量の変化によるものと考えられます。

 

妊娠線との違い

Woman displaying stretch marks after pregnancy

画像出典元:http://www.赤ちゃんようこそ.com/ninshinsen/note160/

どちらも妊娠中お腹が大きくなることで出来るので混合しがちですが、妊娠線と正中線は全く違うものです。

妊娠線とは

妊娠線とは、お腹や胸、太ももお尻などの皮膚が避けてできる真皮の断裂跡のことです。お腹が急に大きくなっていくことで皮膚が伸び、その伸びに皮膚の下にある真皮という組織が追いつかず断裂してしまい、妊娠線として現れます。一度妊娠線が出来てしまうと完全に消すことはできないと言われています。

妊娠線と正中線の違い

妊娠線 正中線
原因 皮膚の亀裂、肉割れ ホルモンバランスによるメラニン色素の増加
消えるか 薄くはなるが消えることはない 多くの場合徐々に消えていく

正中線は消える?

89735_original

正中線は出産後、基本的に自然と消えるものです。産後半年〜1年ほどで薄くなっていき、徐々に目立たなくなります。出産によってメラニン色素の分泌が正常になるためです。

しかし正中線がいつ消えるかについては個人差があり、中には1年以上経ってもなかなか消えない人もいます。体に悪い影響があったり痛かったりするものではないので、正中線があることが気にならない人はいずれ消えるときを焦らず待ちましょう。

正中線を早く消す5つの方法

1117

画像出典元:http://mamasup.me/articles/17770

しかし、お風呂のたびに正中線に目がいってしまって気になったり、旦那さんに指摘されたりなどの理由で、少しでも正中線を早く消したい方も当然いると思います。そんな方のために正中線を少しでも早く消すための方法を5つご紹介します。

1.正中線専用クリーム

正中線を消すための専用クリーがあります。妊娠線のクリームは様々な種類が販売されていますが、正中線専用のものは今のところ(2016年12月現在)、1種類しかありません。妊娠線と正中線は原因が違うので、クリームの配合成分も当然異なります。

妊娠線クリームには保湿や肌の伸びを良くする成分が豊富に配合されているのに対して、正中線クリームは保湿成分に加えてメラニンの抑制するための成分が配合されています。無添加で、産後に正中線を消すために使用するだけでなく、妊娠中に正中線ができるのを予防する目的でも使用できます

メイドバイマム

e34b9d813d55ad79b50e281f6ef2972c

画像出典元:https://ibizabeauty.net/shopping/lp.php?p=mdbmom_cp&adcd=x7he0m970so

アマゾンバナー

楽天バナー

定価:7,350円(税込)

通販専用の商品であり、公式サイトで購入可能です。

使用方法

  1. 1円ほどの大きさを手の平にとる
  2. お腹の正中線部分に塗る
  3. 毎日朝晩1回ずつ行う

2.新陳代謝を高める食事

肌の新陳代謝を高めることで、メラニン色素の排出を促すことができます。そのため正中線を消すためには肌の新陳代謝を促す食材を取り入れることが大切です。基本的にはバランスのとれた和食中心の食事を3食とるように心がければ問題ないでしょう。

新陳代謝を促す栄養素と代表的な食材を紹介します。

肌の新陳代謝を促す栄養素

栄養素 代表的な食材 主な働き
たんぱく質 牛肉、魚介、大豆、牛乳 皮膚や臓器、筋肉を構成する
ビタミンA うなぎ、チーズ、緑黄色野菜 新陳代謝を促進する
ビタミンC ブロッコリー、パセリ、アセロラ 肌細胞の老化防止
亜鉛 牡蠣、ごま、干し椎茸 細胞の合成や新陳代謝をスムーズに行う
ビタミンB群 レバー、納豆、卵 新陳代謝の促進、細胞の生成
ビタミンE かぼちゃ、アボカド、いくら 血行を良くして肌に栄養成分を送る

3.サプリメント摂取

しかし、新陳代謝を促す食材を毎日用意するのはとても大変です。産後のお母さんは赤ちゃんの世話に追われ、自分のために買物や料理をする時間さえゆっくり取りにくいのが現実だと思います。

そのため、手軽に摂取できるサプリメントもおすすめです。新陳代謝を促す栄養素のサプリメントを摂取するようにしましょう。授乳中の人は赤ちゃんに影響がないかよく確認してから購入してください。

4.質の良い睡眠

夜、入眠してから3時間の間に成長ホルモンが分泌されやすくなると言われています。成長ホルモンは肌の新陳代謝を活発にしてくれる働きがあり、正中線を消すためには質の良い睡眠が大切になります。

産後赤ちゃんの世話で質のよい睡眠を取ることは難しくはありますが、たまには旦那さんなどご家族に協力してもらって夜ぐっすり寝られるといいですね。

5.レーザー治療

1〜4を試してもまだ正中線が目立ち、気になるという方はレーザー治療という方法もあります。レーザーをあてることによって皮膚のコラーゲンを活性化させて肌の再生を促し、きれいな皮膚に生まれ変わることができます。

ただし、自由診療のため保険は適用されません。そのため治療費は高額になります。正中線の出方によって照射回数や治療時間も異なりますし、同じ治療でもクリニックによって料金は異なります。大体7万円〜20万円が目安のようです。

まとめ

正中線は、妊娠によるホルモンバランスの変化でメラニン色素が増えることにより現れ、妊娠線とは異なるものだとご理解いただけたでしょうか。正中線はほとんどの人の場合産後に徐々に消えていくものなので、妊娠中は必要以上に気にしない方がよいでしょう。産後どうしても気になる方は、正中線を消すための方法をぜひ実践してみてください。

 - 妊娠中期, 妊娠後期, 産後