ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

インターナショナルスクールに通わせる理由は?学費は高いの?

   

子供をインターナショナルスクールに通している人が増えてきて、興味があるママが増えていますよね。インターナショナルスクールというと、すごくセレブな子、芸能人の子が通っているイメージがあります。ですが、実際には学費やかかる経費はどのくらいなのでしょうか。

普通の幼稚園・小学校などとの違いはあるのかを詳しくまとめました。インターナショナルスクールへ通学するときのメリット、デメリットについて理解しておきましょう。

我が子をインターナショナルスクールへ通わせる気持ちがあるのならば、先にインターナショナルスクールについて詳しく知っておくことが大切です。

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクールってどんなところ?

インターナショナルスクールは保育園から大学院まで外国語で教育が受けられる場所です。元は、その地域に住んでいる外国人が通う学校として存在していました。現在では外国語に深く関わらせたい日本人も通いやすい環境になっています。

インターナショナルスクールでは英語で普段の生活や授業、テストなどが行われます。教育方法やテストの仕方は学校の種類によって異なってきます。

インターナショナルスクールの種類

インターナショナルスクールは大きくわけて3つに分けられます。一つずつ詳しくまとめました。

  1. 日本人のための英語教育学校
  2. 外国の教育方針で行う学校
  3. 国際バカロレア認定校

1.日本人のための英語教育学校

このインターナショナルスクールは保育園や幼稚園までのプリスクールがほとんどです。その理由はこのインターナショナルスクールに通っても、義務教育を受けたことにならないからです。小学校に行くまでに英語に深く関わらせることができます。

プリスクールとは?

プリスクールとは、日本人向けの2歳~6歳までのインターナショナルスクールです。子供を英語を使う環境で保育をする場所です。日本人の先生もいるため、保育に困ることはありません。

入学でのポイント

  • 義務教育を受けたことにならない
  • プリスクールは無認可が多くトラブルが多い
  • 小学生に上がった時に、国語力が他の子より落ちてる
  • 英会話に通うより深く英語が学べる
  • 英語で友達と話す時間・生活をする時間が多いので無理なく英語を覚えられる。

もちろん、プリスクールに通っていないこと同じように国語力はある子もいますが、小学生に上がったときにプリスクールに通っていた子の日本語能力は落ちている傾向にあります。そのため最近では、日本語力を上げるために力をあげている学校も増えてきています。

そのため、日本語もしっかり教えてくれるプリスクールを選ぶことが大切です。日本語力なくして英語を学んでも深い思考はできません。日本語で国語、数学、化学、理科、地理、歴史など深く脳を鍛えます。

リンク元:トリニティインターナショナルスクール

英会話に通わせ無理に英語を覚えさせなくても、自然とプレスクールに通うなかで英語を覚えるようになります。

2.外国の教育方針で行う学校

その地域に住んでいる外国人の子供向けの学校です。外国の政府などが関わっていて外国の生活習慣やテスト方式など、外国の教育方針に従って高校まで教育をしていく学校です。最終的にはその国へ戻り大学進学をすることが出来ます。

入学でのポイント

  • 日本人の入学は難しい
  • 日常生活で常に入学する学校の外国語を話せているレベルが必要
  • 日本の大学への入学は難しい
  • 日本では数校しかない
  • 将来その国へ進学したい人には有利
  • 原則としてその国へ戻り大学進学をすることができる

日本人の入学はかなり稀で、学校によっては日本人の入学を認めていないところが多いです。帰国子女の日本人ならば入学出来るとしている場合もあります。入学すると、将来はその国の大学へ進学することが決まっています。

その国で大学進学をしたい人にはかなり有利な学校です。入学前に生活に困らないほどの英語力が必要になるため日本人の入学は、難しいものです。

3.国際バカロレア認定校

日本人や他の国の外国人の子供なども、入学が可能です。高校まで英語で授業や生活が行われます。世界認定卒業資格の「バカロレア」などを取得することができます。外国の宗教などに従い教育方針が組んである学校がほとんどです。

国際バカロレアとは?

卒業資格のバカロレアとはどのようなものなのでしょうか。

国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラム。国際的に通用する大学入学試験を与え、大学進学へのルートを確保することができる。

リンク元:文部科学省

このように、国際バカロレアが認定されている学校へ通うと子供が将来海外へ進学していく時にかなり有利に動けるようになります。

入学でのポイント

  • 入学が難しい
  • 親も先生とのやりとりが英語になるため、家族で英語を話せることが必要
  • 日本の大学への入学は難しい
  • 海外での大学試験が受けれる
  • 国際バカロレアは世界の名門大学でも認められている資格

入学するための面接も、英語面接になります。受験をする時点でレベルの高い英語力が必要になってきます。そして親も同じように英語力がないと入学するのが難しくなります。

厳しい試験を勝ち抜き、国際バカロレアの資格を取得すると国際的に仕事をしていくうえでとても役に立つ資格です。ケンブリッジ大学やハーバード大学などでも認められている素晴らしい資格を取ることができます。

日本の大学入学は難しい?

インターナショナルスクールは日本の文部科学省が認可しているものではなく、外国の政府や団体が運営しています。そのため日本での教育までを保証することができません。

欧米の学校評価機関が認可した学校は、大学受験を受ける資格が与えられます。学校だけには大学受験を受ける資格がもらえます【日本語が変】。ですがほとんどのインターナショナルスクールは日本の大学受験を受ける資格をもらえないため、日本で大学に進学したくなった場合受験を受けることができません。

子供の将来を大きく左右することになるので、真剣に子供と向かい合い決めていくようにしましょう。

インターナショナルスクールの学費は?

学費を比較してみよう

インターナショナルスクールへ通っている子は、周りに1人2人いるかいないかではないでしょうか。英語と深く関わることができ、インターナショナルな将来を期待できる学校ですが、なぜみんな通っていないのでしょうかでしょか【誤字脱字】

それはインターナショナルスクールの学費が関係しています。日本の学校との学費を比べてみました。

幼稚園時期(プレスクール)の学費

プレスクールと、日本の私立・公立幼稚園の学費を調べ1か月の学費を比較しました。

プレスクール 約8万~10万円
私立幼稚園 約2~3万円
公立幼稚園 約6千円~1万円以下

表の通り、プレスクールの学費はかなり高いことがわかります。年間約96万~120万円ほどかかります。

日本の小学校期からの学費

インターナショナルスクールの学費を知る前にまず日本での学費を知り比較ができるようにしましょう。日本の小学校・中学校は、義務教育を法律で定められているため授業料に関しては無料です。

その他に遠足や修学旅行代などで学費がかかってきます。公立、私立で比較しました。

小学校~高等学校の学費比較

平成26年度の日本の公立・市立別の平均の年間学費を比較しました。平均年間学費比較をしました。【日本語が変】

公立小学校 321,708円
私立小学校 1,535,789円
公立中学校 481,841円
私立中学校 1,338,623円
公立高校 409,979円
私立高校 995,295円

リンク元:文部科学省

イメージの通り私立になると公立より年間学費も高くなります。私立学校へは受験を必要とするところが多いため、早目の受験準備が必要になってきます。公立だと、年間約30~50万円かかり私立だと、年間90~150万円ほどかかります。

インターナショナルスクールの学費は?

インターナショナルスクールではどのくらいの学費がかかるのでしょうか。いくつかの学校を調べ1年間にかかる学費をまとめました。

小学校 約140万~250万円
中学校 約170万~250万円
高校 約180万~230万円

上記の表の通り、日本の学校よりも高額になってしまうのがわかります。私立よりも少し高めです。そして入学始めは入学金が約20~30万円ほどかかってきます。

日本の学校とインターナショナルスクールの学費比較

小学校~高校まで通った場合、どのくらい学費の差が出てくるのでしょうか。大学へ行くまでにどれほどかかるのか理解し、学費で困ることがないようにしていきましょう。

小学校~高校まで通った場合の合計学費

公立学校 約880万円
私立学校 約1,614万円
インターナショナルスクール 約1,890~2,940万円

インターナショナルスクールの学費は高額

インターナショナルスクールの学費は日本の公立・私立の学校より高額なことがわかりました。最初は余裕があり、払えていたとしても大学へ行くまでに学費を払い続けれることが必要です。

インターナショナルスクールから日本の学校へ編入することは難しいことです。将来を見据えて考えていきましょう。

インターナショナルスクールをなぜ選ぶの?

インターナショナルスクールのメリット

学費が高額なのに、なぜインターナショナルスクールへ通わせる親が増えているのでしょうか。それには、お金に変えられない魅力があるからです。メリットについてまとめました。

  1. 英語が身につく
  2. 様々な国の人と関われる
  3. コミュニケーション力がつく
  4. 仕事の幅が広がる

1.英語が身につく

インターナショナルスクールでは、ほとんど日本語での授業はありません。日本人向けのインターナショナルスクールの場合は、日本語での授業がある場合もありますがほとんどは英語です。

そのため自然と外国へ行って通用するネイティブな英語が身につくようになります。

2.様々な国の人と関われる

インターナショナルスクールは基本は外国の人のための学校です。そのため、日本に住んでいる様々な外国人の生徒と一緒に学校生活を送ることができます。その国の民族や特色など様々な経験をすることができます。

将来外国人の方と接したり、外国を訪れる時には環境に対応しやすくなります。

3.コミュニケーション力がつく

外国では、一人一人の個性を伸ばす教育方針です。そしてなにより日本の教育よりも自己主張を強く出すことが必要となってきます。そのため、人前で話すことや自分の意見をはっきりと言えるようになります。

4.仕事の幅が広がる

インターナショナルスクールで英語を学び、将来は外国の大学へ進学するようになります。大学に進学しないとしてもレベルの高い英語力を身につけているため、そこを生かした仕事につくことができます。

そして外国人との交流にも慣れるため、国際的な仕事についた場合でも環境に適応しやすくなります。

に外国人との交流にも慣れ、海外での仕事も夢ではありません。【日本語が変】

インターナショナルスクールのデメリット

メリットだけではありません。しっかりデメリットも理解し子供の将来について考えましょう。

  1. 学費が高い
  2. 日本語力が下がる
  3. 外国の教育しか受けられない

1.学費が高い

上記でも説明したように、日本の学校に通うよりかなり学費が高くなります。学費を払っていて貧しい生活を送ることになってしまうのは子供も嬉しくはありません。しっかり将来の予算も見通して考えておきましょう。

2.日本語力が下がる

インターナショナルスクールで国語(日本語)の授業はありません。そのため日本の学校へ通っている子よりも日本語力は衰えてしまいます。自分での日本語勉強が必須となってきます。

将来海外に行くからと、日本語を勉強しないと学校に通っている間の生活が不便になってしまいます。

3.外国の教育しか受けられない

インターナショナルスクールで教えてくれるのは外国のマナーや教育です。そのため、外国では許されることでも日本では許されないようなマナー違反をしてしまうこともあります。

日本に住んでいるのであれば以上が【誤字脱字】、親が学校以外の時間で日本のマナーや教育について教えてあげることが大切になってきます。

まとめ

英語は身につけると将来的にもかなり有利になります。そのために、インターナショナルスクールへ通わせる親が増えてきています。増えてきているようですね【日本語が変】。ですがそのことだけしか考えず、安易な気持ちで入学してしまうと後々大変なことになってしまいます。

子供の将来にかなり響いてくるのでしっかりと話し合い、考え決断してあげることが大切です。インターナショナルスクールへ通い素敵な将来を手にした方もたくさんいます。子供の幸せになるような選択をしてあげましょう。

 - 育児