ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ツラ~い産後の痔!原因と予防・治療法・手術はいつから?

   

妊娠中や様々な変化が体に起こり通常の生活を送るのも大変な場合がありますが、産後にもその影響は出ると言われています。

その中でもストレスになってしまったり痛い思いをしてしまうのが「痔」で、実は産後に痔で悩んでいる経産婦さんも多くいらっしゃるのです。

産後は育児に追われて中々自分の体のメンテナンスをする時間もないとは思いますが、痔をそのままにしておいくと辛いですし治りも遅くなってしまいます。

では痔に悩んでいる方達はどの様にして治療をしているのでしょうか。また痔を予防する方法はないのでしょうか。

痔ってなに?その症状は?

C150119040700

痔には幾つかタイプがあり、その症状や痔ができる場所によって名前や治療法も変わってきます。

痔のタイプによっては強い痛みを感じたり出血する事もあるそうで、悪化すると手術も必要となります。

そして得に妊娠中や産後に一番なりやすいと言われている痔は「いぼ痔」で、その次に「切れ痔」となります。

まずはこれらの痔について少し詳しく説明していきますね。

妊娠中や産後になりやすい痔のタイプとは!?

いぼ痔って何??

いぼ痔は痔核と呼ばれるいぼの様な物が肛門付近にできる痔の事です。

いぼ痔には肛門の中に出来る「内痔核」肛門の外側に出来る「外痔核」の2種類あります。

どちらも排便をする際にいきんだりする事で肛門付近の毛細血管に負担がかかり、うっ血して腫れ上がってしまうのです。

これが痔核といういぼの部分になります。

内痔核とは?

肛門の中にいぼが出来てしまいますので痛みもなく中々発見する事が出来ない様です。そして悪化した後に出血が起こる事によって初めて気づく方が多い様です。

外痔核とは?

肛門の外側にいぼが出来る為、痛みもあり直ぐに違和感を感じる方が多い様です。

急性の炎症を起こす事もありその場合には血の塊の様ないぼが出来てしまい、かなり強い痛みがあるそうです。

切れ痔って何??

切れ痔は名前の通り肛門の出口付近が切れてしまう事で「裂肛」とも呼ばれています。

こちらの痔も排便時のいきみや硬い便が狭い肛門を通る時に切れてしまう事で痔になってしまいます。

もちろん切れますので痛みを伴い、少量の出血もある様です。

どうして産後は痔になりやすいの!?

shutterstock_84175801-480x320

産後の痔は経産婦さんを悩ませるマイナートラブルの一つですが、ではどうして産後は痔になりやすいのでしょうか。

痔になってしまう原因を知っておくと産後の痔を予防できるかもしれませんよね。

産後に痔になりやすい、悪化しやすい原因

産後に痔になりやすい、悪化しやすい原因として多いのが「便秘」です。

妊娠中は大きくなったお腹で腸が圧迫されたりホルモンバランスの影響で便秘になっている妊婦さんも多いでしょう。

そして産後もそのまま便秘になってしまう方が多い様です。

特に産後は育児に追われ中々規則正しい生活が送れなかったり、食事内容も疎かになってしまう事が多い為便秘が慢性的になってしまうのではないでしょうか。

また分娩時にいきんだ時に肛門付近の血管も圧迫され痔になってしまう方もいらっしゃる様です。

では産後に痔になってしまったり、悪化したりする前に予防できる方法はないのでしょうか。

産後の痔の予防法5つ

1.水分をこまめに摂る

normal-8

先ほどもお伝えした通り産後の痔を悪化させる原因として便秘が考えられます。

特に母乳育児をされている方は自分の体内に必要な水分以外に母乳にも水分が必要となりますので、出来るだけこまめに水分を摂る様にしましょう。

そして水分が不足してしまいますと便秘も悪化しますので、その結果特に切れ痔になってしまいやすくなります。

2.食生活を見直す

産後は赤ちゃんのお世話で中々食事をゆっくり摂るという時間もないかもしれませんが、お母さんが健康であってこそ赤ちゃんのお世話もしっかり出来ます。

体調を崩さない為にも栄養たっぷりの食事を摂り規則正しい生活を送る事が大切になります。

また食物繊維を含んだ根菜や海藻などを積極的に摂る事で便秘も解消されやすくなり、痔を予防出来るでしょう。

便秘にお勧めの食材
  • プルーン
  • バナナ
  • オリーブオイル
  • きのこ類
  • ごぼう
  • 納豆
  • モロヘイヤ
  • わかめ
  • 寒天

3.適度な運動をする

長時間座ったままだったりあまり体を動かさないと血行が悪くなり便秘になりやすくなります。

また血行が悪くなると肛門付近の血流も悪くなりますので、うっ血しやすくなりいぼ痔の原因にもなるのです。

しかし毎日朝から晩まで育児に追われて本格的な運動する時間はあまりないでしょう。

ですので赤ちゃんと近くのスーパーまで歩いて行ったりベビーカーで散歩をしたりなど、日頃のちょっとした習慣に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

4.体を冷やさない様にする

1602054_01

体が冷えてしまいますと新陳代謝も悪くなり便秘になりやすくなってしまいます。

特に下半身が冷えてしまいますと肛門付近の結構も悪くなりいぼ痔の原因にもなってしまいますので、出来るだけ冷たい食べ物などは避けたいですね。

またご主人が育児に協力的であれば、見てもらっている間にゆっくり湯船に浸かるなどして体を温めると良いでしょう。

5.肛門付近を清潔に保つ

下痢が続いてしまった場合に肛門付近に傷がついていると傷口から細菌が入ってしまい、炎症を起こしてしまう可能性があります。

またその後悪化してしまうと痔瘻(じろう)という痔になってしまう事もありますので、注意が必要です。

更に痔になっている場合には排便後にトイレットペーパーで強く拭いてしまいますと痔が悪化してしまいます。

出来ればウォシュレットを使い綺麗に洗い流してから優しく引き取ると良いでしょう。

痔瘻とは!?

下痢が続くとで肛門線に雑菌が入ってしまい、化膿する事によって肛門の周囲に膿が溜まってしまいます。

そしてそのまま放置してしまうと肛門の内外をつなぐトンネルの様なものが出来てしまい「痔瘻」となります。

症状としては膿が出てきたり39度近い高熱が出る事もあるそうです。

そして痔瘻になってしまうと市販薬などでは治す事が出来ませんので、早めに病院を受診する必要があります。

産後の痔の治療法、市販の薬は?手術はいつからOK?

では産後に痔が悪化してしまった場合の治療法はどの様にすれば良いのでしょうか。

簡単に治る方法としては市販薬が一般的ですが、授乳育児をしていると母乳に影響しないのかと心配になりますよね。

また手術が必要な程に悪化してしまった場合には産後いつから手術が受けられるのでしょうか。

市販薬は自己判断で使ってはいけない!

c5aa2faf

痔に効く市販薬にはステロイドが含まれている場合が多く、授乳中は控えた方が良いと表示されている物も多くあります。

実際に母乳には直接影響が出るわけではないそうですが、自己判断での使用が控え病院できちんと処方された物を使用する様にしましょう。

産後の手術は約1ヶ月頃から大丈夫!

産後の痔の手術は体調が回復する産後1ヶ月程から可能なそうです。

特に初産の場合には会陰切開をしている方が多いと思いますので、切開の傷が完全に完治してから手術が出来る様になるでしょう。

症状にもよりますが、痔の手術は日帰りか1日入院して行わなければなりません。

また手術は麻酔をして行いますし、手術の後は痛み止めを処方されますので術後3日程は母乳をあげる事が出来ません。

その場合には母乳を予め搾乳しておくかミルクが飲める様に哺乳瓶の練習をしておくと良いでしょう。

まとめ

実は産後に痔が悪化して悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

また産後は毎日育児に追われ中々自分の体の事を後回しにしてしまい、結果痔が悪化してしまう方も多い様です。

早い段階で治療が出来れば治りも早いですが、酷くなってしまった場合には手術も必要になってしまいます。

あまり無理をして我慢をせずに違和感や痛みを感じたら早めに病院を受診し治療をしましょう。

 

 - 産後