? 逆子体操のコツや効果ってあるの?いつからやっていいの? - ベビスマonline

ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

逆子体操のコツや効果ってあるの?いつからやっていいの?

   

赤ちゃんの胎動もよく感じられるころは、マタニティライフのなかでも赤ちゃんを身近に感じることができる幸せな時期ですね。

元気な胎動を感じ、お腹の膨らみも目に見えてわかるようになったころ、担当医に「逆子かもしれませんね」と言われ驚いたり、「もしかして逆子?」と不安を抱えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

逆子を治したいと、いろいろと方法を探したり試したりしている方もいるでしょう。逆子を治すのに有効とされている方法はいろいろありますが、ここでは逆子体操の効果やコツ、いつから体操をしていいのか?などをまとめます。

「逆子」ってなに?

逆子とは

通常、赤ちゃんはお母さんのお腹のなかで「頭位(とうい)」という、頭が下になった状態で出産の日を待っています。これとは反対に、お尻や足を下に向けた姿勢をしている状態を「逆子」と呼びます。

妊娠中期と言われる妊娠5ヶ月(16週)から7ヶ月(27週)では、まだ逆子の状態であることが多いですが、赤ちゃんの頭が大きくなるにつれて重力により自然に頭位になります。

いつから「逆子」と言われるの?

担当医の判断によります。早いと20週目の健診で逆子と言われたお母さんもいるようですが、遅くとも28週前後までに逆子であるかどうかを気にかける医師が多いようです。一般的に、妊娠30週目を過ぎると赤ちゃんの体も大きくなることから逆子が治りにくくなります

逆子のまま出産の日をむかえる妊婦さんは、全体の3〜5%です。

逆子の原因は?

逆子の原因は医学的にはっきりと解明されてはいません。なので「私のせいかしら?」と憂鬱になる必要はありません。現在、原因として考えれているのは以下の通りですが、当てはまるかもという項目があったとしても、真の原因はわからないということを理解しておきましょう。

母体側の要因

  • 骨盤が小さい
  • 子宮の形や胎盤の位置が通常とは異なる
  • 体の冷え
  • 運動不足
  • ストレス

胎児側の要因

  • 赤ちゃんの発育がゆっくり
  • 双子や三つ子などの多胎妊娠

逆子と言われてしまったらどうしたらいい?

「帝王切開」を担当医と相談する

担当医師の方針にもよりますが、逆子分娩は非常にリスクが高いため、現在は多くの産婦人科医が「帝王切開」を勧めています。逆子分娩のリスクを理解して、医師と相談をしましょう。

「逆子分娩」の3つのリスク

赤ちゃんの体勢や状態にもよりますが、考えられるリスクは3つです。

  1. 赤ちゃんが産道の途中でつっかえてしまい、うまく出てこられなくなる
  2. へその緒が骨盤に挟まれてしまい、酸素がうまく送られなくなる
  3. へその緒が先に出てくる可能性が高まり、赤ちゃんがお産中に酸素不足になる

帝王切開のリミットまでに逆子を治す

実際に帝王切開を行うまでにはまだ時間があり、それまでに逆子が治る可能性は十分にあります。

いつまでに逆子を直せばいい?

ギリギリまで医師と相談しながら帝王切開を決めていくことになりますが、35週目までに逆子が治っていなかったら、帝王切開の予約をする病院が多いです。

病院の方針にもよりますが、臨月の10ヶ月目(36週目)ころには帝王切開をするかどうか決めていきます。赤ちゃんが十分に成長し、陣痛がおこってしまう前に計画的にお産を行うため、予定日よりも早い妊娠37週目には手術をします。

逆子を治す方法は?

帝王切開も立派なお産ですが、それでも自然分娩が諦められない!逆子をどうしても治したい!という方は「逆子体操」を試してみてはどうでしょうか。ツボ、針、お灸など逆子を治すのに有効とされる方法は幾つかありますが、逆子体操はそのなかでも多くのお母さんが試している方法です。

逆子体操ってどんなもの?

逆子体操とは

逆子体操とは母子ともに身体に負担をかけないように、逆子の状態を改善するために行うものです。体操といっても簡単なポーズをとるだけ。逆子を治す手段は多数ありますが、なかでも逆子体操は有効な手段です。

逆子体操はいつからいつまで行えばいいの?

医師に逆子と言われたら、妊娠30週前後から実施してみてください。もちろん、妊婦さんの体調や赤ちゃんの状態には個人差がありますので、実施の前に必ず担当医と相談してからにしましょう

妊娠32週を超えると、子宮内のスペースも狭くなってくるので体操で治すのは難しくなります。また、36週目にはお腹も大きくなり体操のバランスを取りにくくなるので、やめる判断をしましょう。継続する時期については医師と相談しながらすすめます。

逆子体操のやり方は?

逆子体操の代表的な方法は以下の3つです。ご自身の体調に合わせて無理せずに、好みの体操を1回だけでいいので行ってみましょう。また、担当医に勧められた体操がある場合はそちらを実施してください。

代表的な3つの逆子体操

1. 胸膝位(きょうしつい)

猫が背伸びをするようなイメージのポーズです。

画像出典元:http://ikuji-log.net/entry/healed-the-way-of-breech

  1. 両膝と胸を床につけうつ伏せに
  2. そのままお尻をなるべく高く持ち上げた状態で15分キープ(顔が痛い場合は、枕や丸めたタオルを敷くと良い)
  3. 15分たったら赤ちゃんの背中が上向きになるよう「シムスの体位」でお休み(シムスの体位の詳細は下で説明しています)

2. 仰臥位(ぎょうがい)

通称「ブリッジ法」と言われています。

画像出典元:http://ikuji-log.net/entry/healed-the-way-of-breech

  1. 仰向けに寝て、腰の下に枕やクッションなどを敷く
  2. 無理なくできるようであれば、お尻が20〜30センチくらい浮くように枕などの厚みを調整
  3. その体勢を10分ほどキープ(辛いようであればできる長さから)
  4. シムスの体位」でお休み

3. 側臥位(そくがい)

赤ちゃんがうつ伏せの状態になれるように、お母さんが横になる体勢です。特に休憩をとる必要がない体操なので、お布団の上で行いそのまま寝てしまってもいいです。

画像出典元:http://ikuji-log.net/entry/healed-the-way-of-breech

  1. 健診のときに赤ちゃんの背骨がお母さんの脇腹の左右どちらにあるかを確認
  2. 赤ちゃんの背骨が左側にある場合はお母さんは右側を下に 右側にある場合は左側を下に

休憩のポーズとして有効な「シムスの体位」

上で紹介した、「1. 胸膝位」と「2. 仰臥位」のあとに行うお休みポーズです。日ごろの休憩ポーズとしても簡単に取り入れることができます。

画像出典元:http://nemuri-kurashi.jp/bedclothes/2250-2/

  1. 横向きで寝たときに上側になる足を、適度にまげて床につける
  2. 足の位置は自分が1番リラックスできる場所におく

逆子体操をする際のコツはあるの?

逆子体操を行うときのポイント

逆子体操は以下にあるポイントを意識して行うとより効果的です。ご自身のペースで無理なくやっていきましょう。

1. 温まった身体とお部屋

入浴後に温まったお部屋で行いましょう。お母さんの身体の冷えは子宮内の温度も下げるため、赤ちゃんは自分自身を守ろうと頭を上に向け体温を上げようとします。そのため体操の有無に関わらず、日ごろから冷え対策をしておくといいです。

2. 心も身体もリラックス

「逆子を治さなきゃ!」と緊張したり頑張りすぎると、それが赤ちゃんにも伝わってしまいます。体操中に赤ちゃんに話しかけながら行うと、よりリラックスできます。

3. 動きやすい服装

お腹を締め付けない服装で行いましょう。お腹周りに妊婦帯や骨盤ベルトをつけている場合は、必ず外してください。お腹を無理に圧迫してしまうとお腹の中の赤ちゃんも苦しくなり、かえって悪影響になってしまいます。

4. 睡眠前に行うとより効果的

逆子体操の効果があった場合に赤ちゃんの頭の位置が動かないよう、体操終了後のそのままの体勢ですぐに就寝してしまうとより効果的です。

こんな時は逆子体操は避けよう

お腹のハリや痛みがある場合やご自身の体調が悪いときは、無理に逆子体操をするのはやめましょう。「どうしても逆子を治したい!」とついつい頑張ってしまいがちですが、無理な体操は早産のリスクを高めてしまいます。

安全なお産のために、必ず医師と相談しながら無理せずに行うことが大切です。

逆子体操の効果ってあるの?

逆子体操の効果は個人差があり、すべての人が逆子を治せるわけではありません。すぐに治ったという人もいれば、残念ながら最後まで治らなかったという人もいます。冒頭にも書きましたが、出産までに逆子が治らない妊婦さんの割合は全体の3〜5%です。

逆子体操は赤ちゃんが無事にうまれてきてくれるよう、手助けをしてあげる手段です。「絶対に逆子を治さなきゃ!」と、一生懸命になりすぎないでください。大切なのはあきらめずに継続して行うことです。

まとめ

逆子体操は赤ちゃんがうまれやすい体勢になるよう、手助けしてあげる手段のひとつでしかありません。大切なのは母子ともに健康な状態で出産をむかえることです。逆子体操のポイントや注意事項をしっかりと守り、自分の身体と相談しながら無理なく行ってください。

なかなか逆子が治らず焦ることもあるでしょうが、諦めずに継続していきましょう。赤ちゃんのうまれてくる力を信じて、楽しみながら逆子体操をしてみるといいかもしれませんね。

 - 妊娠後期