ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

いつから?量は?使える食材は?離乳食中期を大解剖!

      2017/02/18

離乳食を始めて2ヶ月が経つと、赤ちゃんには離乳食のステップアップをさせていきます。これが、通称:モグモグ期と呼ばれる離乳食中期のスタートです。

これから少しずつ形のあるものを食べさせていきますし、食べられる食材も増えます。けれど初めての離乳食だと、いつ・何を・どのように用意して与えていったらいいのかわからないですよね。

そこで、ここでは離乳食中期の基本をまとめました。ぜひこの記事を読んで、気持ちの準備も万端でモグモグ期をスタートしましょう!

離乳食中期はこんな時期です

381485

離乳食中期はこんな時期

1日2回の食事(2回食)にも慣れて生活のリズムを整えていくのが離乳食中期、別名:モグモグ期です。初期のペースト状だった食事から、少しずつ形のある食材を取り入れていきます。

初期から比較すると食べられる食材が増えますから、赤ちゃんにはいろいろな味を体験させてあげましょう。離乳食に飽きてしまう赤ちゃんもいますから、新しい食材を積極的に取り入れていくことが大切です。

いつから始める?こんな様子は移行のサイン

  • ゴックンが上手にできる
  • 口を左右に動かしている(食べ物を口の奥に移動させている様子です)
  • 自分から口をあける

【モグモグ期】1日のタイムスケジュールの例

7時 母乳やミルク

10時 離乳食1回目+母乳やミルク

15時 母乳やミルク

18時 離乳食2回目+母乳やミルク

22時 母乳やミルク

2時 母乳やミルク

※2回目の離乳食は19時までに済ませるようにしましょう

モグモグ期の食べさせ方

お座りが安定してきたら、ベビーチェアに座らせて食事をしても良いです。姿勢を安定させることであごや舌に力を入れられますから、赤ちゃんの姿勢に気を付けましょう。

椅子に座らせる時は足を床や補助板につけて体をまっすぐにできるよう座らせます。「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶をママがきちんとするようにしましょう。

実際に食べさせる時は、赤ちゃんの下唇の上にスプーンをのせて赤ちゃん自分で食べるのを待つようにします。スープなど液状のものはスプーンを横向きにして赤ちゃんの下唇にあてることで、汁物をすする練習ができます。

また、自分でスプーンが使えない時期ですが、赤ちゃん用の物を用意すると自分から手を伸ばすようになります。赤ちゃん用のコップも用意しておいて、少しずつコップで飲む練習も始めましょう。

1回の食事時間はだいたい10分程度が目安です。食べムラがあってあまり食べなくても30分が限度ですから、30分過ぎたら食事を切り上げるようにしましょう。

食後の母乳やミルクの量

離乳食から摂れるエネルギーの量はまだまだ少なく、30~40%程度です。なので、食後の母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ与える必要があります。

離乳食以外の授乳は、母乳だと赤ちゃんが欲しがるだけあげてかまいません。ミルクの場合の目安は1日3回です。

調理方法やメニュー例を知りたい!

71f5b9d82cdd080c1a149ed8a4fa323c_s

1食の量の目安

炭水化物 やわらかいおかゆ(7倍がゆ)50~80g
野菜・果物 20~30g
タンパク質

 魚や肉 10~15g

(もしくは)豆腐30~40g

(もしくは)卵黄1~全卵1/3

(もしくは)乳製品50~70g

※2種類使う場合は1/2の量にするなど、量を調整しましょう

必ずこれだけ食べないといけないわけでなく、あくまでも目安です。お子さんの様子をよく観察し、食欲・口の動かし方・身長体重などの成長によって量を調整してくださいね。

調理方法

モグモグ期では食べ物を舌でつぶせる豆腐くらいの硬さにするのが目安です。調理方法はゴックン期と同じ「煮る・ゆでる」が基本。電子レンジでの調理が活躍しそうですね。

献立の考え方

献立は主食+メインのおかず(主菜)+サブのおかず(副菜)の2~3品で考えます。炭水化物、野菜・果物、タンパク質の3つの栄養素を1種類は入れて、栄養バランスを考えるようにしましょう。

野菜はビタミン・ミネラルを含みますから必ず使うようにし、果物も積極的に取り入れます。食材自体の味を覚える時期なので、あまり凝ったものではなくシンプルな献立が良いでしょう。

離乳食中期のメニュー例

【離乳食中期】キャベツとトマトのおかゆ/豆腐ののり和え

20070317_5

引用元:マミィの離乳食奮闘日記「【離乳食中期】キャベツとトマトのおかゆ/豆腐ののり和え」より

手づかみ食べはいつから?

中期になると「自分で食べたい」という意欲を示す赤ちゃんもいます。その合図の一つが手を伸ばし食べたがること。そんな仕草が見られたら、手づかみ食べをできるものを少し用意してあげましょう。

このようにして赤ちゃんの食べたい意欲を引き出してあげることが、離乳食を進める上では大切です。

手づかみ離乳食のレシピ例~かぼちゃと豆腐のお焼き~

【離乳食中期】かぼちゃと豆腐のお焼き レシピ・作り方

5c7090e119f6ba1be6a19b175af7629772b0b233_64_2_3_2

材料(1人分)

かぼちゃペースト 大さじ1~

絹豆腐 大さじ1~

片栗粉 小さじ1~

作り方

1.ペースト状にしたかぼちゃ、豆腐、片栗粉をボウルに入れ、だまがなくなるまでよく混ぜる。

2.テフロン素材のフライパンに油をひかずにお好きな形に伸ばし、弱火で焼く。

3.焦げないように何度かひっくり返しながら、両面焼けたら出来上がり♪

引用元:楽天レシピ「【離乳食中期】かぼちゃと豆腐のお焼き レシピ・作り方」より

離乳食中期から与えられる食材は?

85beb35cf068e4fa60083cf7839bc070_s

モグモグ期からあげていいもの

炭水化物 マカロニ、スパゲッティ、コーンフレーク など
タンパク質 高野豆腐、納豆、カッテージチーズ、鶏ささみ肉、レバー、赤身魚 など
ビタミン・ミネラル 冷凍ミックスベジタブル、スナップエンドウ、パプリカ、アスパラガス など

食材の大きさの目安

うどん 2~3㎜程度  

4959eca104bce77001e0b8209651b75b

http://cookpad.com/recipe/3505795

にんじん

じゃがいも

かぼちゃ

荒くつぶす

もしくはみじん切り

katasa_img_table01_06

http://www.kewpie.co.jp/babyfood/advice/katasa/

ほうれん草 すりつぶす

もしくは少し形が残る程度にみじん切り

katasa_img_table01_10

http://www.kewpie.co.jp/babyfood/advice/katasa/

白身魚

赤身魚

すりつぶす

もしくは荒くほぐす

katasa_img_table01_14

http://www.kewpie.co.jp/babyfood/advice/katasa/

離乳食中期で気を付ける3つのこと

1.食べさせ方で注意すること

食後に予定などがあると、離乳食を与える時にどんどんスプーンを口元に持って行ってしまう事があります。しかし、そうすると赤ちゃんが食べ物を飲みこむ前に次の食べ物を口に入れてしまい、丸のみやむせる原因に。

そのため与える時は赤ちゃんのペースに合わせて口の中が空になってから次の一さじを与えるようにしましょう。赤ちゃんそれぞれで食べるペースが異なりますから、まずは赤ちゃんの様子を観察してみてください。

赤ちゃんは食べ物を口にいれたら、数回モグモグと口を動かしてからゴックンするのがわかるでしょう。

2.調味料の使い方

この時期からほんの少し塩などで味付けすることが可能です。ただし、調味料は必ず使わないといけないというものではありません。

モグモグ期は食材自体の味を覚える大切な時期です。味付けはできる限り、昆布だしや鰹節などを使ってうまみを出す方法がおすすめです。

調味料 1食分の目安

  • 塩 0.1~0.15g
  • しょうゆ 小さじ1/6
  • 砂糖 2~2.5g
  • オリーブオイルやバター 小さじ1/2

3.アレルギーにも注意!

新しい食材を試すときにはアレルギーに注意しましょう。初めての食材は小さじ1杯から始めます。それで下痢やアレルギーなどの問題が無ければ、翌日は小さじ2…というように少しずつ量を増やしていきます。

アレルギーの症状が出た場合は必ずお医者さんにかかるようにしてください。その際「いつ・どのくらいの量を食べ・何分後に・どんな症状がどれくらい続いたか」をメモして行きましょう。

アレルギーはこんな症状です
  • 皮膚の症状: かゆみ、じんましん、発赤
  • 目の症状: 結膜(白目やまぶたの裏)の充血、かゆみ、涙、まぶたの腫れ
  • 口腔の症状: 口中の違和感、腫れ、のどの痛み、イガイガ感
  • 鼻の症状: くしゃみ、鼻汁、鼻づまり
  • 呼吸器症状: 咳、のどのつまったような咳、声がれ、息苦しい、ヒューヒュー・ゼーゼーする
  • 消化器症状: 腹痛、吐き気、嘔吐、下痢
  • 循環器症状: 頻脈、手足が冷たい、くちびるや爪などが紫色や青白くなる
  • 神経症状: ぐったり、意識障害

引用元:アレルギーラボ「食物アレルギーを知ろう」より

次の症状の時は救急車で病院へ!
  • ぐったりして意識がもうろうとしている
  • 唇やつめが青白い(※チアノーゼと言います)
  • 呼吸を苦しそうにしている
  • 強い咳や犬が吠えるような乾いた咳をする
  • 急に激しく泣く
  • 何度も下痢やおう吐をする

離乳食中期 5つの悩みと対処法

8e746698551793aad1ef733b323f55b5_s

1.離乳食を食べないとき

中期に移行したとたんに離乳食をたべなくなる赤ちゃんがいます。あまりに食べない場合は、まだ赤ちゃん自身の体や気持ちの準備が整っていないのかもしれません。

そんな時は1度、初期の離乳食に戻してみてください。そこで赤ちゃんと一緒に食べる楽しみを再確認しましょう。品数を一つだけ中期の硬さにして、他は初期のペースト状にする、という方法もおすすめです。

2.離乳食を噛まないとき

モグモグ期では、その名の通りモグモグして口で咀嚼していくことを少しずつ練習していく時期でもあります。けれど、赤ちゃんが食べ物を飲み込むときにゴキュッという音がしたら、丸のみしているかもしれません。

このようなときは、赤ちゃんへの食べさせ方を見直してみてください。舌の真ん中くらいにごはんをのせると、高い確率で丸のみしてしまいます。

なので、舌先におかずをのせて食べさせるようにしましょう。赤ちゃんの舌先にのせることで舌の奥へごはんを移動させるので、そのときにモグモグ噛んでくれます。

それから、食事の度に「モグモグしてね」と何度も言い聞かせながら食べさせることも大切です。赤ちゃんがちゃんとモグモグできたら、たくさんほめてあげてくださいね。

3.食べているときにえづく場合

少しずつ形のある食材を試していくと、赤ちゃんがオエッと涙目でえづくことがあります。時にはそのせいで、なかなか離乳食がすすまないことも。

この原因は、食べ物を飲み込みにくかったり、食感が嫌だったりすることです。このような場合、食材の大きさや硬さが今の赤ちゃんに合っていないのかもしれません。

えづく場合の対処法

  • 食材の大きさをより細かくする。もしくは一旦ペースト状に戻す。
  • 繊維質の多い野菜(キャベツ、ほうれん草など)繊維を切って細かくする
  • パサパサする食感のもの(鶏ささみなど)は、片栗粉などでとろみをつける
  • 臭いが苦手なもの(レバーやタラなど)月齢が上がってから再チャレンジしてみる

4.離乳食を嫌がる場合

離乳食を食べないどころか全力で拒否されてしまうと、一生懸命準備したママもつらいですよね。ただ、毎日同じような食材を使うと赤ちゃんも大人と同じように飽きてしまうのです。

また、味付けをしっかりするわけにはいかない時期ですが、ダシだけはしっかりきかせてもOK。食材の種類・形状・味を見直して、ダシでの味付けをしてみましょう。

また、たまにはほんの少量の塩を使うのも良いですよ。初期の状態にもどしてみて食べるのであれば、それをしばらく続けてみてはいかがでしょうか。

離乳食を嫌がる!体験談

子どもによっては何をやっても離乳食を嫌がる時期というのもあります。離乳食では、ご飯を取り入れた生活リズムや食べること自体に慣れることが目的。食べる量は少なくても構いません。

赤ちゃんが嫌がってもあまり気にしすぎず「いつかは食べるんだから」とおおらかな気持ちでいられたら良いですね。

ベタベタ、ドロドロの初期や前期は嫌がってました。

少し味がつきはじめる中期からきざみの頃くらいから食べだし、後期や完了期にはパクパク食べてました。

個人差が有ると思います。

後期食では食べなくてきざみに戻したら食べる子もいますし…

焦らずゆっくり子供のペースに合わせてあげればいいと思います。

いつかは必ず食べるようになるんだし…

って私は思いながら食べさせてました(笑)

引用元:Yahoo!知恵袋「離乳食について」より

5.スプーンを拒否する場合

離乳食を食べる時にスプーンが口に入るのを嫌がってしまう場合、ママから手で与える方法でも良いのです。そのうち赤ちゃん自身が、自分の手を使って食べたくなるかもしれません。

そのときはどんどん手づかみ食べをさせてあげてください。他にも、プラスチックから木のスプーンに変えたら食べるようになったという赤ちゃんもいます。食器を変えるというのも一つの方法ですね。

まとめ

モグモグ期で大切なのは、1日2回食のリズムを定着させることと、様々な味や舌ざわりの食材を知ることです。食べ方には個人差がありますから、量ばかりにとらわれないように楽しく食事をしましょう。

何をしても食べない時期もありますから、大らかな気持ちで食事は楽しい時間であることを伝えましょう。

 - 離乳食