ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

うどんはいつから離乳食で食べさせていい?注意点、オススメレシピなど

      2016/12/19

ゆでるとすぐに食べられるうどんは、手軽に利用できる食材の一つとして重宝されています。消化が良いことで知られており、風邪をひいた時や調子が悪い時にうどんを食べるという人も多いでしょう。

もちろん、離乳食にもうどんを使うことができます。 しかし、うどんを大人が食べるように与えるわけにはいきません。また、離乳食の時期によっても食べられる量や硬さ、長さが違います。

それでは、いつから・どのようにうどんを離乳食に取り入れていったら良いのか、一緒に確認しましょう。

いつからうどんを食べさせていいの?

3a88b557187e9984b7b8e27383e801cc_s

うどんは離乳食初期から食べさせることができる食材です。ただし離乳食の始めの1ヶ月は、おかゆからスタートして慣れていく時期。実際にうどんを与えるのは、離乳食開始から2ヶ月目以降(生後6ヶ月ごろ)と考えましょう。

うどんは炭水化物の部類に入るので、離乳食で与える場合は主食として与えることになります。うどんには生麵・乾麺・冷凍の3種類がありますが、どれも離乳食に使うことができますよ。

1日に食べさせてよい上限量の目安

72f7f69cf0e3fcf013fe95b909fa42ed_s

うどんは離乳食の初期から与えても大丈夫な食材だということがわかりましたね。それでは、うどんは1日にどれくらいの量を食べさせても良いのでしょうか?1日・1食あたりの適切なうどんの量について、ご説明しましょう。

はじめて与える時~離乳食初期(ゴックン期/5~6ヶ月)

うどんに限らないことですが、離乳食ではじめての食材を与える時は必ず「小さじ1杯」から与えます。アレルギー症状などが起こらないことを確認してから、一日ごとに小さじ2杯、3杯…と増やしてください。

離乳食初期が終わる頃の目安は、1食あたり30~35グラム(大さじ2程度)です。

毎日毎食うどんを与えるのはおすすめできない理由が「塩分」です。離乳食初期に塩分は不要なのに、うどんには元々塩分が含まれています。そして下ごしらえをしても塩分は20%程度残ると言われています。

ゴックン期の間のうどんは、離乳食が2回食になっても1日1食にしましょう。

離乳食中期以降の1食あたりの量の目安

時期 月齢の目安 1食あたりの量の目安
離乳食中期/モグモグ期 生後7~8ヶ月 35~50グラム
離乳食後期/カミカミ期 生後9~11ヶ月 60~80グラム
離乳食完了期/パクパク期 1歳~1歳6ヶ月 110グラム

1日の上限量

離乳食中期以降になると少しずつですが、赤ちゃんの体が塩分を摂っても大丈夫なように成長していきます。きちんと下ごしらえをしたうどんであれば塩分を過剰に気にすることはありません。

うどんは1食の上限量はありますが、1日の上限量が特別に決められた食品ではありません。しかし、毎日毎食うどんでは食事のバランスを崩してしまう恐れがあります。

例えば、3回食では「昼食はうどんにする」と決めておくと献立を考える手間も省くことができますよ。

うどんを離乳食として食べさせるときに気をつけるべき3つのこと

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

実際にうどんを与える時はどのようなことに注意したらよいのかも気になりますよね。それでは、離乳食でうどんを与える時に注意してほしい3つのことを順番にお伝えします。

1.小麦アレルギー

小麦はアレルギーを起こしやすい食品のトップ5にランクインしています。特に初めて離乳食に取り入れるときは赤ちゃんが食べたそうにしていても大量に与えないでください。

まずは小さじ1杯をあげて様子を見るようにしましょう。いつでも病院に行けるように、平日の午前中にスタートするのがおすすめです。万が一アレルギーが起こった場合、次のような症状が出ます。

img_p5_02

画像出典元:http://www.kimura-allergy.com/original5.html

次の症状の時は救急車で病院へ

  • ぐったりして意識がもうろうとしている
  • 唇やつめが青白い(※チアノーゼと言います)
  • 呼吸を苦しそうにしている
  • 強い咳や犬が吠えるような乾いた咳をする
  • 急に激しく泣く
  • 何度も下痢やおう吐をする

2.硬さと長さ

離乳食には時期によってそれぞれ適切な固さがあります。うどんの場合は長さも関係します。与える時は次の表を参考に、赤ちゃんに合った固さと長さにしてあげましょう。

時期 固さの目安 長さの目安
離乳食初期

ゴックン期

ポタージュ状

なめらかにすりつぶす

ポタージュ状

c56c3424074885a73bce354d7b72a385

画像出典元:http://cookpad.com/recipe/2296314

離乳食中期

モグモグ期

豆腐くらい

舌でつぶせる程度

2、3㎜~5㎜

cac9759fa5c9504aa5e29af91a0e054c

画像出典元:http://cookpad.com/recipe/3163601

離乳食後期

カミカミ期

バナナくらい

歯茎でつぶせる程度

1~2㎝

fb7e2d2d70d06a980070b81ae4d7f2a0

画像出典元:http://cookpad.com/recipe/3193688

離乳食完了期

パクパク期

肉団子くらい

歯茎で噛める程度

2㎝~5㎝

61ba9d116c3f50989a136a71408b38ee

画像出典元:http://cookpad.com/recipe/3870639

3.塩分

うどんには製造の過程で塩分が含まれているので、赤ちゃんに与える時には気を付けないといけません。麺を長くゆでて水で洗うことでうどんの塩抜きをすることができます。

乾麺はゆでると柔らかくなりやすい点は離乳食に向いていますが、塩分が多く含まれています。下ごしらえの時は、たっぷりのお湯で通常の2倍程度の時間をかけてゆで、しっかり水洗いをしてください。

冷凍うどんは一番塩分が少ないですが、コシが強く、長くゆでても柔らかくならないものがあります。その場合は細かく刻むことに気を付けたり、離乳食後期以降に利用したりしましょう。

「どうしても塩分が気になる」という方は、離乳食用の塩分不使用のうどんを利用すると良いですよ。ゆでた後の水洗いが必要なく、もともと短めにカットされている点もとても便利なのでおすすめです。

51eduwwtlzl

アマゾンバナー

楽天バナー

ゆでる前の塩分量の比較

※ゆでる前のうどん100gあたり

生麺 2.5g
乾麺 4.3g
冷凍 0.5g

忙しいママが短時間で作れるうどんを使った赤ちゃん離乳食レシピ

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

離乳食は毎日のことなので、時間をかけずに用意できたら助かりますよね。そんなうどんの時短レシピを、離乳食の時期別にわけてご紹介します。

離乳食初期【ゴックン期】のおすすめレシピ

赤ちゃんの分、ほんの少しだけうどんのペーストを用意するのは意外に手間が取られます。そんな時には電子レンジを利用すれば、鍋も出さずにうどんのペーストを作ることができますよ。

また、プニプニのうどんを裏ごしするのは時間も労力もかかります。ハンドブレンダーやミキサーを使って手早く離乳食を準備しちゃいましょう。

【離乳食 ★ 初期 ★ レンジで簡単うどんのペースト レシピ・作り方】

94604043e9a0bda0c52a5fd9b578bac558813156-48-2-3-2

【1】1袋を使うと多いので、箸などではさみギューっと押すと簡単に半分だけ取り出せます。(・∀・)残りの半分は大人が頂きます♪

【2】キッチンバサミでチョキチョキ適当に小さく切っていきます!目安1cm ※包丁・まな板不使用、直接手に触れないので衛生的☆

【3】耐熱皿に細かく切ったうどんとひたひたにお湯を入れラップをしてレンジで2分加熱を2~3回繰り返し塩抜きします加熱後は、暫く放置しふやかす

【4】軽く水洗いしザルにあけ水気を切ります

【5】後は、、、ブレンダーでガーーー!!っとやったら(・∀・)b完成です★ ※この時、お湯を足して伸ばしてもOK

【6】製氷皿やフリーザーバックに入れて冷凍! ※フリーザーバックの場合は、空気を抜き薄く伸ばす。

【冷凍するときの注意】

■製氷皿はフタ付きがオススメです♪乾燥・酸化・臭い移りを防ぐ効果があるので!

■冷凍すると膨張するので、最高でも容器の8分目位に留める

引用元:楽天レシピ「離乳食 ★ 初期 ★ レンジで簡単うどんのペースト レシピ・作り方」より

離乳食中期【モグモグ期】のおすすめレシピ

下ごしらえしたうどんは冷凍保存できるので、適切な長さ・量で冷凍しておけば、それだけで時短になります。

次にご紹介するレシピは、だし汁や湯で野菜も冷凍ストックを使用しています。ベビーフードを利用するのも賢い方法ですよ。

【離乳食中期 人参&キャベツ&海苔入り醤油味うどん レシピ・作り方】

8a3079bf66da56f1c6a0f6fdad1b7f6d3ace8e6b-51-2-3-2

~材料(1人分)~

  • 出汁 大さじ3
  • うどん(茹でた状態) 30g
  • みじん切りした人参 大さじ2
  • みじん切りしたキャベツ 大さじ2
  • 海苔 3cm四方
  • 醤油一滴

~作り方~

【1】(乾麺の)うどんを短く折って茹でておきます(冷凍ストックを作っておくと便利です)

【2】野菜スープを作った際に、人参とキャベツのみじん切り冷凍ストックを作っておきます

【3】まとめて作って冷凍しておいた出汁を大さじ3、小鍋に入れて弱火にかけます。

【4】出汁が溶け出したら、1のうどんを30g、2の人参とキャベツを各大さじ2ずつ、刻んだ海苔を鍋に入れ、よく混ぜながら、弱火で煮込み続けます。

【5】全ての具が解凍されたら、醤油を一滴たらし、さらに1分煮込んで、火を止めます。

【6】器に移し、人肌程度に冷ましたら出来上がり。

引用元:楽天レシピ「離乳食中期 人参&キャベツ&海苔入り醤油味うどん レシピ・作り方」より

離乳食後期【カミカミ期】のおすすめレシピ

離乳食も後期になると、手づかみで食べたがる赤ちゃんも増えてきます。

そこで、うどんでも手軽に作れる手づかみメニューをご紹介します。きなこと和えるだけのカンタンレシピですが、たんぱく質も一緒に摂れるのでおすすめです。

【おやつにもOKなきなこうどん】

ebaabc57cfe189f5a0dd15fa9931eeacc389bc3b-37-2-3-2

画像出典元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1860001634/

~材料(1人分)~

  • ゆでたうどん 60g
  • きなこ 大さじ1/2
  • 砂糖 3g(お好みで)

~作り方~

【1】うどんは水をよく切り、2㎝程度の長さする(ゆでる前に切っておくのもOKです)

【2】全体にきなこをまぶして出来上がり

【ポイント】カミカミ期には1食あたり3gの砂糖を使うこともできるので、お好みで砂糖を混ぜるとさらにおいしいですよ。

離乳食完了期【パクパク期】のおすすめレシピ

完了期には栄養バランスもきちんと考えていかないといけません。野菜やひき肉・卵などと一緒にゆでると、1品でいろいろな栄養を摂れるのがうどんの良い所です。

そんなうどんをお好みやき風のおやきにしたら、見た目から食べる意欲がそそられるメニューになります。赤ちゃんも自分で食べやすいので、どんどん食べてくれるようになるかもしれませんよ。

離乳食後期〜完了期★うどんのお好み焼き

0205d55c24b4526ff921f4068d722a26

~材料(1人分)~

  • うどん 食べる分
  • 好きな野菜
  • 卵 1個
  • 小麦粉 大さじ1
  • 和風だしのもと 小さじ1
  • 塩こしょう ひと振り程度
~作り方~

【1】野菜を柔らかく茹でるか、ラップに包んでチンしてみじん切りにする

【2】※玉ねぎはラップに包んで600w20〜30秒程で柔らかくなります

【3】うどんは茹でて食べやすい長さに切る

【4】ボウルにうどん、みじん切りにした野菜、卵を入れて混ぜ合わせる

【5】小麦粉を入れてダマにならないようよく混ぜる

【6】和風だしのもと、塩こしょうをする

【7】油を入れて熱したフライパンに流し込む(20cm位の小さめフライパンだと◎)

【8】両面を焼き、最後に弱火でフタをして1分蒸し焼きにして完成

【コツ・ポイント】

きのこ類やネギを入れると香りが良くなってオススメ。味を濃くしたりソースを塗れば大人でも食べられます。旦那もお気に入りです。色んな野菜をたくさん食べられます! 

引用元:クックパッド「離乳食後期〜完了期★うどんのお好み焼き」より

うどんを長期保存しておくための方法

麺の種類によって期間は異なりますが、うどんは比較的保存しやすい食材です。多めに買って保存しておけば「ご飯を炊き忘れた!」という時でもパッと離乳食の準備ができますよ。

下ごしらえをしたうどんは冷凍で1ヶ月程度持ちますが、離乳食で赤ちゃんが食べる場合は新鮮な方が望ましいです。冷凍して1~2週間以内に使い切るようにしましょう。

うどんの麺と保存期間の目安

生麺 2~5日前後
乾麺 3ヶ月程度
冷凍 1年程度
下ごしらえをしたうどん 1~2週間

うどんを食べない!嫌がる!そんな時でも進んで食べるようになるレシピ

離乳食期が終わって幼児食になっても、うどんはやっぱり便利な食材です。赤ちゃんにはできれば好きになってほしいですよね。

うどんを食べないのは「食感が嫌い」「食べにくい」「食べさせにくい」といった理由が多いです。対策としてうどんの長さを短くしたり、スプーンで与えていたのをお箸で与えてみたりするのがおすすめです。

そんな赤ちゃんにおすすめのうどんレシピは「あんかけ」です。食感が嫌で飲み込みにくい場合、とろみをつけるとすんなり食べてくれる場合がありますよ。

【あんかけうどんの作り方】

bbd6499993ad1d08a304eea94983748f

画像出典元:http://cookpad.com/recipe/813005

~材料(1人前)~

  • 下ごしらえをしたうどん 適量
  • 好きな野菜 適量
  • 水 適量
  • 鰹節 1パック
  • 水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ1 + 水 小さじ2)

~作り方~

【1】鍋に水を入れ沸騰させる

【2】好きな野菜・鰹節を入れて、野菜に火を通す

【3】野菜に火が通ったら、うどんを入れる

【4】ひと煮立ちしたら火を止めるか弱火にして、水溶き片栗粉を少しずつ回し入れる

【5】強火にしてとろみがついたら出来上がりです。

まとめ

うどんは離乳食初期から赤ちゃんに与えることができる、便利な食材です。1食あたりの量を参考に、炭水化物として与えましょう。

小麦アレルギーの可能性には十分気を付けて、いろいろなアレンジを楽しんでみてください。

 - 離乳食