ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

目安は生後5ヶ月から!離乳食1カ月目の食材や進め方スケジュール

      2016/12/09

生後5か月は、離乳食を開始する目安の時期です。今まで母乳やミルクで栄養を取っていた赤ちゃんが、初めて液体以外の物を口にします。どんなものを作ればいいか、作り方や量、使ってもいい食材など、初めての離乳食はわからないことだらけですよね。

今回は、そんな「初めての離乳食」に挑戦するママと赤ちゃんのために、離乳食の初歩についてまとめてみました。生まれて初めて食べ物を口にする赤ちゃんがどんな反応をするのか、ドキドキしつつも楽しみですね♪

食べさせてもいい食材と調理法

9f966f2e44ee8344be73312d53942194_s

離乳食を始めて1カ月目の赤ちゃんに与えるものの基本は、とにかくやわらかく・なめらかに・のどごしよくが基本です。大体、ポタージュくらいの緩さをイメージして下さい。食べていい食材は、米・野菜・果実のみです。その中でも、まずはアレルギーの心配が少ないお米から始めるといいでしょう。

ではお米の他には何を食べさせればいいのでしょうか?離乳食を初めて1ヶ月目の赤ちゃんが食べてもいい食材と、調理法をまとめました。

炭水化物

食材 調理法 レシピ例
10倍がゆをペースト状にする 10倍がゆ(米から)
米粉 米粉で10倍がゆを作る *10倍粥*米粉で5分♪簡単 離乳食*

野菜

食材 調理法 レシピ例
ほうれん草/小松菜 葉先をやわらかくゆでてすりつぶす 離乳食超初期 ほうれん草ペーストの作り方
キャベツ やわらかくゆでてすりつぶす ★離乳食★【初期】キャベツの裏ごし♪
白菜 葉先をやわらかくゆでてすりつぶす 離乳食開始時期に!茹で白菜
ブロッコリー/カリフラワー 花蕾(からい)だけゆでて、こまかく刻んでペースト状にする 離乳食 初期 ブロッコリーのすりおろし
大根 やわらかくゆでてすりつぶす 大根(離乳初期~)
にんじん 加熱して、すりつぶしてペースト状にする ★離乳食★【初期】にんじんのすりつぶし
じゃがいも 加熱して、すりつぶしてペースト状にする 離乳食 じゃがいも 初期
かぼちゃ 加熱して、すりつぶしてペースト状にする ★離乳食★【初期】かぼちゃのすりつぶし
かぶ やわらかくゆでてすりつぶす 離乳食のストックにかぶぅ〜初期からOK!
玉ねぎ 加熱して、すりつぶしてペースト状にする ☆玉ねぎ☆ 離乳食[初期]
さつまいも 加熱して、すりつぶしてペースト状にする 離乳食 初期 さつまいもペースト
トマト 湯むきして種をとりつぶす 離乳食初期 裏ごしトマト
とうもろこし 加熱してすりつぶして裏ごし 離乳食★レンジで★トウモロコシペースト

果物

食材 調理法 レシピ例
いちご 非加熱可。すりつぶして裏ごし ★離乳食★【初期】イチゴの果汁♪
みかん 汁をしぼるか薄皮を剥いた果肉を使用 離乳食初期 みかん煮
すいか 種をとってすりつぶしたり、果汁をしぼる 離乳食★初期~中期★スイカミルク
なし すりおろしたり、果汁をしぼる 離乳食初期★梨

食物アレルギー20品目食品の果物

下記の食材は、離乳食1ヶ月目の赤ちゃんでも食べることはできますが、アレルギーを引き起こす可能性がある食品です。与える際は、他の食材よりも慎重に与えてください。

食材 調理法 レシピ例
バナナ 非加熱可。加熱すると甘みが増す 離乳食 初期&中期 あま~いバナナ 
りんご 非加熱可。すりおろしたり果汁をしぼる 離乳食 初期~りんご~
もも 非加熱可。すりおろしたり果汁をしぼる 離乳食5ヶ月★ルクエで★桃のピューレ

あると便利なもの

離乳食を作るには、すりつぶしたり裏ごししたりと、専用の調理器具が必要です。すでに自宅にある場合は、しっかり洗浄すれば使用しても問題ないですが、赤ちゃん専用の器具を用意してもいいと思います。

ベビー用の食器と調理器具がセットになっているものもあるので、お気に入りの物を探してみてくださいね。

61szcwa-xel-_sl1280_

ピジョン 調理&ベビー食器セット ミッキー&フレンズ

アマゾンバナー

また、つぶす・なめらかにする、などの作業には、ブレンダーやフードプロセッサも便利です。とくにおかゆなどは、すりつぶすときにすり鉢のなかでお米が逃げてしまい大変面倒なので、お鍋の中でブレンダーでつぶすとかなり時間短縮になります。

材料の量などを測ることも多々あるので、グラム単位で測れるキッチンスケールも用意しておくといいと思います。

初めての離乳食の与え方

d53800df0ddee4165c9934916539c4c1_s

スプーンでの上手な与え方

初めてスプーンを口に入れる赤ちゃんは、今までにない感覚にびっくりして、スプーンを拒否してしまうことがあります。今まで赤ちゃんは、ママのおっぱいや哺乳瓶で「吸う」ということしかしていません。赤ちゃんにとっては当然の反応とも言えるので気長に付き合ってあげましょう。

とはいえずっと拒否されていても離乳食が進まないので、スプーンの使い方を予習してから、初めての離乳食に挑んでみましょう!

スプーン選びのポイント

ベビー用のスプーンを選ぶポイントは次の2点です。

  • できるだけ浅いものを!
  • 幅は2センチ以内くらいを目安に

ベビー用や離乳食用とうたっているものは、ほぼ上の条件を満たしているものが多いですが、一応頭に入れて選ぶときの参考にしてみてください。また、口に入れたときにヒヤリとしすぎないように、プラスチック製のものを選ぶといいでしょう。

プラスチックのものも同様ですが、木製の物を選ぶときは、着色材やコーティングなどをされているときもあるので注意してください。

スプーンをお口に入れるときのポイント

16f919e22b3451ead22cf692c1604125_s

前述したとおり、赤ちゃんはスプーンをお口に入れて食事をしたことがないので、そもそもそれが食事であるという概念がありません。最初から「あーん」とお口を開けて離乳食を受け入れてくれるわけではないので、練習だと思って赤ちゃんのペースに付き合ってあげましょう。

食べさせるときのおおまかな手順はこんな感じです。

  1. 赤ちゃんの体を起こす(椅子に座らせるか、膝に乗せてあげる)
  2. スプーンに離乳食をのせ、下唇に軽く触れる
  3. お口を開けてくれたら、スプーンを中に入れる
  4. お口を閉じてくれたらそっとスプーンを水平に引き抜く

赤ちゃんのお口の中に、食べ物をそっと置いてくるイメージです。むせてしまうので、決してのどの奥に流し込まないよう注意してください。

赤ちゃんは舌を動かしてのどの奥に食べ物を運びます。「食べ物を飲み込む」ことに徐々に慣れていってもらいましょう。

食事用エプロン

初めて離乳食を食べる赤ちゃんは、びっくりしてしまいお口の外に吐き出してしまうことがあります。食べこぼしたものは、こびりついたりシミになったりしてお洗濯が大変なので、最初から食事用のエプロンをつけておいてあげましょう。

エプロン選びのポイント

  • 防水加工のもの
  • ポケット付きのもの

食べこぼしてもさっと拭ける防水加工の物が便利です。また、ポケット付きのものは、食べこぼしが床に落ちることがないので安心です。

71bflz6thbl-_sl1087_

Taurau.C 防水 スタイ

アマゾンバナー

また、お食事椅子の下に小さいレジャーシートを敷くのもおススメです。赤ちゃんはこぼすもの!と割り切って、こぼしても大丈夫なようにしておけばママの負担も軽くなりますよ。

離乳食と授乳はどのタイミング?

c2dfd82fdaaeaadaa7f90dd88a2552f2_s

開始直後の離乳食は、食べる練習が主な目的であり、栄養補給ではありません。赤ちゃんは、まだまだ母乳やミルクから栄養を取る時期です。では、離乳食はいつ与えて、授乳のタイミングはどうすればいいのでしょうか?

離乳食は午前中に1回

離乳食を与えるのは、午前中の授乳前が最も適しています。生活リズムがつき始めてきた離乳食初期のころの赤ちゃんは、午前中にだいたい2回の授乳があるかと思われます。そのうちの1回を「離乳食+授乳」にしましょう。

午前中に離乳食を与える理由

初めての食材を口に入れる赤ちゃんは、アレルギー症状を起こしてしまう可能性があります。食材をひとつひとつ試して大丈夫かどうか確かめる時期でもありますので、どの食材がアレルギー源であるかはまだ分かりません。

何かあったときにすぐに病院に行けるよう、ほとんどの病院が開いている時間帯である午前中に離乳食を与えるのがおススメです。

また、赤ちゃんは午前中のほうが機嫌のいいことが多いです。ご機嫌なうちに離乳食チャレンジ→授乳でお腹いっぱい!という流れのほうがスムーズですよね。

一日の食事時間の例

赤ちゃんとママの過ごし方によって個人差はありますが、だいたいこのようなスケジュールを目安にしてください。

  • AM6時    授乳
  • AM10時   離乳食+授乳
  • PM2時    授乳
  • PM6時    授乳
  • PM10時   授乳

母乳の場合は赤ちゃんが飲みたいだけ与えて、ミルクの場合もいつも通りの量か、いつもより少しだけ少なめの量を与えてましょう。

どれくらいの量を食べさせればいい?

f27d3ed1965d42df1ed5400d49392cec_s

初めての食材はひとさじから

離乳食を始めたばかりの頃は、食事・栄養補給というより「食べる練習」のため、与える量はごくわずかです。「えっ、これだけでいいの!?」と思ってしまいそうですが、初めて与える食材の量は小さじ1杯程度です。前述したベビー用のスプーンで1杯程度か、小さめのスプーンなら1杯半程度の量になるでしょう。

その日食べた食材を次の日にもう一度食べさせてみたり、その次の日に量を増やしてみたり、を繰り返して、量を徐々に増やして行きます。離乳食の進め方のスケジュールについては、別の項目で後述します。

離乳食開始から1ヶ月くらいたった頃の離乳食の量

初めのうちは練習なので量が少ないですが、離乳食開始から1ヶ月くらいを目安に、次のような量まで増やしていきましょう。

穀類(炭水化物)

30~40g(大さじ2~2.5杯くらい)

野菜・果物(ビタミン類)

15g(大さじ1杯くらい)

主食と副菜のイメージで

ごはん(10倍がゆ)+おかず(野菜ペースト)orデザート(果物ペースト)を組み合わせて、献立を作りましょう。おかゆに野菜を混ぜて野菜がゆにしたり、デザートのように果物ペーストを出したり、使える食材は少ないなりに色々バリエーションは効きます。

冷凍保存を活用しましょう♪

51cxdpo5sml

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー50 × 2個

アマゾンバナー

少量を毎回用意するのも面倒なので、多めに作って1回分を冷凍しておくと便利です。また、グラムきっかりで用意しても、赤ちゃんの手が当たってスプーンや器からこぼしてしまったり、赤ちゃんが吐き出したりしてしまうことが多々あります。

初めから多めに作ってストックしておけば、足りなくなった時も安心ですし、毎日少量の離乳食を用意する必要もなくなります。

離乳食スケジュール

d03429cef2910ecdc7b998fd1e40c8c2_s

先の項目で離乳食開始後から1カ月経ったころの目安量を説明しましたが、ではどのようなスケジュールで目安量まで増やせばいいのでしょうか?

進め方一例

↓食材 →日数 1さじは小さじ1(約5グラム)です。

1~2 3~4 5~6 7~10 11~15 16~25 26~30
おかゆ 1さじ 2さじ 3さじ 4さじ 5さじ 6さじ 30グラム~
野菜・果物 1さじ 2さじ 3さじ 15グラム~

このように、徐々に目安量まで近づけていって下さい。離乳食に慣れた2カ月目からは、さらに使える食材が増えてバリエーションも多くなりますよ!

また、これはあくまでも一例のため、スケジュール通りに進まなくても大丈夫です。赤ちゃんの様子や体調を観察しながら、ゆっくりのんびり進めるつもりで一緒に慣れていきましょうね。

まとめ

  • 食べてはいけない食材や、調理法に気をつけること
  • スケジュール通りに進まなくても気にしすぎないこと
  • 一緒に楽しむつもりで、赤ちゃんの離乳に付き合うこと

同じようなスケジュールで同じような量を食べて離乳する赤ちゃんはいません。どんな進み方や食べ方であっても、赤ちゃんは一生懸命ママのたてた計画に沿って離乳食にチャレンジしていきます。いずれは離乳して大人と同じような食事を取るようになるので、気長に頑張りましょう!

今までずっと母乳かミルクを飲んでいた赤ちゃんが、離乳へ向けて食べ物を食べる練習を始める姿は、なんだかとっても感慨深いですよね。いずれは離乳して、食べ物から栄養を取っていく赤ちゃん。今のうちに、授乳する姿を写真に撮っておいたりするのもいいかもしれません♪

 - 離乳食