ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

お食い初めとはどんなもの?いつからいつまでにやるの?やり方は?

      2017/01/13

お食い初めは、赤ちゃんが産まれた後に行う日本の儀式です。可愛い我が子のためにはしっかりお食い初めをしてあげたいものです。今では場所やお祝いの仕方は家庭により様々になってきています。

そもそもお食い初めとはどのようなものなのか?そして、お食い初めを行う期間がいつからいつまでと決まっているのか、どのようにお祝いするのかを詳しくまとめました。お食い初めについて詳しく知り、焦ることなく早い段階から準備を出来るようにしましょう。

我が子の一生に一度のお祝いです。後悔のないようにお食い初めを迎えれるようにしましょう。

お食い初めってなに?

お食い初めはなぜ行う?

お食い初めは、正式名称は「御百日祝い」と呼びます。赤ちゃんに食べる真似をさせ、我が子が一生食べることに困らないようにお願いをし、乳歯が生え、成長したことを祝う儀式です。必ず行わなければいけない儀式ではありません。

ですが、我が子のお食い初めは一生に一度の儀式です。ぜひお食い初めをしてあげましょう。

お食い初め以外の呼び方

  • 真魚始め・真魚の祝い(まなはじめ・まなのいわい)
  • 箸祝い・箸揃え(はしいわい・はしそろえ)
  • 百日の祝い・歯固め(ももかのいわい・はがため)

お食い初めでは初めて魚を食べる真似やお箸を使って真似をさせるため、「真魚始め」や「箸祝い」などと呼びます。さらに生後百日で行うため、「百日の祝い」赤ちゃんの歯の成長を願いことから、「歯固め」とも呼ぶことがあります。

お食い初めを行う時期

日本では昔から、お食い初めは「生後100日」前後に行うこととなっています。ぴったり100日ではなくでも、生後100~120日の間で行うと良いでしょう。産まれた日を1日と数えます。

赤ちゃんに乳歯が生えてきて母乳やミルクだけの栄養から、離乳食へと切り替わる時期に行います。初めてごはんを食べる前にお祝いをすることで「食べ物に困らないように」とお願いをします。

お祝いする時期のポイント

  • 赤ちゃんや家族の体調が良い日
  • 生後100~120日で吉日を選ぶ
  • 家族が集まれる日を選ぶ

お食い初めの準備をしよう

お食い初めの準備の時期は?

産後、お宮参りや出産の内祝いがあります。他の行事がひと段落したらお食い初めの準備をしましょう。おうちで行う場合や、お店で行う場合。さらに誰を呼んでどれほどの規模でお祝いをするのかしっかり考えなければいけません。

準備時期のポイント

  • お店で行う場合はお食い初めメニューがあるか確認
  • お店は1か月前から予約をする
  • 祖父母などを呼ぶ場合、日程を聞き1か月前には連絡する
  • おうちで行う場合は食材や食器も準備する

準備するもの

正式なお食い初めをする場合には、下記のようなものが必要になります。

食器 漆器
お膳 家紋付きのもの。男は朱塗り。女は外が黒で中側が朱塗りのもの。
お箸 柳で作られたお箸(箸袋に松や鶴が描いてある物が良い)
小石 歯固め儀式用。川などで拾ってくるか、お寺や神社でもらう。

正式なお食い初めで必要になる準備品です。ですが、なかなか家紋付きのお膳やお寺に石を貰いにいくのは赤ちゃんが小さい時期ですし大変になります。家族があまりこだわらないのあれば、普通のベビー食器などでも行うことができます。

男の子朱色お食い初め食器セット

価格5,940円

https://www.amazon.co.jp/

この商品はお食い初めで必要になる、食器やお膳、柳箸さらに小石までセットでついています。お食い初めのマニュアルもついていて男女両方のセットがあります。紹介してあるものは男の子用になります。

男女で食器の色が違う理由は?

お食い初めは平安時代からの儀式です。平安時代では色で様々な地位を表していました。昔は男女の地位の差があり、赤色(朱色)の方が黒色より高い地位を表していたため、男の子は朱色一色。女の子は内側が黒色の食器を使用します。

現在ではあまり男女の地位の差はありませんが、お食い初めの正式な食器の色として覚えておきましょう。

お食い初めで用意する食事

お食い初めの食器が用意できたら、今度は食器の上にのせる食事を準備します。お店で行う場合、お店によってはお食い初めメニューがあるので食事や食器の準備は不要です。

おうちでお食い初めをする場合は、食事を自分で用意しなければいけません。どのような献立を準備したらいいのかをまとめました。

お食い初めの食事

お食い初めで準備する食事や食材にはそれぞれ意味があります。赤ちゃん自身は食べる真似をするだけで実際に食べるわけではありません。意味を優先ししっかり準備できるようにしましょう。

  1. 鯛などの尾頭のついた焼き魚
  2. 鯛や鮭、鯉の吸い物
  3. 野菜を使用した煮物
  4. 香の物
  5. 赤飯又は白飯

基本は和食の一汁三菜です。今はスーパーなどで、できたものを購入することもできます。煮物や吸い物など自分で作るのも良いし、忙しく難しいのであればできたものを使用しても良いです。

食材、献立の意味

使用する食材や献立には一つ一つ意味があります。縁起の良い食材や献立を選んで決めていきましょう。お食い初めの献立でよく使われる食材や献立をまとめました。

海を大きく泳鯛のように、悠々と成長し賢く育つように
煮物 長寿で健康に育つように
赤飯 赤い太陽にように、輝く星のように育つように
人生の様々な出来事に勝ち抜くように
竹の子 竹のように生き生きと育ち、まっすぐ育つように

尾頭付きの鯛はなかなかスーパーではすぐに手に入りません。お魚屋さんにしっかり予約をしておきましょう。前日に準備する予定でも、品物がなく焦ってしまいます。

お食い初め 鯛セット

価格4,698円

https://www.amazon.co.jp/

この商品はお食い初めで必要な食事がセットになっています。真鯛塩焼き・はまぐりの吸い物・かまぼこ・赤飯・酢漬け・黒豆のセットです。これを1セット買うとすべて揃うので、食事を準備するのが簡単になります。

お食い初めのお祝いの仕方

では、実際にお食い初めの時はどのように進めていったらいいのかを説明します。正式な方法や、順番を紹介します。正式な方法できちんと行うのも良いし、家族と話し合い、形にこだわりすぎず皆が気持ちの良い状態でお祝いをしてあげることも大切です。

お食い初めのやり方

お食い初めでは、赤ちゃんに食べる真似をさせます。まだ母乳やミルクのみの育児の最中ですので実際に食べさせることはしません。食べ物に困らないようにと願いをこめ丁寧にお祝いしてあげましょう。

お食い初めを行う3つのポイントをまとめました。

  1. 食べる真似をさせるのは誰?
  2. 食べ方の順番
  3. 歯固めの儀式の仕方

1.食べる真似をさせる人は誰?

赤ちゃんに食べる真似をさせると良いとされている人は、親戚の中で一番最年長の方が良いです。長寿の方に食べる真似をさせてもらうことで長寿になる、赤ちゃんが健康に長生きできるという思いが込められています。

最年長の方まで呼ばない場合は、祖父母に頼みましょう。もちろん両親だけで行う場合は両親が食べ真似をさせてあげましょう。そして、男の子の場合は男性が行い、女の子の場合は女性が行う決まりになっています。

食べる真似をさせる人の膝に乗せ行います。形にとらわれず皆が楽しめて素敵なお祝いができるように決めることも大切です。

3.食べ方の順番

お食い初めで、食べる真似をさせる順番があります。

1 ごはん
2 吸い物
3 ごはん
4
5 ごはん
6 吸い物

この順番で行います。これを3回繰り替えします。柳箸で食べ物を赤ちゃんの口元に近づけるだけで良いです。最初に口当たりの良いものから食べていき味の濃いものへと順番に食べることが日本食のマナーです。

最初に味の濃いものを口にしてしまうと、後から食べるものの味や風味を感じられなくなってしまいます。実際には赤ちゃんは口にしませんが、日本伝統の儀式ですから正式な方法で行うと良いでしょう。

3.歯固めの儀式

歯固めの儀式は、赤ちゃんが石のように丈夫で強い歯が生えるようにという願いが込められています。箸先で石をちょんっと触れそのお箸を赤ちゃんの歯茎に優しく当ててあげましょう。

石は実際にお箸にあて、赤ちゃんの口へと当たるのでしっかり消毒をしておきましょう。歯固め儀式が終わったら大人も食事をとり、皆で赤ちゃんのお食い初めのお祝いをしっかりと楽しみましょう。

まとめ

お食い初めは産後忙しい時期となりますが、早めからの準備をし我が子の一生に一度のお食い初めの機会を逃さないようにしましょう。親戚を呼びお祝いをする場合はとくに、記念撮影をし終わった後に写真を送ってあげるのも喜ばれます。

正式な形でのお食い初めはとても素敵で、日本人の風習を感じることができます。ですが様々な事情や都合があるため今は、様々な形のお食い初めになってきています。一番大切なのは祝う気持ちです。

子供が大きくなったときに、お食い初めの思い出を話せるようにぜひ後悔のないようなお祝いにしましょう。

 - 育児, 赤ちゃん