ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの原因と一瞬で解消できる方法4つ!

   

妊娠初期にあったつわりが治り安定期に入ると旅行を楽しんだり、運動を楽しんだりとマタニティーライフを満喫できたと思います。

そして妊娠後期に入るとそろそろお産の準備を始めながら、あと少しの夫婦水入らずの時間を楽しもうと考えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

そんな時に訪れるのが「後期つわり」とも呼ばれている胃もたれや胸焼けの症状です。

妊娠後期になってからこういった症状が出る妊婦さんも多く、悩みの種の一つになっている様です。

あと少しのマタニティーライフを思う存分楽しむ為にもこう言った症状が出る原因を知って、回避したり対処法を知っておくと良いかもしれませんね。

妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの症状

normal

胃もたれとは?

胃に入った食べ物が中々消化されず胃が重く感じたり鈍痛がしたりする症状のことです。

胃に入った食べ物は胃酸によって分解され、消化されると腸へと流れていきます。

しかし胃の働きがあまり活発でなかったり胃に入った食べ物が大量だった場合には、胃酸がうまく分泌されませんので消化が追いつかなくなり胃もたれを感じてしまう様です。

胸焼けとは?

胸が締め付けられたり食道の辺りが痛んだりする症状のことです。

胃もたれと反対で胃酸が出すぎてしまった為に胃に入った内容物が逆流してしまい、食道に炎症を起こすことで胸焼けの症状が現れる様です。

またお腹を圧迫したことによっても胃酸の分泌が過多になってしまうそうです。

原因はこれだった!妊娠後期に起こる胃もたれと胸焼け

胃もたれや胸焼けのメカニズムは分かっていただけたと思います。では妊娠後期に起こるこれらの症状は何が原因なのでしょうか。

妊娠初期に起こるつわりにはホルモンバランスが関係していますが、妊娠後期の場合にはどうなのでしょうか。

またこういった辛い症状を解消する方法も紹介していきます。

妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの原因2つ

1.赤ちゃんの成長による影響

1427785777-1l

妊娠後期になると最後のラストスパートをかけるかの様に赤ちゃんは一気に大きくなります。

個人差はありますが、後期に入ってから約2倍近くの大きさにまで成長しお産の準備を始めます。

つまりそれまで少し余裕があった胃や腸の周りの空間はなくなり、大きくなった子宮によって胃や腸も圧迫されてしまいます。

そうすると消化機能が落ちてしまい胃もたれや胸焼けが起こってしまう様です。

2.黄体ホルモンの影響

妊娠中には黄体ホルモンが多く分泌され妊娠を維持できる様になっています。

しかしこのホルモンには胃腸の働きを鈍くさせる働きもある為、消化が中々出来なかったり便秘になりやすくなると言われています。

妊娠後期の胃もたれ・胸焼けを解消する方法4つ!

1.消化に良い物を食べる様に心掛ける

妊娠中は胃腸の働きが弱っている為なるべく消化に良い物を食べる様に心がけましょう。

あまり刺激物や脂っこいもの、またファストフードなどは胃もたれの原因になりますので、なるべく避けておきたいですね。

消化に良い食べ物とは!?
  • 雑炊
  • おかゆ
  • うどん
  • 豆腐
  • ササミ肉
  • 白身魚
  • ヨーグルト
避けておきたい食べ物とは!?
  • 香辛料
  • 唐辛子
  • 揚げ物
  • スナック菓子
  • ごぼう
  • 海藻
  • コーヒー
  • 炭酸飲料

2.食事の回数を分ける

normal-2

やはり一度に沢山の量を食べてしまいますと、消化に時間がかかり胃もたれや胸焼けの原因となってしまいます。

1日3回食べていたのであれば一回の量を少なめにして1日5回にするなど、こまめに食事を摂る様にしましょう。

またこうすることで空腹の時間を避けることが出来ますので、胃酸が多く分泌されるのを防ぐことが出来るでしょう。

3.ストレスを溜めない様にする

ストレスは胃腸の働きを更に悪化させてしまいますので、胃もたれや胸焼けの症状を引き起こしやすくなります。

妊娠後期はホルモンバランスの乱れで得にイライラしたり情緒が不安定になりやすいですが、なるべくリラックスできる時間を見つけストレスを溜めない様にしましょう。

4.ゆっくり体を休める

大きなお腹を抱えていると中々夜も寝付けなかったり、トイレに行く回数が増えたりしてゆっくり休めない日が多いのではないでしょうか。

しかし疲労が溜まると胃の消化機能が一時的に衰えてしまいますので、体を休めることが大切になります。

夜中々寝付けない場合には日中に30分でも良いのでお昼寝をするなどして、疲れを溜めない様にしましょう。

胃もたれ・胸焼けがひどいときの受診の目安

normal-3

軽い胃もたれや胸焼けの場合ですと、食事の方法や食べる量を変えてあげたり横になって休むことで改善する場合が多いですが、どうしても辛い場合には我慢せずに病院を受診すると良いでしょう。

病院を受診する目安としては1日に何度も吐いてしまったり、食事がままならない場合、睡眠がうまく取れない等の症状が続く場合です。

この様な場合には脱水症状や栄養失調になっしまう可能性があり、赤ちゃんへきちんと酸素や栄養素が届かなくなり発育状況に悪影響を及ぼす恐れがありますので早めの受診をお勧めします。

病院では点滴を打ってくれたり、妊娠中でも飲む事が出来る薬を処方してくれる場合もあります。

辛いときは薬を飲んでもいい?市販薬は!?

どうしても胃もたれや胸焼けが辛い場合には薬を飲んで症状を改善しましょう。

我慢し続けるとそれがストレスとなり、余計に症状を悪化させてしまう場合がありますので無理な我慢は禁物です。

ではどういった薬であれば妊娠中でも飲む事が出来るのでしょうか。

胃もたれや胸焼けに効果のある薬2つ!

1.ガスター

胃酸を抑えてくれる働きをする成分が含まれており、胃痛や胸焼けが楽になるでしょう。

2.タケプロン

 

img40e61bdazikazj

ガスターよりも少し効き目の強い薬ですので効果が長続きする様です。

タケプロンにも幾つか種類がある様ですが、妊婦さんでも飲める物もありますので先生に確認してみてください。

以上の2つが妊娠中でも飲める薬として代表的な物になります。1週間ほどで症状が軽減されると言われています。

市販薬については自己判断での服用は止めましょう。薬を服用する際には必ず担当の先生の指示に従う様にすると良いですね。

まとめ

妊娠後期に起こる胃もたれや胸焼けは赤ちゃんの成長が順調であるという証ですが、実際に経験するととても辛いですよね。

妊娠中は消化機能も衰えていますので、日頃の食生活を見直してなるべく胃に負担がかからない様に気をつけておくと良いでしょう。

 

 - 妊娠後期